ワイモバイル Xperia10iii エクスペリア10マーク3 スペック 2021年 価格 auなどで販売

Xperia10IIIの正式発表が行われました。

ドコモ及びauから発表され、ワイモバイルでも発売の期待をしている人も結構多いのではないかと思います。
Xperiaシリーズの中でもミドルレンジにあたり非常に人気の高いモデルとなっています。
当然人気のモデルになることは間違いありません。

Xperia10シリーズというのは、基本的にはミドルレンジのスマホとなっていますが、Xperia10iiiが今後発売される予定になっています。

au Online Shopはすでに製品情報にも記載されており、上記で確認いただくことが可能となっています。

すでにauでは予約を開始していますので、auをご利用の人は予約をしてみることをオススメします。

ワイモバイルで発売される開始

購入特典はPayPayボーナスをもらうことが可能となります。

ワイモバイルオンラインショップからも購入できます。ワイモバイルは格安SIMというジャンルではかなりの契約者数を伸ばしています。
ワイモバイルオンラインショップは事務手数料も発生しないため、かなりの人が契約しています。
ワイモバイルオンラインショップはぜひ利用してもらいたいですね。

ワイモバイルでは低価格なプランも打ち出してきております。
さらに持ちやすくなっています。
スマホを維持する上では、毎月の維持費に関して気になる人も多いはずです。ワイモバイルは維持費が安いので、個人的にはかなりメリットのある会社だと思っています。

Xperia 10 iiiのスペック

モデル XPERIA 10 Ⅲ
大きさ 154 X 68 X 8.3mm
重さ 169g
OS Android11.0
CPU Qualcomm SnapDragon690 5G
RAM 6GB
ROM 128GB
画面サイズ 6.0インチ 有機EL トリルミナスディスプレイ
解像度 フルHD+
アウトカメラ 標準レンズ: F値1.8 1200万画素
望遠レンズ:F値2.4 800万画素 光学2倍ズーム
超広角レンズ:F値2.2 800万画素
インカメラ F値2.0 800万画素
カラー ブラック、ホワイト、ブルー、ピンク
バッテリー 4500mAh
その他 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C、おさいふケータイ、3.5φイヤフォンジャック

スペックの詳細が明らかになりました。Xperia 10 Ⅲは非常人気が高いモデルとなっていますので、かなりメリットがあります。

バッテリーの容量が飛躍的に上がった

バッテリーの容量が飛躍的に上がりました。

バッテリーの容量が上がったということは、それだけ外出先で長持ちするということだと思います。

外出先で長持ちするということは、それだけでもかなりメリットがあります。

AQUOS Senseシリーズが大容量バッテリーだったため、恐らくバッテリーの容量をXperia 10 Ⅲが真似してきているのではないかと思います。

カメラは現状と変わらず

カメラに関してはXperia10Ⅱとほぼ変わりません。

✔超広角 800万画素
✔広角 1200万画素
✔望遠 800万画素

ただ標準カメラのF値が2.0から1.8になりました。

カメラは現状と変わっていませんので、そこだけはかなり残念な感じです。
最近は画素数も数千万画素あり、5万円を切るモデルもかなり販売されております。
そこから考えると、どうしても見劣りしてしまいますからね。

ただしもともとXperiaシリーズのカメラの性能は高いので、あまり気にならないかもしれません。
さすがにXperia1Ⅲまでの画素数含めたところまではいくことはありませんが、Xperia10Ⅱのカメラでも実は十分なのです。

こちらに将来販売される予定のXperiaシリーズのユーチューブの情報を掲載しておきます。

こちらを見てもらえればわかるのではないかと思っています。Xperia10Ⅱのカメラですが、かなりきれいに撮影出来ていることがわかるのではないかと思っています。

カメラが2020年モデルと比較しても変わらないというところは、ちょっと残念な感じもしますね。
その理由としては2020年モデルで結構出来上がったカメラであるということが理由の一つです。
他にはXperia5やXperia1との差別化という意味でも、仕方ない部分ではあるかと思いますね。

✔カメラは2020年モデルをそのまま継承

他のシリーズでは4800万画素クラスのものが販売されている中で、最大でも1200万画素というカメラしかないことが若干残念な感じになっていますが、画素数がすべてではないので、仕方ないことだと思います。

✔Xperia 10 Ⅲの発売は2021年5月時点でのワイモバイル発表はなし
✔今までの流れから突然発売はあるかも?

なぜワイモバイルから発表されないのかはわかりませんが、今後間違いなくワイモバイルからの発売はあると思われます。

5Gへの対応

5Gへの対応が行われます。5Gというのは、ソフトバンクの5G回線を利用します。
5Gを利用することで、Xperia10Ⅲもかなり高速に通信を行うことが可能となるでしょう。

ワイモバイルの5Gスマホってまだ発売もされておりませんので、どのような位置づけになるかわかりませんが、期待はできるのではないかと思っています。

5Gは今後ワイモバイルでも対応されます。高速通信を早く試したいですよね。

✔5G通信はソフトバンク回線を利用

ソフトバンク回線を利用するのであれば、安心だと思いませんか?

