ソフトバンクAir ワイモバイル ソフトバンク スマホと同時に利用で 毎月の維持費を下げることが可能

ソフトバンクAirと呼ばれる自宅に光回線ではないですが、回線を新たに引くことにより、無制限で通信を楽しめるということを知っていますでしょうか。
ソフトバンクAirというのは、基本的にはソフトバンクが提供しているサービスとなっていますが、ワイモバイルでもそのサービスを利用することができるのです。

最近はソフトバンクAirに関してもかなり人気が出てきたと思います。その理由ですが自宅にWi-Fiを持ちたいけど、光回線を敷設するまでの工事は嫌だという人が増えているからです。

それではソフトバンクAirの特徴に関してお伝えしたいと思います。

ソフトバンクAirの特徴

ソフトバンクAirの特徴をお伝えしたいと思います。

✔Wi-Fiで家中ネットし放題!
✔工事不要!すぐに使える!
✔サクサク快適!

こちらがソフトバンクのウリ文句となっています。

最大の特徴というのは、自宅にWi-Fiがやってくるということです。またそれが無制限に利用することができるというところが、非常にメリットがあるというところです。無制限に利用することができるというところが非常にメリットのあるところではないかと思っています。基本的に無制限に利用できるというところで、何が便利なのかというところをお伝えしたいと思います。

✔自宅のテレビをWi-Fiにつなげてテレビでユーチューブ
✔パソコンをつなげてOSのアップデートやダウンロードも問題なし
✔動画のアップロードやクラウドサービス利用し放題

これらがメリットとなります。やはり一番のオススメというのは、動画などの扱いが自宅にWi-Fiがくることで、容易になるというところではないかと思います。基本的に自宅にWi-Fiがあれば、大容量ファイルのやり取りなども容易になるでしょう。基本的にWi-Fi環境というのは、現在非常に重要になっており、Wi-Fiがないと困るという人もかなり多いのです。いわゆるLTEで通信を行うということは、それだけ大容量プランに契約する必要があります。大容量プランに契約すると毎月の維持費が上がるわけですね。毎月の維持費が上がるということは、単純に毎月の支払いが増えるわけです。毎月の支払いを増やしたくないという人は、外出先でのプランを最低限のプランにして、自宅のWi-Fiで楽しむという人が増えているのです。
それはそれでよい傾向かと思いますね。それではもう少し具体的に見ていきましょう。

Wi-Fiで家中ネットし放題


Wi-Fiで家中ネットし放題ということですが、現在市場に出回っているものはAirターミナル4と呼ばれるものです。

購入するのであれば、こちらのターミナルを購入するかと思います。
通信速度は下り最大962Mbpsとなっており、非常に高速に通信を行うことが可能です。またWi-Fiに関してもacまで対応しており、最大で1.3Gbpsまでの通信を行うことが可能となります。かなり通信としては、オススメできるかと思います。

またAirターミナルと呼ばれるものは、自宅のコンセントに挿すだけで通信を開始することが可能となります。そのため簡単に通信を開始することができるため、かなり手軽になっています。現在販売されているものに関しての仕様をお伝えしておきます。

Airターミナル4 Airターミナル3 Airターミナル2
サイズ(HxWxD) 約 225x103x103mm 約 208x95x95mm 約 208x95x95mm
重さ 本体:約 635g
アダプタ:約 197g
本体:約 550g
アダプタ:約 197g
本体:約 550g
アダプタ:約 197g
通信方式 4G方式:AXGP(2.5GHz)TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
4G方式:AXGP(2.5GHz)TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)
4G方式:AXGP(2.5GHz)
通信速度 下り最大962Mbps 下り最大350Mbps 下り最大261Mbps
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大1.3Gbps
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大866Mbps
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
最大866Mbps
WiFiクライアント
最大接続数
64 64 64

こちらが仕様いわゆるスペックとなっています。64台ものクライアントを接続できるということであれば、ほぼ問題ないのではないかと思います。かなりの接続台数ですからね。
こちらのターミナルを購入することでのメリットというのは、光回線ならWi-Fiルータを別途購入して設定なども自分で行う必要がありますが、こちらの機器ならそのような難しい設定を行う必要はありません。

