ワイモバイル ブラックリスト入り 審査が厳しい 契約できない場合はどうしたらいい?

ワイモバイルに加入したいけど、契約できないと嘆いている人いるかもしれません。そういう人はどこがブラックリストに入っていたのでしょうか。気になる理由に関してお伝えしたいと思います。ブラックリスト入していると契約できないので、かなり辛い思いをする可能性も高いでしょう。そうならないために日頃から気をつけておきたいところもあるかと思います。審査に落ちて契約できないということで、いちいち嘆いていても仕方ありません。基本的には、ブラックリストに入らないことが重要なのですが、一度入ってしまっても抜け出すことができます。それではどのような条件でブラックリストから抜け出すことができるのでしょうか。

そもそもブラックリストって何?という人もいるかと思います。ブラックリストという本当のリストがあるわけではありませんが、契約を断る人のことを指します。契約が断られないように、ブラックリストには入りたくないですよね。本当に黒いリストがあるわけはありませんが、基本的には、契約お断りフラグのようなフラグ管理はされているのでしょう。

通常の会社はお客様情報は、データベースで管理しており、契約情報などもデータベースで管理しています。契約情報などは過去からの履歴を持っており、通常であれば過去からの契約にさかのぼり、そのお客様がどのようなお客様だったのか、過去はどのような契約をしていたのかといった情報から契約できるかできないかを判断しているのです。

ワイモバイルで契約ができない理由

まずはどのような条件の時に契約ができないのか見ていきましょう。

✔携帯電話料金の未納がある場合
✔過去に携帯電話を短期解約したことがある場合
✔携帯電話の割賦が払えていない場合
✔契約者が未成年だった場合
✔本人確認書類が整っていない場合
✔乗り換え契約の時にMNP予約番号の期限が切れている場合
✔ローンや借金などで滞納や未納が他社でもある場合
✔すでに契約している上限を超えている場合
✔本人名義以外で契約しようとした場合

これらの条件が契約できない条件となっています。
基本的に普通の人ならこれらの条件に当てはまっていないケースのほうが多いと思いますので、あまり気にすることはないと思います。
そのためあまり気にする必要はないかもしれませんが、それでもやはり契約ができないと嘆いている人もいるのです。
それでは条件を細かく見ていきたいと思います。ワイモバイルの都合により契約できない場合も、自分の責任より契約できないケース色々なケースがあるかと思います。

こちらワイモバイルに契約できない条件と記載しましたが、実際にはどこの会社でもこのような顧客というのは、契約ができない条件になっていることが大半です。これから細かく見ていきますが、普通の人なら契約して断られるようなことはありません。断られるには理由があるのです。

携帯電話料金の未納がある時

携帯電話料金に未納がある場合は、新規契約を断られるケースがあります。携帯電話料金に未納があるということは、債務を携帯電話会社が肩代わりしていることです。いわゆる借金をしているが払っていない状況です。
借金をしているだけならまだしも借金を返さない人に追加融資を申し込んでいるようなものです。通常このような状態の時は、新しく契約することはできません。当然ながら携帯電話料金の未納分を回収した後からでないと、当然ながら契約をすることはできません。
ただし未納があるということは、借金をしてもこれからまださらに借金をする可能性が高いと見られてしますため、審査はかなり厳しくなるでしょう。
携帯電話の料金というのは、毎月の支払いになるため、毎月きっちりとして支払いは行いたいものですね。
クレジットカードなどからの引き落としの人なら携帯電話の料金が未納になることはありませんが、クレジットカードの口座振替が正しく行われなければ、今度はクレジットカード会社に支払う義務があります。そのような場合だったとしても基本的には、審査にひっかかる可能性があります。
クレジットカードを利用することも借金をするという理屈なのです。借金をした後に踏み倒す人には誰もお金を貸してくれないということです。
ワイモバイルでもそのような場合は、未納扱いとなりますので、契約できないケースがあります。
やはりそのあたりはきっちりしておきたいですね。未納というのは、自社の未納だけでなく、他社での未納情報まで見られるというところは知らない人も多いのではないかと思います。正直なところ怖いですね・・世の中悪いことはできません。

