ワイモバイル 60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン 料金タダで電話ができる

ワイモバイルのメリットの一つとして、60歳以上の人が契約すると通話料無料のキャンペーンを実施していることを知っていますか?

このキャンペーンというのは、非常にメリットがある施策かと思います。それではどのような条件で60歳以上の人が契約をすると通話料無料になるのかお伝えしたいと思います。

少年
少年
ワイモバイルって60歳になると通話料金が無料になるの?
少女
少女
そうそう
けど少し条件があるんだけどね。それでも無料になるということはかなりメリットだよね。
なかなかここまでのメリットがある会社ってないのかなぁ?って思うんだけど・・・
少女
少女
初めて世の中に携帯電話が出てきたときなんて通話が無料になることなんて誰も想像しなかったからね。
最近はメールも減ってきているみたいで、LINEなどを使っている人も多くいるので、通話をしたいと思う人がどんどん減っているんだってだから通話料無料でも成り立つのかなぁ〜本当に通話無料だと本当にお得だね。

60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーンの概要

指定機種を購入または持ち込みで使用者が60歳以上の場合国内通話が無料になります。

「スーパーだれとでも定額」の月額が無料となるキャンペーンとなります。

条件は2つの条件です。

・利用者が60歳以上であること。

・指定機種もしくは持ち込みの機種でワイモバイルに契約すること。この場合の指定機種というのは、かんたんスマホとなります。

ポイント
・指定機種の購入または持ち込みを伴い、ご契約
・利用者が60歳以上であること

これだけの条件となっています。特定の機種というのは、かんたんスマホという機種になるんだけど、初めてスマホを持つ人ならこのスマホでも十分なのかなと思います。スマホとして一通りのことはできますので、難しい操作は一切ありません。そのためかんたんスマホというネーミングとなっているのです。初めてスマホを持つならこれでも十分なのかもしれません。

期間

2018年8月9日〜終了期間はホームページにて告知します。
今のところ終了期間は明記されていませんが、突然終了する可能性もあるため、注意が必要となります。

ただし60歳以上の方が一度そのプランになれてしまうと、次回の機種変更もかなり先になり、キャリアとしては非常に有利な契約となります。そのため終了期間はないといっても過言ではないかと思います。それこそ数年先に通話に対するもっといい施策などが出てきた時に、見直される可能性はあるかと思いますが、終了がないということは、確実に当分続くものと思われます。こちらのキャンペーンで新しくスマホを購入したお年寄りというのは、同じプランを継続して使い続けたくなりますからね。そういう意味でもこのプランというのは、非常にメリットがあるかと思います。

スーパーだれとでも定額の月額が無料

この施策というのは、「スーパーだれとでも定額」の月額1000円が無料となるキャンペーンとなります。

ただしスーパーだれとでも定額への申込みは別途必要となるため、注意が必要となります。

それではスーパー誰とでも定額というのは、どのような契約になるのでしょうか。

スーパー誰とでも定額の概要

通話時間と回数が無制限で国内通話がかけ放題となるサービスとなっています。ただし有料になる通話もありますので注意が必要となります。

※ 国際ローミング・国際電話(海外への通話)・留守番電話センターへの通話料(再生時等1416)・着信転送サービスにおける転送先への通話料・ナビダイヤル(0570)・テレドーム(0180)・番号案内(104)・ワイモバイルが指定し別途公表する電話番号などは、当サービスにおける無料通話の対象外です。

よくあるのが、ナビダイヤルなどへの通話が有料になるということを知らない人が結構多いです。ナビダイヤルというのは、様々なサービスで利用される問い合わせの電話番号となっているケースが多く、通話料の負担はお客様負担になる電話番号となります。
03や06始まりのいわゆる普通の電話番号にかけた場合に無料でつながると思っておいたほうがいいと思います。
ナビダイヤルの0570などで始まる番号は有料になりますので、注意が必要です。

このナビダイヤルですが、これも無料になると思っている人がかなり多いわけです。最近はこのナビダイヤルというのは、問い合わせによく利用される電話番号となっています。問い合わせに使われる電話番号ということですが、ナビダイヤルと通常の電話番号が併記されていることが非常に多くあります。その場合は通常の電話番号のほうに電話をすることで通話を無料にすることができます。ナビダイヤルと通常の電話番号が併記されている場合は、通常の電話番号のほうに電話をすることをオススメします。

