ワイモバイル データベーシックプランS/L タブレットなどの通信料金はどうなっているのか

ワイモバイルではタブレット向けのプランとして2つの料金プランを用意しています。

2つのプランを紹介

この2つのプランがワイモバイルにはあります。
1GBならかなり安価ですよね。とはいうものの普通に利用したい場合なら、7GBは必要になるかと思います。
7GBのプランなら正直なところそれなりの価格設定かと思います。それでもタブレットしか持っていないのであれば、このプランに加入するう必要があります。

それぞれのプランで1GBもしくは7GBを超えると最大通信速度が128Kbpsに制限されます。

これは一般的な他社の契約でも同じですね。タブレットなので、動画などをメインに楽しむという人も多いのではないかと思います。正直なところこれらのプランに加入している人は少ないのではないかと思います。

通信制限になった場合は500円で500MBごとに解除することができます。

タブレットは売れなくなってきている

タブレットというのは、正直なところ最近売れなくなってきています。その理由ですが、Androidスマホ自体がタブレットくらいの大きな画面になってきている機種が多いということです。そのため動画などを見るのもスマホで十分という人が増えてきたからです。
Androidタブレットというのは、基本的にAndroidスマホをなんら変わりません。
操作方法なども変わらないのです。
それなら別にタブレットじゃなくてもいいんじゃないの?と思う人も多いのではないかと思っています。
そういうこともあり、以前はタブレットがかなり売れていましたが、最近はタブレットを購入しようと思う人も少なくなってきているのです。
タブレットを購入する場合は、法人利用などがメインになってきており、個人向けはタブレットの販売も非常に少なくなってきている印象です。
2020年の時点でワイモバイルから販売されているタブレットは2台のみです。
2台のタブレットしか販売されていないということは、それだけタブレットの人気がなくなってきたという証拠でもあります。
そういうこともあり、今後タブレットが伸びていくということはないかと思います。

データシェアするほうがメリットがある

実はワイモバイルはデータシェアをするほうがメリットがあります。
データシェアをするとタブレット側はSIMを追加で準備するだけなのです。そのほうが間違いなくメリットがあると思いませんか?
タブレットをワイモバイルで利用する場合は、データシェアを利用する人のほうが間違いなく多いのです。

料金

Posted by ymobile