ワイモバイル タイムセールで安く スマホを購入することができる 割引でお得に買える

ウェブ限定でのタイムセールを毎日のように行っています。ウェブでのタイムセールは本当にメリットがあり、安価に購入することができます。

機種代金を1万円程度値引きしてくれるような施策を行っていますので、ワイモバイルオンラインショップから購入する人がかなり増えています。

ワイモバイルのネットショップを最大限に活用する

ワイモバイルオンラインショップでの購入は非常にオススメできますので、かなりメリットがあります。

タイムセールのタイミングで自分のお気に入りの機種が出てくるかどうかはわかりませんが、日々機種は変更されていますので、自分のほしい機種が出てきたタイミングでの購入をオススメしたいです。

Android OneのXシリーズやSシリーズなどの機種がタイムセールとなっているのです。タイムセールを利用することで、いつもより安価にスマホを購入することができます。せっかくなら安価に利用したいですからね。安価に購入できるということも安心感の一つかと思います。

タイムセールなら本当に安く購入することができるようになります。タイムセールを活用して安くワイモバイルのスマホを購入することをオススメしたいですね。タイムセールというのは、数日に渡り同じ機種が続くことも多くありますので、定期的にチェックしてみることをオススメしたいと思います。タイムセール期間中にAndroid One Xシリーズがあると非常にお得感を感じます。Xシリーズというのは、Android Oneの中でもスペックが比較的に高めです。少しくらい古いモデルであったとしても、結果的に現行のAndroid One Sシリーズと同じもしくはそれを上回る能力を持っている機種がほとんどです。そのタイミングでの購入が相当お得になるということは、わかる人も多いと思います。
基本的に、タイムセールの時のスマホの購入はかなり販売台数を増やしていると思います。数万円安く購入することができるということは、それだけでもかなりのメリットがあるのです。ぜひそのメリットの恩恵を受けてもらいたいですね。

とにかく今の機種が潰れそうだから・・・という人にとってはこのタイムセールというのは、非常にオススメできるでしょう。単純に購入するのであればお得ということです。それでも最新機種の購入を念頭において最新機種がほしいという人は、この買い方はもったいないでしょうね。そういう買い方もできませんし・・・

ポイント
・タイムセールは機種を選べない
・日替わりであるが、同じ機種が継続されるケースも多い
・安く購入できる
・タイムセールは夜間に行われる

ポイントとしてはこのような感じになります。それでも欲しいタイミングで購入できることをオススメします。

狙っている人なら毎日チェック

ウェブ限定のサービスとなりますが、機種は基本的に1つのモデルとなるケースが多いです。そのため

✓タイムセールは定期的にチェックをしよう
✓タイムセールは21時〜スタート

確実にタイムセールというのは、美味しいセールとなっていますので、このセールを逃さないようにしたいですよね。基本的にこのタイムセールというものは毎日チェックしたほうがいいと思います。それこそ本当に限定でかなり安価なものが出ている可能性もあるわけです。せっかくなら安価に購入したいですからね。たまたま欲しい機種がタイムセールになっていれば、間違いなく買いです。タイムセールは21時と若干遅めのタイミングで開始されますが、この時間帯なら仕事が終わって家でくつろいでいる人も多いのではないかと思います。その時間帯にちょっとタイムセールを覗いてみることで、お得に購入できる機種があるかもしれません。
タイムセールは確実にメリットがありますので、毎日チェックしてみることをオススメしたいと思います。毎日チェックしないと新しい製品が出てきても検知することができませんからね。そこで取りこぼさないように新しいものが出てくるかもしれないということで、チェックをしておくことをオススメしたいと思います。

2020年4月は?

