iPhone13 /mini /Pro /ProMAX 予約 価格 在庫 入荷状況 スペック レビュー 評価は?

iPhone13が日本では各社から販売されます。

iPhoneというのは、日本でもかなりの人が利用しているものとなっており、日本では約半分以上のスマホの売れ行きがiPhoneという状況となっています。

また予約して購入しようとする人もかなり多く、発売日にどうしても購入したいと思っている人の数もかなり多くいます。

予約購入しないと年内に手に入れるということは、非常に難しくiPhone13をどうしても欲しいという人は、予約開始日及び予約開始時間に購入手続きをしないと購入することが出来ます。

日本では各キャリアから販売されると予想

こちらはソフトバンクオンラインショップとなります。

ソフトバンクオンラインショップは事務手数料無料となっていますので、iPhone13の購入もかなりお得になっています。

またソフトバンクではトクするサポート+などを活用することにより、iPhoneの価格をかなり抑えることが可能となっています。

ソフトバンクはオンラインショップの利用で事務手数料が無料
ソフトバンクはトクするサポート+を利用できるので、毎月の維持費が安い
✔少しでもiPhoneを安く利用するのであれば、ソフトバンクがおすすめ

こちらはドコモオンラインショップとなっています。

ドコモオンラインショップを利用して購入する人が年々増えています。

事務手数料が無料ということがかなり大きいのではないかと思いますね。ドコモオンラインショップは事務手数料無料なので、かなり購入しやすいです。

2021年は楽天モバイルからの発売の予定もある

こちらの記事を見てもらいたいのですが、楽天からもiPhone13が発売される可能性が非常に高いと思います。

iPhone12を販売したということで、楽天からもiPhone13の販売はほぼ間違いないかと思います。

✔楽天でもiPhone13の発売はほぼ間違いなし
✔楽天なら維持費も安価に

楽天での販売を待っていた人も多いのではないかと思います。

楽天モバイルは毎月の維持費がとにかく安価になっています。

iPhone13に搭載されるCPU

iPhone13に搭載されるCPUというのはA15と呼ばれるCPUになるでしょう。A15はiPhone11から見ると1.7倍程度の能力アップになる見込みです。
iPhone12からX55モデムと呼ばれる5Gモデムが搭載されるようになります。Snapdragonと呼ばれるAndroid系に搭載されている

✔iPhone11:A13
✔iPhone12:A14
✔iPhone13(iPhone12s):A15

CPUの速度は1年で1.2倍〜1.3倍向上しています。

かなり期待できるCPUになると思いますね。最近のCPUというのは、毎年1.25倍ずつ良くなっています。

すでにiPhone11でも十分くらいのCPUの能力ですが、年々上昇していくというのは、ある意味当たり前のことなのかもしれません。

実際に量産される前の試作段階では、もっと上のレベルのCPUなども開発しているかと思いますが、試作から量産になると、大量生産となりますので、品質をある程度安定させた状態での製造となります。

CPUの能力が高いほうがiPhoneを動かすスピードが格段に早くなります。アプリの起動や読み込み速度なども飛躍的にあがるため、使い勝手はかなりよくなると思われます。

基本的にCPUの能力というのは、年々上昇していますが、今後上昇のスピードは緩やかになるとも言われております。

iPhoneは他のAndroidスマホと比較しても、基本的に処理能力は高いです。それはベンチマークなどの結果からも言えることで、特にこのAシリーズのCPUの完成度がかなり高いということになります。

A15では、プロセスルールが改善される可能性もあり、さらに省エネになる可能性も出てきています。昨今スマホは年々省エネになってきており、基本的にはA15と呼ばれるCPUというのは、省エネ設計になることは間違いありません。

