ワイモバイル 料金プラン 毎月の維持費 通話料 通信料金はいくら?値段は

ワイモバイルの毎月の通信費や通話料などがいくらになるか知りたいですよね。毎月の維持費がわかれば、ワイモバイルに契約したいと思う人も増えるかもしれません。基本的には、毎月の維持費はワイモバイルは安くなるというイメージを持っている人もかなり多くいるかと思いますが、実際に毎月の維持費はどの程度になるのでしょうか。そのあたりに関して今回は紹介したいと思います。毎月の維持費が安価になることで、ワイモバイルのイメージも非常によくなるのではないかと思っています。

それではまずはワイモバイルの料金表を見てもらいましょう。

ワイモバイルの料金プランは?

こちらがワイモバイルの料金プランとなっています。こちらのプランはS、M、Rと呼ばれる3つのプランとなっています。上の部分が本来の支払う価格です。後は割引が入った価格となりますので、一定の期間やキャンペーンが入った場合は、それ以外の価格が毎月の維持費となりますが、基本的には一番上の価格が毎月の維持費となると思っておけばいいのではないかと思います。

料金プラン S M R
毎月の維持費 2,680円 3,680円 4,680円
利用GB数 3GB 9GB 14GB
無料通話 10分 10分 10分
10分を超えた通話 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒

こちらが単純な毎月の維持費となっています。毎月の維持費としてはこれでもかなり安価だと思います。こちらがスタンダードな価格となっていますが、スタンダードな価格としてもかなり安価であるということがわかるかと思います。

ワイモバイルには3つの料金プランしか存在しません。そのため非常にわかりやすく自分の利用するギガ数に合わせて契約をすれば問題ありません。とはいってもどれくらいのギガ数を利用するのかというのは、使ってみないとわからないかと思います。

ベースはこちらの料金表がベースの料金表となっています。何も割引がない場合はこちらの料金表の通りとなります。

少年
少年
ワイモバイルってなんとなく安いって聞いたけど、やっぱり安いのかなぁ〜?
少女
少女
やっぱり毎月の維持費って気になるよな?ワイモバイルの毎月の維持費を少しずつみていこっか

それではそれぞれの割引に関して見ていきたいと思います。

新規割で6ヶ月間安価になる

新規割で6ヶ月間安価に利用することができます。

こちらに新規割に関する記事を掲載しているので、こちらを合わせてご確認ください。

新規割というのは、新規もしくはMNPにて契約すると加入月の翌月から6ヶ月にわたり、基本料金が700円割引されるというものです。

この新規割を利用することで、半年間は安価に維持することが可能となります。加入月の翌月というところが特に注意いただく部分かと思います。よって実質8ヶ月目以降の解約で、満額元を取れるということになります。

新規割は新規及びMNPの人に対して適用される施策となっているため、新規契約の場合は自動的に適用されます。そのため新規割によるメリットは大きいと思います。6ヶ月でトータル4200円ですが、少しでも安価に維持する上ではこの新規割というものが非常に重要になるかと思います。新規割は8ヶ月間契約することで、最大の恩恵を受けることができる施策となっています。非常にメリットのある施策となっていますので、新規で契約して置きたいところです。機種変更では適用されませんので、これから新しくスマホを購入したいという人なら、間違いなくこの新規割が適用されるタイミングで購入いただければと思います。

どこの会社もそうですが、新規やMNPに対する優遇というものは存在します。それはワイモバイルに限った話ではありません。毎月の維持費を抑えるという上で非常に重要な要素というのは、やはりこの通信費や通話料に関わる部分だと思います。基本的にこれらは非常に安価に設定されているので、相当お得だと思います。毎月の通信費が下がれば、相当なメリットがあるかと思います。とはいうものの、元々の価格が安価な価格設定となっているので、非常にメリットがあるかと思います。

国内通話10分間無料

ワイモバイルでは国内通話無料というものがついてきます。

携帯会社 通話無料オプション
ドコモ 1,700円
au 1,700円
ソフトバンク 1,500円

他社の通話定額オプションです。こちらに契約すると10分を超えても通話料が無料となるオプションとなりますが、たいていの通話は10分以内に終了するのです。10分以内に終了する通話ならワイモバイルの場合、初めの価格に組み込まれているのです。わざわざオプション料金などを改めて払う必要はありません。1ヶ月か2ヶ月か振り返っていただきたいのですが、10分を超える通話って何回しましたか?恐らく最近はLINEなどで通話をする人もかなり増えていると思いますので、恐らく10分を超える通話というのは、仕事で利用している人以外ではほぼいないのではないかと思います。

仕事でLINE通話をする人は逆にあまりいませんが、プライベートならLINE通話で事足りるわけです。それならわざわざ電話で長電話しなくても長電話したいのであれば、LINEで大丈夫なんじゃないかな?と思いませんか?また最近はメッセージなどの文字情報でコミュニケーションをとる人もかなり多くいるため、文字情報や写真などで十分と感じている人は多いと思います。それなら10分の無料通話があれば十分ではありませんか?

