ワイモバイル iPhone13 /13mini アイフォン13 スペック 価格 発売日 2021年モデル

ワイモバイルから今後iPhone13の発売があると思いますので、少しずつ情報を出していきたいと思います。iPhone13が発売されるのは、2021年の9月ごろということで、例年と同じくらいのタイミングになると予想されております。

iPhoneというのは、1年に1度通常のiPhoneの発売いわゆるiPhone12やiPhone11などの発売があり、それ以外にはiPhoneSEなどの発売が定期的に行われております。

iPhoneシリーズの中でも9月に発売されるモデルというのは、キャリアの専売特許でしたが、iPhone12はワイモバイルでも販売が開始されており、非常に期待している人も多いのではないかと思います。

2021年モデルのiPhoneに関してもiPhone13の販売は行われると予想されます。

購入するならワイモバイルオンラインショップ

購入するならワイモバイルオンラインショップがオススメです。

✔事務手数料が無料
✔自宅にいながら購入ができる
✔頭金が無料

これらのことからワイモバイルオンラインショップを利用して購入する人が非常に多いわけです。

事務手数料が無料ということだけでも相当なメリットがあると思いませんか?
それでは現状で出ている情報を元にiPhone13がどのようなスペックになるのかお伝えしていきたいと思います。

iPhone13 iPhone13miniのスペックを予想

まずはこちらにiPhone12シリーズのスペックなどを掲載しているページがありますので、こちらをご確認ください。

✔iPhone12で初めて5Gへの対応
✔iPhone12のProシリーズはワイモバイルからは発売されていないが、LiDARの搭載があった

これらを踏まえてどのようにレベルアップしていくのでしょうか?

iPhone13の画面サイズ

iPhone13の画面サイズはどの程度になるのか気になるところですね。

ワイモバイルで発売されるiPhoneに関してはProシリーズの販売はないと思いますので、iPhone13及びiPhone13miniのみになると予想されます。

iPhone12の画面サイズを継承すると予定されていることから、6.1インチと5.4インチの画面サイズになるでしょう。

✔iPhone13mini:5.4インチ
✔iPhone13:6.1インチ

iPhoneはAndroidスマホほど画面サイズは大きくありません。
若干小ぶりのほうがいいのではないかと思いますね。

iPhone13に搭載されるCPU

iPhone13に搭載されるCPUはA15と呼ばれるCPUとなります。
A14がiPhone12に搭載され、それの次のCPUとなります。基本的にCPUの性能というのは、年々向上しており、A14の20%〜30%程度向上すると言われております。

iPhone12の時よりも当然ながらスペック的にはかなりよくなると予想されます。

これは例年同じようなことが言えるかと思いますので、iPhone13の動作向上には期待してもいいと思います。

RAMやROMの容量は?

RAMやROMの容量が向上するかもしれません。

✔iPhone12:4GB
✔iPhone12mini:4GB

RAMの容量に関してはiPhone12の時はこの2つのモデルは4GBです。
Proシリーズは6GBでしたが、この2つは取り残された感じですね。

このRAMの容量に関しては、iPhone13では6GBに上がるのではないかと思います。そしてProモデルで8GBになり、それぞれ2GBづつ上がるのではないかと思います。

ROMの容量に関しては、現状と同じになると思われますが、Proシリーズでは1TB搭載するモデルの発売があるかもしれません。
1TBというと、かなりの大容量となります。

iPhone13では64GB/128GB/256GBの3つのサイズになると予想されます。Proシリーズでは128GB〜ということになるでしょうね。

カメラはどうなる?