他にも有料になる電話番号もありますので、有料になることを防ぎたい場合は事前に確認しておくほうがいいですね。ただし普通の06や03などは全く問題ありません。

回数無制限で電話を掛けることができるというところがこのサービスの素晴らしいところです。通話料金無料を1000円で行うことができます。

適用条件

・個人のお客様であること
ワイモバイルのシステムに登録された使用者の年齢が指定機種購入時点で60歳以上であること。
・指定機種の購入または、持ち込みを伴い、対象料金プラン、対象申し込み種別で契約すること。

これらが適用条件となります。適用条件というのは、単純に先程掲載した通りとなりますので、あまり問題もないかと思います。

指定機種 かんたんスマホ
対象料金プラン スマホプラン、スマホベーシックプラン
対象申し込み種別 新規契約(MNP含む)、番号移行、契約変更、機種変更

申し込む種別というのは、どのような形態で申し込んだかということになりますが、普通に機種を購入すると覚えておけばいいかと思います。
通常機種変更などを伴う場合というのは、かんたんスマホ以外でこのプランに加入できないので注意が必要となります。それこそiPhoneなどの購入を行った場合は、こちらが適用されませんので、注意が必要となります。

注意事項

以下のいずれかに該当した場合、該当する事実が確認された月の利用分までの特典適用となります。その際、スーパーだれとでも定額の解除のお手続きをしない場合、特典適用が終了となった翌月利用分から月額料が発生いたします。

・対象料金プラン以外に変更の申し出をした場合
・指定機種以外にバリュースタイル加入で機種変更した場合
・当社システムに登録された使用者を60歳未満の方へ変更した場合
・法人へ契約を譲渡、承継した場合
・解約した場合

このキャンペーン自体は予告なく終了することもありますので、その場合は残念ながら通話料の発生の可能性があります。

当然ですが、現時点ではまだ終了の予告はありませんので、当分安心して利用することができるかと思います。

恐らく予告なく終了する場合でも事前の案内はあるかと思います。事前案内中に契約をどうするか考えれば問題ありません。

このプランはお得なのか

実はこのプランというのは、非常にメリットのある施策となっています。一番美味しいのは持ち込み新規契約が可能ということになります。

持ち込み機種ということで、SIMフリーの機種を使って契約することができるのです。2019年10月から毎月の本体代金の割引を通信費から値引きするというような施策がなくなりました。そのためSIMフリーのスマホを購入し持ち込み新規契約を行うことも可能となったわけです。持ち込み機種というのは特に縛りがありません。

SIMフリー機種ならiPhoneなどでも可能となり、それこそ使える機種の幅が非常に増えるのです。ワイモバイルから発売されている以外のスマホでも対応が可能となります。最近はSIMフリースマホがかなり安価に販売しているため、ワイモバイルにこだわることがなければ、ワイモバイル以外の機種を選択することも可能となります。

基本的に他社含めて持ち込み契約を推奨しているキャリアというのは、多くありません。そういう観点からするとワイモバイルでは持ち込み契約を推奨しているとも取れる施策となっています。実際にこの持ち込みなどという言葉に関しては、60歳以上の人なら「???」だと思いますので、このあたりは息子さんなどに一度聞いてみるか、契約などをよく知る友人などに確認してみるといいかと思います。

毎月1000円の契約が今のところ終了期間未定ですが、ずっと無料となるのです。年間12,000円です。当然ですが通話をかなりする人にとってはさらにお得な契約となっているのです。長話をする人にとってもかなりこれはお得な契約となっており、非常にメリットがある契約かと思います。

通常契約でも10分間の無料通話が付いておりますが、それでは足りないと思う人にとっては相当お得な施策だと思います。

60歳以上の人をワイモバイルにいかに呼び込めるかが鍵

この契約というのは、ワイモバイルにとってはいかに60歳以上の人を取り込むことができるかというところが鍵となります。

60歳以上といっても実際には他社で契約している人が大半です。それこそドコモ、au、ソフトバンクと契約している人が非常に多いと思います。ソフトバンクならまだ案内できる可能性も高いわけですが、ドコモ、auに関しては案内することはほぼ困難です。そのためネットなどの記事などを中心に目に止まってほしいと思うことは、ワイモバイル側ならわかるかと思います。

