ワイモバイル おうちのでんわ 固定電話の維持費を抑える方法

固定電話の料金を抑えたい方にお勧めしたい、「おうちのでんわ」というプランのご紹介をさせていただきます。

昨今、スマホを含む携帯電話が主流となり固定電話の必要が薄れているかと思います。

しかしながら、少なからず社会的な信用情報として固定電話が見られたり、災害時の緊急連絡手段としては携帯電話よりも安定した連絡手段として活躍できたりと、一概に固定電話は不要とはいえないのでないかと思います。

無くせないものであるからこそ、なるべく維持費は安く済ませたいですよね。

そんな方にぴったりなプランと思います。

自宅電話を持つ理由として、一番重要なものは信用性というものが見られます。信用性というのは非常に重要なことで、携帯電話のみで過ごす家庭も少なからずいるかと思いますが、携帯電話以外での通話手段があるということも非常にいいかと思います。私の場合はよほどのことがない限り自宅の電話を取ることがありませんので、自宅の電話は営業のかかってきそうな人に教えたりということに使っています。一度かけてきた電話というのは拒否してしまえば問題ありませんからね。

自宅電話を所持する人は非常に少ないかと思いますが、そういう意味では自宅電話を持つメリットがあるかと思います。

月額料金に関して

早速ですが、利用料金については下記の通りです。

「でんわまとめて割」を使える方であれば、月額500円(税抜)で固定電話が使用できるようなります。
後述の通話料金は必要とはなりますが、500円から始められるとなれば、恩恵を受けられる方も多いのではないでしょうか。

なお、「でんわまとめて割」とは、ソフトバンクあるいはワイモバイルのスマホを使っている方、または「SoftBank Air」を利用している方が対象となります。

既にスマホを契約している方であれば、そのまま割引に繋げられるのが良いですね。

もし、割引が適用できない場合は最初の1年間だけ500円で、次年度からは980円となります。
仮に980円であっても、恩恵を受けられる方は多いと思いますし、割引が適用できる場合なら特に検討の価値はありそうです。

また、後述の有料オプションを利用したい場合は、200円追加で2サービス利用することが出来ます。
ただし、これは「でんわまとめて割」を適用している方限定となりますので、ご注意ください。

自宅に電話があるということは、やはり必要不可欠だと思う人も少なからずいます。スマホだけがあれば、問題ないという人もいますが、やはり家庭を持つ人にとっては、自宅の電話があるということが、必須だと考えている人も多いでしょう。

このおうちのでんわというのは、無線で自宅に電話がやってくるので、それだけでオススメです。通常自宅電話というのは、有線というのが通常だと思っている人も自宅の電話でも無線で利用できるということが本当にメリットがあるのです。

なぜ無線で利用できるのか?という部分は以下を見てもらいたいのですが、工事不要というだけでもかなりメリットがあります。ぜひおうちのでんわを利用してワイモバイルのスマホを安く維持してみることをオススメしたいですね。固定電話を持ちたいという人にとっては、かなりメリットがありますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

初期費用

費用に関して補足となりますが、サービス利用開始時には初期費用が必要となります。

先述の月額料金でもご紹介の、「でんわまとめて割」を活用できると初期費用にも割引が入ります。
通常では、契約事務手数料として800円、登録料として1,000円が必要となりますが、「でんわまとめて割」であればどちらも0円で可能となります。

また、番号ポータビリティを利用する場合は、2,000円がかかります。こちらに関しては、割引はかからないため注意が必要です。

できることなら事務手数料は避けたいところですね。「おうちのでんわまとめてスタートキャンペーン」を同時の申し込みたいところです。

全国のソフトバンクショップまたは、おうちのでんわサポートセンターにてお申し込みいただけますので、そこまで問題ないかと思います。非常に簡単なサービスとなっています。ワイモバイルのサービスであったとしてもソフトバンクのサービスを受けられるというところが、非常にメリットがあるかと思います。ソフトバンクでもワイモバイルでも結果的に同じということになります。結果的にというのは、サービスなどの運用面でも同じサービスを受けることができるわけです。ワイモバイルだからといってもサービス品質が低いわけではありません。ベースはソフトバンクのサービスということになりますので、基本的にはサービス品質はワイモバイルは非常に高いということです。