Android One X4がキャンペーンで販売されております。タイムセールの時は41%の割引となっています。
今のところかなりメリットのある機種となっていますので、かなり安く買うことができます。
検討いただきたいですね。

こちらの機種は3月から継続で販売しています。2020年4月に入っても非常に安く購入することができます。まさにタイムセールならではの施策ではないかと思います。Xシリーズはハイスペック機種となっているため、まだ十分使うことができるかと思います。SnapDragon630を搭載しており、SnapDragon450を搭載しているスマホよりもハイスペックです。

画面サイズも5.5インチとなっているので、それなりの大画面の機種ではないかとも思います。

タイムセールを行っているのはワイモバイルだけ

ワイモバイルだけがタイムセールを行っています。他社ではタイムセールと呼ばれるような施策は行っていません。タイムセールという施策はかなり面白いですね。ワイモバイルのオンラインストアのみの限定施策となっており、先程も紹介しましたが、21時〜の開始となっています。21時なら店舗も終了しており、まさにオンラインならではのキャンペーンですよね。日中は店舗での購入をしてもらい、夜になるとワイモバイルストアにてタイムセールにてスマホの購入を促すという施策となっており、日中に店舗に行くことが難しい人にネット上での購入を促す施策なのです。ネットでの購入というのは、比較的だれでもカンタンに購入することができますので、オススメしたいですね。ワイモバイルを初めて購入する人はワイモバイルがどのようなキャリアかわからないと思いますので、ワイモバイルがどのようなキャリアなのか紹介したいと思います。

タイムセールというのは、基本的に夜の9時〜から開始されます。よるの9時というと誰もがスマホを見る時間帯です。その時間帯に購入することができるということが、メリットですよね。夜間外出がなかなか難しいので、そのタイミングでスマホの販売がされているということは、検討いただきたいと思います。

ワイモバイルは維持費も安い

ワイモバイルの維持費に関して知っていますでしょうか?ワイモバイルの毎月の維持費は非常に安いです。また今回紹介したようなタイムセールを利用すれば、非常に安くスマホを購入することができます。それではワイモバイルの毎月の維持費がどの程度安いのか紹介したいと思います。

こちらにワイモバイルの毎月の維持費に関しての記載のあるページを紹介しておきます。毎月の維持費は1,480円〜という非常に低価格からスタートすることが可能となります。1,480円〜というのは、一番ミニマムな料金となっていますので、実際にはその次の価格帯くらいからが一般的な価格帯となります。

3,680円で毎月9GBの通信ができ、さらに10分の無料通話がついていると思っておけばいいのではないかと思います。それがワイモバイルの最安値の価格帯となります。十分それでも安価ではないかと思います。メニュー価格は非常に安価な価格設定となっており、他社で9GB利用するとすれば、さらに価格は高額となります。他社というのは、いわゆるドコモ、au、ソフトバンクの各社です。これらの各社の毎月の維持費はまだまだ高額です。それと比較しても9GB利用できるというだけでかなりありがたいのではないかと思います。

こちらがソフトバンクの価格となっていますが、こちらのプランは50GB利用することが可能なプランとなっていますが、非常に高額なことがこちらを見てもわかるのではないでしょうか。ワイモバイルはソフトバンク回線と同じ回線となっています。それにしてもここまで高額な価格設定というのは何なんでしょうかね。実際に50GBの通信を楽しむことができるので、ある程度価格が高額になるということは理解できるかと思いますが、もともとの価格設定が少し高すぎるようにも感じます。実際には、これにソフトバンクも家族割やおうち割などの毎月の維持費を下げるための施策がはいりますので、ここまで高額になることはありませんが、それでも毎月の維持費は割引がなかった場合は、ここまでの料金の支払いが発生するのです。

本体代金もワイモバイルは安い

ワイモバイルは本体代金もタイムセールに限らず比較的安価な価格設定となっています。ワイモバイルというのは、ソフトバンクのサブブランドという扱いとなっていますが、ソフトバンクでは高額な機種がかなり色々販売されています。ソフトバンクは基本的にはハイスペックモデルを中心に扱うというイメージもあるかと思います。一番の売れ筋はiPhoneではないかと思いますが、最新のiPhoneもソフトバンクから発売されますが、ワイモバイルからは、最新のiPhoneの発売はありません。基本的に旧モデルのiPhoneの発売しかありません。

