MNP 新規 一括0円 ワイモバイル 2020年5月 一括で安くお得に買える店舗があるか

MNP 新規一括0円で少しでも安価にワイモバイルスマホを購入したいと思っている人も多いと思います。MNP一括0円や新規一括0円などで購入できるような店舗があるのかというところが、非常に気になる部分ではないかと思います。実際にまちなかの店舗を見てきましたが、ワイモバイルの機種は安価に購入することができるのでしょうか。

MNP 新規一括0円になるのは旧モデルの機種

旧モデルは一部のモデルでMNP一括0円という機種は存在します。ただし旧モデルということになりますので、最新モデルとは異なります。基本的に定価からの割引で一括0円での購入となりますが、一括0円で購入している店舗というのは非常に少ないです。
私が知る限りでは一括0円対象の店舗というのは、非常に少なかったですね。基本的にはワイモバイルでも一括0円などで販売している店舗はありませんでした。
一括0円の施策がなくなったのは、総務省が2万円ルールというものをもうけたからです。この2万円ルールというのは、どのようなルールなのかというと、スマホ購入時の割引は回線とセットで販売する場合は2万円までに抑えるというルールです。このルールを守っている店舗がかなり多いのです。特に処罰などはないと思いますが、もしこのような施策をしている場合いわゆる2万円以上の割引を提供している店舗がある場合は、キャリア側が厳重注意を受ける可能性があります。昔のようにMNP一括0円などという安価な価格設定をしている店舗というのは、多くはありません。
それでは一括0円で購入する上でのメリットを紹介したいと思います。

5月のGWキャンペーン開催


現在5月のGWキャンペーンを開催中です。かなり安くスマホを購入することができます。
一部の機種だけのキャンペーンとなっていますが、それでもかなりメリットがあるかと思います。

・期間限定キャンペーンは安く買える
・次のキャンペーンはきっと8月のお盆の時期

キャンペーンは非常にメリットがあるので、このキャンペーンのときに購入するほうがいいです。
GWだけのキャンペーンですが、長期休みにときというのは、キャンペーンを開催することが非常に多いです。
今回のこのキャンペーンというのは、メリットもかなりあるかと思います。

4月のキャンペーン含めてそこまで悪いキャンペーンではなかったので、今後も継続してキャンペーンが行われると思います。

2020年4月でもキャンペーンは悪くない

3月のキャンペーンでは、2万円くらいが割引の上限となっていました。4月に入っても実はあまり変わりありません。キャンペーンというのは、現在上限が2万円弱くらいです。

そのためキャンペーンは4月に入ってもあまりかわりません。これくらいのキャンペーンなら常時実施しているということなのでしょう。キャンペーンの期間も継続して行われているので、正直なところほしいタイミングで購入することがおすすめなのかもしれませんね。

キャンペーンは3月が一番いいという神話はなくなってきたのではないかと思います。最近はスマホに関しても毎月の維持費が安いほうがいいという人のほうが多いので、ワイモバイルはどんどん購入する人が増えています。購入する人が増えているということは、それだけサービスも含めて拡充していくということになります。

2020年3月に入りキャンペーンが出てくると思いきや?

2020年3月に入り、各社キャンペーンが出てくると思っている人も多いのではないかと思います。

実際に蓋を開けてみるとやはりMNPで最大2万円のキャッシュバックというところが足かせとなっており、高額キャッシュバックや一括0円の機種というのは、ありません。
一括0円で購入できないとなれば、いかに安価な機種を探すかです。いかに安価な機種といっても最大2万円のキャッシュバックしかなければ、正直なところ美味しい機種というのは、あまりありません。
それでもやはり一部の機種ではお得に購入することができるのです。

こちらかなりお得に購入できる機種を紹介しています。こちらで新規契約を検討してみるのはどうでしょうか。3月でも割引購入することができますので、かなりメリットがあるかと思います。

