Xperia1Ⅳ エクスペリア1マーク4 ワイモバイル 2022年に発売されハイスペックモデルに

Xperia 1 Ⅳが2022年に発売されると言われております。

当然ながら最新のXperiaシリーズとなりますが、2022年に発売される予定となっています。

Xperiaシリーズの中でも最もスペックの高いモデルです。

SIMフリーモデルが発売されるとワイモバイルでも利用可能?

昨今世の中というのは、SIMフリーが普通になってきました。

どういうことか?ということですが、SIMフリースマホと格安SIMとのセットで利用するという人が非常に増えているのです。

ワイモバイルというのは、格安SIMのブランドとなっていますので、格安SIMを利用することができれば、トータル維持費を抑えることができると考える人が非常に増えているということです。

ワイモバイルで機種を購入することはなく、他社で機種を購入してSIMフリーとして利用するという人が非常に増えているのです。

実はXperiaシリーズに関してもXperia 1シリーズというのは、ハイスペックかつ高額なモデルとなっています。

そのため毎月の維持費が非常に安価なことから、格安SIMへ移動するわけです。

ただしワイモバイルからハイスペックモデルの販売というものは行っておりません。

そういうことを踏まえた上で、Xperia 1 Ⅳを他社で購入する人も増えるのではないかと思います。

ドコモの残価設定プランが安い

2021年10月から一律でSIMフリーモデルを提供する必要があり、各社から販売されるスマートフォンというのは、すべてSIMフリーモデルとして発売される予定となっています。

そういうことから、他社でSIMフリースマホを購入してワイモバイルを利用するという人も間違いなく増えてくるのではないかと思います。

実はドコモの契約以外でも残価設定型で購入が可能となるのです。

こちらがドコモのカエドキプログラムと呼ばれる新しいプログラムです。

今後ハイスペックが発売されるタイミングでは、おそらくこのプランが適用されるでしょう。

それならこのプランを利用してドコモから購入したら間違いないかと思います。

Xperia 1 Ⅳのスペックはどうなる?

Xperia 1 Ⅳというのは、どのようなモデルになるのでしょうか?

やはり内容に関して気になる人が非常に多いわけです。

モデル XPERIA 1 Ⅲ
大きさ 165 x 71 x 8.2mm
重さ 188g
OS Android11
CPU SnapDragon888
RAM 12GB
ROM 256GB
画面サイズ 6.5インチ OLED
解像度 4K
アウトカメラ 3眼カメラ 3D iToFカメラ 1220万画素x3
インカメラ 800万画素
カラー フロストブラック、フロストパープル
バッテリー 4500mAh
その他 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

まずはこちらでXperia 1 Ⅲのスペックをご確認いただければと思います。

カメラの画素数アップに期待

カメラの画素数アップには期待したいところですね。

現行のXperiaで1200万画素の画素数となっていますので、それよりも画素数が高くなればと思います。

基本的に画素数が高いモデルというのは、一般的にスペックが高いと受け止められやすいです。

✔現行の1200万画素から画素数アップか
✔可変式カメラはさらに進化していくと予想

iToFも現行のXperia 1 Ⅲでは搭載されておりますが、それに関してはおそらく同じものが搭載されていくのではないかと思います。

iPhoneに関してもiPhone12Proに搭載されているLiDARもiPhone13Proでも同じものが継続搭載されております。

iToFというのは、そこまでレベルアップすることはありませんので、おそらく同じものが継続採用されると思われます。

iToFがあることにより、奥行きを計測することが可能となりますので、期待したいですね。

CPUは最高スペックのものが採用

CPUは最高スペックのものが搭載されると言われております。

CPUというのは、そのスマホの能力を左右するものです。

そのためCPUがいいものを利用すれば、それだけ処理速度が上がるわけです。

2021年モデルではSnapdragon888というものが採用されましたが、2021年の12月にクアルコムがSnapdragon898という最新のCPUのものが出てくると予想されます。

2022年に搭載されるモデルでハイスペックモデルというのは、Snapdragon898というものが搭載される予定となります。

✔Snapdragon898が採用される予定
✔Snapdragon898は相当高速処理となる

RAMの容量は据え置きと予想

RAMの容量に関しては据え置きになるのではないかと思っています。

RAMの容量は大きいほうがいいわけですが、12GBを搭載しているXperia 1 Ⅲというのはすでに、十分といえば十分です。

そういうこともあり、RAMの容量に関しては据え置きでも十分ではないか?と思ったりしています。

機種によっては16GBの容量のものもありますが、16GBまでの容量というのはまだ不要ではないかと思います。

2023年モデルであれば、16GBになるのではないかと思います。

✔RAMの容量が大きくなると高額な機種に
✔RAMが大きくても、実際にMAX利用するされることはない

RAMの容量というのは、基本的には大容量のほうがいいわけですが、実際に大容量になったところで、アプリが複数上がっていたとしても、そこまでRAMの容量を使うことはないかと思います。

ただGalaxy Noteシリーズなどではすでに16GBのRAMを搭載しています。

大容量のRAMがいいという人も少なからずいます。

基本的にスペックが据え置きよりも上がるほうが、世間的には喜ばれるケースのほうが間違いなく多いですからね。

そういう意味でも、スペックが高いモデルというのは、基本的に好まれる傾向にあることは間違いありません。

以前6眼カメラが出てくると噂も

以前のことですが、6眼カメラが搭載されるかもしれないということが噂になってことがあることを知っていますか?

6つのカメラがあれば、相当きれいに撮影することができるのではないかと思っています。

✔6つのカメラが搭載されたらかなりきれいに撮影が可能
✔望遠なども2段階の望遠になるかもしれない

すでに望遠レンズに関しては、可変式を採用しており、今後も可変式が継続的に採用されることはほぼ間違いないでしょう。

カメラは4800万画素に

最新の情報ではカメラは4800万画素になると報じられております。

また4つのカメラが搭載される可能性が高いとも報じられており、カメラが複数あれば、それだけきれいに撮影できる可能性もあると思います。

✔カメラが一つ増えるだけできれいに撮影が可能
✔クアッドカメラでも十分

正直なところクアッドカメラでも十分ではないかと思います。

クアッドカメラが搭載されるモデルというのは、ここ最近増えてきております。

Xperia 1 Ⅳであれば、これくらいはやるのではないかと思います。

ワイモバイルならSIMフリーを利用したい人が多い

ワイモバイルユーザーであれば、SIMフリーを利用したいと考えている人が多いのではないかと思いますが、ワイモバイルから発売されているモデル以外の購入しか出来ないのか?と思う人も多いと思います。

今はそんなことはありません。

他社のスマホを購入することも容易になってきています。

SIMフリー+ワイモバイルのSIMとして利用することが可能となります。

今各社から出ている残価設定型などのプランを利用すれば、他のキャリアのユーザーであったとしても、スマホの購入を行うことが可能となります。