ワイモバイル 新料金プラン メリット 2021年 家族加入や複数契約がお得

ワイモバイルが新しい料金プランを出してきました。ワイモバイルの料金プランはかなり安価な料金設定になっており、かなりメリットがあると思います。

今回の料金プランに関してですが、ワイモバイルは家族割引にフィーチャーしていると思います。家族割引を利用したい人にとっては、本当にメリットのある料金プランになっています。

それではどのような料金プランになっているのか紹介したいと思います。

ワイモバイルの新料金プラン

こちらが料金プラン表となります。非常に安価な料金設定になっています。

今回新たに25GBという通信容量のものが出てきたということが、個人的に見てもメリットがあると思っています。

900円から利用

900円から利用することが可能です。
これは業界でもかなりの安値ではないかと思っています。

✔900円とかなり安い

ここまでの料金プランで音声通話もできるということは、かなりのメリットです。
900円の料金プランは他社を確実に引き離しているような気がします。
相当メリットがありますので、実際にどれだけお得になるのか試算してみることもおすすめします。

適用開始日は?

✔2021年2月18日から適用

基本的には2回線目のものが安価になる

基本的には2回線目のものが安価になるような価格設定となります。

1回線だけでは、通常料金の支払いとなり、正直なところそこまではメリットがあります。
家族回線を複数契約しないといけないという人にとってはかなりのメリットであることは間違いありません。

✔複数の回線を契約することでメリットがある
✔おうち割 光セット(A)なら維持費が下がる

こちらを見てもらいたいと思いますが、複数回線を契約する以外に安価に契約する方法となります。

このおうち割光瀬戸(A)であれば、毎月の維持費を下げることが出来ますので、一度検討してもいいのではないかと思います。

おうち割光セット(A)を実現する方法

おうち割光セット(A)はSoftbankAirを所持することが実現が可能となります。

こちらを見てもらいたいのですが、おうち光セット割(A)を利用する上で重要なことは、Softbank系の回線を自宅に引いているかどうか?ということが非常に重要となります。

✔SoftbankAirが一番てっとり早い
✔SoftbankAirなら通信制限が無制限

自宅にいるときは、SoftbankAirを引いておいて、外出先では、ワイモバイルを利用するというスタンダードな利用方法が一番メリットかと思いますね。

せっかく新料金プランを利用したいのであれば、使わないと思ったいないです。

無料通話がなくなった

一番気をつけないといけないことが、無料通話がなくなったことです。

✔無料通話がなくなる

無料通話は以前の契約であれば、10分利用することが可能でした。
この10分をどう思うか?ということですが、10分利用することをメリットに感じていた人にとっては、ワイモバイルの料金プランはちょっと痛いかもしれません。

無料通話などなくても問題ないと思っている人なら別にこのプランでもいいと思いますね。

無料通話をしなかったとしても、LINEなどを利用して通話をすることが可能です。

最近はLINEを利用して無料通話をする人が非常に増えたように感じます。

LINE交換をしても電話番号を知らないなんてことも結構あるのではないかと思います。

そういう場合はLINE通話がメインとなりますので、あまり気にすることはないでしょう。

逆に電話番号を聞くことは減り、LINEで通話も済ませるという人がかなり増えています。実際のところLINEだったとしても通信は発生していますので、無料ということはありませんが、Wi-Fi環境であれば、完全無料で通話することが可能となります。

そのため無料だと感じる人も結構多いのだと思います。

固定電話への無料通話はLINEを利用

固定電話にLINEで通話ができる方法というものがあるのです。この方法を知っている人にとっては、かなりメリットがあると思っています。

✔LINEで無料通話ができる
✔固定電話や携帯電話へ無料通話ができるので非常に便利

こちらの無料電話を利用するためには、広告を見る必要がありますが、広告を見るくらいの時間であれば、別に問題なしという人もいるはずです。
そういう人であれば、確実にこのLINEを利用すべきですね。

LINEを利用しての無料通話を行うというのは、ある意味裏技的な要素となりますが、これで無料通話を乗り切っている人も結構多いはずです。
電話代って結構もったいないですからね。

