Xperia エクスペリア 2021年モデル 予想 スペック 価格 どんなモデルが販売されるか

Xperiaの2021年モデルに関して予想してみたいと思います。Xperiaシリーズというのは、非常に人気が高く、日本でもかなりの数のXperiaが販売されております。

Xperiaシリーズの購入をするのであれば、間違いなくメリットがあると思っています。

Xperiaシリーズの購入はオンラインショップがおすすめ

【ソフトバンク、ワイモバイル、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する
ワイモバイルオンラインショップで購入する

こちらがオンラインショップとなっています。こちらがオンラインショップとなっています。

ワイモバイルオンラインショップはミドルレンジの取り扱いも多く、かなりメリットがあると思っています。

おすすめできるスマホもワイモバイルオンラインショップならかなり購入することが可能かと思います。

それではどのようなモデルが販売されるのかお伝えしたいと思います。

Xperia 2021年モデルはどのようなモデルが販売されるか?

✔Xperia 1 Ⅲ
✔Xperia 10 Ⅲ

Xperiaシリーズとして販売される予定のモデルは確実にこの2つのモデルとなっています。
この2つのモデルの中で、ワイモバイルから販売されるモデルは、間違いなくXperia 10 Ⅲになると思われます。

Xperia 10 Ⅲは非常に人気の高いモデルとなっているので、相当売れるモデルになることは間違いありません。

こちらがXperia 10 Ⅲのスペックを掲載しているページとなっています。
Xperia 10 Ⅲのスペックはそれなりに高くなっており、メリットとしては十分ではないかと思います。

続いてはXperia1Ⅲですが、こちらのモデルはワイモバイルの販売は行われません。
ワイモバイルはミドルレンジモデルを中心に取り扱いを行っているので、ハイスペックモデルの取り扱いは行わないと思います。

Xperia 10 Ⅲのスペックを紹介

それではワイモバイルから発売されると思われる、Xperia 10 Ⅲのスペックを紹介したいと思います。

Xperia 10 Ⅱのスペックはどうなの?

モデル XPERIA 10 Ⅱ
大きさ 157 x 69 x 8.2mm
重さ 151g
OS Android10.0
CPU SnapDragon665
RAM 4GB
ROM 64GB
画面サイズ 6.0インチ OLED
解像度 フルHD+
アウトカメラ 標準レンズ: F値2.0 1200万画素
望遠レンズ:F値2.4 800万画素 光学2倍ズーム
超広角レンズ:F値2.2 800万画素
インカメラ F値2.0 800万画素
カラー ミント、ホワイト、ブルー、ブラック
バッテリー 3600mAh
その他 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

まずはこちらがXperia10Ⅱのスペックとなりますが、これをベースにレベルアップするかと思います。

見た目はどんな見た目に?

Xperia10Ⅲの見た目はどんな感じになるのでしょうか?

こちらを見ていただきたいのですが、非常にすっきりしており、かなりいいと思いませんか?

カメラは3つあることがこちらからもわかるかと思います。今のカメラを継続して採用ということになります。カメラのスペックを考えた時に、3つあるということで、かなり期待できると思いますね。

こちら下から見たところですが、下に3.5φのイヤフォンジャックがあることがわかるかと思います。有線で音楽を聞きたいという人にとっては、かなりメリットがあるかと思います。

音楽を聞くためにスマホを買うという人もいると思いますが、音楽を聞く時に無線のイヤフォンなんて持っていないという人も結構多いのです。無線イヤフォンはそれなりに高額な価格帯となりますので、せっかく買うなら無線イヤフォンではなく、有線のほうがいいという人も多いはずです。そういう人にとってはかなりおすすめしたいですね。

最後は正面から見たところですが、21:9のディスプレイサイズとなっています。21:9のシネマワイドディスプレイは非常に人気の高いモデルとなっていますので、かなり楽しみですね。
シネマワイドディスプレイを搭載しているのは、Xperia1やXperia10シリーズだけです。
やはり利用するなら、シネマワイドディスプレイで画面を見たいですよね。

Xperia 1 Ⅲの発売に期待

Xperia 1 Ⅲが今後発売される見込みとなっています。Xperia 1 Ⅲはソニーのフラッグシップモデルとなり、非常に人気の高いモデルとなっています。

Xperiaシリーズの中で最もスペックの高いモデルと言われております。

どのようなモデルになるのでしょうか?