過去に携帯電話を短期解約した場合

過去に携帯電話を短期解約した場合に次回契約する時に断られるケースがあります。
短期解約の定義というのは難しいですが、概ね半年以内の解約というのが短期解約としてみなされます。
また過去といってもどの程度遡られるのかというところでいえば、これもきっちりした定義はありません。通常2年程度過去に遡られると思っておけばいいかと思います。
過去に短期解約をするということは、ワイモバイルからするとすぐに契約を断られたということになります。すぐに契約を断った経緯があると、次回契約時も同様に断られる可能性が高いと判断されるわけです。
基本的に2年近くスマホを持ってもらわないと、ワイモバイルとしては、利益が出てこないのです。すぐに解約されたとしても、顧客を維持管理するためにお金がかかっているので、初めの1年以内というのは、どうしても利益が出ません。また初めの1年というのは、割引なども行っているため、基本的には収入としては少ないのです。2年目からきっちりとして収益に入っていくわけです。今の携帯電話業界というのは、損して得をするという時代となってきているので、そのような収益化モデルを今後も取り続けた場合は、短期解約する人は全くメリットがありません。そういうこともあり、短期解約をする人は、ワイモバイルとしては間違いなくデメリットなのです。
そのため次回契約時に断れれるケースがあるのです。最近は長期利用者を優遇するかたちに進んでいるため、短期解約をする人に対してはキャリア側としてもメリットはありません。短期解約をする人もどんどん少なくなってきていますが、それでも短期解約をする人は、ワイモバイル側のメリットが少ないので、どうしても次回契約時に断られてしまう可能性があるということです。

顧客の維持管理費というのは、通常2年近く継続してくれないともとが取れないと言われております。2年でようやくトントンかキャリア側がお得になるレベルなのです。それなら短期解約をする人は契約を断られても仕方ないかもしれませんね。

携帯電話の割賦が払えていない場合

こちらも携帯電話の割賦が払えていないということで、借金を払っていないという状態です。さきほどお伝えした状態と同じ状態となります。
実はこの携帯電話の割賦の支払いというのは、他社での未納情報に関しても共有されておりますので、他社での未納があった場合でも契約することができません。そんな信用情報って共有されるの?と思っている人も多いと思いますが、他社とのこのような未納に関する情報というのは、共有され管理されているのです。
会社が変わったからといって、その人の信用情報が変わるわけではありません。
実は携帯電話の割賦の支払いくらい滞っても問題ないと思っている人は注意が必要となります。たった10万くらいとかたった5万くらいで・・・ということではなく、借金をしたことに対して、払うかどうかというところを見られているわけですので、金額が少ないからOKで多いからNGということではありません。
基本的に借金をしたらきっちり返すということが、大人としてのマナーですからね。
ここで携帯の割賦を返さないでいると、今後オートローンも通りません。住宅ローンも通らないということにもなりかねません。お金はきっちりしておきたいと思います。
他社での未納情報も共有されているということはしっかりと知っておく必要があるでしょう。

大人なら割賦の支払いはきっちり行っておきたいところです。割賦の支払いができない人は、ワイモバイルに限らず契約できません。割賦=借金という位置づけであるということはお伝えしておきたいと思います。ただし割賦の場合金利ゼロとなっているので、実はかなりメリットがあります。金利ゼロの場合は特に一括で支払う必要はありません。

割賦で審査が通ったのであれば、無理して支払いを行う必要はないかと思います。審査が通らなかった場合は、割賦を組むことをやめて一括での支払いなら審査が通るかもしれません。一括で審査が通るのであれば、まだそこまでのブラックではないという判断でいいかもしれません。一括でも審査が通らない場合は、かなり厳しいブラック入している可能性が非常に高いと思います。

契約者が未成年だった場合

契約者が未成年だった場合は、法定代理人同意書(親権者同意書)というものが必要となります。未成年だから契約できないということではなく、未成年の場合は法定代理人同意書(親権者同意書)が必要になるということは覚えておきましょう。
正直なところこのような書類を出すことが面倒なので、初めから契約者は大人である親が行うことが普通です。
ただし両親などがなくなっている場合、法定代理人同意書(親権者同意書)というものを提出する必要があるので、注意が必要となります。
義務教育が終わった状態で、親がいなく仕事をしないといけない状態だった場合、正直なところ携帯電話は必須アイテムですからね。なければ仕事にならないというケースも非常に多いでしょう。そのため未成年の間は苦労するかもしれませんね。
逆にいえば、携帯の契約というのは、それくらいきっちりしているということになります。子供の判断で勝手に契約ができないというシステムは非常にいいと思いますね。毎月の支払いが発生するということもあり、毎月の支払いが発生するということは、それだけ契約もきっちり行わないとダメということになります。

本人確認書類が整っていない場合


これは当たり前のことかもしれません。免許書を持っている人なら免許書を提出したらいいと思います。
本人確認書類というものは、当然ですが必須です。

・運転免許証
・日本国パスポート
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・住民基本台帳カード(QRコード付)+補助書類
・身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者手帳
・健康保険証+補助書類