初期費用に関してもそこまで高いものではありません。そのためかなり利用しやすい価格帯となっています。

オプションサービス

「おうちのでんわ」には、無料と有料のオプションサービスが用意されています。

オプションというのは、通常固定電話では当たり前のようにオプション化されているものです。一般的な固定電話を契約する時にもこのオプションサービスに加入する人は多いと思います。完全な普通の固定電話ということがこちらを見ても理解いただけるのではないかと思います。このオプションには有料と無料とがありますが、これらのオプションは他社で契約しても、ほぼ同じです。

無料オプションサービス

・ホワイトコール24
日本国内通話専用の通話割引サービスです。

・通話相手先への番号通知
通話相手先へのおうちのでんわ電話番号の通知/非通知が設定できます。

・国際不取り扱い
国際電話の発着信を規制することが可能になります。

・WEB明細
ウェブサイトで利用料金明細の確認ができるようになります。

・電話帳掲載
おうちのでんわの電話番号を「104」での番号案内にご登録いただくことが可能になります。

無料ということで、必要に応じて利用という形で良いかと思いますが、「ホワイトコール24」については登録を検討した方が、「おうちのでんわ」を利用する上でも、恩恵が大きくなるかと思います。

具体的には、後述の「通話料について」の項目をご参照いただければと思いますが、「おうちのでんわ」からソフトバンクのスマホへ電話する際の通話料が無料となります。
特に「でんわまとめて割」を活用できる方であれば、ご家族がソフトバンクのスマホを利用しているご家庭も多いのではないでしょうか。その場合、通話料を気にすることなく電話し放題となるので恩恵が大きいと思います。

有料オプションサービス

・番号表示サービス【料金:400円】
かけてきた相手の電話番号電話機の画面に表示できるサービスです。
※「ナンバーディスプレイ」対応の電話機が必要なので、ご注意ください。
このサービスは非常に便利です。400円かかるわけですが、基本的には番号通知が行われない通話はやはり不安ですからね。この400円は安いと考えるべきではないかと思っています。特にお年寄りの家庭ではこの400円でもっと重要な詐欺被害を救うことが可能となります。

・キャッチ電話サービス【料金:300円】
通話中に他の電話がかかってきた際、割り込み音が鳴るようになります。また、現在通話中の相手に対しては保留状態にして、新たにかかってきた相手と話すことも可能となります。

・着信転送サービス【料金:500円】
固定電話にかかった電話を、事前に登録した電話番号に転送できます。

・番号通知リクエストサービス【料金:200円】
非通知でかかってきた電話に対して着信を規制します。
かけてきた相手に対しては自動で番号を通知してかけなおすよう応答します。

・着信お断りサービス【料金:200円】
電話機から登録操作を行なうことにより、着信拒否設定をすることができます。
※非通知番号からの着信にも対応しています。

昨今、詐欺電話や不信電話の話を耳にするがありますし、「番号表示サービス」「番号通知リクエストサービス」「着信お断りサービスは魅力的に感じますね。特にお子様のいらっしゃる家庭では良いのではないでしょうか。

「でんわまとめて割」適用の方限定とはなりますが、これらの有料オプションサービスの中から、月額200円追加することで2つ利用することが可能となります。
※もちろん、割引がされていない方であっても、利用自体は可能です。

通話料について

「おうちのでんわ」から電話をかけた場合の通話料金は下記の通りです。

「おうちのでんわ」を含む特定の固定電話が相手であれば、無料で通話が可能となります。また該当しない固定電話であっても全国一律3分7.99円で通話が可能です。これはかなりの安価な価格設定です。実際に自宅の電話代というのは、光電話の場合これくらいの価格となっていますので、当然といえば当然なのかもしれませんが・・・それでもこの価格は非常に安価だと思います。

