2020年 ワイモバイル ワイモバ 学割 U18 お得に契約 家族 割引 キャンペーン

ワイモバイルから学割が発表されました。「ワイモバ学割」という施策です。

学割の時期というのは、非常に安価に契約できるため、かなりの人が契約するのです。この時期に契約することはかなりオススメとなります。

それでは、ワイモバイルの学割についてお伝えしたいと思います。

少年
少年
ついにワイモバ学割が出てきたね。楽しみにしてたんだよ。今回はかなり維持費が安くなるみたいなんで、結構楽しみだよね。
少女
少女
そうそう今回はかなり安く維持できそうだよ。学割ってこの時期しか契約できないから、かなりメリットあるんだよね。
次から新学期を迎える人も多いと思うんだけど、初めて持つならワイモバイルがいいよね。
一番初めに持つところって愛着持てるでしょ。そして今回は家族に対しても恩恵があるし、相当いけてるよね。

また今回から「「データ増量無料キャンペーン2※1」と呼ばれるプランも同時に発表されました。このプランを組み合わせることで、かなりメリットのある契約となるでしょう。

[注]
※1「データ増量オプション」の月額料(500円)が初月無料特典と併せて最大13カ月間無料になるキャンペーンです。

ワイモバ学割の概要

それではワイモバ学割の概要を少しずつ紹介していきたいと思います。

ワイモバ学割のキャンペーン受付期間

2019年11月29日〜2020年6月1日まで

2020年6月1日は月曜にも関わらず、1日までというのは、少し不思議な感じもしますが、5月31日の終了ではありません。1日だけ救済日?がもうけられています。

特典

「スマホベーシックプランM/R」の月額基本使用料が、契約当月(ご家族の場合は適用条件を満たした月)から最大13カ月間1,000円割引になります。

それでは毎月の利用料金のイメージを紹介したいと思います。

月間データ容量と月額基本料金は?


[注]
※2 「データ増量オプション」(月額500円)加入時のデータ容量です。「データ増量無料キャンペーン2」により、月額料が13カ月目まで無料になります。
※3 「家族割引サービス」は、2回線目以降の基本使用料が毎月500円割引となるサービスです。
※4 別途固定通信サービスの料金がかかります。「SoftBank光」の場合は、指定オプション(月額500円~)への加入が必要です。
※5 「新規割」のキャンペーン期間中に、「スマホベーシックプランS/M/R」に新規契約、他社からの乗り換え(MNP)または契約変更で申し込まれた場合、基本使用料を契約翌月から6カ月間毎月700円割り引きます。
※6 契約初月の月額基本使用料は、スマホベーシックプランM:2,180円、スマホベーシックプランR:3,180円を日割計算します。14カ月目以降は、スマホベーシックプランM:3,180円、スマホベーシックプランR:4,180円になります。なお、「データ増量オプション」を継続する場合は、別途月額500円が必要です。

こちら注意事項を紹介しておきます。

適用条件

※非常に重要な情報となりますので、公式サイトより引用させてもらいました。

キャンペーン受付期間中に下記の全ての条件を満たすことが必要です。

<5~18歳の方>
新規契約、他社からの乗り換え(MNP)、“ソフトバンク”からの番号移行、PHSからの契約変更のいずれかで契約すること
「スマホベーシックプランM/R」を契約すること
申し込み時点で使用者の年齢が5~18歳であること
契約時に、このキャンペーンに申し込むこと
<家族>
新規契約、他社からの乗り換え(MNP)、“ソフトバンク”からの番号移行、PHSからの契約変更のいずれかで「スマホベーシックプランM/R」などの対象プランを契約すること
「ワイモバ学割」に申し込みされている5~18歳の方と同一の家族グループに加入すること

コスパ最高の学割はワイモバイルだからできる

今回ワイモバ学割適用時の価格ですが、スマホベーシックプランMは12GB使えて、1480円からとなっています。

新規割という言葉もありますので、新規割に関してどのようなものになるのかお伝えしておきましょう。

こちらが新規割となっています。新規割というのは、契約月の翌月から6ヶ月間に渡り700円の恩恵を受けることのできるものとなっています。契約月の翌月からということで、12月に契約したとしたら、1月から6月いっぱいまで700円割引の恩恵を受けることができるということになります。