通話定額が無料で受けられるということは、かなりメリットがあるかと思います。

少年
少年
確か無料通話のオプションって他社だったら有料だよね?
少女
少女
他社はかなり高いよ。そして段階の価格設定になっていて、5分の無料通話でも維持費アップだからね。

実はワイモバイルの通話定額というのは、非常にメリットがあるのです。それこそ10分を超えると思ったような通話なら間違いなくLINEで済ませればいいわけで、それ未満で終わるような通話は電話してもいいかと思います。このような使い分けができるというところがかなりメリットがあるのではないかと思います。

プランSでも十分安い

プランSの価格は2,680円です。先程も紹介しましたが、こちらで3GBの通信とさらに10分の無料通話がついています。それがスタンダードプランとなっています。

3GBというのは比較的少なめのGB数しかないと思いますが、動画などを閲覧しない場合というのは、実は3GBくらいで十分足りるのです。ウェブ閲覧やニュースサイトくらいのなら問題ありません。少しくらいはゲームなどをしてもこれくらいの容量さえあれば結構足りるわけです。そして10分の無料通話がついているのです。他社であれば、5分程度の無料通話で別途700円の通話オプションを払う必要があります。それがすでに入っていると考えるとかなり安価な価格設定となっているのです。

通話オプションがないため、実はそれだけでも十分メリットあるわけです。それに通話オプションで無制限に話したい場合は1,000円を追加するだけでスーパーだれとでも定額に加入することができます。スーパーだれとでも定額に入ったとしても3,680円で誰とでも話ことができるSIMが手に入るわけですね。そして3GBの通信ができるのです。他社ではこの価格は真似できません。一度他社との比較見積もりを出してもらうことをオススメしたいですね。そうすれば、かなり安価であることがわかるかと思います。

契約GB数を超えると通信制限が発生

契約GB数を超えると通信制限が発生します。通信制限になると128kbpsと低速になります。それでも通信ができないということはありません。メールやLINEくらいなら問題ないレベルです。

通信制限になったら月末までは通信制限になりますが、動画やゲームなどをしない人にとってはそこまで気にするレベルではないかと思います。それでは128Kbpsになると若干厳しい通信に関してお伝えしたいと思います。

✔ゲームのロード時にそれなりに通信するもの
✔LINE通話
✔動画閲覧(ユーチューブなど)
✔アプリのダウンロード(割と大きめの容量のもの)

これらは結構厳しいかもしれません。それ以外なら遅いとは感じるものの、問題ないのかもしれません。
ただしニュースなども動画や画像などが大量に使われているものに関しては、それなりに遅く感じるかもしれませんね。
外出先でゲームなどを頻繁に行う人なら通信制限に陥る可能性も非常に高いと思いますが、そういう方というのは、大学生などではないかと思います。社会人になると外出先でそこまでゲームなどをすることもあまりないと思います。それなら3GBで意外と通信容量としては足りる可能性が非常に高いかと思います。
通信契約が3GBで足りない場合というのは、20日以内に通信制限が発生した場合ではないかと思います。20日を超えても通信制限が発生しない場合なら、30日もしくは31日まで通信制限にならない可能性もありますので、その場合は今の通信プランの契約に継続して利用し続けることをオススメしたいと思います。
私なら一度3GBに契約をし、その後様子を見ますね。とりあえず次のプランになれば、いきなり料金が発生しますからね。やはり料金が高いとワイモバイルであるメリットもあまりないかと思いますので、できることなら安価なプランのまま継続利用することをオススメしたいと思います。

