2020年4月-5月 ワイモバイル キャッシュバック お得 毎月の支払い 維持費を抑える

2020年4月にかけてのワイモバイルに関する情報をお伝えしていきたいと思います。ワイモバイルというのは、非常に安価なキャリアとなっており、最近非常に契約者数を伸ばしてきております。そのためワイモバイルと契約しようと思う人が非常に多いのです。
ワイモバイルと契約すると毎月の維持費が下がるということもあり、ワイモバイルは非常に人気のあるキャリアとなっています。ワイモバイルと契約することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。またキャッシュバックを貰えるということですが、どのようなキャッシュバックがもらえるのでしょうか?

まずはワイモバイルに契約することがどれだけお得なのかというところをお伝えしたいと思います。

4月の割引案件

現在上限が2万円までの割引などと、あまり美味しい案件というのは出てきません。

今は各社総務省が決めた法律の元に動いているため、あまり美味しい案件が出てこないということになります。

総務省はどのような努力をしているのかというと、キャリアはきっちり電波だけ提供していればいいという選択肢となっているのです。端末代金を下げるための原資に通信費を使われることが嫌なのです。その理由はやはり通信費とスマホ本体は別ものという当たり前のところに立ち返った施策だからでしょう。そういう意味では、今後スマホ本体代金が下がるということは、ないと思います。

もともとの通信費がかなり安価なワイモバイルの場合、一括0円にせずとも売れる傾向にあるかと思います。しかしながらMNPをする人はワイモバイルの毎月の維持費にメリットを感じてMNPを行うわけです。やはり3月の1番売れる時期にターゲットを合わしてくるのでしょうか。3月が1番スマホが売れる時期となっており、2年契約をしている人もその時期が最も購入しているので、そのサイクルで購入する人が多いのです。


現在はこちらのタイムセール案件が一番美味しいのではないかと思います。
Android One X4はまだ割と最新の機種となっています。Android10.0までアップデートすることができますので、最新のOSとして利用することができます。

特価で販売されている機種が増えた

特価販売されている機種がいくつか存在します。


まずはファーウェイ P30 Liteです。こちらの機種はコスパの非常に高いモデルとなっています。Liteという名称なので、イマイチかと思いがちですが、そんなことはありません。
スペック的には、ミドルレンジクラスのスペックとなっており、画面の表示もかなりきれいです。
非常にオススメできる機種になっています。個人的にはかなりいいと思いますね。
この機種もなんと10800円という非常に低価格で販売されているのです。

かなりお得でメリットがありますので、ぜひこの機種は検討の余地ありです。

iPhone7の売れ行きがすごい

3月は決算月ということもあり、かなりの販売台数となります。そのためこの時期を狙って契約する人が非常に増えるのです。iPhone7がワイモバイルで販売されているiPhoneの中で最新のiPhoneとなります。
iPhone7は最新のiPhoneでありながら、すでに発売から3年ほど経過している機種でもあります。
それでも売れ行きというのは、かなりのものです。相当売れている機種となっていることから非常にオススメできる機種なのです。
そしてiPhone7は最新のOSへのアップデートも可能となります。
MNPを狙うのであれば、間違いなくこの時期であることは間違いないかと思います。iPhoneの人気はいつもかなりの人気ですね。やはりまだまだ最新のOSへのアップデートができるということに尽きるかと思います。最新のOSへのアップデートを待っている人にとっては、iPhoneは本当にありがたい機種です。Android Oneではここまで長期間のアップデート保証はされておりません。それならAndroid OneよりもiPhoneにしようと思う人も多いのです。

ワイモバイルとの契約はお得


ワイモバイルとの契約がどれほどお得なのかお伝えしていきたいと思います。
まずは料金プランからです。


こちらが料金プランとなっています。ワイモバイルの料金プランというのは、通信費コミコミと通話料が10分ついたプランとなっているのです。
最近のキャリアから出ている料金プランというのは、通信費コミコミのプランというものが非常に多くなっておりますが、コミコミのプランとなっているので、非常にわかりやすいです。
プランは3つしかありません。

料金プランが3つしかなく誰でもわかりやすい料金プランとなっているのです。そのため契約しようとしても自分がどのプランに加入すればいいのかというのは、なんとなくわかるわけです。

料金プラン S M R
毎月の維持費 2,680円 3,680円 4,680円
利用GB数 3GB 9GB 14GB
無料通話 10分 10分 10分
10分を超えた通話 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒

こちらがその3つのプランとなります。このプランしかありませんので、非常にわかりやすくメリットがあります。
また従量制プランでもなく、契約した分だけの支払いとなります。