それ以降は新規割の割引がなくなるので、2,180円となります。2,180円となったとしても、かなり安価ではないかと思っています。2,180円というのは、ドコモやauなら一番最低のレンジの料金プランとなり、1GBしか利用することができませんからね。他社との料金プランを比較するとワイモバイルの料金プランがいかに安価な学割であるかということがわかるかと思います。

これも13ヶ月間の恩恵を受けることができるプランとなっており、平常時の価格は、3,180円となりますが、それでもかなり安価な価格設定であるということがわかるかと思います。

注意点として、データ増量オプションを払い続ける場合は、14ヶ月目から500円別途費用が発生しますので、注意が必要となります。

データ増量オプションは500円となっており3GB余分に通信をすることができます。3GBで500円というとかなり安価なわけですが、スマホプランMはもともと9GB利用することができます。9GB利用できれば問題ないかと思いますが、どうでしょう?

とにかくコストパフォーマンスはかなりいいと思います。最高のコストパフォーマンスですね。

また今回の施策では、最大容量を利用することのできる、スマホベーシックプランRと呼ばれるものも利用することができますが、お子さんにこのスマホベーシックプランRを提供することは微妙かと思います。さすがに初めてスマホを持たせるのに、ここまでのGB容量は不要だと思います。子供の間からスマホで動画などを見る癖をつけてしまうと、将来的にパケット通信量は確実に足らないものになっていくでしょう。子供のうちはスマホベーシックプランMでも十分なのです。さすがにスマホベーシックプランSでは物足らないかと思いますが、それなりに通信させてあげたいと考えてもスマホベーシックプランMが妥当ではないかと思っています。

ワイモバイルオンラインショップでの購入が楽で便利に

ワイモバイルオンラインショップでの購入が楽で便利です。

ワイモバイルの店舗はまだそこまで多くはありません。そのためワイモバイルオンラインショップを利用する人が非常に多いです。

一番メリットとして大きいのは頭金が不要です。

最近スマホが売れない時代に入ったことは知っている人も多いと思いますが、そのため店舗では1台あたりの販売単価を増やそうと頭金が高額になっている傾向になることは知っていますか?

頭金が高額になるということは、消費者はその負担をする必要があります。頭金というのは、店舗が独自に設定している金額のことで、本体の定価とは別に頭金というものを付けているのです。定価販売でも十分高いですが、さらに頭金というものを設定されているケースがあり、購入する方はそういうことを知らないので、店舗購入の場合はどうしてもその頭金の支払いをしてしまうのです。

その頭金というものが、ワイモバイルオンラインショップではありません。そのため、ワイモバイルオンラインショップで購入する人が最近非常に増えてきているのです。

ワイモバイルオンラインショップで購入するということは、そういうメリットもありますので、オンラインショップを利用して購入したいですね。

ワイモバイルオンラインショップでも学割の恩恵を受けることができますので、学割の恩恵を受けたい人はワイモバイルオンラインショップを利用して購入しましょう。

オンラインショップは24時間営業となっているので、非常に購入しやすいですからね。学割の恩恵を受けれたとしても機種代金は別途発生します。親御さんの思いとしては、少しでも安価な価格のものを利用したいと思うことが重要かと思います。少しでも安価な価格のものを利用するということは、それこそ安い機種を購入するということではないかと思っていますが、それでもお子さんの間ではiPhoneの人気がかなりのものとなっています。せっかくならiPhoneを購入してあげて欲しいところですね・・・少しだけiPhoneはAndroid One Sシリーズと比較しても高額な機種となっていますが、オンラインショップで購入することで少しだけでも割引購入できるので、問題ないかと思います。

学割の時期は最新機種も旧型機種も売れる

学割の時期というのは、最新機種も旧型機種もかなり売れます。やはり学割の時期というのは、そもそもスマホが欲しいというニーズ自体が上がる時期なのです。例えば4月から中学生になる、高校生になるという人はどうしても新しいスマホが欲しくなります。そのため初めてスマホを持ちたいと考えているお子さんにとっても、この時期というのはどうしても新しい機種が欲しくなるのです。

旧機種が売れる要因というのは、親御さんの財布の事情もあるようですね。最新機種というのはどうしても高額な機種になりがちです。そのため最新機種の購入はどうしても親御さんがためらうわけです。そのため旧機種もそれなりに売れるわけです。お子さんは最新機種が欲しいことは、誰しもが理解していることかと思いますが、どうしても財布の事情で最新機種の購入を控えなければならないケースもあるわけです。