初めて契約する人は一番安いところから始めることをオススメします。

結果的には一番安価な契約にして、どうしても問題なるなら翌月に容量アップします。それが一番オトクだと思いますね。

2回線以上でメリットが出る

ワイモバイルの料金プランというのは2回線目以降がかなりお得になります。2回線目以降は家族割などを組むことができるのです。

こちらが家族割に関して記載している記事となります。家族割を組むと2回線目以降は500円の値引きになります。

この家族割というのは、永年続きますので、間違いなくお得だということがわかるかと思います。家族割はたいていの人が利用しますよね。そのため家族全員がワイモバイルなんてことも十分にありえるわけです。家族全員がワイモバイルにすることで、家族全員の毎月の維持費が下がりますので、当然といえば当然かと思います。毎月500円だったとしても3人家族の場合は、二人目から500円下がりますので、3人でトータル1,000円毎月の維持費が下がるわけです。

家族割が利用できる回線が多ければ多いほどお得になります。

また家族割での家族の定義ですが、パートナーでも大丈夫です。

パートナーというのは、同居していればOKという非常にカンタンに家族を組むことができます。また遠い親戚でも大丈夫ということです。遠い親戚というのは、通常なら何親等までというその親等に制限はありません。なかなかそこまでぬるい家族割ってあったでしょうか。他社ではそこまでぬるい家族割はないのではないかと思っています。相当いい家族割となっていますので、加入するなら家族割は組みたいですね。

学割の併用で料金プランMが1480円〜

2020年の学割が出てきました。学割は非常にニーズの高い施策となっており、年々開始時期が早まっております。学割を利用することで、お得に毎月の維持費を下げることができるようになります。

こちらに学割施策に関して伝えておきます。学割は2020年6月1日までの施策となっています。
学割というのは、学生がいる家庭にとっては非常にメリットのあるサービスです。今回は対象が18歳以下となっており、18歳以下の場合親御さんがスマホの維持費を負担するというケースが非常に多いと思います。そういう家庭の場合はかなりメリットがあるかと思います。基本的にスマホの維持費というのは、毎月かかってきます。契約した時点からお子さんが自分で払ってくれるようになるまで、継続的に支払いを行ってくれるわけです。そういうこともあり、スマホの維持費というのは、家計にも確実に負担になるものなのです。学割はその毎月の料金負担を少しでも軽減してくれるというメリットがあるわけです。毎月の料金の見直しにワイモバイルを利用することで、負担の軽減を行ってくれるのです。

学割の時期に契約を行うということは、かなりのメリットとなりますので、ぜひ学割を利用して少しでもお得に契約ができればと思います。

学割施策を利用して毎月の通信費を抑える人もかなり多くいます。何度もお伝えしますが、毎月の通信費というのは、間違いなく家計を逼迫させます。ワイモバイルではその通信費が安価になるということなので、かなりメリットがあるかと思います。特に学割の時期に契約をすると学割はかなり安く維持することが可能です。

今回の学割の最低利用料金というのは、1,480円となっています。

かなりメリットがありますよね。1480円というのは、相当安価だと思います。未来永劫1480円というわけではありませんが、やはり1480円というのは、かなりメリットがありますよね。
このタイミングでの新規購入を行う人はどうしても多くなります。特に毎年のことですが、3月はいわゆる商戦となっているので、3月をめがけて購入しようと思う人もかなり増えてくるのではないかと思っています。特に、最近は格安スマホというジャンルがかなり盛り上がっており、キャリアモデルからの乗り換えもかなり多くいます。乗り換えが昔と比べて多くあるということは、キャリアメールなどを利用する人が少なくなったからではないかと思っています。キャリアメールなどを利用しない人が増えて、いわゆるキャリアフリーのメールに移行されてきているからということもMNPをはやらせる原因でしょう。ワイモバイルは確実にそのニーズに対して答えていると思います。
特に何かあったとしても1000もある店舗で対応が可能ということは、かなりメリットがあると思います。格安だったとしても店舗がないと最終的に不安になる人も多いと思います。1000店舗あれば、十分対応はしてくれるでしょうね。

先程上記で記載している学割の1480円〜ですが、1回線目の場合なら光とのセット、2回線目であれば、家族割とのセットで利用可能な価格となっています。
通常の1回線だけであれば、約2000円〜ということになります。それでも十分安いわけですが、家族全員がワイモバイルの場合だとかなり毎月の維持費を抑えることができるようになるのです。

ワイモバイルの機種はオンラインショップがオススメ

毎月の料金というのは、ワイモバイルストアいわゆるオンラインショップから購入することがオススメです。

こちらがワイモバイルストアとなっています。ワイモバイルストアというのは、ワイモバイル直営のストアとなっています。ワイモバイルは非常に安価な価格とわかりやすい料金プランとなっていますので、恐らく満足頂けるかと思いますが、ワイモバイルストアを利用することで、さらに便利にスマホを購入することが可能となっています。
ワイモバイルストアで購入すると、割引施策などもあるので、それがメリットとなります。また自宅まで送料無料で送付してくれるということもメリットでしょう。