また、「ホワイトコール24」の申し込みが事前に必要ですが、ソフトバンクの携帯電話が相手の場合も無料となります。
もしご家族が該当すれば、通話時間を気にせず話をすることができますね。

※「ホワイトコール24」の申し込みが漏れていた場合、他社携帯電話と同様に16円/分かかってしまいますので、ご注意ください。

申し込み方法

流れとしては、次の通りです。

(1)
ソフトバンクショップへ申し込みに行き、でんわユニットを受け取ってください。
※でんわユニットについては、後述でご紹介しております。

(2)
受け取ったユニットの電源を入れて、ソフトバンク社で利用開始の手続きが進めていただきます。
電源が入っていない場合、手続きが進められないため、ご注意ください。

(3)
最後に、現在電話機につながっている電話線を抜いて、でんわユニットと電話機を繋ぐと利用開始となります。
注意点としては、番号ポータビリティの場合は利用開始日になってから電話機とでんわユニットを接続してください。新規取得の電話番号の場合は当日でOKです。

でんわユニットについて

最後に電話ユニットについてです。

縦横10cmほどの、コンパクトな機器ですね。重さに関しても200グラム強ですし、あまり邪魔になることはないかと思います。
あえて言うなら、電源が1つ必要になってしまうことくらいでしょうか。

毎月の固定電話の維持費が安くなる、「おうちのでんわに」ついて紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

簡単な手順で費用を抑えられるプランですので、維持費を抑えたいとお考えであれば、是非一度ご検討ください。

その電話ユニットを含めて接続方法ですが、非常に簡単に接続を行うことができます。

ここでモジュラージャックを抜くという作業を行います。

ここで電話をするための有線の結線がなくなったことがわかるかと思います。でんわユニット自体はコンセントにつなぐだけなので、モジュラージャックの必要性はありません。自宅の電話が無線になるのです。ソフトバンクの基地局から電波を受けて電話をするということになるわけですね。

こちら取り付けに関しても非常に簡単です。でんわユニットは非常にコンパクトです。こちらソフトバンク回線をそのまま利用する方式ですよね。電話はそのため有線ではなく、無線での電話となります。これはかなり画期的なサービスだと思います。逆にいえば、自宅電話をモジュラージャックから開放することができるということで、通話が可能となります。

モジュラージャックの工事なしはすごい

通常電話回線というのは、工事が必要となります。それがこれさえあれば、その工事の必要がありません。それだけでもかなりのメリットがあるのではないかと思っています。まさに通信革命ともいえるような画期的な仕組みではないかと思っています。
ソフトバンクグループの回線を利用して、自宅回線もソフトバンク回線に取り込むということは、相当メリットがあるのではないかと思っています。通常回線の維持費も固定回線の場合でも1000円以上はかかりますが、その利用料金もかなり抑えられています。
毎月の維持費が安価になるということは、相当メリットがあるかと思いますね。
引っ越しする時にいちいち工事をする必要がないということもかなりオススメできるでしょう。引っ越しする時に電話工事というのは、必須となりますが、これさえあれば問題ありません。今後固定回線というのは、このようなコンパクトタイプに変わっていくのでしょうか。それこそ小規模店舗などでもこれなら工事不要で使うことができます。小規模店舗で利用するなら、開店時の工事などは仕方ないことかもしれませんが、閉店時の撤去工事が非常に面倒なのです。小規模店舗にはこれはありではないかと思います。
特にフランチャイズなどではかなりメリットがあるでしょう。フランチャイズなどはいかに経費を抑えるのかということが、かなりオススメです。フランチャイズなどでもこのようなサービスを利用することが可能かと思います。

いわゆる無線で自宅の電話が開通出来るということです。上記でも述べていますが、店舗などを増やす時には、いちいち工事をすることもありませんので、すぐに電話回線を敷設することが可能となります。電話回線を敷設する工事って結構面倒です。工事業者がそこまできて電話線の工事を行うのです。そのような手間がないというだけでもかなりのメリットになるかと思います。基本的に工事不要ということは、それだけでもメリットがあるということです。