高校生くらいになると親の財布の事情も子供のほうである程度忖度してくれると思われますので、そこまで言い合いになることはないかもしれません。大学生にもなると、欲しい機種は自分で購入するということも当たり前になるわけですが、実際にスマホの価格を見ると、結構高くて毎月の支払いもキツイという現実を見るわけです。

しかしながらワイモバイルならそこまで高額な機種も揃えていませんので、あまり気にすることはないと思います。基本的に最新の機種でもそれなりに安価に購入することが可能なのです。

これはまさにワイモバイルならではのことではないかと思います。iPhone11Proなどは10万円を超える価格帯となっており、何かのキャンペーンと合わせないとなかなか購入することも厳しい機種の一つとなっています。それが学割と合わせると少しでも安価に購入できるのであれば、学割の時期は間違いなく売れる機種になってくるわけです。キャリアもこの時期に合わせて色々な施策を盛り込んできますので、この時期のスマホは本当によく売れると思います。

この機種は非常にオススメです。2018年に発売されたモデルとなりますが、まだまだ十分動きます。最近のスマホは1年ほど経過したくらいなら問題ありません。ゲームなども普通に快適に動かすことができますので、ゲームなどをする人にとっても、この機種なら問題ないでしょう。まさにこのような旧機種が売れるわけです。

テレビCMでも良好

テレビCMをやっているおかげか、ワイモバイルへのMNPをする人は非常に多いです。
テレビCMの影響というのは、本当にすごいですよね。
ワイモバイルの知名度もかなり上がってきたということになります。それでもまだソフトバンク回線を利用しているということを知らない人のほうが多いのではないかと思います。毎月の維持費を抑えるには、ワイモバイルに加入することが非常にメリットがあるのです。
そのことを知らない人が多いので、テレビCMをやっていてもなかなかMNPをしないのかもしれません。
今のキャリアでの毎月の維持費が高いと感じているのであれば、ワイモバイルへ転入しても問題ないかと思います。
基本的には、ドコモ、au、ソフトバンクを利用している人ならワイモバイルにMNPをしてもメリットがあるのではないかと思います。

学割施策は親御さんにとってはありがたい

学割の施策ですが、親御さんにとっては非常にありがたい施策となります。基本的には通常契約ならそれなりの維持費の支払いがあるわけですが、学割のときはそれらが安価になるわけです。当然ですが、親御さんにとっては毎月の維持費というのは、家計を圧迫するわけなので、かなり厳しいと思います。それが少しでも圧縮されるのであれば、かなりのメリットであることは間違いありません。

毎月の維持費というのは、これから未来永劫かかるわけです。それこそ子供が成人しても携帯料金を払ってくれるかどうかわかりません。ひょっとすると払ってくれないかもしれません。そういうところまで面倒を見る必要があるわけです。親としては子供の支払い能力関係なしに払ってあげるある意味義務に近いものがあるかと思います。そういう意味では毎月の維持費を少しでも下げる施策を行ってくれる学割の時期に契約することが、ある意味自分のみを助けるということになるかと思います。

学割の時期にできるだけ契約することが親としての務めかもしれません。

本来ならそれくら毎月の支払いは厳しいということになります。

家族に対しての恩恵を受けることもできますので、この時期に契約するだけで、初年度の毎月の利用料金というのは非常に安価に維持することができます。最近は中学生くらいからスマホを持つお子さんが増えているということですが、高校生になる3年間だけは親御さんも払ってあげる必要があるでしょうね。高校生くらいになれば、自分でスマホの料金を払うようになる子もいるかもしれません。基本的には中学生の間はアルバイトなどもしていませんので、スマホの費用も払ってあげる必要があるでしょう。ある意味それは仕方ないことかもしれませんね。

学割の恩恵を受ける指定機種はない

少年
少年
学割の恩恵を受けるような指定機種ってないんだって
学割の恩恵はどんな機種でも受けることができるよ。
少女
少女
60歳以上で通話が無料になるものに関しては指定機種ってものがあったけど、学割は指定機種がないのはいいね。
それこそiPhone7などを買ってもいいんじゃないのかな?
iPhoneなら結構長い間使えるしね。