120Hzのリフレッシュレート

リフレッシュレートというのは、1秒間の画面の切り替えです。

120Hzというのは、120回切り替わるということになります。

120回切り替わるということは、それだけよりなめらかになるということになります。

✔リフレッシュレートが120Hzに
✔iPhone12は60Hzなので、2倍のリフレッシュレートに

今回製造するディスプレイというのは、サムスンディスプレイとLGディスプレイが製造します。iPhone12もこの2社が製造しており、ディスプレイの性能に関しては、Appleは信頼をかなりおいているのではないかと思います。

リフレッシュレートを高いモデルにするとゲームをする時などになめらかに動作します。

そういうこともあり、基本的にはゲーマーには高いリフレッシュレートのモデルが好まれます。

ノッチ部分が狭くなる

ノッチというのは、本体上部のカメラなどが入っているところです。

この部分が狭くなると報じられております。この部分が狭くなると、なんといっても画面を大きく見ることができるようになります。

✔動画閲覧時にノッチが狭くなるとメリットがある
✔動画の閲覧というのは、毎日のように行う人もいるため、メリットが大きい

動画の閲覧は毎日のように見る人も結構多いので、相当メリットはあると思っています。

そういう場合に、これはかなりメリットがあるのではないかと思います。

iPhone14では、ノッチ部分がパンチディスプレイになる可能性があるとも言われており、非常に楽しみですね。

RAMの容量などはどうなる?

RAMの容量などは、飛躍的に向上すると思われますが、iPhone12の時点で、すでに6GBのRAMが搭載されます。AppleはRAMの容量を飛躍的に向上させるということは、あまりしないかもしれませんが、5G通信がさらに高速化されるということを考えると、iPhone12よりも大容量のRAMになる可能性があるのです。それこそ8GBくらいのRAMの容量は期待したいところですね。8GBというとiPhoneでいうとかなりの大容量です。Android機種ならすでに12GBを搭載するモデルが、2019年の間に発売されたりと、かなりの大容量のRAMを搭載しているモデルの販売も行われております。

逆にいえば、AndroidではRAMの容量はそれなりにないと動作しないということになるのでしょうか。AppleはRAMの容量がそこまで多くはなくても、きっちり動作させるということができるわけです。やはりハードとソフトの両方を開発している会社であるからこそできる技なのかもしれません。
そのことからAppleでは、Androidスマホと比較してもRAMの容量は少なめになっているのです。それでも5Gで一気に通信を行った場合それを一時的に蓄える器としてのRAMの容量というのは、どうしてもいるのではないかと思っています。

そういう意味では5Gはかなりの高速通信となるため、RAMの容量に関しては、どうしてもそれなりに必要になるのではないかと思っています。

こちらが過去に販売されていたモデルのRAMの容量となります。このRAMの容量であれば、iPhone13であれば、飛躍的にRAMの容量も向上するのではないかと思っています。RAMの容量が向上するだけで、ゲームなどがかなり快適に動かすことができるようになります。
RAMの容量が飛躍的に伸びていくことを考えるとiPhone13では期待してもいいのかもしれません。

RAMの容量が増えれば増えるほど、間違いなくメリットがあるのです。

✔iPhone12:4GB
✔iPhone12mini:4GB
✔iPhone12Pro:6GB
✔iPhone12ProMAX:6GB

iPhone12ではこのようなRAMの容量だったことから、確実にこれより上回る可能性が高いと思います。

RAMの容量が増えると、確実にメリットとしては、色々なアプリを同時に立ち上げることが可能ということになります。

miniや通常モデルでRAMの容量が高くなると本当にありがたいのですね。

Proモデルで1TBモデルも

Proモデルも1TBモデルになる可能性もあります。

✔1TBモデルの発売の可能性もある
✔1TBになれば、相当な動画などを保存が可能

iPhoneに1TBって本当にいるの?とも思いますが、1TBまでになれば、相当価格が高くなることも間違いないかと思います。

iPhoneの価格は年々上昇していますが、1TBモデルが販売されると、間違いなく価格は相当高くなることは間違いありません。

まだ現時点では噂レベルなので、実際に1TBモデルの発売があるかはわかりませんが、おそらく噂になっているくらいなので、1TBモデルの販売は可能性として十分にありえるかと思います。