1番はじめにもお伝えしましたが、こちらが無線で利用する部分となります。無線で自宅に固定電話がやってくるという時点でかなりメリットがあることだと思います。

自宅電話が無線(ソフトバンク回線)になるメリット

自宅の電話というのは、有線でつなぐということが、今まで一般的でしたが、このサービスというのは、無線でつなぐということになり、かなり画期的です。先程も記載していましたが、引っ越しや工事が不要ということが、最大のメリットとなります。

もし仮に工事をする必要があるなら、工事日などを業者と合わせる必要があり、実はこの工事日をあわせるということがかなりの手間なのです。自宅で仕事をしている人ならいいと思いますが、現実問題平日というのは、外出しているケースのほうが多いでしょう。そういう人が工事日に自宅にいないといけないということだけでもかなりのデメリットなのです。

たった1日のことかもしれませんが、この1日が非常に面倒なのです。特に引っ越して間もない時というのは、仕事の場合など転勤していることも多いですから、新しいことを学ぶ必要があるかと思いますので、相当苦労するかと思います。そんな時に休んで工事日をあわせるということ自体がナンセンスなのです。逆にそのような人は自宅に電話回線を引くということはしないのかもしれませんが・・・それでも自宅に電話を引くということは、一番初めにも伝えたように、信用という部分もあるわけです。その信用という部分から自宅に回線を引く人は少なからずいるわけですね。そういうことを考えると自宅回線を利用し続けるということは、このおうちのでんわで行えば本当にメリットがあります。またソフトバンク回線を使うということで、基本的には電波の入りに関しても大きな問題はありません。ソフトバンク回線は今では全国どこでもつながるといっても過言ではないかと思います。

またおうちのでんわですが、ソフトバンク回線への通話は無料(ホワイトコール24への申込み必須)という非常にメリットもあるわけです。

ワイモバイル宛なら16円/分の利用料金がかかるので注意が必要となります。これはサービスとしては少し残念ですね。それでもソフトバンク回線宛の通話なら無料ということになりますので、それはかなりメリットがあります。ワイモバイルはソフトバンクよりも持っている人が多いので、ソフトバンクが周りに多い場合は、非常にメリットがあろうかと思います。

ソフトバンク回線への通話が無料となることで、周りにソフトバンクを利用している人が多いのであれば、かなりメリットがあるでしょう。基本的に他社含めて自社回線でも無料になることはありません。ソフトバンクは自社回線の強みをかなり生かしているのではないかと思います。自社回線の強みというのは、なんといってもこのような無料通話ということになるかと思います。ソフトバンクはiPhoneを利用する人ならかなりの人が契約しているのではないかと思います。

両親にすすめるのも手

両親にこの施策をオススメするというのも一つの手かと思います。両親は未だにNTTの固定電話と契約しているケースもかなりあろうかと思いますが、一度契約を見直して見るというのもいいのかもしれません。現在60代〜80代くらいの人というのは、当時NTTと契約した固定電話が自宅に眠っているというケースも多くあるかと思います。

1ヶ月に数回しか鳴らないような電話をおいているケースも多いかと思います。それでもやはり解約に至ることはありません。その場合、電話番号そのままでおうちのでんわに乗り換えるということを提案してみるのもいいのかもしれません。恐らく現在利用している固定電話よりも安価に契約できる可能性が非常に高いと思われます。60台以降の人は新しいものに対してはあまり変化を求めるということを好みません。それでも今の契約よりも安価で使っている固定電話も変わらないということであれば、納得頂ける可能性も十分にあろうかと思います。そういうことから両親にすすめて自宅の固定電話の料金を少しでも下げるということができれば、かなりメリットがあるのではないかと思っています。

料金プランの見直しということで、今の自宅の毎月の利用料金を見てもらって、こちらの変更することで、メリットがあることを伝えるだけでも問題ないかと思います。そうすることで、現在の電話回線を解約することもできます。それでも自宅にネットなどをすでに引いており、光電話などになっているとそのあたりの変更手続きは難しいかもしれませんね。それでも安価になる可能性がゼロになるわけではありません。少しでも毎月の維持費を抑えることができれば、両親としてもメリットがあるかと思いますので、一度両親とも相談してみることをオススメしたいと思います。