補助書類というのは、「住民票記載事項証明書(原本)」「公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK受信料)または官公庁発行の印刷物」このようなものを指します。
基本的には本人確認をきっちりしないと契約ができないということになります。
住民票ならコンビニなどでも取得することができますので、さほど問題ないかと思います。

乗り換え契約の時にMNP予約番号の期限が切れている場合

乗り換え契約いわゆるMNPの時ですが、予約番号が切れている場合は契約をすることができません。
他社からの乗り換えの場合というのは、予約番号というものを取得することができます。
その予約番号を取得することで、MNPの契約が成立するわけですが、予約番号発行後14日経過すると残念ながらMNPの予約番号は失効します。
それ以降にその番号を使ってMNPをしようとしても契約することができません。それは注意が必要となります。

MNPの乗り換えを行う場合は、現在利用しているキャリアでのMNP予約番号を発行するわけですが、その予約番号の有効期限をきっちり確認しておく必要があります。有効期限切れとなると再度予約番号を取り直す必要がありますので、単純に手間ですからね。その手間を省くためには、やはり契約する前に予約番号を取得するという手が一番かと思います。
MNP予約番号は各社のホームページを確認の上予約番号の取得は行ってください。予約番号の取得はすぐに取ることができます。

予約番号は基本的に有効期限が切れると再度取り直しも可能です。ただし取り直すことは面倒ですからね。それだけで時間を取られてしまいます。予約番号取得をしておいて、いい案件が出てきたタイミングで契約するということもありかと思います。とはいうものの、予約番号の取得自体は現在利用しているキャリアに電話がつながれば、すぐに取得することも可能ですし、今利用しているオンライン契約変更などを利用することで、非常にカンタンに予約番号を取得することが可能となっていますので、そこまで焦らなくてもいいかもしれませんね。

ローンや借金などで滞納や未納が他社でもある場合

ローンや借金での滞納や未納がある場合というのは、こちらも先程お伝えした通り、他社での滞納などがあった場合も同様に契約することができません。
会社が変わるのだから、契約出来るだろうと思ってもできませんので、本当に注意が必要となります。
何度もお伝えしますが、借りたお金は必ず返しましょう。
それはワイモバイルに限った話ではありません。
ローンの未納は本当に社会的信用がなくなりますので、絶対未納をしてはいけません。
ワイモバイル以外の契約でも未納は絶対ダメです。

この条件が一番厳しいのではないかと思います。他社での未納は基本的に共有されています。他社であったとしても未納状態があるということは、かなり厳しくブラックリスト入している可能性が高いです。他社の未納状態をまずは解消する必要がありますが、他社の未納状態を解消したとしても、契約出来るかどうかは未定です。それは未納状態があったということも含めて管理されているからです。ある意味恐ろしいことです。個人情報が裏で共有されているなんて・・・と思っていても実際には共有されています。そのあたりの契約状況というのは、第三者機関によって管理されています。恐らく契約する時などに、小さくそのようなことが約款にかかれていたりします。未納情報、延滞情報というのは共有されていると思っておくといいかと思います。

すでに契約している上限を超えている場合


音声契約の場合通常5回線まで契約を行うことが可能となっています。そのため6回線目を契約しようとすると当然ながら断られます。
契約者の名義を変更する必要があるのです。大家族ですべて父親が契約者となっている場合は、注意が必要となります。その場合は奥様に名義を変更するか、子供を契約者にする必要が出てくるでしょう。
最近は家族でも4人家族などが多いと思いますので、1人1台しか持っていない場合なら、いわゆるお父さんになる人が全部契約していても問題ありません。
普通に1人で利用するなら5回線も回線は必要ありませんからね。通常多くても3回線くらいでしょう。仕事用2台とプライベート1台くらいが多くてもそんなもんでしょうね。
逆にいえば、5回線を超えるくらい回線を持ちたいのであれば、他社と契約することをオススメしたいですね。
他社を含めるならもっと持つことができます。基本的に、どこの会社も5回線を1人の名義で所持できるMAXの回線数となっています。
そして気にしておく必要があるのが、同時に5回線の契約ができないということです。通常回線の契約というのは、同じ名義の場合なら2回線くらいだと思います。それがやはり複数同時に契約するということは、通常あまり考えられないので、5回線同時に契約しようと思うと必ずクレジットカードが必要であるということは覚えておいてほしいと思います。