最大のメリットはワイモバイルでは、事務手数料が無料となります。

事務手数料が無料になるというのは、かなりメリットのあることだと思います。基本的には事務手数料というのは、量販店やリアル店舗で購入すると間違いなく発生します。それがワイモバイルでは無料となっています。2019年10月1日から開始されたサービスとなっていますが、事務手数料無料により購入することが可能となります。事務手数料が無料になるということは、それだけで3000円がお得になる計算となります。かなりメリットが大きいと思いますので、ワイモバイルを購入するときはオンラインショップを利用して見ることをオススメしたいと思います。購入しようと思う時に不明点がありましたら、チャットで相談することも可能です。

相談することもできるので、購入するときに迷ったら間違いなくオンラインストアを狙って購入いただきたいですね。それだけでもかなりのメリットがあろうかと思います。機種によるかと思いますが、オンラインショップで購入するのは、たいていの場合安価で購入することができます。オンラインショップでの購入は本当に楽です。

従量制プランがないことがメリット


ワイモバイルでは従量制プランの導入は行われておりません。従量制プランというのは、いわゆる使ったら使った分だけ料金を払う必要のあるプランとなります。従量制プランを導入している会社というのは、初めは安くスタートすることができますが、通信を使い続けているとどうしても自分が払いたいと思う料金を超えていってしまうのです。いずれはリミットがやってくるので、問題ないといえばそれで終わりなのですが、従量制プランというのは、最大の価格まで利用してしまう可能性があるということです。
ワイモバイルにはそのような従量制プランというものがあります。3つの料金プランしかありませんので、契約しているプランの通信を超えるとリミットがかかります。
これが非常にメリットがあるということです。契約しているプランを超えると通信制限がかかります。この通信制限というものは、料金にも制限がかかるということになります。従量制には最大のメリットなのです。従量制であったとしてもリミットがかかることはありますが、それは最大の従量制の料金を払った後でのこととなります。
その点ワイモバイルでは従量制という考え方はありませんので、従量制がないということで、非常にメリットとなるのです。とにかく毎月の料金を抑えたいと思っている人にとっては、このワイモバイルの料金体系というのは、非常に優れている料金体系だと思います。
ただし世の中には使った分だけ払いたいという人もいるわけなので、そういう人は向いていないと思ったら大間違いです。

ワイモバイルの料金プランというのは、最大にしても他社の従量制のプランよりも大容量かつ安く利用することができるのです。他社は従量制の料金の支払いでも5000円ほど払う必要があるのに対して、ワイモバイルでは、4,680円という料金が最高値なのです。それで毎月14GBの通信を行うことができるのです。それがワイモバイルの最大の利点です。通信をそれなりによくするという人も14GBあれば、たいてい足りるのではないでしょうか。それこそ動画の垂れ流しをする人はこれでも厳しいかもしれませんが、普通に利用していて14GBあればたいていの通信が足ります。従量制で14GBまで利用できるプランは他社ではあまりないプランです。
例えばauの料金プランですが、このような感じです。

こちらがその料金プランですが、7GBまでの通信で4,480円となっており、ワイモバイルの半分しか利用しておりませんが、それでも4,480円と非常に高額な価格設定となっているのです。ワイモバイルというのはそういう意味ではキャリアよりも安価な価格設定になっているので、非常にメリットがあることがこちらを見てもわかるかと思います。
他社よりも確実に安価な価格設定で利用することができるのがワイモバイルということは理解した人も多いと思います。
この従量制プランというのは、使わない月はいいのですが、利用する月によっては、本当に困りものなのです。特に夏休みや正月などの外出する機会の多いときに従量制プランだとすぐに上限がオーバーしてしまうこともあるのです。好き勝手に料金プランを変更できるという点も非常に優れたメリットかと思いますね。
ワイモバイルはぜひ検討してもらいたいキャリアであるということが、従量制のデメリットをみて少しでも感じていただければと思います。他社と比較しても安価な契約を行うことができます。

