こちらのキャンペーンはPayPayボーナス3000ポイントもらえます。
少しでも携帯を安く買えるならかなりお得でしょう

2022年 ワイモバイル学割 ワイモバ親子割 U18 月額が安く 維持費も下がる 学生はお得に契約できる

ワイモバ親子割という名称で学割が登場しました。

2022年の学割というのは、家族の学割ということです。


契約するならワイモバイルストア

こちらがワイモバイルストアとなっていますが、ワイモバイルストアというのは、基本的にオンラインでの購入となります。

ワイモバイルストアから購入する人はかなり増えています。
なぜワイモバイルストアから購入するとメリットがあるのでしょうか?

・事務手数料が無料
・配送料0円
・最短で翌日配達

この3つが確実にメリットがあります。この3つのメリットの恩恵を受けることができるということは、確実にメリットがあるのではないかと思います。
そのためワイモバイルストアを見る人がかなり多くいるのです。ワイモバイルストアを利用する人も年々増えており、MNP、新規、機種変更もすべて利用することも可能となっています。

ワイモバ親子割の価格表となります。

シンプルS シンプルM シンプルL
高速データ通信容量 3GB 15GB 25GB
月額基本使用料 2178円 3278円 4158円
家族割引サービス(2回線目以降)
またはおうち割 光セット(A)
-1188円
合計 990円 2090円 2970円
ワイモバ親子割
(翌請求月から12カ月間)
-1100円
ワイモバ親子割適用時
(翌請求月から12カ月間)
990円 1870円

適用条件

受付期間中に、下記の全ての条件を満たすことが必要です。

5~18歳の方

“ワイモバイル”を新規契約(MNP・番号移行を含む)または機種変更を伴う場合を含むプラン変更(「シンプルM」と「シンプルL」間のプラン変更は対象外)、「4G-Sプラン」(「4G-Sベーシックプラン」を含む)からの契約変更で契約すること
「シンプルM/L」を契約すること
申し込み時点で使用者の年齢が5~18歳であること
今回の「ワイモバ親子割」や「ワイモバ親子割(家族)」の適用歴がないこと
過去に「ワイモバ学割<2019-2020>」、「ワイモバ学割<2019-2020>(家族)」、2018年12月5日から2019年5月31日まで受け付けていた「ワイモバ学割」および「ワイモバ学割(家族)」の適用歴がないこと
契約時に「ワイモバ親子割」に申し込むこと

家族

“ワイモバイル”を新規契約(MNP・番号移行を含む)、機種変更を伴う場合を含むプラン変更(「シンプルM」と「シンプルL」間のプラン変更は対象外)または「4G-Sプラン」(「4G-Sベーシックプラン」を含む)からの契約変更で契約すること
「シンプルM/L」を契約すること
「ワイモバ親子割」の適用を受ける5~18歳の方と、同一の家族グループに加入すること
今回の「ワイモバ親子割」や「ワイモバ親子割(家族)」の適用歴がないこと
過去に「ワイモバ学割<2019-2020>」、「ワイモバ学割<2019-2020>(家族)」、2018年12月5日から2019年5月31日まで受け付けていた「ワイモバ学割」および「ワイモバ学割(家族)」の適用歴がないこと
なお、「ワイモバ学割<2020-2021>」、「ワイモバ学割<2020-2021>(家族)」は、「ワイモバ親子割」と併用できません。

2022年の学割の予想

2022年のワイモバ学割を紹介したいと思います。まだ現時点では発表されておりませんので、あくまで予想となりますが、学割を利用することで、確実にメリットがあるかと思います。

今までの傾向としては13ヶ月間学割は続くと予想されます。それが毎年のワイモバ学割の傾向となっています。

このキャンペーンは学割が始まるとなくなる可能性もあります。

一番今メリットのあるキャンペーンであることは間違いありません。

PayPayボーナスまでもらうことのできるキャンペーンとなっていますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

ワイモバ学割 2022年はどうなるのか?

ワイモバ学割はどうなるのでしょうか?

