ワイモバイル 2022年 春モデル 夏 秋 冬 スペック 価格 発売日など

ワイモバイルから今後発売されるモデルに関してお伝えしたいと思います。

2021年もそろそろ終わりに近づいており、2021年に新製品が発売されるということは、もうほぼないのではないかと思います。

ワイモバイルは今後どのようなスマホを販売してくるのでしょうか?

楽しみにしている人もかなり多いと思います。


2022年モデルにはどのようなモデルが発売されるのか

ワイモバイルにはどのようなモデルの販売が行われるのでしょうか?

楽しみにしている人も多いのではないかと思います。

Xperia 10 Ⅳ

Xperia 10 Ⅳの発売はあるのではないかと思います。

Xperiaシリーズはここ最近継続的に販売しているモデルとなっています。

こちらにXperia 10 Ⅳの予想記事を掲載しておきます。

Xperiaシリーズというのは、非常に人気の高いモデルとなっています。

✔Xperiaシリーズは非常に人気の高いモデル
✔Xperia 10シリーズは日本でもかなり人気で売れ筋のモデル

Xperiaシリーズは3つのモデルの発売が行われる予定となっていますが、Xperia 10シリーズが価格的にも一番安価で購入しやすいモデルとなっています。

iPhone13の登場

iPhone13はすでに販売されていますが、ワイモバイルから発売される予定となっています。

モデル名 iPhone13mini iPhone13
サイズ 131.5 x 64.2 x 7.65mm 146.7 x 71.5 x 7.65mm
重量 140g 173g
ROM 128GB、256GB、512GB 128GB、256GB、512GB
画面サイズ 5.4インチ 6.1インチ
画面解像度 2,340 x 1,080 476ppi 2,532 x 1,170 460ppi
ディスプレイその他 Super Retina XDRディスプレイ
5.4インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
ディスプレイ両モデル HDRディスプレイ
True Tone
広色域(P3)
触覚タッチ
2,000,000:1コントラスト比(標準)
最大輝度800ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)
チップ A15 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コアCPU
新しい4コアGPU
新しい16コアNeural Engine
カメラ デュアル12MPカメラシステム:広角、超広角カメラ
広角:ƒ/1.6絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値と120°視野角
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
センサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
7枚構成のレンズ(広角)、5枚構成のレンズ(超広角)
True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR 4
フォトグラフスタイル
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影 浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
QuickTakeビデオ
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
TrueDepthカメラ 12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR 4
フォトグラフスタイル
浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード
Face ID TrueDepthカメラによる顔認識の有効化
Apple Pay Face IDを使った、店頭、アプリ内、ウェブ上でのiPhoneによる支払い
Mac上でのApple Payによる購入の完了
エクスプレスカードによる交通機関の支払い
通信方式モデルA2626 5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
モデルA2631 5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
通信方式全モデル 5G(sub‑6 GHz)
4×4 MIMOとLAA対応ギガビットLTE
2×2 MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)
Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
空間認識のための超広帯域チップ6
リーダーモード対応NFC、FeliCa
予備電力機能付きエクスプレスカード
位置情報 内蔵GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou
デジタルコンパス
Wi‑Fi
携帯電話通信
iBeaconマイクロロケーション
ビデオ通話 携帯電話ネットワークまたはWi-Fi経由でのFaceTimeビデオ通話
5GまたはWi-Fi経由でのFaceTime HD(1080p)ビデオ通話
SharePlayを使って映画、テレビ番組、音楽やアプリの体験をFaceTime通話で共有
画面共有
FaceTimeビデオでのポートレートモード
空間オーディオ
「声を分離」と「ワイドスペクトル」のマイクモード
バックカメラでのズーム
オーディオ通話 FaceTimeオーディオ
Voice over LTE(VoLTE)
SharePlayを使って映画、テレビ番組、音楽やアプリの体験をFaceTime通話で共有
画面共有
空間オーディオ
「声を分離」と「ワイドスペクトル」のマイクモード
オーディオ再生 対応するオーディオフォーマット:AAC‑LC、HE‑AAC、HE‑AAC v2、保護されたAAC、MP3、Linear PCM、Apple Lossless、FLAC、ドルビーデジタル(AC‑3)、ドルビーデジタルプラス(E‑AC‑3)、ドルビーアトモス、Audible(フォーマット2、3、4、Audible Enhanced Audio、AAX、AAX+)
空間オーディオ再生
ユーザーによる設定が可能な最大音量制限
ビデオ再生 対応するビデオフォーマット:HEVC、H.264、MPEG-4 Part 2、Motion JPEG
HDR(ドルビービジョン、HDR10、HLG)
Apple TV(第2世代以降)またはAirPlay 2対応スマートテレビへの、最大4K HDRのAirPlayミラーリング、写真、ビデオ出力
対応するビデオミラーリングとビデオ出力:Lightning – Digital AVアダプタおよびLightning – VGAアダプタ経由で最大1080p(アダプタは別売り)
Siri メッセージの送信やリマインダーの設定などをあなたの声で実行
「Hey Siri」を使ってあなたの声だけでハンズフリーで起動
よく使うアプリのショートカットをあなたの声で実行
電源とバッテリー ビデオ再生:
最大17時間ビデオ再生(ストリーミング):
最大13時間

オーディオ再生:
最大55時間

ビデオ再生:
最大19時間ビデオ再生(ストリーミング):
最大15時間

オーディオ再生:
最大75時間

電源とバッテリー両モデル リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
最大15WのMagSafeワイヤレス充電
最大7.5WのQiワイヤレス充電
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
高速充電に対応:30分で最大50%充電(別売りの20W以上のアダプタを使用)
MagSafe 最大15Wのワイヤレス充電
マグネットアレイ
アラインメントマグネット
アクセサリ識別NFC
磁力計
センサー Face ID
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
OS iOS15
カラーバリエーション PRODUCT RED、スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンク

こちらがiPhone13の2機種です。

Xperia 10 Ⅳ

Xperia 10 Ⅳの販売が間違いなく行われます。

Xperia 10 Ⅳが2022年に発売される予定となっています。

✔Xperiaは非常に人気の高いモデル
✔Xperiaシリーズはカメラも非常にきれい
✔Xperia 10シリーズは、ワイモバイル以外の会社からの発売も行われると予想

Xperia 10 Ⅳはワイモバイル以外の会社からも発売される予定となっており、かなりおすすめできると思います。

色々な会社から販売されるモデルということは、それだけ売りやすい機種ということになるでしょう。

Xperia 1 Ⅳというモデルの販売もソニーからはありますが、Xperia 1 Ⅳは残念ながらワイモバイルからの発売はありません。

こちらにXperia 1 Ⅳの記事を掲載しておきますので、こちらも合わせてご確認ください。