✔ローレンジモデルでも5Gスマホはかなり出てきた

現在ローレンジモデルでもかなり世の中に5Gのスマホとして出てきました。そのためワイモバイルから発売されるモデルに関しても、5Gのスマホであることが当たり前となってきています。
メーカーもそれを知っていると思いますので、今後5G対応のモデルというのは、かなり増えてくると予想されます。

Xperia10Ⅲに関しても確実に5G対応のモデルとして発売されますので、大丈夫かと思いますね。

画像が流出

こちらは正面から見た部分と背面から見た部分となります。わかりにくいかもしれませんが、トリプルカメラが採用されているかと思います。トリプルカメラはソニーでは最近スタンダードになっているかと思いますね。

トリプルカメラのほうが売りやすいのでしょうね。

✔見た目からもトリプルカメラで間違いなし

他社では4つのカメラを持っている機種というのも出ていますが、そこまでいくと部材コストなどがかかるので、コストとの兼ね合いで4つのカメラということにはならないのではないかと思います。

こちらは斜めから見たところとなります。正面から右側に電源ボタンなどが配置されております。指紋認証もこちら右サイドにやってくるのではないかと思います。

Xperia10iiiの画像が流出しています。基本的には今のXperia10iiとさほど変わらない見た目となっています。
3.5φのジャックが上部にあることもわかるかと思います。
イヤフォンジャックがあるということは、個人的に見てもかなりメリットがあることだと思っています。
その理由はやはり有線で利用したいというニーズがかなりあるからです。無線であれば音質の問題があったり、無線イヤフォンの本体価格に関しても結構高額になるというデメリットがあるからです。
基本的にイヤフォンジャックがあるということは、メリットのほうが大きいと思っています。

✔イヤフォンジャックがあることで、有線で音楽を聞ける

見た目は21:9となっているので、シネマワイドディスプレイとなります。シネマワイドディスプレイというのは、ここ最近のXperiaで採用しているディスプレイの縦横比率となります。

この縦横比率で動画を見ると映画館と同じ縦横比率となりますので、きっちりとした画面で映画を楽しむことが出来ます。
Netflixなどの映画配信サービスなどもありますので、このようなサービスとXperiaシリーズを組み合わせることで、快適に動画ライフを楽しむことができると思います。

指紋認証機能は電源部分と共有

指紋認証機能は電源部分と共有になっています。

指紋認証機能というのは、最近使う人もかなり増えており、ないと不便な機能の一つとなっています。
指紋認証を利用することで、本体のロックが解除されます。
サイドボタンにあると、残念ながら使い勝手はイマイチです。

しかもケースを付けるとどうしてもイマイチに感じてしまう部分がありますが、画面埋め込み型を採用すると更にコストが上がることを考えると仕方ないことなのでしょうね。

✔電源共有の指紋認証機能は今までと同じ

この認証でロック解除を行うというのは、今までと同じとなります。今までと同じようなロック解除ができるのであれば、それはそれでメリットがあると思います。
使い慣れたロック解除を行うと、相当メリットがあります。

最近ミドルレンジでも画面に埋め込みタイプのものが出てきておりますが、画面埋め込みタイプのものというのは、どうなんでしょうかね?個人的には使い勝手良さそうな感じもしますが・・・

5G通信ができるように

5G通信ができるようになります。5G通信というのは、高速通信となります。
ソフトバンク回線と同じ回線品質となりますので、そのあたりは安心して利用することができるかと思います。

こちらの記事を見てもらいたいのですが、ソフトバンク回線と同じ回線を利用しています。
これはかなりのメリットがあるかと思いますね。
ソフトバンク回線というのは、最近ではつながらないということもありません。品質もかなり高くなっているので、あまり気にすることはないかと思います。

ワイモバイルはソフトバンク回線と同じ回線を利用
ワイモバイルも近々5G回線を利用可能に

昨今5G通信ができるミドルレンジモデルというものが、かなり販売されております。
5Gが通信できるということで、ミドルレンジもかなり期待値が上がっていることは間違いありません。

基本的に5G通信ができるモデルというのは、高額なスマホというイメージが非常に強かったのですが、5G通信できるモデルが5万円前後で販売されるようになるのです。
それはかなり期待できると思います。

✔5Gモデルが低価格で販売
✔ミドルレンジも5Gがスタンダードに

低価格モデルは4Gでも十分だと思っていた人も多いと思いますが、ミドルレンジモデルで販売されるようになると、かなり購入する人が増えると思います。

✔ミリ波への対応はなしだと推測

5Gといえばミリ波が有名ですが、ミリ波への対応は行われないと思います。ミリ波への対応を行うことで、当たり前ですがさらなる高速通信を実現することが出来ます。
ただXperiaシリーズではそこまで行われないのではないかと思っています。

ミリ波の対応をするためには、部材の供給が必要なことと、XperiaでもProシリーズしか対応していないことが原因の一つです。
XperiaProでしか対応していないものを次のXperia 10 Ⅲには対応してこないと思いますね。