実はこの従量制プランというものが、結構辛いことを知っていますか?従量制プランというのは、一番安価なプランに契約はするものの、使っていくうちに徐々に料金が上がっていくプランのことを指します。たいていの会社から出ているプランというのは、1GB〜の契約となっています。毎月の維持費は1GB〜のプランでざっくり1980円〜という会社が多いと思います。

この1980円〜という料金プランの「〜」です。これがかなりの曲者となっています。確かにほとんど利用しなければ、1980円で利用することができますが、スマホを利用していて1GB以内の通信に抑えるということは、実は結構難しいことなのです。
会社にもWi-Fi環境が整っており、会社から自宅までは自転車などで通勤し、自宅はWi-Fiがあるという人なら1GB程度の通信で収まる人もいるでしょう。ただし普通の人ならそんな人はいません。
普通の人ならそこまで少ない通信を行う人はいないかと思います。やはり最低でも3GB程度の通信は行うと思います。しかも3GBというのは、動画をみない前提の契約です。動画を外出先で見る人ならそのような通信では足らないと感じる人も多いのです。
動画を契約する人なら従量制のプランは正直なところ選択することはないかと思いますが、ちょっとだけ動画を見てみようと思うと従量制のプランの場合だとすぐにMAXの通信をしてしまいます。

実はそれが最大の落とし穴なのです。ちょっとだけの動画と思って、動画などを外出先でスマホを利用してみてしまうと、残念ながらかなりの通信をしてしまうのです。1GBなんかでは到底足るわけはありません。そういうこともあり、従量制のプランというのは、非常に怖いプランだと考える人も多くいるわけです。ただしワイモバイルでは従量制のプランは選択することができませんので、リミットが来たら通信速度が遅くなるだけなので、料金に関してもリミットがかかるだけなのです。通信にリミットもかかりますが、料金にもリミットがかかります。
たいていの人はこれでヨシとする人のほうが多いのではないかと思っています。
料金プランに関しては、申し分ないかと思います。

ワイモバイルストアからの購入でキャッシュバックがある


ワイモバイルストアから購入するとMNP、新規、機種変更にて割引の恩恵を受けることができるのです。
新規及びMNPなら14,400円もの恩恵を受けることができるという非常に素晴らしいショップとなっています。
ここまで割引の恩恵を受けることができるのであれば、正直なところありではないかと思います。

さすが新規及びMNPですよね。かなり安価に購入することができるのです。まさにキャッシュバックと呼べるかと思います。ただし実際には、キャッシュバックといっても端末代金からの相殺が可能となっておりますので、端末代金が安く買えるということになります。実はオンラインショップというのは非常に安価に購入することができるのです。そのことを知らない人も結構多いと思います。普段どこでスマホの購入を行っていますか?やっぱりショップから購入する人も多いと思います。ショップからの購入がダメというわけではありませんが、ショップまでわざわざ行く手間を考えるとやはりネットから購入するほうが間違いなく楽に購入することができるので、最近はネットからの購入をオススメしたいです。

ワイモバイルストアは初めからこのように低価格で購入することができるので、定価より安くスマホを購入することができるのです。お得に購入しようと思うのであれば、ワイモバイルストアを利用することをオススメしたいですね。このキャッシュバックが非常にお得なのです。新規やMNPで元々14,400円の割引の恩恵を受けることが出来るというだけでもかなりメリットがあるのではないかと思います。実際に私が店舗に足を運んでもこの割引がない店舗のほうが多かったですね。当然店舗によってはこれ以上の値引きをしてくれる店舗もあるかと思いますが、やはり14,400円分の値引きはかなり大きいです。またよく考えてみてください。オンラインストアから購入すると事務手数料が無料となり、実質3300円分も値引きとなるわけです。

それなら合計で、17,700円分の値引きとなります。

そこまで安価に購入出来るのであれば、ありではないかと思います。店舗で15,000円値引きというものがあったとしても、17,700円分の値引きならそれ以上の値引きの恩恵を受けることが出来るのです。事務手数料だけでも3300円するということは忘れてはいけませんね。

オンラインショップのメリットを知る

ワイモバイルストアから購入することで、本体価格を下げることができるということがわかったかと思います。またワイモバイルストアから購入するとオプションなどの加入も行う必要がないため、リアルの毎月の維持費を案内してくれます。

こちらパソコンから見たところですが、このような感じです。毎月の月額の支払いがかなり簡単に確認することができます。

こちらこのように支払いの明細などもきっちり出てきます。この場合新規割と呼ばれる割引が入っていますので、-770円が割引金額として入っているのです。

こちらに新規割の内容だけお伝えしておきたいと思います。新規割というのは、個人的に見てもオススメできる割引です。ただし6ヶ月しか継続することができませんので、それだけは注意が必要となります。基本的には新規割は新規やMNPにて契約した場合というのは、自動的に付与される割引となっているので、あまり考えることはないかと思いますね。

