無料通話 10分間 ワイモバイルはお得でシンプルなプラン 解説

ワイモバイルのスマホは10分の無料通話がどのプランでも付いていることを知っていますか?

ワイモバイルの契約を行うことで、10分間の無料通話が付いてくるのです。非常にメリットのある携帯会社なのです。

ワイモバイルの10分無料通話の仕組み

こちらを確認いただきたいのですが、ワイモバイルでは10分の無料通話というものがついており、基本的に固定電話や他社のスマホやケータイに向けての通話が無料となります。

この10分の無料料金の仕組みはユーザーにとって非常にメリットがあります。

しかもこの通話無料に関しては何時間誰とでも何回でもというところがかなりのメリットです。ドコモやauなども同様の仕組みは出ておりますが、実際にこの仕組というのは、ドコモ、auの場合だと5分の無料通話となっており、半分の無料通話しか行なえません。それが10分ということは2倍の通話時間を無料で行うわけです。

0570などのナビダイヤルなどは10分間の無料通話には含まれませんが、通常の06や03などから始まるような電話番号なら無料で通話を行うことができるのです。これはかなりメリットがあることではないかと思います。
10分間の無料通話が付いているということで、法人でもかなりの需要があるようですね。法人ならたいていの電話が10分以内に完結することもかなり多いようです。
10分を超えるような電話なら事務所から電話をするケースの方が多いかと思います。基本的に法人なら要件を伝えることがメインとなっていますので、10分を超えるような電話なら会いに行くということを考える人も多いと思います。

10分だけでも通常通話をするのであれば、コストが発生します。
現状であれば、30秒で20円のコストとなっていますので、10分なら400円+税金の支払いが発生します。
10分会話すると400円もの料金がかかるわけです。結構な料金ですよね。それがはじめから無料で出来るということだけでもワイモバイルはメリットがあると思っていればいいのではないかと思います。

基本的に10分以内の通話で終わることが多い

基本的には10分以内の通話で終わることが多いのではないかと思っています。10分あれば要件などをきっちり相手に伝えることも可能だと思いませんか?それでは10分以上話す相手とはどうしたらいいのか?ということですが、その場合はLINEなど別の方法で通話を楽しめばいいわけです。

少年
少年
10分以内の通話は本当に要件だけ伝えることに絞ればいいわけね?

少女
少女
そうそう
それ以上通話したい場合は、他にも通話手段があるでしょう。だから別の手段を利用すると結果的に無駄な料金も発生しないんだよね。

10分以内の通話限定で、電話をすればいいわけで、それ以上の要件に関しては、LINEなどで代用することが出来るってことなんです。
そうすることで、10分の無料通話でも問題ないということがわかるかと思います。
仮に法人で利用している場合というのは、LINE通話などができないと思いますので、その場合は逆にこのプランではなく、通話無制限のオプションも別途準備されていますので、そちらを利用することをオススメしたいと思います。
スーパー誰とでも定額と呼ばれるプランがあり、スマホプランの場合だと1000円で無制限のかけ放題となります。
このスーパー誰とでも定額を利用することで、法人の人なら問題ないかと思います。結果的に10分を超える通話の部分が1000円を超える人が対象となります。10分の通話なんて結果的にすぐにやってきてしまいます。
法人ならたいていが10分以内の通話ですが、仮に1時間もの長電話をしてしまうことがあれば、正直なところこのオプションを付けておくほうが確実にメリットがあります。
10分を超える場合がある人だけ考えておくほうがいいと思いますね。

無料通話に含まれない番号もあることに注意

こちらは先程もお伝えしましたが、無料通話に含まれない番号もありますので、それは注意が必要となります。無料通話に含まれない番号というのは、ナビダイヤルなどが含まれません。

ナビダイヤルというのは、0570から始まる番号です。この番号に掛けた時は有料通話となります。ナビダイヤルというのは、企業の問い合わせ番号ということになりますが、この番号は有料なのです。

基本的にナビダイヤルに掛ける時というのは、ナビダイヤルにつながらない場合はこちらの番号から掛けてくださいなどという案内があるかと思います。その番号というのは、地域の電話番号になっているケースが非常に多く、ナビダイヤルにかけると有料ですが、地域の電話番号にかけると10分は無料で通話することが可能なのです。そちらに電話をすることをおすすめしたいですね。せっかく無料通話がついているにも関わらず、有料になるのはもったいないですからね。