学割の恩恵を受けるための指定機種というのはありません。指定機種がないということは、いわゆる好きな機種を利用することができるということです。好きな機種を選んで契約をするだけなのです。お子さんならiPhone系を購入する傾向にありますが、iPhone7の購入ならワイモバイルでも可能となります。
iPhone7は最新のOSにもアップグレードすることができますので、メリットはあるかと思います。
それでもお子さんによってはiPhone7では不満に感じる人もいるのかもしれませんが、他のiPhoneならやはり高額ですからね。高額なiPhoneより安価なiPhone7でも基本的にできることは同じです。処理速度が若干遅いかもしれませんが、iPhone7ならそこまで気にすることはないでしょう。
指定機種でなくてもいいということは、お子さんにとっては、嬉しいことではないかと思います。
両親に関しても機種に対してそこまでこだわりがないのであれば、3万円前後で購入できる機種もワイモバイルなら多数存在します。機種代金に関しても36回払いの場合ならiPhone7でも毎月の分割金は1000円を切ります。それくらいの価格ならまだまだ購入しやすいレベルなのではないかと思います。36回の分割払いができるということも非常にメリットのあることではないかと思います。

お子さんの間ではiPhoneの人気はかなりのものです。初めて持つ機種をiPhoneにするとそれから継続してずっとiPhoneを持ち続ける人も多いのですが、なぜiPhoneの人気があるのかというと、やはりみんなが持っているということです。

高校生などではかなりの人がiPhoneを所持しているのです。iPhone7も最新のOSへのアップデートを行うことでできるので、最新機能を利用することができます。

ワイモバイルでは、色々選択できる機種が増えてきております。昔のようなことはありません。選択肢が非常に増えたことで、ユーザーにも気持ちよく選んでもらえるような機種が色々出ておりますので、どのような機種があるのか確認してみることをオススメしたいですね。

家族も同様に機種に対する縛りはないと思いますので、好きな機種を選定することができます。家族も同様にワイモバイルにMNPを行うことで、同様の恩恵を受けることができるようになります。ワイモバイルは学生だけではなく、家族に対しても同様の施策をしてくれるでしょう。そのためワイモバイルを利用する家族というのは、この時期にかなり増えるのです。当然といえば当然ですよね。せっかくなら学生を含めた家族も毎月の維持費を下げたと思っているのは当たり前かと思います。毎月の維持費を下げるためには、ワイモバイルのようなセカンドキャリアと契約することをオススメしたいです。ソフトバンクはどうしても毎月の維持費が高いです。そのためソフトバンクからワイモバイルへMNPをする人もかなり多いと思います。ワイモバイルといっても回線はソフトバンクと共同の回線となっているため、日本全国どこでも繋がります。ソフトバンクは特に都心部では非常に高速通信は得意とされています。昔は高速通信はあまり得意ではありませんでしたが、ソフトバンクの高速通信は特に都心部で発揮するのです。今でも田舎の山道などを走っているとソフトバンクのみ利用できない時もありますが、都心部で他社よりも高速で通信できるのであれば、全く問題ないと思いませんか?

ワイモバイルはかなり機種代金も安価なので、購入しやすいので、家族全員がワイモバイルにするという選択肢もありかと思います。

2019-2020年 冬 春モデルの最新機種がオススメ

冬春モデルで登場した最新スマホが非常にオススメです。せっかくなら最新モデルの購入がオススメだと思います。最新モデルの中にXperia 8などの機種も冬モデルとして登場しています。学割で最新の機種を利用できるというメリットは非常にオススメできるかと思います。
基本的に最新モデルを学割で購入できるというところは、かなりメリットがあるかと思います。旧モデルであったとしても、定価はあまり変わりません。それなら最新モデルを買うほうが間違いなくオススメですからね。
どうせ使うなら新しいモデルのほうがオススメですからね。
最新モデルといってもそもそもそこまで高額な機種はありません。新規契約やMNPで購入する場合も、機種変更で購入する場合もワイモバイルオンラインストアなら割引購入が可能ですからね。

2019年までの学割の情報

ワイモバイルは2019年から2020年にも学割が開始されるでしょう。まだ詳細は確定していませんが、2019年の学割をベースにどのような学割になるのか予想してみたいと思います。

また学割は年々各社早まってきており、2016年頃までは年明けから学割が開始されていることが多かったのですが、ここ最近は年明け前より学割を実施しているキャリアが目立ってきました。