さらにその中で通話を中心に行う人にとってはこの契約というのは、かなりメリットのある契約となるわけです。いかに60歳以上かつ電話を頻繁にかける人に対してこのPRができるかが、ワイモバイルとしても鍵となるでしょう。またワイモバイルのブランディングに関してもかなり必要となります。60歳以上の人はワイモバイルを知らないケースもあるのです。CMなどで聞いたことはあるとは思いますが、CMの印象が強いと学生が持つキャリアだという印象も強いかと思います。しかしながらそのようなことはありません。ワイモバイルというのは若い人からお年寄りまでお得な施策が色々あるわけです。しかしながらすべての人に対してCMをしていたら広告料だけですごいことになるわけです。そのためCMというのはある程度ピンポイントに行っています。そのためどうしても60歳以上の人からすると学生の持つキャリアというイメージが強いわけです。そしてワイモバイルというのはどんな会社かもわからないという人も多いでしょう。

ワイモバイルというのはソフトバンクグループです。というとそれなりに納得いただけますかね?基本的にソフトバンク回線を利用しているため、ソフトバンクと通信品質や通話品質は変わりません。ソフトバンクも昔はつながらないと言われておりましたが、それも昔の話です。都市部に関しては、ドコモ、auよりも通信速度が早く、つながるエリアも他社と比較してもそれほど変わりません。それくらい今と昔ではイメージも実態も異なるのです。

あまりにも田舎の山道ならドコモ、auがつながるがワイモバイルはつながらないという事象も発生するかもしれませんが、そこまで田舎に行く機会が何度ありますか?ということです。年間1回か2回しかないかと思います。逆にいえばそのような場所で通話やメールを長時間に渡りしたいと思いますか?
それも本当に山道だけなので、いわゆる観光地と呼ばれる場所に関しては、あまり気にする必要はありません。観光地であれば、たいていの場所は繋がります。昔と違いワイモバイルは繋がりキャリアとなっているため、安心して持つことができるのです。

現在60歳なら人生100年時代と考えると残り40年


現在60歳の人なら100年時代ということを考えると残り40年です。先程年間12,000円お得にといいましたが、40年なら480,000円お得になるわけです。それだけの金額が無料となり、その間継続して通話料が無料となるのです。相当メリットがあるかと思います。

実際には40年も経過すれば、通話方式などもかなり進化していると思いますので、実際には通話という概念がなくなるのかもしれませんが、このままこのプランが継続するとなると相当お得に契約することが可能となります。またワイモバイルに関しては、毎月の料金に関しても他社と比較してもそれほど高くはありません。むしろ安価です。またサービスに関しても、ソフトバンクグループということもあり、店舗もソフトバンクの店舗がいわゆる駆け込み寺となるわけです。

ソフトバンクの店舗が駆け込み寺となるのであれば、相当な店舗数があるかと思います。昔はワイモバイル専用店舗がありましたが、今はソフトバンクと共有の店舗となっており、スタッフはソフトバンクとワイモバイルの2つの端末知識や料金プランを知っています。そのため本当に困った場合はソフトバンクショップに行くことで回避できることが多いのです。
また今後持ち込み契約をしたくなくなった場合は、ソフトバンクの機種へ安価な価格でMNPいわゆる番号そのままでお乗り換えを行うことも可能となっています。
それこそソフトバンクとワイモバイルを交互に使うということをしている人もいるそうです。実はそれって結構お得な利用方法かもしれません。このように長く利用する上で重要なことは、継続して安く利用できるということです。

継続して通話含めて長く利用できるということは非常にいいことです。友人と会話することで、ストレス発散になることもあるでしょう。そういう意味では60歳以上もずっと国内通話が無料になるということは、かなりのメリットではないかと思います。通話無料というだけで、やはり人間電話をかけたくなるものです。特に60歳以上の人はラインなどでの通話よりも電話番号主体の通話のほうが多い傾向にあるかと思います。電話番号主体の通話が無料になるということは、本当にそれだけでメリットがでますからね。

ワイモバイルの毎月の維持費は?

こちらが毎月の維持費となります。

一番安価なSを選択したとしても最大で2680円しかかかりません。元々国内無料通話10分以内というものがついていますが、10分を超えても無料になるのは、60歳以上と指定機種という組み合わせだけです。それがこの価格で維持することができるのです。それだけでもかなりのメリットになるかと思いますので、ぜひこれは検討してもらいたいですね。

元々他社と比較しても通話料金や通信費が安価なワイモバイルです。できることなら、ワイモバイルへ乗り換えの検討をしてみることをオススメしたいものですね。維持費は非常に安価な価格設定となっていますので、毎月の維持費も通常のキャリアモデルよりも下げることは可能かと思います。

