ワイモバイルは子供にオススメ 初めてスマホを持つなら維持費も非常に安い

ワイモバイルというのは、どのようなイメージを持っていますか?ワイモバイルに対してのイメージというのは、子供が持つイメージが強いのではないかと思います。ワイモバイルを契約している人を含めて、いわゆる若年世代に人気のキャリアかと思います。スマホを初めて持ちたいという年齢というのは、中学生に入るタイミングもしくは高校に入るタイミングのいずれかかと思います。お子さんというのは、そのあたりのタイミングで初めてスマホを持ちたいと思うわけです。しかしながら両親としてもこれからお金がかかる時期にスマホにお金をかけたくないと思うのが、親としての本音かと思います。そういう意味ではワイモバイルを初めて持つスマホにするというのは、ありかと思います。

ワイモバイルは今後間違いなく伸びていくキャリアになっていくと思います。普通にソフトバンクなどと契約することでかなりの費用発生になります。かなりの費用発生を抑えたい親にとっては、ワイモバイルはある意味救世主となるわけですね。

毎月の維持費もワイモバイルに変更するだけで、基本的には料金は下がります。基本的に現行と同じ条件の時に下がるということになります。

ワイモバイルは、学割の充実で初めて持つならかなりオススメ

ワイモバイルというのは、学割も非常に充実していることを知っていますか?

こちらが学割の施策となっていますが、学割というのはかなりメリットあるでしょう。今のところ学割は1年のうち半年近く学割を利用する人が多いのです。学生が自分自身でスマホの代金を払うということは、結構難しいことかもしれません。それでも大学生くらいになると小遣いをもらえなくなりますので、小遣いをもらえないということは、自分で払うしかないわけです。

大学生にもなって親にスマホ代を払ってもらうということが、かなり厳しいかと思いますね。

そういう意味では、大学生が自分で払えるスマホということになります。自分で払うスマホ代なら親に文句を言われることもありませんので、自分の好きなプランに契約することができるのです。それは本当にメリットがあることだと思います。

2019-2020年の学割は2019年11月29日から2020年6月1日まで
1480円〜プランベーシックMが利用可能
家族も同様の恩恵を受けることができる

このようなメリットがあります。学割のメリットというのは本当にオススメだと思います。

シンプルな料金プラン

ワイモバイルというのは、非常にシンプルな料金プランとなっています。基本的に3つの料金プランしかないのです。3つの料金プランというのはかなりわかりやすいかと思います。本来ドコモ、au、ソフトバンクなどで契約すると大容量プランというのはかなり費用がかかります。ある意味相当高額だと思っておいてもいいかと思います。それがワイモバイルならそこまでの料金はかかりません。むしろ安価に契約することができるわけです。そういうことを知らない人も結構多いのです。ワイモバイルはシンプルかつ安価な価格設定のあるキャリアとなっています。

この料金プランなら学生でも払うことができるのではないかと思います。

大学生くらいになると小遣いを親からもらう人が非常に少なくなります。そうなったときに自分ひとりの力で払う必要があるわけです。自分ひとりの力でスマホ代も払おうとするのであれば、かなり厳しいでしょう。そういうことをトータル的に考えると学生でも払えるということは、ある意味すごいことだと思います。

とにかく料金が安いということが、ワイモバイルのメリットなわけですが、そのメリットの恩恵だけうけたらいいんじゃないかと思います。それこそ価格が安価ということがワイモバイルの最大のメリットなので、その恩恵を受けることがいいと思います。

またありがたいのは、10分の無料通話がついていることです。LINEでも無料通話が可能ですが、やはりどうしても普通に電話をしないといけないときもあるわけです。その時に無料通話がついているということはかなり便利ですよね。この10分の無料通話というのは、ワイモバイルの特典となります。10分という短時間かもしれませんが、長電話をしないような人とは、LINEで話せばいいと思います。用件を少しだけ伝えるなら10分で電話も終わりますからね。

学生はキャリアにこだわりが少ない

最近の学生というのは、ブランディングというものが少ないと思います。いわゆるブランドイメージと呼ばれるものです。

私が若い時は、ドコモというブランドがありました。ドコモというブランドというのは、やはり高級というイメージです。それが20年近く経過したことにより、ドコモブランドと呼ばれるものが本当になくなりました。安くていいものを選択するようになったわけです。

最近の若者に関していえば、ソフトバンクグループということがある意味ブランドなのかもしれません。

それくらいブランドに対する意識がなくなってきたのです。それでもバックや着るものに関してはそれなりのブランドを気にする人も多いと思います。しかしながら回線に対するブランドイメージというものは、確実に失われているかと思います。

とりあえずiPhoneならそれでOKという人も非常に増えているかと思います。確かにiPhoneならOKということは本当によくわかります。とりあえずiPhoneを持っていたら嫌われることはありませんからね。