その理由の一つに早い段階での囲い込みというものがあります。顧客の囲い込みを早い段階で行うということで、学割を浸透させようという狙いがあるのです。またワイモバイルは特に安価なので、学割などの施策を家族まとめて全員ワイモバイルにしたいと考えます。それはどこのキャリアでも同じことです。そういうこともあり、ワイモバイルの学割というのは、2019年の12月ごろから行われると思われます。現在出ている施策が2019年11月28日のものがあるので、施策終了後すぐにワイモバ学割2020が発表される可能性もあります。

学生にとっては、これから2020年5月31日まで非常に契約しやすい日が続きます。

ワイモバイル 2019年学割

まずは2019年の学割はどのような学割だったのでしょうか。まずは申し込み受付期間です。

2018年12月5日(水)〜2019年5月31日(金)までと約半年に渡り学割を実施しています。

学割というのは、非常に長い期間行われるようになりました。前までは1月中旬スタートが多かったため、4ヶ月半程度のキャンペーンでしたが、最近は1年の半分が学割ということになります。相当長い間のキャンペーンを行うということになります。

それではワイモバ学割はどのようなキャンペーンだったのでしょうか。5歳から18歳までの利用者とそのご家族を対象に「スマホプランM/L」の基本料を最大13ヶ月割引するというキャンペーンでした。

具体的には「スマホプランM/L」の基本料金を最大13ヶ月1,000円割引で提供するというものです。最大13,000円分お得に利用できるというキャンペーンとなっています。

13,000円分の割引というのは、非常にメリットがあります。ただしいくつかの条件がありました。

学割というのは、学生にとってはかなりのメリットがあるかと思いますので、学割の手を使わないのは本当にもったいないです。学割を利用するというのは、家族も含めてお得に契約することができるので、家族も含めてお得だということです。毎年のように学割が出てきますが、毎年それなりに学割は思考を凝らしているかと思います。学割は学生だけではなく、家族もメリットがありますので、本当にいいと思いますね。

それでは2020年の学割に関して予想したいと思います。

2020年のワイモバ学割はどうなる?

2020年のワイモバ学割はどうなるのか

現在の料金プランがこちらです。やはり2020年も同じような割引を行ってくると思いますので、対象はMとRという2つのプランの割引が適用されるのではないかと思います。ワイモバイルの場合、30GBや50GBなど大量にパケットを消費するようなプランはありません。

そのためMAXでも17GBまでの通信しかできません。今回も昨年と同様の場合ならMとRの2つの料金を最大13ヶ月1000円割引にするということが妥当な選択肢ではないかと思います。

また対象となる割引に関していえば、新規契約、のりかえ(MNP)のこの2つであることが条件となります。機種変更では学割の割引対象とはなりません。

ただし気になることがあります。この気になる部分というのは、2019年10月から回線とセットで販売する場合、最大2万円までの割引ということになっています。それは新しい法律ができたことにより、最大2万円までの割引となっているのです。今回最大13ヶ月1,000円の割引となれば、その時点で13,000円の割引の恩恵を受けてしまいます。他の割引施策なども合わせると2万円を超えてしまう可能性もあります。
ひょっとすると期間が短縮されて半年程度の割引施策となってしまうかもしれません。
2018年から2019年にかけての学割の割引施策と比較すると、2019年から2020年にかけて行う割引施策というのは、若干インパクトが少ないかもしれません。

料金プランが非常にシンプルなことがメリットだと思います。3つの料金プランしかないわけdせう。3つの料金プランで、一通りのことができるということが個人的にはかなりオススメかと思います。

最大1000円の割引ならRプランで2480円〜


最大1000円の割引ならRプランで2,480円という非常に低価格な価格からスタートすることができます。

しかも通信は最大17GBまでの高速通信を行うことができるのです。

ただし昨年と同様の施策なのであれば、最大13ヶ月となりますので、13ヶ月後は元の価格帯に戻ってしまいます。1年後の乗り換えも視野に入れる必要があるかもしれません。
仮に昨年と同じ学割施策だった場合、13ヶ月後には価格が上がってしまいます。

ワイモバイルの場合の解約違約金に関して13ヶ月のみに契約の場合以下の解約違約金が発生します。

2019年10月1日以降、下記のいずれかの条件を満たしているお客さまについては、契約解除料を免除します。

ワイモバイル”を継続して2年以上ご利用いただいている状態で、「スマホベーシックプラン」あるいは「ケータイベーシックプランSS」へ変更申込をすること。
機種変更と同時に「スマホベーシックプラン」あるいは「ケータイベーシックプランSS」へ変更申込をすること。