一括0円で購入するメリット


一括0円で購入するとどのようなメリットがあるのでしょうか?
通常本体代金というものは、発生します。それは当然といえば当然なのです。その本体を購入しているわけですので、本体代金の支払いをすることは当然です。それがなぜ一括0円で販売できるのでしょうか?
その理由というのは、損して得するというキャリアの思惑があるからです。一括0円で購入されたとしても、回線契約を行うため、毎月回線料金から負担をしてくれるのです。
ワイモバイルという低価格のキャリアであったとしても毎月の利用料金というのは、回収できるわけです。
実はそれが最大のメリットなのです。ワイモバイルは一番安価な価格からスタートすると1480円〜という非常に低価格で維持することができます。
それでも仮に1年以上契約してくれるのであれば、それなりに毎月料金を回収することが可能なのです。
1年とはいわず、5年利用してくれるとなれば、ざっくり2,500円くらい毎月払ってくれると仮定すると、15万円ほどは通信費として、払ってくれるわけですね。それがキャリア側のメリットです。
一般ユーザー側のメリットとしては、なんといっても端末代金をゼロ円で手に入れることができることでしょう。それが最大のメリットとなります。
昔はこのような一括0円で販売していた機種というものが、かなりありましたが今はほとんどありません。
旧モデルでも割引になっていないケースも多いのです。

ワイモバイルストアなら割引購入で買える


実はワイモバイルストアなら初めから割引購入することが可能となっているのです。先程もお伝えしました通り、最新機種の値引きは私が見た店舗ではほとんどありません。基本的には定価販売です。新規契約にしても定価で販売されていたので、店舗で購入するメリットはあまりありません。
しかも店舗で購入すると事務手数料3000円が発生するのです。

そんなこと当たり前と思うかもしれませんが、店舗購入の事務手数料3000円というのは、実は結構痛いのです。定価で購入させられる上にさらに事務手数料の3000円が別途発生するわけです。
実はワイモバイルストアで購入すると、そのあたりの費用が必要ありません。事務手数料無料となっているのです。

そういうこともあり、最近はワイモバイルストアを利用する人が非常に増えてきているのです。一括0円で販売されていることはほとんどありませんが、最近機種も値引きで購入することができますので、ワイモバイルストアは非常に有能なストアであることは間違いありません。
わざわざ店舗まで足を運んで、定価販売ということは本当に寂しいですからね。
ちなみにyahooモバイルのホームページから申し込むと別途事務手数料が発生するので、注意が必要となります。

ymobile.jp、online-store.ymobile.jpから購入のものに限り事務手数料が無料となります。

現状であれば、新規契約で14,400円の値引き購入をすることができますので、非常にメリットがあります。最新機種も例外なく値引き購入することができますので、かなりの人がワイモバイルストアから購入をしています。
ワイモバイルストアの魅力というのは、それだけではありません。


こちらにワイモバイルのメリットに関してお伝えしておきますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

1000円台で購入出来る機種が出てきた

こちら非常にお得な案件です。一括0円というわけではありませんが、1000円台で購入出来る機種が出てきました。MNP一括価格ということになりますので、かなりメリットがあるかと思います。

1000円というのは、非常に低価格です。もともとの価格がそこまで高くはないので、値引率だけで考えると90%以上の値引率となっているのです。相当安価な価格設定となっていますので、かなりメリットがあるかと思いますね。

この1000円台で購入する機種というのは、割引率が非常に高いときです。通常はここまで安価に購入することはできません。とはいうものの、基本的には、割引の上限は2万円と決まっています。そのため基本的にそれ以上安く購入できることもないわけです。

店舗契約の一括0円を待つかどうか

店舗契約での一括0円というのは、いわゆる水物となっているので、いつ出てくるかわかりません。お得に契約できるタイミングもありますが、全くお得に契約できないというタイミングもあります。量販店ならわりと割引施策を実施しているところも多いと思いますが、割引施策がやっているかどうかというのは、電話で教えてくれるところは非常に少なくなりました。
色々調査をしている人も多いので、店頭での案内は行ってくれると思いますが、電話で価格に関する情報はお伝えできませんと言われるケースが非常に多いです。
そういうこともあり、店舗契約で一括0円を待つということは、非常にナンセンスなことではないかと思っています。
一括0円で購入することができれば、かなりお得なことは間違いありませんが、基本的にワイモバイルストアを利用して欲しいタイミングで購入するということがいいのではないかと思っています。
店舗契約がダメなわけではありませんが、事務手数料も発生し、一括0円で購入できるかどうかわからないということを考えると、ある程度割引が初めからあり、事務手数料が無料なワイモバイルストアを利用するほうが懸命かと思います。