こちらを見てもらいたいのですが、こちらiPhone7です。販売から3年以上経過したモデルでも普通に販売されているわけです。このようにソフトバンクでは取り扱いがなくなったモデルでもワイモバイルからは発売されています。そのため価格が非常に安価な価格設定となっているため、比較的だれでも購入しやすい価格設定となっているのです。当然ですが、ワイモバイルではこのiPhone以外にも安価な機種が豊富です。特にAndroid Oneシリーズと呼ばれるモデルの価格が非常に安価な価格帯で販売されています。Android Oneシリーズというシリーズというのは、今回紹介しているタイムセールにもなっている機種となっており、Android OneはXシリーズとSシリーズの2つのシリーズがあります。
Xシリーズはミドルレンジクラスのモデルとなっており、Sシリーズというのは、ローエンドモデルです。これら2つのモデルがワイモバイルからは発売されており、両方のモデル共に人気の高いモデルです。毎月の維持費を下げるという目的でワイモバイルに加入した人も、本体代金が高くては意味がありません。本体代金を下げることにより、トータル的な維持費を下げるということはワイモバイルへ乗り換える意味があるのではないかと思います。

SIM単体で購入できるタイミングもある


なんとSIM単体で購入できるタイミングというものもあります。SIM単体で購入できるというのは、ワイモバイルならではの魅力ではないかと思います。このSIM単体で利用する場合というのは、すでにスマホなどを持っており、あとはそれを利用するだけという状態のときにSIM単体購入をすればいいかと思います。基本的にはSIM単体購入をする人というのは、限られているかと思います。それでもSIM単体購入できるということは、まさにワイモバイルならではのキャンペーンではないかと思います。他社では基本的には端末とセットでの販売が当たり前となっているので、SIM単体で購入する人はほとんどいません。普通にショップに行く必要があるのではないかと思います。SIM単体をオンラインショップで購入できるということだけでもかなりメリットがあることかと思います。
SIM単体購入の場合ならPayPay3000円付与キャンペーンでした。まさにPayPayというものは申し込まないともったいないのかもしれません。
今日本ではこのようなキャッシュレス精算というものが、非常に進んでおります。消費税増税に伴い、特にこのキャッシュレスというものが流行りだしております。
SIM単体購入でこのようなキャッシュバックがあるのなら、PayPayに申し込んでおいたほうがいいと思います。

こちら一度見てみるといいと思います。Android専用となっていますので、注意が必要です。

タイムセールだけではなく、安いものも存在する

ワイモバイルはタイムセールに限らず安いものも存在することを知っていますでしょうか?


こちらの機種を紹介したいのですが、Android One S3が非常に安価に購入することが出来るキャンペーンなども行っているのです。
こちらの機種は発売から2年ほど経過しての安売りとなりますが、価格的なメリットというのは十分かと思います。
とにかく毎月の維持費を下げたいのであれば、タイムセール以外のものでも下がっている可能性も十分にありえるのです。
そういう観点からしてもワイモバイルの機種は安く購入することができますよね。
今回紹介しているAndroid One S3に関しては、価格は190円/月となっているので、かなり持ちやすい価格帯となっていることはわかるでしょう。
毎月の維持費をとにかく下げたいと思っている人なら、かなりオススメしたいスマホではないでしょうか。
基本的にタイムセール以外でも安く購入することが出来ると覚えておくといいかと思います。
安く維持するのであれば、ワイモバイルのスマホです。毎月の固定費としてスマホの維持費というのは、重くのしかかってくる人もいるので、少しでもこのあたりを検討する必要があるのではないかと思っています。

ワイモバイルはオンラインショップ購入でも10分程度で終わる

ワイモバイルはオンラインショップで購入しても10分程度で終わります。非常にかんたんに購入することができるのです。

クレジットカードと本人確認書類さえおいておけば、普通に契約することができますので、それら2つを持っていれば、全く問題ありません。かなり購入しやすいオンラインショップとなっており、ユーザーにも非常にわかりやすいインターフェイスです。ぜひこれは検討してもらいたいですね。