こちらのキャンペーンはPayPayボーナス3000ポイントもらえます。
少しでも携帯を安く買えるならかなりお得でしょう

ワイモバイル iPhone13 /13mini アイフォン13 スペック 価格 発売日 2021年モデル

ワイモバイルから今後iPhone13の発売があると思います。

すでにキャリアモデルとしては、iPhone13の販売は行われております。

ワイモバイルはそれよりも遅れて販売される予定となっています。

ワイモバイルからは2022年2月頃の発売の予定

発売は通常キャリアよりも遅れて販売される予定となっていますので、注意が必要となります。

iPhoneというのは、1年に1度通常のiPhoneの発売いわゆるiPhone12やiPhone11などの発売があり、それ以外にはiPhoneSEなどの発売が定期的に行われております。

iPhoneシリーズの中でも9月に発売されるモデルというのは、キャリアの専売特許でしたが、iPhone12はワイモバイルでも販売が開始されており、非常に期待している人も多いのではないかと思います。

2021年モデルのiPhoneに関してもiPhone13の販売は行われると予想されます。


購入するならワイモバイルオンラインショップ

購入するならワイモバイルオンラインショップがオススメです。

✔事務手数料が無料
✔自宅にいながら購入ができる
✔頭金が無料

これらのことからワイモバイルオンラインショップを利用して購入する人が非常に多いわけです。

事務手数料が無料ということだけでも相当なメリットがあると思いませんか?
それでは現状で出ている情報を元にiPhone13がどのようなスペックになるのかお伝えしていきたいと思います。

iPhone12が安価になったことにより、ワイモバイルのiPhone12を購入する人が続出です。

こちらがワイモバイルのサイトとなっていますので、こちらも合わせて金額なども確認いただければと思います。

お得に購入できるので、メリットはかなりあるのではないかと思います。

ワイモバイル以外ならどこのキャリアがおすすめ?

ワイモバイル以外であれば、どこのキャリアがおすすめなのでしょうか?

一番は、ソフトバンクではないかと思っています。

まずその理由の一つとして、ソフトバンクは分割で購入することにより、かなり安く購入できるトクするサポート+と呼ばれるものがあるのです。

こちらがトクするサポート+となっていますが、この施策がかなり美味しい施策となっています。

✔トクするサポート+の名称変更が行われた
✔トクするサポート+から新トクするサポートに名称変更が行われた

名称変更が行われるだけで、それ以外の内容に関しては、行われておりません。

実質的に半額で利用することが可能となります。

ソフトバンクは半額でiPhoneの購入ができる
✔半額でiPhoneを利用できる実質価格は、ソフトバンクが一番安い

結果的にソフトバンクを利用する人が非常に多いわけです。

このようにソフトバンクを利用する人が年々増えているわけです。

iPhoneは多い人で1年に1度の機種変更をし、大多数の人は2年に1度の機種変更というサイクルで機種変更をすると思います。

そういうことを考えると、ソフトバンクの24回まで支払い、端末を回収することで、半額で購入できるということは理にかなっているわけです。

そういうことを考えるとソフトバンクのメリットというのは、かなりあるのではないかと思っています。

iPhone13が発売され、iPhone12と比べてどう?

iPhone13が発売され、iPhone12と比較しようと思いましたが、iPhone12とiPhone13というのは、正直なところほぼ変わりません。

それならiPhone12がワイモバイルから発売されておりますので、購入してもいいかと思います。

✔シネマティックモードがiPhone13には搭載
✔処理速度が向上

主にこれくらいがメインの機能となったくらいで、後はほぼ変わりません。

画面サイズも同じです。

5Gもミリ波に対応もされず、同じなのです。アメリカでは継続してミリ波に対応したモデルが発売されているようですが、日本では残念ながらミリ波への対応は行われておりません。

そういう観点からすると、iPhone12のままでもいいと思います。

iPhone13 iPhone13miniのスペックはどうなる?