対象期間は2022年5月31日までとなると思います。それは基本的に毎年同じタイミングとなっています。会社によっては6月の1週目くらいまで伸ばすことがあると思いますが、基本的には5月31日までとなっているのです。

対象者は家族含めての学割対象者となるでしょう。

プランS 1ヶ月目〜7ヶ月目まで:1,280円
プランM/R 1ヶ月目〜7ヶ月目まで:1,700円
プランS 8ヶ月目〜13ヶ月目まで:580円
プランM/R 8ヶ月目〜13ヶ月目まで:1,000円

こちらが2021年の割引価格となっていますが、割引価格はプランSとプランM/Rとでは割引金額が異なります。
プランMくらいは利用したいと思う人も多いと思いますね。
また1ヶ月目から7ヶ月目と8ヶ月目と13ヶ月目までの割引金額も違うのです。

割引金額が異なるので、初めの半年だけより安く利用できると思っておいていいのではないかと思います。

対象年齢は5歳から18歳までとなっており、18歳までということは、大学卒業までということになります。大学卒業以降は、他社で契約してもらいたいという現れなのかもしれませんね。

家族の恩恵がかなり大きい

ワイモバ学割の恩恵というのは、家族への恩恵がかなり大きいと思います。
家族も同様のメリットを得ることができるのです。
本人以外でも家族が恩恵を受けることができるということで、家族揃ってワイモバイルと契約する人が多いのです。

それはワイモバイルだけではなく、他社でも同様に家族含めて学割のメリットがかなりあるのではないかと思っています。

家族全員がワイモバイルに乗り換えることで、相当メリットがあるのではないかと思います。
ワイモバイルという会社は、基本的にそこまでの維持費は高くはありませんが、学割をきかせることで、1回線あたり1000円を切る価格設定となるのです。
1000円を切る価格って本当にありえないと思いませんか?
格安SIMを提供している会社であったとしても、そこまで安価な価格設定にしていることはあまりありません。
単純に通信のみの契約なら十分にありえるのですが、実際には通信のみではありません。
通信と通話を行うSIMを提供してくれているのです。

ワイモバイルではSIMだけを利用して契約することも可能となっています。
ワイモバイルに契約する時に今利用しているスマホがSIMフリーであれば、SIMフリーのスマホを準備することで、ワイモバイルとSIMのみの契約をすることをオススメしたいですね。

10分の無料通話が含んでいる

ワイモバイルで忘れてはいけないのは10分の無料通話を含んだ料金設定になっているということです。

こちらを確認してもらいたいのですが、10分無料通話は料金プランに関して記載しているページとなっています。

※10分通話無料のプランは2021年11月時点ではありません。

10分だけでも無料通話ができるということは、かなりのメリットがあるのではないかと思っています。例えばLINEやメールなどで伝えることが難しい場合、少し電話で話したりすることで、ストレス軽減になったり、うまく伝えにくいことが、電話を通じてなら伝えることができたりと、10分以内に通話をするということは、結構頻繁にあるはずです。
ただし電話代がかかると思ったら、正直なところ電話することも億劫になりませんか?
それが無料通話が付いていると思ったら電話もしませんかね?電話をするということは、面倒だと思っていても、要件がすぐに終わったりするわけです。
10分の無料通話を超えたらどうするの?と思う人もいるかも知れませんが、10分の無料通話を超えたところで、実際のところかけ直せば済むのです。
10分以上の通話もかけ直しで対応できるし、またLINEなどをすることもできます。
LINEなどをすることができるということは、10分以上会話をする相手にはその後LINE通話をしてみることで、通話料がそれ以上いかないようにすることも可能となっています。
LINEもWi-Fi環境を利用することができれば、通信はWi-Fi側にかかるだけなので、問題ありません。

基本的に10分の無料通話を含んでいるということは、それだけでもメリットがあることなのです。

2021年の最新の料金プランでは、残念ながらワイモバイルのプランから10分無料通話のプランが消えました。

2021年11月時点でこちらが料金プランとなります。

10分の無料通話付きというものがよかったという人も多いと思いますが、残念ながらなくなってしまいました。

店舗があることもありがたい

こちらの情報も見てもらいたいのですが、ワイモバイルでは店舗があるということも非常にメリットがあることだと思っています。
1000を超える店舗にてワイモバイルのスマホの取り扱いがあります。
基本的にはソフトバンクショップを利用して、ワイモバイルの取り扱いを行っているのです。

店舗があるだけでトラブル時の対策が可能となります。スマホが潰れたということになれば、実際に電話をすることもできないのです。
電話ができない時はどうするのか?というと店舗に行くことができないのです。
店舗に行くことができないということは、かなり残念ですよね。
格安SIMを運営している会社というのは、たいていの場合格安SIMは運営店舗がありません。
運営店舗がないので、格安SIMの場合だとスマホが故障した時には基本的にどうすることもできません。
誰かにスマホを借りて解決するしか方法がないのです。

店舗があるということは、万が一トラブルに巻き込まれた時にでもすぐに対処してくれます。
スマホが完全に故障した場合だと代替え機をレンタルしてくれたりします。

代替え機を貸してくれるということであれば、故障しても本当に助かりますからね。そういう場合だと確実にワイモバイルのほうがメリットがあるのです。

格安SIMなどに契約して、実店舗がない場合はすべて自分で解決していく必要があるのです。
一人暮らしなどをしている人なら本当に困ったという人もかなり多くいるはずです。そういう人にとっては、確実にワイモバイルの実店舗が存在するというだけで、かなりの安心感になるのではないかと思っています。