初めからWi-Fiを搭載しているので、そういう煩わしさがないのです。それは最大のメリットではないかと思います。

Softbank Airの通信速度


こちら実際に私が利用しているところです。ソフトバンクAirの通信速度は決して遅いというわけではありません。

通信速度はこちらを見てもらえればわかるかと思いますが、これくらいの通信速度がいわゆる実測の速度となります。実測だけを考えると、動画の再生なども十分実測に耐えられるレベルなのではないかと思います。

基本的にソフトバンクAirというのは、普通の4G回線を利用して電波を受けています。自宅でソフトバンクもしくは、ワイモバイルの回線を利用してその通信速度で遅いと感じないのであれば、間違いなくメリットがあるかと思います。
今利用しているワイモバイル回線が遅いと感じるのであれば、ソフトバンクAirを導入しても通信速度は上がりません。
ベースは4Gからの電波をもらってそれをWi-Fiに変換していると考えればいいかと思います。

有線接続も可能

有線ポートも持っていますので、有線での接続も可能となります。有線のいわゆるデスクトップパソコンなどを持っている人なら、有線接続をしてもいいかもしれません。昨今有線で接続する人も少なくなりました。たいていの機器というのは無線接続ができるのではないかと思っています。デスクトップパソコンでも無線が付いているものが増えてきましたからね。
それだけ便利になってきたということですが、やはり無線よりも有線のほうが安定的に通信を行うことができますので、有線を利用してネットをしたいという人も多いと思います。またテレビによっては無線が使えず有線ポートのみというテレビもあります。そういうものを利用する人にとっては、有線接続というのは、かなりメリットがあるかと思います。
自宅にあるものが有線か無線での接続ができるのかというところはきっちり見極めをしておきたいですね。
有線接続ができるということは、本当にメリットがあることです。とはいうものの、自宅に有線回線を利用する機器がなければ意味はありませんが・・・
少なくともデスクトップパソコンとテレビくらいは確認しておいてもいいのかもしれません。

有線接続も出来るということは、HUBなどを利用して複数の有線パソコンなどを接続することも可能となっています。この手のものというのは、有線接続ができないものもあります。テレビなどは有線のみでしか利用できないケースもあります。有線でしか利用できない場合でもこの機器なら対応することが可能になります。

コンバータを利用する手もあり

イーサネットコンバーターというものも世の中にはあります。Wi-Fiで受けたものを有線に変換するガジェットとなります。このようなガジェットも非常に便利でメリットがあるかと思います。
このようなガジェットを知らない人も結構多いですからね。一応このようなものを利用することで、Wi-Fiで受けたものを有線に変換することができますので、特に問題はないかと思いますが、別途機器を購入する必要もあるわけです。それが面倒といえば面倒ですからね。
それならはじめから、コンバータというものがなくても有線接続出来るガジェットのほうがおすすめ出来るかと思います。このようなコンバータがあれば、有線に変換することもできますので、非常に便利です。有線でしか利用できないようなデスクトップパソコンなどを持っている人はこのようなコンバータがあれば、かなり便利なのではないかと思います。

毎月の維持費

毎月の維持費はやはり気になりますよね。

初めの料金というのは、4,880円がベースの料金となります。こちらはただし特別料金のキャンペーンを含んだ形でのサービスとなっていますので、2年目以降の価格である4,880円がデフォルトの利用料金です。5000円弱で自宅でWi-Fiが利用出来るようになるというとどうでしょうか。しかも通信制限などはありません。
毎月の維持費はそこまで安くはありませんが、自宅のテレビなどで最近流行りのサブスクリプション型の動画配信サービスを利用するのであれば、これくらいの費用が発生しても仕方ないのではないかと思います。
スマホの通信だけでは、賄えない部分もありますので、その部分を自宅にいながら補完するという意味では、かなりメリットがあるかと思います。
毎月の維持費は、決して安いというわけではありませんが、工事することなく、自宅のWi-Fi環境で遊びたいですからね。

こちらがおうち割光セット(A)となります。こちらを利用することで、若干安価に維持することができますので、お得ですね。

レンタルと割賦で購入可能

レンタルと割賦でこのモデルの購入は行うことが可能となっています。

レンタル
基本料金 4,880円
Airターミナルレンタル料 490円
月額料金 5,370円
(税込 5,907円)