毎月の維持費も簡単に確認

上記で記載しているように、ワイモバイルストアでは、簡単に毎月の維持費を算出することができるのです。そのため毎月の維持費がいくらであるということがわかるでしょう。先程は新規割に関してお伝えしましたが、新規割は半年以降経過するとなくなる施策となっています。そうなった場合の維持費に関しても簡単に求めることができますので、ワイモバイルストアでの購入は本当に楽で便利なのです。

毎月の維持費に関しても他社と比較するとかなり安いことがわかるかと思います。毎月の維持費が3000円ほどで機種代込です。新規契約ならかなりお得に契約をすることが可能なのです。毎月の料金を抑えたいと思っている人ならワイモバイルがオススメであるということは、先程の図から見てもわかるでしょう。スマホの維持費って結構かかると思っている人もいるかと思いますが、機種を選択しなければ、かなり安価な維持費で大丈夫なのです。
他のキャリアでiPhoneなど選択したら確実に5000円は超えてきます。しかもプランとしては1GB程度しか利用できないプランとなっており、正直なところ1GB程度の通信しかできなかったら心もとないです。それがワイモバイルなら最低3GBからとなっているので、そのあたりは非常に重要視してもいいのではないかと思っています。
3GBあれば、外出先でのニュースサイトなどの閲覧などもそこまで問題はありません。個人的には結構オススメできるGB数となっているのです。

毎月の維持費をとにかく抑えたいのであれば、確実にワイモバイルはありでしょう。毎月のスマホの維持費というのは、基本的に自分がスマホを持たなくなるまで発生するわけです。スマホを持たなくなるということは、今30歳の人なら多分50年くらいは持つと思いますので、相当先まで維持費を計算していく必要があります。毎月5000円なら年間6万円です。それが50年続くとなれば、どうでしょうか?300万は維持費にかかってくるわけです。相当な金額を払う必要があろうかと思います。それが毎月3000円程度の支払いに減らすことができれば、年間36,000円となりますので、180万円程度の支払いまで下がるわけですね。180万円でもかなり高額なわけですが、基本的には毎月の維持費を下げるという点において、ワイモバイルはかなりのメリットがあるということは間違いないかと思います。

学割はメリットがある

学割は限られた時期しか行っておりません。かなりメリットがある時期となっており、非常にいいと思います。
学割を利用することで、毎月の維持費をかなり抑えることができるのです。それだけでもかなりメリットのある契約が可能かと思います。
学割は5月末まで実施されますが、2020年の学割は6月1日まで開催されます。
12月より早い段階から学割が開始されておりますので、かなりお得ですよね。
ぜひ学割が使える人ならこのタイミングで契約してみることをオススメしたいと思います。
家族全員で学割に入っても全く問題ありません。家族も同様に安く維持できますので、かなりメリットがあると言えるかと思います。学割の場合だと維持費の面でかなりメリットがあるかと思います。基本的に維持費というのは、毎月発生するものなので、学割に契約していたとしても両親としては、結構辛いと思います。毎月の維持費をいかに抑えてくれるのかというところが、かなりメリットがあるかと思います。
学割を利用できる家庭なら間違いなく学割は利用したほうがいいと思います。正直なところ学割を使わない手はありません。
5歳から利用することが可能となっていますので、小学校にこれからはいるお子さんがいる家庭では非常にメリットがあるかと思います。次に小学校に入るときにやはりケータイなどを持っていたら安心ですからね。そういう意味でも子供にケータイをもたせるという親がかなり多くいます。
学割は今のタイミングでしか利用することができませんので、ぜひ検討してもらいたいと思います。

ワイモバイルとしての一括0円案件は少ない

正直なところワイモバイルとしての一括0円案件というものは、少ないです。
ワイモバイルは元々低価格で販売しているため、一括0円で販売するのであれば、それだけの通信費からの回収がないとキャリアとしてもかなり辛いものがあるかと思います。
ただし今のところワイモバイルは通信費が安価なので、一括0円で販売すると正直なところ厳しいものもあるかと思います。
そのため一括0円という案件がないわけです。
一括0円の案件の場合は、かなり安価な価格設定にあるスマホでないと厳しいと思います。
一括0円を狙うのであれば、ワイモバイルよりもソフトバンクは狙い目ではないかと思っています。
ソフトバンクのモデルであれば、一括0円で販売されていることもあります。
一括0円を狙うのであれば、ソフトバンクの機種も視野に入れて検討する必要があるかと思います。