2019年〜2020年にかけての最新機種を紹介


こちら2019年〜2020年にかけての最新機種はこちらで紹介しています。最新機種なので、これらの機種がほしいと思う人も多いのではないかと思います。ワイモバイルでは機種代金もそこまで高額ではないので、かなりメリットがあります。またオンラインショップを利用することで、割引購入をすることが可能です。
そのためワイモバイルストアを利用する人が非常に増えています。
ワイモバイルストアは良心的な価格であることに加え、実は事務手数料も無料ということで、かなりの人が契約をしているショップとなります。ワイモバイルストアを是非利用してもらいたいですね。
本体代金も分割で購入することができますので、一番安価なプランSを利用することができれば、毎月の維持費は3000円台となり、それくらいならそこまで家計を逼迫するレベルではないかと思います。最近はやはりそのあたりの毎月の維持費をかなり気にする人も多くいます。
他社なら利用方法によってですが、1万円近くの料金を毎月払うこともあります。本体代金が非常に高額になったということもその原因の一つとなります。ワイモバイルでは本体代金が安価なモデルがかなり多数取り揃えられているので、そこまで高額な機種がないので、安心して維持することができるでしょう。最新モデルであったとしても他社と比較するとかなり安価です。
最新機種の中でもやはりお得なものは、Xperia 8ではないかと思います。Xperia 8というのは、デュアルカメラも搭載し、画面に関しても大画面モデルとなっています。それだけでもかなりメリットがあるかと思います。最新機種は半年に1度くらいのペースで販売されていきますが、Xperia 8の次のモデルが発売されるのは、まだかなり先の話になるでしょう。Xperia 8の後継モデルに関しても販売されると思われますが、かなり先の話になるので、今のタイミングで購入してもいいかと思います。

本体価格と通信とのセット割引がなくなり通信費だけでのメリットが出てきた

以前は各社ともに本体価格と通信と合算で販売しているケースが非常に多かったことを知っている人も多いと思います。
各社本体実質価格0円などで販売していた頃を覚えている人も多いと思います。現在は実質価格と呼ばれるものがなくなりました。実質価格と呼ばれるものがなくなったということは、本体価格の値引きというものが、基本的にはなくなったということになります。
そのため、毎月の維持費を下げるためには、通信費のコストダウンということが必須となります。
通信費のコストダウンというのは、毎月の通信費を下げるということになります。今ドコモ、au、ソフトバンクなどに加入している人ならワイモバイルへMNPをして加入するだけでメリットが出ます。
それは間違いなくそうだと思います。
今はドコモ、au、ソフトバンクと契約しても、毎月の通信費の値引きはありません。そのため毎月の通信費をリアルに支払う必要があるのです。そのためリアル通信費を払うということで、当然ですが毎月のトータル維持費というものは上がってしまうのです。

少年
少年
なんで実質価格はなくったの?

少女
少女
実質価格というのは、消費者にとってわかりにくいという観点から、国からの指導でなくなったんだよ。
そしてそれだけではなく、本体の値引きの制限も2万円までとなったんだ。
だからスマホをすごく安く買うということも難しくなったんだよね。

少年
少年
今まで値引きで購入できていたのはなんだったの?

少女
少女
一応今までの値引きされていた部分は、通信費に還元されているということなんだけど、ドコモとかauなんかで契約しても、実際にはそこまで還元されていないんじゃないかな?
結果的に大容量プランをメインに行っているだけだし・・・
本当に大容量を使うという人ならドコモやauのほうがオススメかもしれないよ。

基本的に大容量を利用する人はキャリアモデルのほうがオススメかもしれません。それでもそうでない人はワイモバイルくらいがメリットがあると思います。

ワイモバイルの最低維持費が気になる人が多い

ワイモバイルの最低維持費を気にしている人もかなり多いようですね。「ワイモバイル 最低維持費」で検索する人もかなり多いようです。
ワイモバイルというのは、CMもやっており、それだけ知名度のあるキャリアです。
そのためワイモバイルの最低維持費に関して気になる人も多いのでしょう。最低維持費として考える場合は、現状では1480円〜です。

ただしこの1480円の中には、無料通話10分も含まれているのです。無料通話10分として考えた時に通話をする人にとっては、かなり安い維持費となるかと思います。通信に関しては3GBまでの通信しかできませんが、MVNOいわゆる格安SIMと比較してもそれほどかわりません。価格として見た時にはかなり安価な価格設定になっているわけです。

わざわざワイモバイルにして寝かせる人というのは、いないと思いますが、通常に利用する上でもほぼ問題ないことは間違いありません。ワイモバイルの最低維持費を考えると他社への乗り換えというのは、行わない人が結構多いのではないかと思っています。それくらいメリットがあるのではないでしょうか。

料金

Posted by ymobile