固定電話を手放すことができないという両親も本当に多いと思います。自宅に有線を引くことが当たり前になっているご両親からすると、無線で固定電話を持つことができるということは、本当にびっくりなことかもしれませんね。

自宅に電話を置くタイミング

自宅に電話を置くタイミングですが、人によって様々な理由で自宅に電話を置く人がいます。実家に固定電話がないという人も結構いるのではないかと思いますが、それでも現在50歳以上の人なら自宅に固定電話を持っているという人も結構いるかと思います。
それでは自宅に固定電話を置くタイミングというのは、どのようなタイミングなのでしょうか。

✓結婚したタイミング
✓自宅を購入したタイミング
✓子供が学校に入ったタイミング
✓引っ越ししたタイミング
✓社会的な信用を得ようとしたタイミング
✓光回線を引いたタイミング

色々自宅に固定電話を置くタイミングという人は多いかと思いますが、自宅を購入したタイミングで自宅に固定電話を引こうと思った人も多いと思います。最近では自宅に固定電話を置く人はかなり少なくなってきています。また自宅に光回線を引いたタイミングで光電話というものが自宅にやってきたなんて人もいるかと思います。光回線と自宅の固定電話というのは、セットで語られることも多いと思います。自宅の光回線は光電話とセットで、毎月の維持費が安くなるなんてこともあるわけです。
このように自宅に電話を引くタイミングというのは、まちまちなわけですが、個人的には自宅に固定電話はあってもいいと思います。やはり緊急連絡先として利用されるのは、固定電話のほうが多いような気がします。特にサラリーマンなどでは自宅の固定電話を会社に伝える人も多いと思いますね。携帯ではなく、固定電話を伝える人が多いのです。
実際に緊急時なので、通常かかってきてもさほど困らない固定電話を指定する人が多いのではないかと思います。携帯電話なら会社の緊急連絡というよりも、通常の連絡としてかかってきそうですからね。最近は会社に対して電話番号すら教えたくない人もいるようですが、固定電話なら比較的安心してお伝えすることもできるのではないかと思います。今回のおうちでんわというのは、まさにそのようなニーズに答えることができる電話になっているかと思います。

自宅に固定電話を置くことは結婚したタイミングがGood

自宅に固定電話を置くということは、結婚したタイミングというのは、よくあることだと思います。

自宅に固定電話があるということは、それだけ社会的信頼があるということにもなるかと思います。社会的信頼が固定電話なんて古臭いと思うかもしれませんが、やはり固定電話を書く必要性というものが出てくるのです。固定電話がないと社会的信頼がないというと思うこともどうかと思うわけですが、実際のところそう見られるケースもあるのです。徐々に固定電話が減っていることを知っていますが、それでも社会的信頼に関していえば、固定電話を自宅に置くということは、まず第一歩かと思います。このおうちのでんわでももったいないと思う人も多いかもしれませんが、それだけで、社会的信頼を少しでも得られるのであれば、いいのかもしれません。ただし私も自宅に電話がありますが、売り込みの電話くらいしかなりませんので、実際には放置していることのほうが多いかもしれませんね・・・

結果的に自宅にある電話がなっても取らないことのほうが多いかもしれません。それでもやはり自宅にある電話があれば、便利なのでないと不便だと感じることもありますからね。そういう時というのは、何か大きな買い物をしたときなどです。自動車などを購入するときに、お伝えするのは自宅の電話にしています。深い意味はありませんが、それもなんとなくといった感じです。それでも自宅に電話があるということは、少しでも信頼してもらえるのかなぁ〜なんて思って自宅の電話をお伝えするようにしています。