大人の世界では、iPhoneを持っていなかったとしても嫌われるということはありません。それこそそのようなことはどうでもいいのです。ある意味それが大人の世界なのかもしれませんが・・・学生というのは、特に2000年以降に入ってからブランドイメージというものは非常に少なくなりました。ブランドというのはいわゆる優越感の元に所持しているケースが非常に多いです。その優越感というのは、他の人が持てないということなわけです。とはいうものの、今の時代、ドコモ、au、ソフトバンクすべてのキャリアは、価格の違いお非常に少ないわけです。価格の違いが非常に少ないということは、それこそブランディングという言葉は本当になくなりました。

ワイモバイルというのは、そういうブランドを排除しつつも安価な価格設定でスマホを所持することが可能なわけなのです。ブランディングを行うということは、企業としては当たり前のことになるわけですが、そのブランドを決めるのはエンドユーザーいわゆる消費者なわけです。消費者というのは、賢いので、いかにいいものを安く購入するということを考えています。

そういう意味では間違いなくワイモバイルというのは、いいものを安価に提供していると思われます。

✓ワイモバイルのイメージはテレビCMでも行っておりいいイメージ
✓ワイモバイルは安価に維持ができるイメージ

本当に昔のように回線をブランドとして捉える人が少なくなってきていることは間違いありません。
今から20年前ならまだ回線をブランドとして捉える動きがありました。当時はドコモが強かったので、ドコモの回線を利用するというだけでそれがブランドだったのです。
それが年月がたち、ドコモもブランドがどんどん失われていっています。
ドコモだけサービスがいいということも、本当になくなりました。特にドコモ以外のキャリアはかなりサービス改善に力を入れています。そいうこともあり、ブランド力だけでいえば、他社含めてそれほど変わらなくなってきているのです。

ソフトバンク回線と同じ

ワイモバイルというのは、ソフトバンク回線と同じ回線を利用しているのです。そのためソフトバンク品質をワイモバイルでは手に入れることができるのです。そのことを知らない人も多いと思います。ワイモバイルというのは、なんかよくわからないけど安そうというイメージを持っている人も多いと思います。なんとなく安価なことがわかったとしても結果的にどこの会社なの?と言われるとやはりわからない人も多いわけです。

そういう意味でいえば、ソフトバンク回線ということもあり、ブランドとしては非常にいいのです。ソフトバンクのブランディングというのは非常にうまいため、ワイモバイルがソフトバンクグループにいるということをもっとアピールすることができれば、間違いなくワイモバイルは伸びていくものと思われます。ワイモバイルは回線によるブランドが少なくなった昨今、若い方々というのは、ワイモバイルに対していいイメージがついていくのではないかと思います。今後ワイモバイルは間違いなく伸びていくものと思われます。ある意味、通信業界というのは、基本的にアンテナの数とバンド帯で決まります。ソフトバンクグループのバンド帯というのは、正直なところそこまで美味しいバンド帯を持っているわけではありません。当然ながらドコモやauのほうがバンド帯としてはいいものを持っているわけですね。そういうことを知らない人も多いと思います。それでも価格勝負するのであれば、ワイモバイルでしょうね。

特にソフトバンク回線というのは、人が集まるところに対して非常に強い能力を発揮します。そのためソフトバンク回線というのは、大学などでは非常に強い電波なのです。それと同じ回線を利用しているというワイモバイルは本当に強い回線を持っているということになります。

ソフトバンク回線と同じ回線を利用しながら安価に利用することができるということがかなりのメリットになるかと思います。

ソフトバンク回線は都心部ではかなり繋がりもいいと思います。都心部でのつながりと通信速度だけでいえば、一番いいのではないかと思います。

✓ソフトバンク回線は都心部では高速回線
✓ソフトバンク回線を使っているので、通信品質が高い

ソフトバンク回線を利用しているのは本当に安心して利用することができますよね。

家族割が組めてさらに維持費を下げることもできる

ワイモバイルでは家族割を組むこともできます。家族割というのは、主回線を設定して2回線目以降が500円割引となるサービスのことです。

お子さんなら同居していなくても家族さえ証明できれば問題ありません。家族割を組むメリットというのはかなりあるかと思います。

まさにこれから中学生や高校生になるお子さんに関していえば、間違いなくワイモバイルがメリットのあるキャリアになるでしょう。元々安価な価格設定からさらに安価な価格にすることができるということで、相当メリットがあるのではないかと思います。家族割のメリットというのは、毎月の料金から500円割り引かれるということですが、4人家族全員がワイモバイルの場合なら3人が毎月500円ずつ割引の恩恵を受けることが可能となります。
それなら毎月1500円通常よりも安価になるのです。1500円安くなれば、1年なら結構大きいかと思いますね。最近のスマホはとりあえずつながればOKという人も多いため、それならワイモバイルの家族割を契約することにより、毎月の維持費を極限まで落とすことが可能ではないかと思います。家族割を契約することで、毎月の通信費を下げるということは、親としては当たり前ですからね。毎月の通信費を下げるということは、かなりのメリットがあるのではないかと思います。そこにワイモバイルを利用するというのはありではないかと思います。

