こちらのキャンペーンはPayPayボーナス3000ポイントもらえます。
少しでも携帯を安く買えるならかなりお得でしょう

ワイモバイル 割賦契約できない 与信 審査が通らない 契約できない場合どうしたらいい?

ワイモバイルを利用していて、契約ができないという人もいるようですね。

ワイモバイルというのは、誰でも契約できますが、人によっては契約できないことがありますので、注意が必要となります。

それではどんな人が契約できないことがあるのでしょうか?

まさか自分が契約できないなんて・・・と思っても、実際に契約することができないこともあるのです。


ワイモバイルで契約できないケース

契約できないケースはいくつかありますので、一つずつ紹介していきたいと思います。

他社で未納がある

他社で未納がある場合はワイモバイルで契約できないケースがあります。

他社で未納があるということは、どういうことか?ということですが、例えばドコモに契約していたとします。

ドコモの料金の支払いをせずに、ドコモの契約を強制解約になった場合です。

その場合はワイモバイルであったとしても契約を断られる可能性が高いです。

ドコモの未納など関係ないんじゃないの?と思うかもしれませんが、他社で未納しているお客様というのは、自社でも未納になる可能性が高いお客様として、リストアップされるのです。

実際にはドコモしかその情報を持っていませんが、ワイモバイルがその情報を取得するわけではありません。

そのような未納などの情報を扱っているところがあり、各社そこに情報を渡しているのです。

そして同じ人が契約した時に、他社であたっとしても情報として見ることが可能なのです。

そのため他社で未納がある場合は、契約できないことが結構多いと思います。

よって今他社で契約している人で、未納などがあった場合は、残念ながら契約はできません。

短期解約をしたことが何度かある

過去に短期解約をしたことのある人というのは、次回契約ができない可能性があります。

なぜ短期解約をしたことがあれば、契約できない可能性があるのか?ということですが、以下のことが理由の一つとして考えられます。

ワイモバイルを長期に契約する意思がない
ワイモバイルの割引だけ利用して解約している顧客

ワイモバイル以外の会社でもそうですが、MNPなどをして契約してもらうということは、それなりのコストがかかっているのです。

会社が利益として確保するためには、この初期にかかったコストを回収していく必要があるのです。

初期コストを回収しているということは、結構長期間に渡り契約をし続けてもらわないと初期コストの回収ができないのです。

おそらく何度かであれば、契約はできるかと思いますが、何度も短期解約を繰り返すと契約できなくなる可能性は十分にありえるかと思います。

そのため基本的には短期解約を繰り返す行うと、契約ができなくなるケースもありますので、注意が必要となります。

✔短期解約で契約できなくなるケースもある
✔短期解約は何度も繰り返すことはオススメできない

割賦契約ができない

割賦契約ができないというケースもあるかと思います。

その場合は自身の年収が低い場合にできない可能性があります。

自分自身の年収が低い場合というのは、残念ながら割賦契約はできません。

その場合は一括でスマホ本体を買うしか方法はありません。

✔割賦契約ができない場合は、一括購入をする
✔10万円を超えるスマホの場合割賦契約が難しくなる

10万円を超えるスマホを持っている場合であれば、割賦契約が非常に難しくなります。

その時はそれ以下のスマホの購入にしておく必要があるかと思います。

割賦契約ができないというのは、本当に辛いことではないかと思います。

それでスマホの契約ができないということになりますので、貯金をして一括購入するということがベストではないかと思います。

一度契約してみることも重要

一度ワイモバイルと契約してみるということも重要です。

契約ができなかったということがあった場合、恐れて契約できないということも考えられます。

しかしながら一度契約をすることで、ワイモバイルがその時は契約できるようになっているかもしれません。

それなら間違いなくメリットがあるかと思います。

一度契約をしてみることで、契約できるようになるかもしれません。

それならかなりお得だと思いますので、一度契約をしてみるということも重要な要素ですね。