CPUはSnapdragon888という最新のCPUが搭載

CPUにはSnapdragon888と呼ばれる最新のCPUが搭載される見込みとなっています。

Snapdragon888というのは、Galaxyシリーズの2021年モデルにも搭載されているCPUとなっており、2021年に発売されるフラッグシップモデルではSnapdragon888を搭載するモデルが非常に多くなることは間違いありません。

2020年よりも動作比で20%ほど向上し、AI性能は60%も向上しています。AI性能などはカメラなどに利用されますので、かなり期待がもてるのではないかと思います。

RAMの容量

RAMの容量は現状出ている情報では日本モデルで12GBになる見通しです。

中国からもXperia 1 Ⅲの販売が行われる予定ですが、そちらは16GBになるという噂もあります。

先程もGalaxy S21を引き合いに出しましたが、Galaxy S21では8GBに抑えられえております。そういうことを鑑みるとXperia 1 ⅢのRAMの容量は昨年比でアップするので、かなりいいと思います。

Xperiaシリーズは年々レベルアップしていると思われます。これは本当にありがたいことですね。

Xperia 1 Ⅲの見た目はどうなる?

外観の写真はこちらとなります。外観はかなりかっこいい印象となります。

非常にシンプルな見た目となっており、本体向かって右側に電源などもあることがわかるのではないかと思います。

こちらは上部から見たところですが、イヤフォンジャックがあることがわかるかと思います。

イヤフォンジャックが存在しないスマホも増えている中でのイヤフォンジャックです。これはかなりありがたいことではないかと思います。

イヤフォンジャックの存在があるということだけでも非常に大きいですからね。最近は無線のイヤフォンを利用する人も増えておりますが、有線のイヤフォンジャックがあれば、どちらにも対応することが可能です。

✔有線のイヤフォンジャックがある
✔無線と有線どちらも選択肢として利用可能

これは本当にありがたいですね。
カメラも引き続きZEISSのカメラを搭載する見込みのようです。

ワイモバイルからは発売されない

Xperia 1 Ⅲはワイモバイルから発売されることはありません。

✔ワイモバイルからはXperia 10 Ⅲのみの販売
✔Xperia 1 Ⅲはドコモやauから発売

ハイスペックブランドのドコモやauから発売されることは間違いありません。
残念ながらXperia 1 Ⅲはワイモバイルからは発売されないのです。

Xperia 1 Ⅲの価格帯というのは、10万円を超える価格帯になることは間違いありません。
そういうこともあり、Xperia 1 Ⅲはワイモバイルから発売されたとしても、価格的に不釣り合いの機種になるのです。
Xperia 10 Ⅲであれば、5万円前後で販売されるため、購入もしやすくメリットのあるスマホになるわけです。

Xperia L5の発売も

Xperia L5も発売される予定となっています。

Xperia L5というのは、基本的には廉価版のモデルとなっています。
Xperiaシリーズとして、2021年は3つのモデルを販売すると言われております。

✔Xperia 1 Ⅲ
✔Xperia 10 Ⅲ
✔Xperia L5

Xperia 5 Ⅲは発売されない可能性が高そうですね。

ソニーとしても収益を増やすためには、選択と集中が必要になっているのではないかと思います。
選択と集中という中で、Xperia 5をなくして、他のモデルに集中させる可能性があるということです。

実際のところ、Xperia L5というのは、一番低価格モデルとなっていますが、日本での販売はSIMフリー以外では販売されることはありません。
それでもXperia L5というのは、ひょっとすると日本市場にも出てくる可能性があるのです。その理由は単純に安価だからという理由になるわけですが、発売されるとしてもワイモバイルなどから販売される可能性があります。
Xperiaシリーズというのは、日本でもかなり人気なわけですが、ワイモバイルからのXperiaは10のみの販売となっています。
Lが販売されると、Lシリーズと売上が二分されるかもしれませんが、それでもそちらを販売する可能性は十分にありえると思っています。