毎月の基本料金だけでも一番下のSと呼ばれる料金体系なら1480円〜維持が可能となります。結果的にこの1480円というのは、初めの価格となりますので、2680円が通常価格となります。それでも十分安価な維持することができますからね。それと先程も記載している通り、60歳以上なら通話が無料です。通常の人なら10分の縛りがあるわけですが、60歳以上の人なら通話料がずっと無料となるのです。1時間話しても無料となり、昔では考えられない料金プランとなっているのです。このように非常に安価に維持することができるという意味ではかなりオススメできるかと思います。

指定機種のかんたんスマホ

こちらがかんたんスマホです。ワイモバイルから発売されている60歳以上なら無料通話ができる指定機種というのは、こちらのスマートフォンとなります。

このかんたんスマホというのは、LINEもはじめからインストールされており、かなり便利な機種となっています。初めてスマートフォンを利用するという人にとってもこの機種ならオススメできます。やはり初めてスマートフォンを持つならこのようならくらくスマートフォンならいいと思います。

指定機種がらくらくスマートフォンになっているということは、年配の方々にこちらのサービスを利用してもらいたいということです。年配の方々がこのサービスを利用するのであれば、かなりメリットがあると思います。ワイモバイルならではのサービスとなっていますので、かんたんスマホを購入してぜひ無料通話を楽しんでもらいたいと思います。

このらくらくスマートフォンというのは、普通に利用する上でもかなりメリットのある機種かと思います。とにかくワンタッチダイヤルなど使い勝手がいい機能というものがついているのです。お年寄りに限らずこの機種は普通の人でも全く問題ない機種となっていますので、特に気にすることはないかと思います。最近ガラケーを持つ人もかなり少なくなってきましたが、ガラケーと比較すると画面サイズも大きくなっているので、見やすいかと思います。また初めてタッチパネルを利用する人にとっても、この機種なら問題なくタッチパネルを利用することが可能となります。

ワイモバイルは他社より価格設定が安い

ワイモバイルは他社よりもそもそもの価格設定が安価なことを知っていますか?

今回のプランというのはスーパーだれとでも定額と呼ばれるプランが無料になるというキャンペーンですが、このスーパーだれとでも定額と呼ばれるプランの標準価格は1000円です。

もともとの価格も1000円となっており、非常に安価なのです。それなら他社はどうなのでしょうか?

携帯会社 通話無料オプション
ドコモ 1,700円
au 1,700円
ソフトバンク 1,500円

通話が無制限になる各社の比較ですが、ドコモとauに関しては1,700円もかかるわけです。ソフトバンクで1,500円です。ワイモバイルの価格がいかに安価であるのかということがわかるかと思います。そもそもの価格がドコモ、auとなら700円も違うわけです。もともとの価格差がかなりあるため、ワイモバイルではもともとの価格も非常に安価であるということがわかるかと思います。

もしドコモとauでこの通話無料のオプションをつけている人がいるのであれば、ワイモバイルにするだけでも1000円となり、毎月700円が浮いてくる計算となります。それだけでもメリットはかなりあるかと思います。

ワイモバイルの関連会社であるソフトバンクは1500円となっており、ドコモとauと比較するとまだ良心的な価格設定となっていますが、ワイモバイルとソフトバンク回線は同じ回線を利用しているということを考えるとそれだけでも500円高いことがわかります。500円違うということは、年間で6000円の支払いが変わってくるのです。今回は60歳以上がこの1000円無料ということになりますので、ドコモとauなら1年間契約し続けるのであれば、20,400円もの価格差が出てくる計算となります。

そこまでの価格差があるなら、ワイモバイルがいかに安価に維持することができるのかということがわかるでしょう。もともとの料金メニューの価格が安価であるということが、ワイモバイルのメリットだと思います。

ここまでの価格差があって、ドコモ、auと契約しているメリットは非常に少ないと思います。ただしそれも通話をする人限定の話です。通話をめったにしないという人は、別にそこまで気にすることはないかもしれませんね。

それでも最近はこのように非常に安価なプランであるということは、認知されているため、ワイモバイルへMNPをする人が非常に増えています。毎月の維持費に関しては、誰もが抑えたいところでしょう。通話オプションだけ見ても、ドコモ、auと比較してそこまで違うのであれば、それこそドコモ、auと契約しているメリットはそこまでないのではないかと思っています。