引っ越しのタイミングもGood


引っ越しのタイミングでおうちでんわにするという人もかなり多いかと思います。引っ越しするタイミングというのは、あまりないかもしれませんが、それでも転勤を定期的にする人もいるでしょう。
定期的に引っ越しをする人にとっては、間違いなくメリットがあります。とにかく無線で自宅の電話を引くことができるというのは、引っ越しが多いいわゆる転勤族にとってはありかと思います。引っ越しばかりはしたくないかもしれませんが、それでもこの引っ越しのタイミングでわざわざ有線の回線を引くくらいなら、無線の回線を引くほうが間違いなくメリットがあるかと思いますね。
ベースは引っ越しのタイミングかと思います。引っ越し自体は面倒ですが、自宅回線を持っていると何かと便利ですからね。今までのように電話回線の工事をする必要はありません。工事不要で利用することができるので、相当メリットがあるかと思います。引っ越しのタイミングで一度おうちでんわを検討してみてください。

引っ越しが多い人なら最近は固定電話を持たないという人も多いのかもしれません。それでも固定電話を持つメリットというのは、色々お伝えしました。少しだけですが、社会的なステータスというものが上がることは間違いないでしょう。未だに固定電話を記載させる場合もありますからね。携帯電話と固定電話の2つの電話番号を書く必要な場面もあるわけです。そういう場所で電話番号を記載するということをためらわない人なら固定電話を持っているケースが非常に多いです。

子供が学校に入ったタイミング

子供が学校に入ったタイミングで固定電話を持つという人もいますね。最近は学校の連絡網などもLINEなどで済ませたり、グループラインで完了なんてこともかなり多くはなっているようです。個人情報などがうるさいので、学校もそのような連絡網は回すことはあまりなくなりましたが、やはり自宅の電話があって便利に思うことも多いと思います。そのような場合というのは、やはり固定電話を持つということになるのではないかと思っています。

学校に入学するタイミングということは、小学校に入学するときか、中学校に入るタイミングです。このタイミングで所持してもいいかな?と思う人もいるでしょうね。そのタイミングに所持するというのは、自然の流れかもしれません。ただし今の時代学校に入るタイミングに持とうと思う家庭もあまりいないのかもしれません。

むしろそういう家庭ならそれまでに固定電話の1つくらいは所持しているケースのほうが多いかもしれませんね。固定電話はあれば便利ですが、なくてもそこまで不便に感じる人はいないかもしれません。なかったらないで、かかってくることはありません。またワイモバイルのスマホを持っている場合だと、10分の無料通話も付いていますからね。正直なところ子供が学校にはいるタイミングでわざわざ持とうと思う人は少ないかもしれませんね。

自宅に電話は通話料が安い

自宅の電話はなんといっても通話料が安いということが、メリットの一つとして挙げられるかと思います。
自宅から電話をすると、携帯電話よりも通話料が安価なものとなります。そのため自宅の電話を通話料を下げるという目的で設置している人も多いのです。
自宅の電話は3分で7.99円という非常に安い価格です。とにかく通話料が安いということが最大のメリットかと思います。自宅に電話があるということで、それこそ友人などに電話をかけることもかなり安価になります。

携帯電話から電話をするとそれなりの高額料金を取られることもあるかと思いますが、おうちの電話があれば、そのような高額料金を取られることもありません。それだけでもかなりメリットがあるのではないかと思っています。

電話機の購入は必須

電話機自体の購入は必須となります。電話機が付いてくるわけではありません。おうちのでんわというのは、電話機と接続するための機器のみとなります。そのため電話機は別途購入が必要となりますので、注意が必要となります。ただし電話機の価格というのは、非常に安価なものとなりますので、そこまで気にすることはないかと思います。


アマゾンで調べても子機1台がついてこの価格で電話機の購入は可能となるのです。自宅の固定電話というのは、非常に安価であることがわかるでしょう。


シャープでもこれくらいの価格で購入することができますので、1万円で余裕でお釣りがくるレベルで電話機の購入を行うことが可能となっています。これくらいの価格帯ならありではないかと思っています。

こんな感じで良ければかなり安く購入することもできます。
基本的に電話機の購入は必須となりますので、電話機は事前に購入しておきたいところですね。
本当に安く電話を買うことができるというだけでもかなりメリットがありますので、ぜひ検討してもらいたいところです。