親御さんの毎月の維持費が安価になるということで、これはかなりありがたいですよね。親御さんにとって毎月の維持費というのは、どうしても辛いものがありますよね。

毎月の維持費が下がることが親御さんとしては非常にメリット

アウトレットならかなり安く購入できるケースも

アウトレットなら安く購入することができます。アウトレットの機種がいくつか販売されているのです。その時々でアウトレットされている製品は違うのですが、アウトレット製品はかなりメリットがあるかと思います。アウトレット製品というのは、安いということが最大のメリットです。

現行製品ではない、前モデルの製品
クーリングオフなど返品されたもの
過剰な在庫を処分するためのもの
箱などに少し問題があるもの

こちらがアウトレットの定義となっていますが、自分が購入しようとしている機種はどれにあたるのかはわかりません。そのためアウトレットなのです。基本的には中古とは異なりますので、メリットがあります。アウトレットで購入できるのであれば、かなりメリットがあるかと思います。通常購入よりも数万円安く購入することも可能なのです。安く購入できるというだけでもかなりメリットがあるのではないかと思います。
まさにお子さんに購入するのであれば、アウトレットでも十分だと思います。自分でほしい機種があれば、小遣いをためて購入すればいいということです。小遣いをためて購入することが難しいのであれば、やはり我慢させるべきです。
自分の欲しいものを買い与えていては子供のためにはなりません。親御さんとしてもなるべくスマホに対する費用を抑えたいでしょうから、やはり価格が下がったものの購入をしてみるのはどうでしょうか。

お子さんが初めてスマホを持つ場合、ある意味親の言いなりにならないといけない部分もあります。お子さんが自分でお金を払ってくれるのであれば、いいわけですが、結果的に親が携帯電話代を払う必要があるわけです。そうなれば、安価な機種を選択することは、当然のことかと思います。基本的に親御さんは少しでも維持費を抑えたいと思うことは当然のことなのです。

最新機種が安い

こちらを見てもらいたいのですが、最新機種が非常に安く販売されています。2019年〜2020年にかけて販売されたモデルとなっています。この中にはXperia 8も含まれております。ワイモバイル初のXperiaということで、非常に人気を集めている機種となっています。また新規やMNPで契約すると14,400円の値引きの恩恵を受けられるということで、かなりメリットがあるかと思います。こちらのモデルというのは、非常にオススメでききますね。これから高校生になる人もXperiaなら納得いくのではないかと思っています。基本的にXperiaシリーズというのは、個人的に見てもかなり使えるモデルです。最新機種も3万円台から購入可能となっており、36回払いの分割にすれば、相当安価な維持費になるのです。毎月の維持費を下げたい人ならワイモバイルへのMNPを検討してもいいのではないかと思います。ドコモ、au、ソフトバンクは有名な誰でも知っているキャリアとなっており、毎月の維持費もワイモバイルと比較すると若干高めです。少し各社の毎月の維持費も下がりましたが、それでもワイモバイルと比較するとどうしても高額な価格設定となっているのです。そういうことを考えるとやはりオススメできるかと思いますね。最新機種というのは、誰もが欲しくなるモデルだと思います。その最新モデルが安価に購入できるということで、ワイモバイルはメリットがあるのです。ぜひ検討してもらいたいと思いますね。

iPhoneの販売も実施中

お子さんに人気なスマホといえばiPhoneではないかと思います。最近中学生や高校生がスマホを持つというと、iPhoneを持つお子さんというのは非常に多いです。iPhoneを持っていないとどうしても周りからの目などもあり、お子さんもiPhoneを持ちたいということはほぼ間違いないかと思います。
型は若干古めかもしれませんが、iPhoneは非常にいいスマホです。
そのためiPhoneを持ちたいと思うお子さんも多いわけです。
また同じ機種ではないと嫌われてしまうなどということもあるかもしれません。男子ではあまりそのようなことはないかと思いますが、女子の場合だとどうしても人と異なる機種を持っているというだけで、嫌われてしまうということにもなりかねません。
そうならないようにしたいと親は思うわけですね。とはいうものの、キャリアモデルでは毎月の維持費がかなりかかってしまうということで、ワイモバイルを選択してしまうということです。
毎月の維持費を抑えるのであれば、ワイモバイルが本当にベストな選択ではないかと思っています。
それと店舗が近くにあるということも安心感の一つです。
ワイモバイルの店舗も基本的にはソフトバンクと同じように併設されています。そういうことも購入しやすいということになるかと思いますね。

iPhoneならiPhone7がオススメ

iPhoneを購入するのであれば、iPhone7がオススメ出来ると思います。iPhone7はワイモバイルで発売されているiPhoneの中では1番最新のモデルとなります。世間的にはiPhone8の販売が継続して行われていますが、それでもiPhone7でもまだ最新のOSにもなるため、オススメ出来るのです。