2画面スタイルがおすすめ

Xperiaといえば2画面スタイルです。この2画面スタイルがかなりおすすめです。
複数のアプリを1つの画面で同時に立ち上げることが可能なのです。
それはそれでメリットがあると思いませんか?この2画面スタイルというのは、間違いなく継承されると思います。

このような利用方法ができるというのは、Xperiaのメリットかと思います。Xperiaは標準で2画面スタイルが可能なので、わざわざアプリを利用することはありません。
それもメリットだと思います。

✔2画面スタイルで2つのアプリ同時立ち上げ
✔同時立ち上げが可能なので、便利

2つのアプリを同時に立ち上げるということは、実は結構便利なのです。どれくらい便利なのか?ということですが、ユーチューブを見ながらツイッターとか地図アプリを見ながら、LINEなど、複数のアプリを同時に立ち上げられるメリットを考えてみてください。
どう考えてもメリットのほうが大きいと思いませんか?

2画面スタイルが標準で付いているというのは、Xperiaシリーズだけなのです。相当メリットがありますので、ぜひこの機会にXperiaにしてみてはどうでしょうか?

ペリスコープカメラはお預け

ペリスコープと呼ばれる望遠レンズはお預けになると思われます。

ペリスコープカメラというのは、Galaxyシリーズなどで採用されているカメラとなっていますが、Xperia 1 Ⅲでは搭載される可能性はありますが、Xperia 10 Ⅲでは搭載されないと思います。

✔ペリスコープの搭載になればコストアップは間違いなし
✔ハイスペックモデルとの差別化も行われると予想

結局のところハイスペックモデルとの比較ということになります。ハイスペックモデルと比較されるということは、Xperia 1 Ⅲでの搭載にはかなり期待したいところですね。

低価格なモデルとして登場

Xperia10iiiは当然ながら低価格モデルとして登場する予定となっています。
昨今低価格モデルというのは、人気もかなり上がってきております。
その理由としては、単純にハイスペックモデルは高いということになります。

ハイスペックモデルのスマホというのは、当たり前ですが高額なのです。昨今高額なスマホはあまり売れない傾向が非常に強いのです。
単純にハイスペックモデルは高くて手が出ないという人が多いということになります。

低価格モデルであったとしても、実はあまり問題はありませんからね。
同じAndroidが入っているのです。

✔ベースがAndroidなので、基本的に同じもの
✔カメラや動作速度の性能が高いものがハイスペックモデル
✔低価格でも問題なく動く

低価格といったところで、基本的には全く問題はありません。価格は若干安いものの、十分利用する上では問題ないのです。

ワイモバイルの発売には期待

ワイモバイルオンラインショップでの販売に関してはかなりの人が期待しているのではないかと思っています。
ワイモバイルオンラインショップはハイスペックモデルの販売を行うというより、ミドルレンジのスマホの販売を行う会社というイメージが非常に強いと思います。

そのため今回のXperia10Ⅲなどまさにミドルレンジモデルのスマホとなっているのです。
ワイモバイルオンラインショップで販売されるとかなりの人が購入することは間違いないかと思います。

日本ではiPhoneかXperiaの人気が本当にすごいですからね。この2つのモデルどちらにしようか検討している人なら、本当に悩ましいところだと思います。

たまにはXperiaシリーズでもいいのでは?と思いますね。Xperia10というのは、Xperiaシリーズの中でもミドルレンジモデルとなっています。ミドルレンジモデルの人気はこれから先も続くと予想されます。
ハイスペックモデルなど不要だと思っている人にとっては、ワイモバイルから発売されえるXperia10Ⅲにはかなり期待してもいいのではないでしょうか。

2021年もワイモバイルからは継続的に販売されることは間違いありません。

なぜならワイモバイルはミドルレンジを期待しているユーザーが非常に多いからです。
Xperia8シリーズの販売が行われなくなり、Xperia 10 Ⅱへシフトしていることを考えると、今後Xperia8の販売はないのかもしれません。

Xperia8を待っている人もいるかも知れませんが、Xperia 10シリーズへ統合されるということになるかと思います。

早く販売されないかな?と待つ人も多い

Xperia 10 Ⅲの販売を早期に待つ声もかなり多いと思います。

実際にXperia 10 Ⅲは販売されるのでしょうか。まいどのことですが、ワイモバイルはシレッと販売開始されると思われますので、かなり期待しておきたいですね。

✔知らない間に販売されることも多い
✔知らない間にXperia 10 Ⅲの購入が可能に

結局日々チェックしておかないと、だめだということです。

まだまだかなりの人気

Xperia 10シリーズというのは、ワイモバイルに限らずかなり人気です。

Xperiaシリーズということもあり、カメラ性能はかなりおすすめしたいところですね。

カメラ性能がかなりいいので、正直なところかなりのメリットがあります。

✔Xperia 10シリーズはワイモバイル以外でも人気が高い
✔Xperiaシリーズはカメラがよい
✔この価格帯で3つのカメラがある

この価格帯でも3つのカメラがあり、かなりおすすめできるモデルとなっています。

人気が高いモデルのスマホというのは、本当にすごいと思います。

またLiteモデルというものも販売されております。

それもまたすごいと思いますね。