iPhone14 待つべき理由 iPhone13の購入はまだ早い? どう進化していくのかを予想する

iPhone13の発表が行われましたが、みなさんの感想はどんな感じでしたでしょうか?

iPhone14を待ったほうがいいのか、iPhone13を購入したほうがいいのか?そのあたりは非常に悩まれるところではないかと思います。

私は毎年iPhoneの購入をしていますので、今年も購入しますが、それでも普通の人はiPhoneの購入をしようかどうしようか考えるなんて人も結構多いと思います。

iPhoneは、全キャリアで販売されます。

楽天モバイルが、iPhone12の導入を決めたことにより、2021年モデルのiPhone13はすべてのキャリアから購入できるということが決定しました。

ワイモバイルはiPhone13及びiPhone13miniの販売しか行いません。

ワイモバイルはソフトバンクより後に発売されたモデルを導入しますので、どうしてもそうなってしまいます。

Proシリーズの購入をしたい人やiPhoneの発売に購入したいという人なら、他のキャリアを選択するほうが間違いなくよさそうです。

iPhoneの購入はオンラインショップで行う

とはいうものの、iPhoneの購入はケースを買うためには必須かと思います。

そもそもiPhoneのケースというのは、オンラインショップで行うことをおすすめしたいですね。

ドコモもしくはahamoを利用している人

こちらはドコモオンラインショップとなります。

ドコモオンラインショップは事務手数料なので、非常に購入しやすいです。

またahamoを利用している人もドコモオンラインショップを利用することが可能となります。

ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは事務手数料無料
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは自宅まで送料無料でiPhoneの送付
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは発売日に自宅まで届けてくれる

このようなメリットがあります。

こちらスマホおかえしプログラムを利用することにより、本体代金を抑えることも可能となります。

このように今かなりの人がドコモと契約をしているのです。

こちらにahamoを利用している人もドコモオンラインショップのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

auまたはpovoを利用している人

au Online Shopを利用してiPhoneの購入を行う人もいるでしょう。

au Online Shopは頭金不要で、送料無料で自宅まで送付してくれます。

au Online Shopは送料無料
au Online Shopは頭金無料

また少しでもauは安く購入できる施策を提供してくれています。

こちらのかえトクプログラムを利用することで、少しでもiPhoneを安く購入することが可能となります。

それだけでもかなりのメリットになることは間違いありません。

こちらにau Online Shopのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

ソフトバンクまたはLINEMOを利用している人

ソフトバンクを利用している方にもメリットがあります。

ソフトバンクオンラインショップは事務手数料無料で自宅まで送料無料でiPhoneを届けてくれます。

は送料無料で自宅まで送付
ソフトバンクオンラインショップは発売日に自宅に届く

少しでも早い段階でスマホを購入したいと考えている人にとっては、本当に朗報です。

またこれはLINEMOのユーザーであったとしても、対応してくれるので、それもメリットがあるのではないかと思います。

こちらにLINEMOでも2021年モデルのiPhoneの購入が安価な価格設定でできるのか?というところを掲載しているページとなっています。

こちらに半額で購入できる施策に関してお伝えしておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

これはかえトクサポート+と呼ばれる施策となっており、かなりメリットがあります。

楽天モバイルを利用している人

こちら各社から販売される予定となっています。

楽天モバイルを利用している人にも当然ながらメリットはあります。

楽天モバイルはとにかく毎月の維持費が安いのです。

毎月の維持費が安いので、楽天モバイルを利用する人が非常に多いのです。

こちらの施策を見てもらいたいのですが、少しでもiPhoneを安価に購入できる施策となっています。

この施策を利用することで、少しでもiPhoneを安く買うことができるのです。2021年モデルにも適用されると予想されますので、メリットはかなりあるでしょう。

iPhone14で搭載される機能を予想

iPhone14で搭載される機能を予想したいと思います。

iPhone14というのは、2021年に発表される機種となっており、非常に人気の高いモデルになることは間違いありません。

iPhone13はiPhone12の後継モデルという位置づけですが、iPhone14に関してはそのようなことはありません。

iPhone14というのは、2022年に発売されるiPhoneとなります。

それではiPhone13ではなくiPhone14を待ったほうがいいかという判断になる情報をお伝えしたいと思います。

ノッチがなくなる可能性が高い

 

ノッチと呼ばれる部分が上部にあります。

iPhone12やiPhone11でもこのノッチというものはありますが、iPhone14ではこのノッチがなくなるかもしれません。

どのようになくなるのか?ということですが、ノッチがパンチディスプレイになる可能性があると報じられています。

✔パンチディスプレイを採用しているメーカーは多い
✔パンチディスプレイでも結局ディスプレイを若干遮る

ノッチがなくなり、パンチディスプレイになるいっても、Galaxyシリーズなどでパンチディスプレイの対応はありましたが、パンチディスプレイになることで、動画などを閲覧する時は、ノッチよりもさらに見やすくなることは間違いありません。