こちらがレンタルの価格です。毎月は490円でレンタルしてくれるんですね。続いては割賦での購入となります。

割賦購入
基本料金 4,880円
Airターミナル賦払金 1,650円(税込)×36回
月月割 -1,650円(税込)×36回
合計 4,880円
(税込 5,368円)

毎月月月割の割引があるため、実質0円での購入となりますが、36ヶ月間の縛りがあるため注意が必要となります。

申し込みはこちら

こちらで申し込みが可能となっております。申し込みはウェブで簡単に行うことができますので、特に問題もないかと思います。こちらのソフトバンクAirもウェブからカンタンに購入することが出来るという非常に便利な時代になりました。自宅にネット回線がないという人もスマホさえあれば、ネット回線の申し込みも非常に便利です。
本当にすぐに申し込むことが可能です。
申し込みから含めてネットから出来るので、こちらからでも申し込むことは可能です。

自宅にあるWi-Fi対応機器との接続も可能

このソフトバンクAirされあれば、自宅にある、Wi-Fi機器などの接続も可能となります。
最近ではテレビなどもWi-Fiで接続することができます。それ以外にもパソコンなどもWi-Fi接続することが可能です。
Wi-Fiというのは、自宅で利用する上でもスタンダードな規格となってきました。
そのためWi-Fi接続をして自宅の機器をネットに接続させたいと考えている人はかなり多いわけです。そういうこともあり、このようなWi-Fi接続機器の需要というものが非常に増えているのです。
またこのソフトバンクAirですが、据え置き型となっており、据え置き型ならではの安定感もあります。
基本的に電源に挿した状態で利用することが出来るということもかなりのメリットかと思いますね。外出先で利用するわけではありませんので、電源供給に関しても安定的になっているということです。

このようなものがあれば、NASなどを自宅において、ホームネットワークを構築することもさほど難しいわけではありません。そこまで難しくはないのではないかと思っています。ホームネットワークなどを構築しようと思うとNASなどが必要になるわけですが、有線LANが出ているということもあり、ホームネットワークもそこまで難しくなく利用することが出来るでしょう。そこまで実施しようと思うのであれば、それなりの技術がないと構築することは難しいかもしれませんが、それでも構築が出来るかできないかといえば、構築することが出来るのではないかと思っています。
正直なところそこまでやる人なら別途光回線を引いているのかもしれませんが・・・
それでも簡易なネットワークを構成することはそれほど難しいことではありません。ぜひ一度検討してみるのもいいかもしれませんね。

ソフトバンクAIRは持ち出し不可

ソフトバンクAIRというのは、持ち出しが不可です。どういうことかというと自宅以外での利用は認められておりません。AC電源があれば、どこでも電波を取ることができるわけですが、外出先での利用は残念ながら認められておりません。

そのためACが使えるからといって、モバイルルータ代わりになるのか?と言われるとそういう使い方はできないのです。そのためモバイルルータ代わりにしようと思うのであれば、ソフトバンクAIR以外のものを利用することをオススメします。基本的にはソフトバンクAIRというのは、自宅内での光回線の代わりに利用するという用途を想定しているものです。

実際に無線で電波を受けることになりますので、光と比較しても通信速度はそこまで早くないかもしれません。また光とは異なり、混雑している時間帯に利用してもそこまで通信速度は早くないかもしれません。

最大のメリットというのは、工事が不要ということです。

工事が不要で自宅のネットを利用することができるということが、最大のメリットなのかと思います。持ち出してソフトバンクAIRを利用しようと思ってる人もいるかと思いますので、それはできないということは注意しておきたいところですね。

新しくオフィスを借りた人は最適

新しくオフィスなどを借りた人にとっては、かなり快適です。これがあれば、無制限に利用することができるのです。
しかも電源に挿した状態で利用できるので、安定感は抜群です。
基本的に新しいオフィスを借りる時に、光回線などの工事は必須となりますが、こちらのソフトバンクAIRがあれば、工事不要なのです。
新しくビジネスを開始する人にとっては、間違いなくメリットがあることではないかと思っています。
基本的には、新しくオフィスを借りるということは、それだけでもコストになります。さらに光を引くとさらにコストが増大するのです。
それを抑える効果もありますので、間違いなくメリットがあるかと思います。
基本的に工事不要ということが、最大のメリットではないかと思います。