モデル名 iPhone13mini iPhone13
サイズ 131.5 x 64.2 x 7.65mm 146.7 x 71.5 x 7.65mm
重量 140g 173g
ROM 128GB、256GB、512GB 128GB、256GB、512GB
画面サイズ 5.4インチ 6.1インチ
画面解像度 2,340 x 1,080 476ppi 2,532 x 1,170 460ppi
ディスプレイその他 Super Retina XDRディスプレイ
5.4インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
ディスプレイ両モデル HDRディスプレイ
True Tone
広色域(P3)
触覚タッチ
2,000,000:1コントラスト比(標準)
最大輝度800ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)
チップ A15 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コアCPU
新しい4コアGPU
新しい16コアNeural Engine
カメラ デュアル12MPカメラシステム:広角、超広角カメラ
広角:ƒ/1.6絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
センサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
7枚構成のレンズ(広角)、5枚構成のレンズ(超広角)
True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR 4
フォトグラフスタイル
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影 浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
QuickTakeビデオ
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
TrueDepthカメラ 12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR 4
フォトグラフスタイル
浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
Face ID TrueDepthカメラによる顔認識の有効化
Apple Pay Face IDを使った、店頭、アプリ内、ウェブ上でのiPhoneによる支払い
Mac上でのApple Payによる購入の完了
エクスプレスカードによる交通機関の支払い
通信方式モデルA2626 5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
モデルA2631 5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
通信方式全モデル 5G(sub‑6 GHz)
4×4 MIMOとLAA対応ギガビットLTE
2×2 MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
空間認識のための超広帯域チップ6
リーダーモード対応NFC、FeliCa
予備電力機能付きエクスプレスカード
位置情報 内蔵GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou
デジタルコンパス
Wi‑Fi
携帯電話通信
iBeaconマイクロロケーション
ビデオ通話 携帯電話ネットワークまたはWi-Fi経由でのFaceTimeビデオ通話
5GまたはWi-Fi経由でのFaceTime HD(1080p)ビデオ通話
SharePlayを使って映画、テレビ番組、音楽やアプリの体験をFaceTime通話で共有
画面共有
FaceTimeビデオでのポートレートモード
空間オーディオ
「声を分離」と「ワイドスペクトル」のマイクモード
バックカメラでのズーム
オーディオ通話 FaceTimeオーディオ
Voice over LTE(VoLTE)
SharePlayを使って映画、テレビ番組、音楽やアプリの体験をFaceTime通話で共有
画面共有
空間オーディオ
「声を分離」と「ワイドスペクトル」のマイクモード
オーディオ再生 対応するオーディオフォーマット:AAC‑LC、HE‑AAC、HE‑AAC v2、保護されたAAC、MP3、Linear PCM、Apple Lossless、FLAC、ドルビーデジタル(AC‑3)、ドルビーデジタルプラス(E‑AC‑3)、ドルビーアトモス、Audible(フォーマット2、3、4、Audible Enhanced Audio、AAX、AAX+)
空間オーディオ再生
ユーザーによる設定が可能な最大音量制限
ビデオ再生 対応するビデオフォーマット:HEVC、H.264、MPEG-4 Part 2、Motion JPEG
HDR(ドルビービジョン、HDR10、HLG)
Apple TV(第2世代以降)またはAirPlay 2対応スマートテレビへの、最大4K HDRのAirPlayミラーリング、写真、ビデオ出力
対応するビデオミラーリングとビデオ出力:Lightning – Digital AVアダプタおよびLightning – VGAアダプタ経由で最大1080p(アダプタは別売り)
Siri メッセージの送信やリマインダーの設定などをあなたの声で実行
「Hey Siri」を使ってあなたの声だけでハンズフリーで起動
よく使うアプリのショートカットをあなたの声で実行
電源とバッテリー ビデオ再生:
最大17時間ビデオ再生(ストリーミング):
最大13時間

オーディオ再生:
最大55時間

ビデオ再生:
最大19時間ビデオ再生(ストリーミング):
最大15時間

オーディオ再生:
最大75時間

電源とバッテリー両モデル リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
最大15WのMagSafeワイヤレス充電
最大7.5WのQiワイヤレス充電
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
高速充電に対応:30分で最大50%充電(別売りの20W以上のアダプタを使用)
MagSafe 最大15Wのワイヤレス充電
マグネットアレイ
アラインメントマグネット
アクセサリ識別NFC
磁力計
センサー Face ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
OS iOS15
カラーバリエーション PRODUCT RED、スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンク

こちら正式にスペックが出てきました。

まずはこちらにiPhone12シリーズのスペックなどを掲載しているページがありますので、こちらをご確認ください。

✔iPhone12で初めて5Gへの対応
✔iPhone12のProシリーズはワイモバイルからは発売されていないが、LiDARの搭載があった

これらを踏まえてどのようにレベルアップしていくのでしょうか?

iPhone13の画面サイズ

iPhone13の画面サイズはどの程度になるのか気になるところですね。

ワイモバイルで発売されるiPhoneに関してはProシリーズの販売はないと思いますので、iPhone13及びiPhone13miniのみになると予想されます。

iPhone13の画面サイズはiPhone13が6.1インチでiPhone13miniが5.4インチとなりました。

結果的にはiPhone12と同じ画面サイズとなりました。

✔iPhone13mini:5.4インチ
✔iPhone13:6.1インチ

iPhoneはAndroidスマホほど画面サイズは大きくありません。
若干小ぶりのほうがいいのではないかと思いますね。

iPhone13に搭載されるCPU

iPhone13に搭載されるCPUはA15と呼ばれるCPUとなります。
A14がiPhone12に搭載され、それの次のCPUとなります。基本的にCPUの性能というのは、年々向上しており、A14の20%〜30%程度向上すると言われております。

iPhone12の時よりも当然ながらスペック的にはかなりよくなると予想されます。

これは例年同じようなことが言えるかと思いますので、iPhone13の動作向上には期待してもいいと思います。

RAMやROMの容量は?