それこそ併記されている通常の電話番号にかけて少しでも料金を下げたいと思いませんか?本当にナビダイヤルというのはユーザーにとってはメリットのない電話番号となります。それでも企業がナビダイヤルをやめないことには理由があります。

ナビダイヤルというのは、有料ということは知っている人も多くなってきましたが、それをフリーダイヤルにすると企業としても通話料金がコストになってくるのです。通話料金がコストになってくると、正直なところ企業としては全くありがたくないわけです。通常のサービスでまかなえるところをさらに通話料まで無料にしてしまうと企業としては、毎月数百万円の通話料金としてコストアップになるかもしれません。それなりの大規模なナビダイヤルをすでに敷設しているところが、フリーダイヤルにするだけで、それだけの費用が発生してしまうのです。そのためナビダイヤルをやめるわけにはいかないのです。

またナビダイヤルというものは問い合わせをメインに行っている企業が多くあり、問い合わせを一切しない人にとって、そもそも問い合わせも不要と感じているのであれば、その分製品の代金を安くしてほしいというニーズもあるわけです。そのためフリーダイヤルがいいというユーザーもいるかも知れませんが、それが製品代金に跳ね返っていると考えるとナビダイヤルのほうがトータルコストとしては、安くなっているのかもしれませんね。

ワイモバイルは10分の無料電話が付いているだけではない

ワイモバイルは10分の無料通話が付いているだけではありません。パケット通信に関しても非常にオススメできます。最近の方々はパケット通信を利用するという人が非常に増えています。ウェブサイトの閲覧や動画サイトの閲覧、ゲームなどを行うということで、パケットを消費している人が非常に多いわけですが、パケットを消費するということは、それだけ通信を利用するということになります。

こちらが料金メニューとなっています。一番安価なプランの場合で3GBの通信を行うことが出来るのです。実はこれだけでもかなりのメリットになるのです。3GBの通信というと動画などを見ない限り、それなりに通信を行うことが出来るのです。10分の無料通話が付いているからワイモバイルがいいと思う人もいるかも知れませんが、通信部分に関してもそれなりにいいわけです。
そういうことをトータル的に考えるとワイモバイルの価格帯というのは、非常に安価かつシンプルな価格設定になっているのです。
個人的に見てもワイモバイルはかなりおすすめ出来るかと思います。
料金メニューに関しても3つしかありませんので、非常にシンプルにわかりやすい料金プランです。
こちらの表の中の真ん中のプランだったとしても、最大でも3,680円となっています。他社であれば、ここまで安価に維持をすることはできません。となると非常に安価な価格設定となっているのです。正直なところ相当安価な価格設定となっているので、かなりそれだけでもメリットがあるのではないかと思っています。実はそれがワイモバイルの最大のメリットなのです。それなりの通信しかしない人にとっては、かなり安く抑えることが出来るということが最大のメリットなのです。

10分間話人は結構少ない

実は10分間も電話で話すということは、そこまで多くないのではないかと思います。基本的に10分の通話というのは、かなり長い時間です。要件をメインに話す人なら10分以上も電話で会話することはあまりありません。

それ以上の長電話をする人ならLineなどで通話をすれば問題ないでしょう。仮に1ヶ月に数回10分以上の通話があってもかまいません。たいていの場合10分で会話が終了すると思いますので、10分以内で通話が終了するということを考えると、確実にメリットがあると思いませんか?それが何度も無料で通話できるというだけでもかなりメリットがあるのです。

キャリアの同じようなサービスであれば、5分以内の通話となっています。実際には5分以内の通話でもたいてい事足りることのほうが多いと思います。本当に通話にお金がかからないということは、かなりのメリットなのです。お金を増やすということはなかなか難しいかもしれませんが、使わずに済ませるということのほうが、簡単かと思います。このようにワイモバイルでは、お得に通話料なども含んだ形で料金プランを提供しているので、お得に利用しやすい仕組みが揃っているのです。

料金

Posted by ymobile