今後店舗の一括0円案件というのは、ほぼ出てこないのではないかと思っています。店舗での一括0円案件があるとするなら旧型モデルとなります。旧型モデルが悪いわけではありませんが、元々販売価格がそこまで高くはない、ワイモバイルの機種ということで、せっかくなら最新モデルを購入すればいいのではないかと思っています。

量販店なら一括販売の可能性も

量販店なら一括での購入ができる店舗もあるかもしれません。また地域によっても一括販売している店舗もあります。ただし一切行っていないケースもありますので、それも含めて検討する必要があります。

今スマホを購入しようと思っても店舗でも最大2万円の割引くらいしかできないため、そこまで安い機種というのはありません。それこそ2万円台の機種が1万円以内の一括価格で購入できるレベルです。

本当にスマホの価格は以前と比較して、割引がなくなった分高く感じるようになりましたね。今後は一括販売できている店舗も少なくなってきたのではないかと思います。

現状量販店の場合は3Gからの乗り換えのみでお得に購入出来るケースはありますが、基本的には3Gからの乗り換えができない場合は、最大で2万円までのキャッシュバックとなります。正直なところお得に購入出来るとは限りません。一括0円で販売している店舗はありませんね。MNPも新規も基本的には同じ価格です。

ワイモバイルの料金プラン

こちらがワイモバイルの料金プランとなっています。料金プランを見ていただければわかるように、かなり安価に利用することができます。

本当に毎月のGB数を抑えるのであれば、非常に価格も安価に抑えることができますので、ワイモバイルはかなりメリットがあるかと思います。とにかく最近は料金体系が安価な料金体系となっていますので、安心して利用することも可能です。今のタイミングでワイモバイルを利用してみることをオススメしたいと思いますね。
キャリアで契約するとなると、やはりここまで安価に維持することは難しいでしょう。ワイモバイルの料金プランを見ると今までのキャリアで契約することが、正直なところ馬鹿らしくなるのではないかと思っています。それくらいワイモバイルは安価に契約することができるのです。
もしワイモバイルという新しいキャリアを知ったのであれば、ぜひ乗り換え含めて契約を検討することをオススメしたいですね。

2019年-2020年 最新モデルの購入がオススメ

やはり購入するのであれば、最新モデルがオススメです。最新モデルの購入はオンラインショップが一番いいのではないかと思っています。2019年から2020年にかけて販売されているモデルというのは、4機種が販売されております。その中でもXperia 8がオススメですね。Xperia 8というのは、デュアルカメラも搭載されており、新規やMNPなら4万円を切る価格で購入することが可能です。(ワイモバイルストアの場合)そこまで安価な機種なのであれば、個人的にもオススメできるかと思います。
やはり購入するのであれば、最新モデルではないかと思います。
基本的に1年程度古い機種を購入することで、残念ながらOSのアップデートも1年前倒しで終わるわけです。OSのアップデートが前倒しで終わるということは、それだけセキュリティ的には、問題がある状態で使い続ける必要があるのです。せっかくならそういう使い方はしたくはありませんからね。そういうこともあり、最新モデルの購入をオススメしたいと思います。

1月に入りお年玉企画で安くスマホが購入出来る


こちらの企画を見てもらいたいと思いますが、かなり安価にスマホを購入することができます。
Libero S10という機種なら5400円という非常に低価格です。ここまで安価に購入することができればかなりメリットがあるのではないかと思います。
またiPhone7も3万円を切る価格です。そこまで安価でありながら、事務手数料が不要なのです。
ワイモバイルで契約しない手はないかと思います。それくらいメリットがあるかと思いますので、ワイモバイルは本当にいいと思います。
Libero S10はスペックは低いといってもAndroid One S5とほぼ同じスペックとなっています。Android One S5というのは、今でもまだ現役で販売されている機種となっており、それと同じということであれば、十分だと思いますね。価格を極限まで安く抑えたモデルとなっていますので、相当メリットがあることは間違いありません。
今のところキャンペーンとしてメリットがあるのは、このLibero S10ではないかと思います。
この機種でも私が見に行った店舗では一括0円での販売はありませんでした。
となれば、5400円支払ってもネットから購入するほうがメリットがあるかと思います。
最近は安価なモデルの人気がかなり出ていますが、ネットから買っても店舗で買ってもほぼ同じ価格設定になっています。