RAMやROMの容量が向上するかもしれません。

✔iPhone12:4GB
✔iPhone12mini:4GB

RAMの容量に関してはiPhone12の時はこの2つのモデルは4GBです。
Proシリーズは6GBでしたが、この2つは取り残された感じですね。

このRAMの容量に関しては、iPhone13では6GBに上がるのではないかと思います。そしてProモデルで8GBになり、それぞれ2GBづつ上がるのではないかと思います。

iPhone13では128GB/256GB/512GBの3つのサイズになりました。

Proシリーズでは128GB〜で最大1TBのモデルも登場しました。

ワイモバイルではProシリーズの発売はないので、結果的に最大サイズが512GBとなります。

512GBもの容量があれば、全く問題ないと思っています。

カメラはどうなる?

カメラに関してはかなりこだわりたいところです。iPhoneのカメラはかなりいいカメラが毎度のことながら搭載されております。

iPhone13のカメラ性能に関しては、正直なところiPhone12と比較しても、どうなの?というレベルです。

こちらにiPhoneのカメラ比較に関する記事がありますので、こちらを見ていただけるとわかるかと思いますが、iPhone12のカメラで撮影したほうが、きれいに撮影出来ていると思います。

✔暗い場所ではiPhone12のほうがきれい
✔iPhone13のほうがくっきり撮影出来ているように感じるがiPhone12でも十分

こちらはProシリーズ同士のカメラの比較となりますが、iPhone13でも変わらないと思います。

ただこれは暗い場所での撮影となっているので、明るい場所で撮影すると、2つのモデルはさほど大差はありません。

Proモデルなら望遠レンズが搭載

Proモデルであれば、望遠レンズが搭載されると思われます。望遠レンズがあると、かなりの倍率の写真や動画が撮影できるようになります。

2021年モデルでは、望遠レンズでもペリスコープが採用される見込みとなっており、ペリスコープが採用されると、かなりの倍率になると思われます。

こちらGalaxy S21シリーズですが、すでにペリスコープを採用しており、望遠でもかなりきれいに撮影することができるのです。

Proシリーズを購入しようと思うなら、ワイモバイルからの発売はないと思いますので、他社で契約する必要がありますね。

iPhone12はProシリーズもかなり人気が高く相当売れているようですね。

ワイモバイルではProモデルの販売はありませんので、残念ながらLiDARの搭載はありません。

TouchIDの採用は見送られる

TouchIDの採用は残念ながら見送られました。

iPhone14でTouchIDが搭載される可能性があるとも報じられておりますので、TouchIDはiPhone14以降に持ち越しとなりました。

昨今コロナの影響により、TouchIDの復活を望む声は多かったと思います。

マスクをしていることで、FaceIDが正しく機能しないという事例なども結構多かったわけです。

✔FaceIDはマスク利用時に使い勝手が悪い
✔TouchIDのほうが便利

TouchIDのほうが間違いなく便利だったわけですが、残念ながらTouchIDが見送られたということになりますので、ちょっと残念ですね。

それでもこれからワクチン接種が進むので、TouchIDではなくFaceIDでも大丈夫な人も結構多く出てくると思います。

iPhone13は5Gのミリ波に対応していない

iPhone13でも5Gのミリ波には対応しておりません。

今後も当分ミリ波に対応することはおそらくないかと思います。

✔iPhone13でのミリ波の対応はなかった
✔今後ミリ波の対応もほとんどないのではないか?

