こちらのキャンペーンはPayPayボーナス3000ポイントもらえます。
少しでも携帯を安く買えるならかなりお得でしょう

低価格 格安 SIM 店舗もあって 安心 電波や通話無料など サービスも充実のワイモバイルがオススメ

最近の日本では低価格や格安という言葉が非常に好きな人も多いと思います。
数年前から格安SIMと呼ばれる言葉が色々出てきており、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手以外と契約する人が非常に増えてきていることを知っていますか?
格安スマホという新たなジャンルが出てきたということを知っている人も多いでしょう。
低価格な格安スマホというのは、なぜそこまで人気になってきたのでしょうか?


スマホはハイスペックでなくてもよい

スマホというのは、ハイスペックでなくてもよいということが一般化しつつあります。
ハイスペックスマホに求められるこというのは、以下のことが多いのではないかと思っています。

  • 処理速度が早い
  • カメラの画質がキレイ
  • 画面がキレイ

これらがのことが多く求められているということは知っている人も多いでしょう。ただし仮に数年前のハイスペックモデルで十分な人がいれば、当然ながら現行のハイスペックモデルよりも安価に購入することができることは間違いありません。

スマホはハイスペックモデルでなくてもよく、数年前と同じレベルのスペックのモデルが今新品で購入できるのであれば、それで十分だと考える人がかなり多いのです。

正直なところそれらのスマホをメインに取り扱っているという会社がワイモバイルとなるわけです。

スマホが低価格で買える

スマホを低価格で購入することができます。それがワイモバイルの一番のメリットなのです。
今まで出ていたハイスペックモデルのスマホというのは、10万円を超えるようなモデルも普通に販売されていました。
最新のiPhoneも10万円を超えるような機種が色々販売されているのです。
10万円という機種の代金というのは、一般庶民にとってはかなり厳しいのではないかと思っています。
一般庶民の方ならスマホに利用できる金額もそこまで高額な機種を利用することは出来にのではないかと思います。
スマホを低価格で購入したいというニーズに答えているのが、ワイモバイルとなっているのです。

昨今スマホの価格はかなり値上がりしています。その理由はグローバル価格を採用しているからです。グローバル価格というのは、世界での価格設定となります。世界ではスマホの価格というのは、かなり値上がりしているのですが、日本では賃金の上昇があまり行わておらず、スマホの価格だけが値上がりしているように感じるわけです。

グローバルで見るとスマホの調達価格がどんどん上がってきており、日本でも今後スマホを買うのは4年に1度とかになってくる可能性は十分にありえるかと思います。

そんな中でも低価格のスマホを購入できるということは、かなりのメリットになります。低価格スマホだからといっても、普通に動作しますので、全く問題ありません。

毎月の支払い額を抑えたい人にとってはかなりメリットがある

とにかく毎月の固定費を下げたいと思っている人にとっては、本当にメリットがあります。毎月の固定費が仮に3000円下げれば、1年で36000円ですからね。結構大きな額になってくるのです。このように毎月の支払いを抑えたい人にとっては、ワイモバイルというのは相当メリットがあります。

こちらが毎月の支払いを紹介しているページとなっています。毎月の利用料金がかなり安価であることは、こちらのページを確認いただければわかるのではないかと思います。
今利用している料金と比較してもかなり安いことがわかるでしょう。
昨今新しい機種が10万円を超えている中でワイモバイルのスマホは、5万円以下で購入できる機種が大半です。
そういうことを考えると、かなり安価に買えるということがわかるのではないかと思っています。
相当安価に購入することができますので、それだけでもかなりメリットがあるのではないかと思います。
結果的に安価に購入したいと思っている人がかなり多いはずなのです。安価に購入できる機種というのは、悪いわけではなく、数年前のハイスペックモデルと同じと思っていただければいいのです。
数年前のハイスペックモデルを現在新品として購入することができるのです。
ただしその場合でもOSは新しくなっていますので、それはメリットです。

OSって何?

そもそもOSって何?と思っている人も多いと思いますが、OSというのはオペレーティング・システムのことです。ハードいわゆる本体を動かすためのソフトです。
そのソフトが最新のものがワイモバイルには数多くラインナップされています。
それは、Android Oneと呼ばれる機種です。

こちら代表的な機種をこちらに掲載しておきますが、Android One S7と呼ばれるシャープの機種となってます。
こちらの機種は最新のOSとして販売されているモデルで、またOSのアップデート保障もされている機種となっているのです。OSのアップデート保障ができているということは、最新のOSを数年に渡り使い続けることができるということなのです。
それだけでもメリットだと思いませんか?
今自分の利用している機種に搭載されているOSが何かということは、把握しておく必要があるのではないかと思っています。
最新のOSを利用することができると、最新の機能を利用することができるということです。
最新機能を利用できるということは、やはり気持ちいいものです。気持ちいいのでAndroid Oneを利用する人というのは、かなり多いわけですね。

Android Oneという機種に関してはOSのアップデート保障がついているということが最大のメリットですね。そのため長きにわたり最新の機能を利用することができるということです。それだけでも知っておいてください。

ワイモバイルの無料通話サービスがいい

ワイモバイルは10分の無料通話がついているのです。
10分の無料通話がついてくるだけでもいいと思いませんか?
最近はコロナの影響により、自宅で仕事をする人も多いのです。
10分の無料通話がついているので、仕事のやり取りも非常にいいと思います。

10分程度とはいえ、無料通話がついているということは、かなりのメリットであることは間違いありません。

安いスマホのイメージって?

安いスマホのイメージってどんなイメージがありますか?
数年前まで日本ではハイスペックのモデルのスマホが売れ行きの大半を占めていました。
ただ安いスマホのイメージというのは、どのようなイメージでしょうか?

基本的に安いスマホというのは、ハイスペックモデルと比較すると部材が安くなっています。
ただ安いといっても数年前のハイスペックモデルが搭載されているということが大半です。

どういうことか?というと最新の技術が搭載されていないということになり、部材コストを安く手に入れることができるのです。
要するに、安いスマホというのは、数年前の技術を利用しているため、部材コストが下がるのです。
それは悪いことなのでしょうか?
実はそんなに悪いことではありません。
最新の技術というのは、不具合もつきものです。ただ数年前のモデルであれば、不具合というのは、非常に少ないです。不具合が少ないということであれば、それはそれで悪いことではないかと思います。

数年前の技術を利用するため、価格も下がるということになりますので、私は嫌いではありません。

枯れた技術ということになります。最新のスマホは枯れた技術ではなく、最新の技術なのでどうしても高くなります。価格が高くなるということは、それだけ技術が詰まっている可能性もありますが、不具合も多く潜んでいる可能性も十分に考えられるわけです。

安いスマホであったとしても、普通に利用する上では全く問題ありません。

料金

Posted by ymobile