通話をたくさんする人もワイモバイルのほうがメリットがかなりありますよね。

少年
少年
他社の通話定額って高いんだね。知らなかった。
少女
少女
そうなんだよ。ワイモバイルが極端に安いんだよ。普通の人も元々10分無料通話がついているからね。
実際のところ10分を超えて通話をし続ける人もそれほど多くはないのかもしれませんが、他社なら5分の無料通話でもオプションですからね。
10分も話せてそれが無料通話の範囲内ということだけでもワイモバイルの料金プランが安いのはわかるよね。
しかも60歳なら無料通話ができるんだよ。本当にびっくりだよね。

・他社の無料通話オプションは高額
・他社で契約している人なら検討の余地あり

他社の無料通話プランを利用している人は乗り換えの検討もありか

他社の無料通話定額プランを利用している人なら間違いなく乗り換えの検討もありかと思います。それは60歳以上でなかったとしても該当するかと思います。元々10分の無料通話がついているのです。10分以内の通話がほとんどならすぐにでも乗り換えるべきでしょう。10分を超える通話をメインに考えている人でも60歳以上でなければ、1000円のオプション料金を払えば、無料通話が付いてきます。

それはそれだけでもメリットではないかと思います。60歳以上といえば、上記でも記載している通りまだまだ現役です。そのため通話をすることも多いのではないかと思います。通話をする人にとっては、この料金プランは確実に魅力的に映るはずだと思います。一度自分が契約している会社の料金プランなどを調べてみて、通話をそれなりにしている人ならワイモバイルに乗り換えるだけで、間違いなくオススメできるかと思いますので、一度ワイモバイルを検討してみてはどうでしょうか。60歳以上の人なら機種が限定されますが、60歳以上の人でも持ち込みの機種なら特にどの機種でも問題ないのです。それこそ今利用しているキャリアの機種をそのまま利用することも可能となっています。それならかなり安く利用することもできますからね。

最新機種は60歳以上の無料通話対象外機種という残念さ

最新機種も販売されておりますが、最新機種は残念ながら60歳以上の方への通話無料サービスというのはできません。
ただしワイモバイルが提供している標準の料金プランは適用されるため、10分の無料通話はついています。10分の無料通話で OKという人ならとりあえず最新モデルでもいいかと思います。無料通話が10分以上なくてもいいという人なら最新機種の購入でも問題ないと思います。やはり最新機種というのは、それなりの機能も入っているので、利用したいと思う人も多いと思います。それは60歳以上の人であったとしても変わりません。
60歳の人でも最新機種を利用したいと思う人は多いはずです。当然ながらワイモバイルからはiPhoneも出ているため、iPhoneを使ってみたいと思う人も多いでしょう。そういう人なら10分以内なら無料通話ができたら十分という人ならそちらの選択肢でもいいと思います。
特に10分以上話すからあえて、らくらくスマホでなくてもいいのではないかと思っています。そのあたりは自分の欲しい機種を購入するほうが結果的によかったと思えるはずです。最新の機種では永年無料通話が続きませんが、通常のプランで十分という人なら最新モデルの選択肢もありかと思いますね。

60歳以上の方も変化に強くなってきている

以前は60歳以上の方はそこまで変化を好む人は多くはありませんでした。ただし最近の60歳の方というのは、変化にも強くなってきた方が多いのではないかと思っています。
その理由というのは、基本的には60歳を超えると定年を迎え、隠居生活に入られる方も結構多いということです。
最近は65歳まで再雇用と行う会社も多いので、実際のところは65歳くらいまでは大丈夫なのかもしれませんが、それでも60歳を超えると通常今までもらっていた給与が減ることは間違いありません。
給与が減るということは、毎月の固定費を下げる必要があるのです。毎月の固定費を下げるということなら、今までのドコモ、au、ソフトバンクなどを所持している人ならそれらの固定費を下げるということを考える人も多いということです。
毎月の固定費を下げるということなら、ワイモバイルへMNPを行うという選択肢もありなのではないかと思います。
60歳以上になると収入アップを目指すことが難しいと思いますので、やはり固定費を下げるという努力をする必要があります。
固定費が下がることで、他に使えるお金が少しでも増えるのです。他に使えるお金が増える手助けをすることが、このスマホ代削減でもあるわけです。
スマホ代削減というのは、とりあえずドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアからワイモバイルへ乗り換えるということも非常に重要なことかと思います。
60歳を超えるとウェブなどでもこのようなことができないという人もいるかも知れませんが、近くには得意な人もいるはずです。
近くの人に聞きながらでもウェブから購入することをおすすめしたいですね。