ミリ波に対応することで、本体の部材コストが若干ながらでも上がるわけです。

また日本ではミリ波のエリアも非常に少なく、まだまだ対応できるというレベルではないかと思います。

そのためミリ波の対応はまだ行われないでしょうね。

ただミリ波も年々広がっているので、iPhone16かiPhone17あたりでは対応してもらいたいですね。

発売日は?

iPhone12の時の発売日は、2021年2月26日となっています。

iPhone13もそれくらいのタイミングでの発売となる可能性が非常に高いと思います。

iPhone13も2月に発売されるとなると、学割のシーズンに合わせて購入しようと思う人もかなり多くなるのではないかと思います。

✔学割のシーズンに合わせて購入する人が増える
✔学割ではiPhoneはかなり販売台数を伸ばすと予想

学割を利用して購入する人というのは、かなり多いです。

確かに学割を利用することで、かなりお得に購入することができますからね。

また家族の学割ということもあり、家族全員で乗り換えることで、さらなるメリットがあります。

3月の年度末商戦に合わせて発売されると思われますが、年度末商戦というのは、本当にiPhoneが売れるのではないかと思います。

iPhone13Proシリーズはワイモバイルでの販売はなし?

iPhone13Proシリーズの販売はワイモバイルでは行われないと予想されております。

Proモデルの人気というのは、かなりのものですが、iPhone12もProモデルはキャリアのみしか販売されておりません。

そういうことをトータル的に考えた時に、やはりワイモバイルからの販売は行われないでしょう。

ワイモバイルからProモデルの販売は行われない
✔ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルのみでProモデルは販売

Proモデルというのは、やはり人気の高いモデルとなっていますが、ワイモバイルでは価格を抑えての販売となると予想されておりますので、どうしても販売されないと思う人も多いのではないかと思います。

実際にiPhone13の販売が行われるのであれば、相当ありがたいですよね。

ただそうなるとワイモバイルの維持費が安価でありながら、本体代金のほうが高くなるということも起きるのではないかと思っています。

それでもいいという人なら問題ありませんが、やはりちょっとそれではかなしい限りですよね。

とはいうもののiPhone13でも処理能力などは全く問題ありませんので、Proモデルにこだわりがなければ、ワイモバイルから販売されるiPhoneでも十分かと思いますね。

ノッチは控えめ

ノッチに関してはiPhone12と比較しても控えめになると予想されております。

✔ノッチは控えめ
✔ノッチが小さくなると動画などは見やすくなる

ノッチが小さくなると動画などはかなり見やすくなると予想されます。

基本的にノッチというのは、ないならないほうがいいわけですが、どうしてもノッチというのは、カメラなどを入れておくためには必要なものとなります。

そういうことを考えると、どうしてもノッチが控えめになるといいなぁ〜と思う今日このごろです。

実際に予想通り、ノッチは控えめになりました。

とはいうものの、少しだけといった感じなので、ノッチは継続して残ります。

✔ノッチは残念ながら残っている
✔iPhone12よりもノッチは若干小さめになった

iPhone14まで待つべきか?

これはいつも議論になる部分かと思いますが、次のiPhoneが発売されるまで待つべきか?ということです。

こちらを確認してください。

最新のiPhoneまで待つべきかどうかということに関して記載している記事となっていますが、個人的には今購入しておくほうがいいのではないかと思います。

iPhone13が発売されるタイミングでは、iPhone13を購入しておくことをおすすめします。

それが一番ベストなのではないかと思います。

結局のところほしければ、また購入すればいいわけです。

とはいうものの、比較的高価なものとなりますので、正直なところ結構厳しいと思いますが・・・

それにしてもiPhone14まで待つべきということで検索している人も多いとと思いますので、参考にしてもらえればと思います。

iPhone13は買いかどうか

こちらを見てもらいたいのですが、iPhone13は買いかどうかという記事となっています。

個人的にはiPhone13は今利用しているモデルにより、買いか買いじゃないかを判断すればいいと思います。

iPhoneXRやiPhoneXsより古い機種であれば、買いであることは間違いありません。

✔自分の持っている機種により判断することはあり
✔古いモデルであったとしても、まだバッテリーのヘタリが気にならないのであれば、買い

後は判断する要素として、バッテリーのヘタリというものがあります。

バッテリーのヘタリに関しては、人によって異なる部分があるかと思います。

ワイモバイル新規契約+ソフトバンクでiPhone13を買うという選択肢も

ワイモバイルを新規契約して、ソフトバンクでiPhone13を購入するという選択肢もあります。

ソフトバンクオンラインショップを利用して購入すると、SIMフリーのiPhone13となります。

それならその恩恵を受けて、SIMフリーモデル+ワイモバイルのSIMで利用するということもありではないかと思います。

✔SIMフリーモデルはソフトバンクオンラインショップを利用する
✔iPhone13を少しでも早く利用し、安く利用する方法

結局のところこのような方法というのが、iPhone13をお得に利用できる方法なのではないかと思います。

✔iPhone13の毎月の維持費を少しでも下げた
✔iPhone13をワイモバイル回線で利用したい人にはオススメ

少しでも安く利用したい人にとっては、間違いなくオススメできる契約かと思います。