この回線状況というのは、自分が今までに契約していることからすぐにわかることかと思います。それなら5回線あるので、1つの回線を解約してからすぐに契約したら問題ないのでは?と思うかもしれませんが、解約して即契約した場合、契約できない可能性もあるわけです。解約してから数ヶ月経過していると問題ありませんが、すぐに解約しての契約は契約ができないこともあるということは覚えておきたいですね。それでも契約出来る可能性も十分にあるため、特に問題ないかもしれません。

本人名義以外で契約しようとした場合

こちらは論外ですね。本人名義以外で契約しようとする場合は当然ながら本人確認ができませんので、断られます。しかしながら代理人をたてることで、契約を行うことが可能となります。
基本的には来店ができない場合などに利用されるケースです。代理人でも契約が出来るという点では安心出来るかと思いますが、基本的には本人が契約をするというところが必須となります。
ある意味これを悪用する人もいるようです。いわゆる美味しい案件があった場合に、回線契約が最大数に達していない家族を利用して契約するケースもあるようです。
基本的にはこのようなことがないように、家族も同時に店舗に連れて行って契約する必要があります。
基本的には本人以外では利用できませんので、本人が必ず契約してみましょう。

ワイモバイルで契約できない場合は他社でも契約できない場合が多い

ワイモバイルで契約できない場合というのは、他社でも契約できないケースが非常に多いです。そのためワイモバイルで契約できなかったからといって、他社で契約出来るとは限りません。
こちらワイモバイルで契約できないということはなぜできないのかというところを考える必要があります。
特に重要なことは、未納があるということです。未納いわゆる借金を返さない人は、社会的信用はほぼありません。その情報は共有されているということを覚えていく必要があります。社会的信用がない人というのは、他社での契約も断られますので、未納だけは絶対しないようにしてもらいたいと思います。
それは支払いの遅延なども含まれます。結局契約をするということは、契約される側からすると継続的にお金を支払える能力があるのかというところを見られます。そのためその支払の能力がない人とは、契約を結んでくれないのです。カンタンに契約出来るといっても、実際にはそんなことはなく、契約するまでには結構な手続きを裏では行われているということです。今は審査もオンラインで行われるため、本人の借金などの履歴も瞬時に応答があるため、契約できない人はすぐにわかるシステムとなっています。ある意味個人情報というのは、裏でかなりつながっているということです。
社会的なステータスを手に入れるためには、いい会社に勤めるということもあるかと思いますが、借金などの遅延や未納をしていないということも社会的信用に関わる部分です。個人情報の照会というのは、契約時には必ず他社でも行われているということは知っておいたほうが無難ですね。
その中でもソフトバンクとワイモバイルというのは、密接につながっているので、ワイモバイルで契約できない場合は、ソフトバンクでもたいていの場合契約することができません。
ソフトバンクで契約できない場合というのは、ワイモバイルでも契約できないケースが非常に多くあるということです。

契約できないことは稀

普通の人が普通に生活していたら契約できないということはありません。ブラックリスト入する条件というのはいくつかありますが、普通に契約をしている人ならこのページを見ることもないかと思います。それくらいブラックリスト入するということは、ありえないことなのです。

ブラックリストに入るということは、ある意味普通の契約をせずに異常状態が続いている状態の場合に起きます。普通の人なら未納になることもありません。ローンを延滞する人も少ないでしょう。1度の延滞で次回の契約ができないということもあまりありません。基本的には信用情報というのは、積み重ねとなっているので、基本的には契約できないということはありません。それでもやはり未納状態が続くということは異常な状態であるという認識はしてもらいたいと思います。これはワイモバイルに限った話ではなく、社会で生きていくためには必要なことなのです。未納状態を続けたり、おかしな契約をしようとすると、契約できなくなってくるわけです。そうならないようにローンを組むときはきっちり返済出来る計画をたてて返済してもらいたいと思います。いわゆる返済プランというものはきっちり立てておく必要があるということです。

信用情報を各社が共通で保有しているということを知らなかった人もいるかと思いますが、各社は自社の契約を少しでも守ろうとするため、ある意味当然といえば当然なのです。割賦などを踏み倒す人が大勢いれば、きっちり払っている人に対しても迷惑がかかるからどうしても仕方ないことなのです。

逆にいえば、審査しないといけない部門の維持管理にも手間がかかっているということになります。契約できないという人は稀ですが、本来なら契約できない人を契約させてしまうほうが、よっぽど問題がありますので、どうしても審査が入るということは、仕方ないことかもしれませんね。

料金

Posted by ymobile