カメラに関してはかなりこだわりたいところです。iPhoneのカメラはかなりいいカメラが毎度のことながら搭載されております。

iPhone12のカメラはデュアルカメラでしたが、デュアルカメラはそのまま継続されると思われます。
ただ最新の情報として、LiDARがすべてのiPhoneに搭載される可能性があるという情報もあります。

LiDARがすべてのモデルに搭載されるとなるとiPhone13でもLiDARの搭載の可能性が非常に高くなります。
LiDARが搭載されるだけで、ポートレートモードなどはかなりきれいに撮影することが可能となります。。

基本的にカメラで撮影するものというのは、人物か風景です。風景でもポートレートモードを生かしたとり方などもあります。

カメラは超広角と広角の2つしかないと思いますが、超広角と広角の2つしかないということで、望遠レンズはiPhone13でもつかないでしょう。

引用元:cultofmac

Proモデルなら望遠レンズが搭載

Proモデルであれば、望遠レンズが搭載されると思われます。望遠レンズがあると、かなりの倍率の写真や動画が撮影できるようになります。

2021年モデルでは、望遠レンズでもペリスコープが採用される見込みとなっており、ペリスコープが採用されると、かなりの倍率になると思われます。

こちらGalaxy S21シリーズですが、すでにペリスコープを採用しており、望遠でもかなりきれいに撮影することができるのです。

Proシリーズを購入しようと思うなら、ワイモバイルからの発売はないと思いますので、他社で契約する必要がありますね。

iPhone12はProシリーズもかなり人気が高く相当売れているようですね。

TouchIDが採用になる可能性が高い

これはあくまで噂レベルですが、TouchIDが搭載される可能性があります。

TouchIDが採用されると、FaceIDだけではなく、マスクなどをしていたとしても、簡単にロック解除を行うことが可能となります。

それは相当メリットがあることだと思います。
基本的にTouchIDというのは、指紋認証となりますので、マスクなど関係ありません。

昨今夏場でもかなりの人がマスクをするでしょう。マスクをしている状態でTouchIDでロック解除ができるのであれば、かなりありがたいはずです。

✔TouchIDが採用されるとかなり助かる

ただ前面画面に埋め込みになるのかそのあたりまではわかりません。

iPadでは電源部分と共有のTouchIDとなっていますので、電源部分と共有のTouchIDになる可能性もゼロではありません。
それでもマスクをしている状態でロック解除ができるということで、ありがたいと思う人はかなり多くいるはずですからね。

かなり期待したいところです。

5Gのミリ波に対応してもらいたい

iPhone12で初めて5Gに対応しましたが、5Gはミリ波の対応は行われておりません。
ミリ波への対応が行われると、ミリ波の電波を受けた時にはかなり高速に通信を行うことが可能となります。

✔今後ミリ波のアンテナもかなり敷設される
✔ミリ波対応のスマホもかなり増えると予想

Androidでもミリ波対応のモデルというのは、今後確実に増えていくことは間違いありません。そんな中でミリ波への対応が行われるとなると、かなり期待が持てると思います。

iPhone13でもミリ波への対応にはかなり期待したいと思いますね。

iPhone13Proシリーズはワイモバイルでの販売はなし?

iPhone13Proシリーズの販売はワイモバイルでは行われないと予想されております。

Proモデルの人気というのは、かなりのものですが、iPhone12もProモデルはキャリアのみしか販売されておりません。

そういうことをトータル的に考えた時に、やはりワイモバイルからの販売は行われないでしょう。

ワイモバイルからProモデルの販売は行われない
✔ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのみでProモデルは販売

Proモデルというのは、やはり人気の高いモデルとなっていますが、ワイモバイルでは価格を抑えての販売となると予想されておりますので、どうしても販売されないと思う人も多いのではないかと思います。

実際にiPhone13の販売が行われるのであれば、相当ありがたいですよね。

ただそうなるとワイモバイルの維持費が安価でありながら、本体代金のほうが高くなるということも起きるのではないかと思っています。

それでもいいという人なら問題ありませんが、やはりちょっとそれではかなしい限りですよね。

とはいうもののiPhone13でも処理能力などは全く問題ありませんので、Proモデルにこだわりがなければ、ワイモバイルから販売されるiPhoneでも十分かと思いますね。