実はそれだけでもいいのかもしれませんが、基本的にはパンチディスプレイになるということで、カメラが完全に隠れるのか?と言われるとそういうわけではありません。

最近はディスプレイに内蔵された、カメラなども存在しますが、そこまでの対応はiPhone15で対応されると言われております。

TouchIDの復活

TouchIDが復活すると言われております。

TouchIDが復活するということで、非常にメリットがあると思っています。

✔マスクをしていても認証解除
✔指紋認証方式が複数あれば、ユーザーの利便性がかなり上がると予想

FaceIDは今まで通り残ると思います。

TouchIDは今まで通り残ると思いますので、複数の認証方式となる見込みです。

またディスプレイ埋め込みのTouchIDになると思いますので、それは魅力的ですね。

Androidスマートフォンではすでに画面埋め込みのTouchIDを搭載しているスマートフォンも多数販売されているため、おそらくディスプレイ埋め込みになるでしょう。

USB-Cの採用

USB-CがiPhone14では採用される可能性があると言われております。

基本的にはLightningがあれば、今のところ大きな問題はありませんが、今後を見据えた時にUSB-Cを利用したいという声はかなり多くあるかと思います。

Androidスマートフォンであれば、昨今たいていUSBの-Cが搭載されているのです。

✔AndroidスマホならUSB-Cが搭載
✔MacBookもUSB-Cが搭載

世の中の流れとしてUSB-Cとなっている中でiPhone13はまだLightningの採用をしているのです。

これに関しては本当に賛否があるかと思いますが、個人的にはLightningのほうがいいのかな?とも思いますが・・・

どうでしょうか?

処理速度の向上

処理速度は当然ながら上がります。

iPhone13の発売からiPhone14まで1年間あるわけです。

それなら当然ながらほとんどの部材のレベルアップが図られることは間違いありません。

A16と呼ばれる最新のCPUが搭載されるでしょう。

✔CPUはA16が採用
✔2021年より20%程度レベルアップ

2021年より20%程度レベルアップすることは間違いありません。

このように処理速度が上がるということは、例年のことなので、当然といえば当然のことです。

1年待つくらいなら、iPhone13でもいいのでは?と思いますね。

チタンフレームの採用

チタンフレームをiPhone14では採用する見込みです。

ただ今の時点ではProモデルのみの対応となる可能性が高いと思われます。

チタンフレームになれば、本体はさらにがっしりとすることは間違いないかと思います。

✔チタンフレームになればかなり頑丈に
✔落下でも本体に影響はほぼないのでは?

ただ最近はケースをする人も多いので、実際にはチタンフレームの採用をしなくても、強度の問題はある程度解決することが可能かと思います。

ただボディが頑丈になってありがたいと思う人のほうが多いと思いますので、それはそれでありがたいことではないかと思います。

1年待つメリットある?

正直なところ1年待つメリットってありますでしょうか?

✔最新のiPhoneは発売と同時に使い始める
✔1年で買い換える時はその時考えるほうがいい
✔1年後のiPhoneのほうがいいに決まっている
✔今購入して、1年後いいものが出ても、1年経過した後なので、後悔しない

私は1年も待つくらいであれば、絶対にiPhone13を今のタイミングで購入しておくほうがメリットがあると思っています。

1年待つメリットというのは、正直なところそこまでありません。

1年待てばいいものが発売されるに決まっているからです。

それはiPhone12よりiPhone13のほうが性能がいいということは、周知の事実です。

そういうことを考えると、1年待つメリットというのはないと思います。

iPhone14でもシネマティックモードは使える

当然ながらiPhone14でもシネマティックモードというモードは利用することは可能となります。

こちらにシネマティックモードに関する動画をアップしております。

普通に外出先でのシネマティックモードって本当に必要なの?というレベルですね。

ただランドタワーなどを撮影する時はおすすめできるかもしれません。

✔ランドタワーなどを撮影する時は使えるかも?
✔外出先でも結構きれいには撮影できる

ぼやけ機能の一種ですが、AIを利用していることもあり、人なら自動的にフォーカスが変更されるということです。

動きに合わせてフォーカスを合わしてくれるということは、結構メリットがあると思っています。

シネマティックモードというのは、これから先に販売されるiPhoneであれば、全てに対応されることは間違いないかと思います。

シネマティックモードで撮影した映画なども今後は出てくる可能性も十分にありえるのではないでしょうか。

ただ一つ大きな問題として、望遠や広角などを利用することが出来ません。

それが最大の難点なのでしょう。

映画などを仮に撮影しようと思っても、望遠などを使いたいというニーズも少なからずあるのではないかと思います。

その時に利用出来ないということは、本当に残念な限りです。次のモデルではそのあたりも改善される可能性というのは、十分にありえるのではないかと思います。