望遠レンズ

iPhone13に搭載されるラインナップは7Pの望遠レンズになる予定です。
ペリスコープカメラが搭載される予定となっています。
ペリスコープカメラというのは、潜望鏡のようなレンズの仕組みとなっています。
この仕組により、かなりの倍率の写真撮影を行えるようになるということです。
このペリスコープカメラはGeniusというメーカーにより製造される予定になっています。

http://www.gseo.com/

メーカーのURLはこちらです。こちらのメーカーは知っている人もそこまで多くはないかもしれません。台湾のメーカーとなっており、このようなレンズを製造しているメーカーなのです。
望遠カメラは50倍から100倍程度のズームになるのではないかと言われております。

望遠レンズのレベルアップを望む声はかなり大きいのではないかと思います。
望遠レンズがあれば、遠くの場所を近くで撮影することができますので、特に小さなお子さんのいる家庭であれば、学校の行事などのときに望遠カメラがあれば便利でしょう。
それでも昨今学校行事も自粛している傾向にありますので、果たして今のタイミングで望遠カメラが必要なのかと言われると微妙な感じもしますが・・・
ないよりあったほうが絶対いい機能の一つとなっていますので、当然ながらあるに越したことはありませんね。

望遠レンズの性能がかなりアップしているため、iPhone13シリーズではかなり期待したいですが、iPhoneはズーム性能をiPhone12シリーズの時でもあまり上げてきませんでした。そういうことを考えると、どこまで対応してくるのかが気になる部分です。

✔2021年に入ってからの情報では、20倍ズームが搭載されると予想

Galaxyシリーズでは50倍ものカメラが搭載されていますので、それに追随してもらいたいですね。カメラが望遠で撮影できるようになると、かなり遠くの場所もきれいに撮影することが出来ます。かなりメリットも出てくるのではないかと予想されます。

LiDARはProモデルに搭載の予定

最新の情報ではProモデルのみにLiDARが搭載される見込みです。

LiDARというのは、簡単にいうと奥行きを計測できるセンサーとなっており、奥行きが計測できるため、ポートレートモードなどで撮影したときに、背景をぼかすことができるというものになります。

背景のぼかしが出来るようになれば、写真撮影などが非常にきれいに撮影することが可能ということになります。

✔背景のぼかし撮影が可能
✔かなりきれいに撮影することができる
✔ポートレートモードで人物を撮影したときには、かなりきれいに撮影が可能

お子さんのいる家庭などでは、人物を撮ることも多くなるのではないかと思います。

そういう人にとっては、間違いなくメリットがあると思っています。

発売日は?

上記でも掲載しているように、9月21日に発売される可能性が非常に高いです。

予約開始日は9月17日になると予想されますので、かなり期待したいところですね。

✔iPhone13は予約開始日に予約しないと発売日に手に入らない
✔発売日にほしいという人なら予約開始日の予約開始時刻に購入しよう

発売日にどうしてもiPhoneがほしいという人であれば、絶対に手に入れたいですね。

発表日の翌朝には予約開始日がわかる

予約開始日を知るところから開始する必要があります。

2021年9月17日が最有力となります。

発表は9月14日になるという情報も出ており、それより後の9月17日の予約というのは、あながち間違いではないかと思います。

こちらにこのような興味深い情報がありますので、一度ご確認いただければと思います。

この情報を見るとわかるかと思いますが、イベントは9月14日に開催される可能性が非常に高いということです。

イベント開催後に予約が開始されると思われます。

✔ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル
✔上記4社で予約が開始されると予想
✔予約開始はおそらく22時〜
✔発売は1週間後の9月21日になると予想

早くiPhone13がほしいと思っている人は多いのではないかと思います。

そういう観点から、iPhone13の予約はオンラインショップがオススメです。

予約をするのであれば、オンラインショップが本当に便利です。

引用元:macrumors