こちらのキャンペーンはPayPayボーナス3000ポイントもらえます。
少しでも携帯を安く買えるならかなりお得でしょう

LINEMO 新規契約 キャンペーン キャッシュバック メリットとデメリットは?



LINEMOということは聞いたことある人も多いのではないかと思います。

LINEMOというのは、スマホの毎月の維持費を劇的に下げることのできるツールとなっていますので、知れば契約したいと思う人も多いと思います。

毎月のスマホの維持費を下げたいと思っている人も多いと思いますが、結局のところ何を選択していいのかわからないという人も結構多いことでしょう。

LINEMOという会社はテレビCMで聞いたことがあるけど、それだけしか聞いたことがないという人も結構多いと思います。

なぜLINEMOは安いのか?というところをお伝えしたいと思います。


LINEMOの毎月の維持費

プラン名称 ミニプラン スマホプラン
データ量 3GB 20GB
月額料金 990円 2728円
LINEギガフリー対応 対応 対応
データ量超過後の通信速度 300kbps 1Mbps
eSIM対応 対応 対抗
契約後のプラン変更 スマホプランに変更可能 ミニプランに変更
通話オプション割引キャンペーン 対象 対象
LINEスタンプ プレミアムポイントバックキャンペーン 対象外 対象
PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン 対象 対象
5G 対応
データ量の追加購入 550円/1GB
オートチャージ 対応
国内通話 22円/30秒
SMS送信 3.3円/1通(受信は無料)
5分/回以内の国内通話が無料 月額料 申し込み
通常価格
550円→0円(LINEMO契約から1年後まで)
必要
国内通話が無料 月額料 申し込み
通常価格
1650円→1100円(LINEMO契約から1年後まで)
必要

こちらがLINEMOの毎月の維持費となっていますが、毎月の維持費に関してかなり安いと思いませんか?

とはいうものの、今自分が利用している料金プランなどを知る必要があります。

LINEMOのキャンペーン

LINEMOを新しい電話番号で取得するもしくはMNPで取得する場合には、なんと10000ポイント分のPayPayがもらえます。

これはかなりお得ではないかと思います。

✔キャンペーンでお得
✔PayPay10000円分の還元

これは美味しいキャンペーンとなりますので、LINEMOの契約は検討してもらいたいですね。

今利用している毎月の維持費を知る

今自分が毎月通信費としてどれだけ払っているか確認する。

✔今自分が利用しているキャリアに問い合わせる
✔例えばドコモの場合だと、マイドコモのようなものでどれだけ利用している確認する必要があります。

毎月今どれくらい支払いがあるのか?というところが非常に重要な部分となります。

毎月の料金がわからないと、乗り換えた時にお得になるのか、今のままがよいのか?ということを判断することができません。

それなら今の料金体系を見ていく必要があります。

現状を知るということが非常に重要なことになります。

キャリア独自のサービスなら解約できるか確認

キャリア独自のサービスを利用している人もいるかも知れません。

キャリア独自のサービスを解約する必要があります。

✔今利用しているキャリア独自のサービスを解約できるか考える
✔代替えできるサービスなのかそれも踏まえて検討する

MNPをするということは、結局のところ嫌だという人も結構多いのです。

今利用している会社で受けているサービスをそのまま継続して利用したいという人もいるわけです。

そういう人は自分で同じようなサービスを探すしか方法はないかと思います。

例えばドコモのメロディコールなどというサービスもそれに該当します。

このようなキャリア独自のサービスに関して、解約した時に別に構わないかどうか考える必要があります。

私の場合もそうですが、解約しても困るようなサービスというのは、正直なところありません。

一番困るのは、電話番号がなくなるとかそういうところが一番困るということはありますが、基本的には電話番号がなくならない限り、全く問題ありません。

LINE通信し放題 音声通話やビデオ通話も

LINEの通信というのは、毎日のように利用している人が多いのではないかと思います。

LINEの通信が無料になるということだけでもメリットはかなりあると思いますが、どうでしょうか?

LINEというのは、まさに今世の中のコミュニケーションのインフラとなっており、それの通信が無料でできるということは、かなりメリットがあることだと思っている人も多いのではないかと思います。

LINEMOはそういう意味では

LINEの音声通話データの目安

それではLINEで音声通話をするとどれくらいのデータを利用するのでしょうか?

音声通話のデータ通信量の目安
無料通話時間 データ通信量
1分 0.3MB
10分 3MB
30分 9MB
1時間 18MB

音声通話はさほど消費するものは少ないのではないかと思います。

ビデオ通話のデータ通信量の目安
無料通話時間 データ通信量
1分 5.1MB
10分 51MB
30分 153MB
1時間 307MB

LINEMOを利用すると、これだけLINE通話やLINEのビデオ通話をする人からすると、お得に利用することができるわけです。

LINEMOを利用するだけで、LINEをする上での恩恵はかなり受けることが出来ますので、それだけでもメリットがあるということになります。

これからメリットに関してお伝えしたいと思います。

メリット

やはり最大のメリットというのは、毎月の維持費が990円というかなり安価な価格から利用することができるというところではないかと思います。

✔990円という低価格で利用可能
✔LINEの通信が無料

大きくはこの2つが最大のメリットです。

Wi-Fiをメインに利用する人であれば、3GBの契約で十分だと思います。

年間維持費も12000円ほどとなりますので、家計にもかなり優しいのではないかと思います。

ただ動画などをよく見る人にとっては、このギガ数では足りません。

その場合は20GBのプランへの加入でもいいのではないかと思います。

✔20GBのプランでもかなり安くなる
✔20GBのプランで2728円

20GB利用することが出来て、2728円という非常に低価格なプランとなっています。

ソフトバンクの回線を利用できる

これはワイモバイルも同じなのですが、ソフトバンクの回線を利用することが出来ます。

これはかなりのメリットではないかと思います。

こちらの記事を見てもらいたいのですが、ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOというのは、同じ回線を利用しています。

そのため回線品質はソフトバンクと」同じ回線品質です。

✔ソフトバンクと同じ回線品質
✔通信速度も都市部を中心にかなり早い

都市部を中心に非常に早い通信速度となります。

そのためソフトバンク回線が利用できるという点においてもメリットはかなりあるということです。

オンライン専用契約がデメリット

オンライン専用の契約ということもあり、誰でもできるというわけではありません。

オンラインいわゆるネットがあまり得意ではないという人には、正直なところこのようなプランは向きません。

人に聞きながらでないと、出来ないという人は残念ながらこのようなプランは向かないのです。

✔オンライン専用のプランなので、全員ができるわけではない
✔わからない人は詳しい人に聞くしかない

基本的にわからないことは、知っている人に聞くしかないわけです。

それはオンライン専用プランならではといったところではないかと思います。

ある意味仕方ないことではないかと思います。

チャットサービスがプア

LINEMOのチャットサービスは入力した内容を自動応答してくれるだけのものになっています。

人が介在しない仕組みとなっていますので、非常にプアです。

コアなことを聞きたい場合は、チャットサービスを利用することは基本的には出来ません。

それが一番きついと思います。

✔チャットサービスは自動応答のみ
✔チャットサービスに人が介在してくることはない

人に聞かないとわからないことも多いわけですが、一般的な質問というのは、自動応答サービスで回答できるレベルなのでしょうね。

逆にいうと、それでもわからないという人は、契約が出来ないということになります。

それがちょっと残念な感じですね。