こちらが解約違約金として発生します。仮に12月に契約して13ヶ月にわたり毎月1,000円の割引の恩恵を受けたところで、実際には、解約違約金は9,500円発生してしまいます。正直なところ1年間契約しても解約違約金でチャラということになりますので、あまり美味しい契約とは言えません。それでも2年間継続して利用するということを考えると、2年間トータルの維持費は下がりますので、かなりお得に契約することができます。

学割の恩恵は受けられるほうがお得


ワイモバイルの学割は新規契約もしくは、のりかえ(MNP)での契約が対象となりますが、ちょうどこのタイミングで他社での解約違約金がかからないというような状況であれば、のりかえるということは、非常にメリットがあると思います。
また学割の恩恵を受けるということに関していえば、初めてスマホを持つというお子様がいる場合、お子様は新規契約にして、家族全員乗り換えるということで、家族全員が恩恵を受けることになります。

ワイモバイルは他社と比較しても通話料や通信費が安価なので、非常にお得でメリットがあります。
10分間の無料通話が付いているということも、かなり魅力的です。他社ではこのあたりがまるまるかかりますからね。
このあたりの無料通話10分が付いているということで、長電話はしないけど、ちょくちょく通話をするという人ならかなりメリットがあるのではないかと思います。
特に家族で契約する人の場合、お子さんは通話をする場合LINEなどですることが多いと思います。
大人はLINE通話ではなく、普通に電話をすることが多いと思いますが、そこまで長電話をすることも少ないでしょう。
長電話をあまりしないのであれば、10分の無料通話が付いているだけでも十分なのです。やはり家族全員での乗り換えが非常にメリットがあるということです。

学割の恩恵を受けられるのは高校生までの間となっています。契約時のお子さんの年齢が18歳までということになると思いますので、お子さんが高校生なのであれば、間違いなくお得に契約できると思います。

2019年-2020年冬 春モデルの最新モデルを学割で持つ


2019年-2020年にかけての冬春モデルに関してお伝えしたいと思います。
2020年の学割で利用できる機種としては、このタイミングで発売されるモデルが、最も新しいモデルとなります。
この時期というのは、学割を利用する人が非常に多いので、最新機種もかなり販売台数を伸ばすことは間違いありません。
その中でも今回は初めて、Xperia 8が発売されました。Xperia 8というのは、ワイモバイル初のXperiaスマホとなっており、非常に期待している人も多いのではないかと思います。基本的にXperiaというのは、キャリア販売がメインでした。2019年の冬に発売開始されたXperia 5などもキャリアモデルとして登場しており、ワイモバイルからは発売されておりません。その理由としてはハイスペックモデルという位置づけとなり、販売価格が高いということがその理由となります。販売価格が高い機種というのは、今はあまり売れない時代になってきているので、ワイモバイルからXperia 8のような機種が販売されるということは、大歓迎なのです。
またこれ以外にはAndroid One Sシリーズの2機種が販売されております。
その中でもAndroid One S7はAQUOS Sense3の兄弟モデルということで、非常に人気のあるモデルになることは間違いないかと思います。
Android One S7はAndroid10.0を搭載した形での販売となりますが、AQUOS Sense3はAndroid9.0です。実はここで差別化を図っているのでしょう。
今回の最新モデルは、初のXperiaがあり、期待できるモデルだと思います。ぜひ学割を利用してもらいたいですね。

スマホを買うなら3月がお得

スマホの購入を検討しているのであれば、やはり3月がお得です。3月になると新機種も安く購入することができるのです。そのため購入するのであれば、3月のタイミングです。最近はコロナの影響により、外出を自粛する動きになっており、わざわざ店舗にいって購入する人も少ないのではないかと思っています。
そのためスマホを購入するのであれば、ネットで購入することをおすすめします。
ワイモバイルでは、低価格スマホを販売していますので、学生の方でも非常に購入しやすいです。
3月はスマホも決算セールで安くなっていますので、購入するのであれば、今のタイミングです。
スマホを買うのであれば、3月がおすすめですね。
スマホというのは、基本的に3月に購入する人が非常に多く、割引率も非常に高いです。
買うなら間違いなく3月に購入しておきましょう。