LINEMOと悩む人も

LINEMOと呼ばれるプランが出ていることは知っている人も多いと思います。

簡単にLINEMOに関して説明しておきますが、SoftbankonLINEというプランは、2980円で20GBまで高速通信できるプランとなります。

今回のLINEMOは2728円の一律料金となります。
一律の料金となりますが今回ワイモバイルはプランとして3つのプランが出てきております。

最安値プランであれば、相当安価なプランとなっていますので、これはかなりのメリットではないかと思います。
LINEMOのようなワンプランではなく、家族であれば、使う人と使わない人分かれるでしょう。

そういう時に今回のワイモバイルのプランは非常にメリットがあるのです。

スマホは家族全員が契約するもの

スマホというのは、結局のところ家族全員が契約をするものとなります。家族全員が契約をするので、当然ですが家族が同じキャリアであるということのほうが便利がいいわけです。

異なるキャリアだったとしたら、家族割引の恩恵を受けることが出来ません。
そのため同じキャリア同士でMNPなどを家族全員で行うほうがメリットがあります。

まさに今回のワイモバイルのプランというのは、そのようなプランとなっています。
ワイモバイルのプランは家族全員が乗り換えることにより、かなりのメリットが出るプラン設計となっているのです。
2台目以降で900円、15GB利用すると、1900円と非常に安価です。また超えた分も1Mbpsとなっていますので、かなり安いです。
相当メリットがありますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

店舗がある便利さがどこまで優位性になるか?

店舗があるということの便利さがどこまで優位性を保てるのか?というところが、正直なところちょっと不安です。

ahamoという新しい料金プランがドコモから出てきましたが、すでに100万人以上がahamoへ乗り換えたと言っています。

こちらがahamoの料金プランです。MNOいわゆるキャリアが出してきたプランの中では一番人気のある料金体系がahamoとなっているのです。
このahamoと同じような料金体系でpovoやSoftbank on LINEなどのサービスも出てきました。

ahamoが低価格プランの火付け役と思っていただいてもいいのではないかと思います。

本当に安価に利用できるので、ahamoはかなり人気の料金プランになっていることは間違いありません。

ただサービス開始前の時点では、ahamoを利用できるスマホというのは、まだ未定です。

こちらahamoではiPhoneの利用も可能になるということなので、iPhone+ahamoという組み合わせをする人は結構多くなるのではないかと思っています。

LINEMOとの比較

LINEMOというサービスが出てきましたが、本当にLINEMOは安くなるのでしょうか?

こちらにLINEMOとの比較記事を掲載しておきます。
20GBMAXまで利用する人が多いのであれば、LINEMOのほうが安くなると思います。

ただ家族に3GB以内の通信しかしないという人が複数いれば、実はLINEMOに乗り換えることなく、安価に利用することが可能となっているのです。

✔LINEMOにすることで絶対安くなるとは限らない
ワイモバイルのほうが安価に利用することも可能
ワイモバイルは結構安く店舗があり安心

すべてオンラインのみで完結しても大丈夫な人ならLINEMOでもいいかもしれません。
ただ世の中の人すべてがLINEMOのようにオンラインサービスだけで利用が完結する人ではないかと思います。
それができない人も結構いるわけです。
そういう人にとっては、LINEMOよりもワイモバイルのほうが安心して利用することができるのです。

新料金プランが出てきましたが、新料金プランを利用することで、そのほうが結果的に安価になるという人も世の中には結構いるのではないかと思います。

安くスマホを利用したいというニーズはあるものの、安価な分不便なところもあろうかと思います。
故障時の受付など、ワイモバイルでは最悪店舗があるので、なんとか対応してくれるかと思います。
それが最大のメリットですよね。店舗運営のための維持費はどうしてもかかるので、その分の支払いが基本料金にONされていると思っても仕方ないことではないかと思います。
それでもワイモバイルのほうが私はメリットがあると思っています。

料金

Posted by ymobile