店舗があるというだけでのメリットがわかったのではないかと思います。

✔店舗で購入できることはかなりのメリット
✔LINEMOでは店舗購入できない
✔LINEMOより店舗があることで、安心が多い

LINEMOにしたいと思っている人も多いと思いますが、LINEMOというのは、基本的に安価であるが、店舗がないことが結構辛いと思います。

維持費は確実に下がる

毎月のスマホの維持費は確実に下がります。
ワイモバ学割2021年の実績では、1000円を切る価格帯で2回線目以降を維持することが可能なのです。
Sプランとなっていますが、2回線目というのは、基本的に家族です。結局家族であれば、トータル的にスマホの支払いをしている人も多いと思いますので、給与が上がらないという人も確実にワイモバイルに乗り換えている人も多いと思います。
ワイモバイルをメイン回線に置いている人もかなり多く、ブランドとしては格安ブランドというイメージももうあまりないのではないかと思っています。

毎月の固定費を下げることができれば、相当なメリットになると思っています。
基本的には、毎月の固定費は年々上がっていく人が大半です。そんな中で固定費が下がっていくということは、メリットでしかありません。
ただし学割は初めの半年〜1年までの継続しかできないので、それ以降さらに安く収めたいという人は、他社に乗り換えるなどを考えるしか方法がありません。
他社でも同様の施策を行っていますので、他社からの乗り換えを検討するというのもありでしょうね。
結局MNPを繰り返す人が毎月の固定費を下げているという現実があるわけですね。

学割を利用できるのは今のタイミングだと理解

学割を利用できるのは、今のタイミングしかないということは理解しておいてもらいたいと思います。
このタイミングというのは、毎年年末から5月末頃までの間ということです。
それを逃してしまうと、残念ながら学割を利用することは出来ません。

学割を利用できるタイミングというのは、1年の間で約半年です。数年前はそこまでありませんでしたが、現在は半年以上学割を利用することができるというお子さんがいる家族にとっては、かなりメリットがあるのです。

そのタイミングは絶対に逃さないようにしてもらいたいと思いますね。

✔学割は1年のうち半分以上の期間実施。
✔学割が一番価格的にメリットがある。

とにかくこのタイミングが一番のメリットであることは間違いありませんので、ぜひこのタイミングで契約してもらいたいことはいうまでもありません。

タイミングを逃すだけで、やはり痛いです。スマホを買うタイミングというのは、相当痛いわけです。スマホの価格を安価に購入しようと思うのであれば、タイミングを見計らう必要があることは間違いないでしょうね。

2021年11月に入ると学割の準備

2021年11月にはいると学割の準備段階となります。

学割は年々早くなっているので、11月中旬から開始されるのではないかと思います。

学割を利用して、スマホを購入することで、家族含めてお得に契約することが可能となります。

家族もこのタイミングで、最新のiPhoneなどの購入を行いたいと思う人も多いのではないかと思います。

✔学割に合わせてiPhone13の購入を検討
✔学割でiPhone13が安く買える
✔MNPが施策対象となるので、MNPならどんな機種も安く買える

基本的にはMNPで購入する場合に学割の施策が適用されるわけですから、MNPなら2万円ほど本体代金が下がります。

それだけでもかなりお安くスマホを購入することができるのではないでしょうか。

昨今スマホの買い替えも非常に少なくなってきていると思います。特にMNPを行うという人もかなり少なくなってきているのではないでしょうか。

それでもMNPのほうが明らかにメリットはありますので、学割含めてぜひ検討してもらいたいと思います。

iPhone12でも十分じゃないの?

ワイモバイルのiPhone12でも十分ではないかと思います。

学割で利用するには、複数台を家族が契約するという人が多いのではないかと思います。

それであれば、iPhone12でも十分ではと思います。

家族全員が最新のiPhoneを買うって本当に金食い虫になると思いませんか?

それなら1世代前のモデルでも十分だと思うのです。

1世代前のモデルを購入したところで、ほとんど問題はありません。

カメラの綺麗さなども正直なところそこまで気になるレベルではないのです。

こちらiPhoneのカメラ比較を撮影しているものとなっていますが、正直なところiPhone12のほうが明るく撮影することが出来ています。

となればiPhone12とiPhone13のカメラの差というのは、好みレベルであるということがこちらからもわかるのではないかと思います。

iPhone11でもカメラに関してはそこまで違いはわかりません。所詮そのレベルなのです。

それならiPhone12でも十分ではないかと思います。