ワイモバイルはスマホ市場で確実に伸びる スマホが安く買える 料金プランも簡単で安い

ワイモバイルは確実に市場で伸びていくと思います。
スマホというのは、日本人はたいていの人が持っています。そのため今の通信費を改善するためにはどうしたらいいのか?ということを考えている人がかなり多いのです。

スマホは家計を逼迫

スマホの利用料というのは、確実に家計費を圧迫していると思いませんか?仮に毎月5000円の支払いと家族4人とかで行うとそれだけで2万円です。1年間で24万円となります。
スマホを利用するだけで毎年24万円も出ていくのです。
やはりいかにスマホの毎月の維持費を下げていくのか?と考える人は多いと思います。
スマホの維持費を下げるということは、非常に重要な課題ではないかと思っています。

特に最近は家計が苦しいという家庭もかなり多いので、スマホの維持費はかなり下げたいと考えている人も多いと思います。
そういう人にとっては、ワイモバイルのスマホはメリットがあるのです。

利用ギガ数を超えても1Mbpsの制限に

こちらがワイモバイルの料金プランですが、赤枠部分を見てもらいたいのですが、利用ギガ数を超えても1Mbpsで通信をすることができるのです。
相当メリットがあるのではないかと思っています。

利用ギガ数を超えるだけの契約をせずに、それなりに通信をし続けることができるということだけでもかなりメリットがあることではないかと思っています。
プランMであれば、そこまで高額な価格ではないので、毎月の維持費を5000円以下に抑えることも可能となっています。

毎月のギガ数を超えないようにセーブしている人も多い中で、超えたとしてもそれなりの通信ができるということだけでもかなりメリットがあることだと思います。

スマホの維持費が5000円以下でそれなりにスマホを利用することができれば、メリットはかなりあるのではないかと思います。

ワイモバイルはスマホが安く買える

ワイモバイルではスマホが安く買えます。

同じスマホであったとしても、他社で非常に高額なスマホも比較的安価に買うことができるようになるのです。
それは相当メリットがあることだと思いませんか?

なぜ安く買えるのか?ということですが、ハイスペックモデルと言われる高額なモデルから一部機能を減らしたり、部材のコストを下げる企業努力により、スマホの価格が下がっているのです。

ワイモバイルのスマホが安く買えるというのは、企業努力の賜物であると思っておいたほうがいいと思いますね。

人によっては安かろう悪かろうと考える人もいるかもしれません。最近のスマホの大半はAndroidと呼ばれるスマホです。
Androidというものは、Windows10などと同じです。Windows10というものはパソコンですが、パソコンでも富士通やNECなどの日本メーカーかつそれのハイスペックモデルであれば、20万円くらいするものもたくさんあります。
それが海外メーカーでスペックを若干落としたものを購入すれば、5万円以下でパソコンを買うこともできるのです。
それでも同じWindowsパソコンなので、パソコンとしての機能は同じです。
高額なパソコンというのは、テレビ機能が付いていたり、処理速度が早かったり、初めからエクセルやワードなどのソフトが付いていることで、高額な価格設定となっているのです。

スマホの世界でも同じことが言えます。

スマホでもAndroidが搭載されているので、ハイスペックモデルいわゆる高価なモデルであったとしても、安価なモデルであったとしても、やれることは同じです。

やれることというのは、ウェブ閲覧、動画サイト閲覧、アプリの利用、カメラなどの機能はすべてのAndroidスマホに搭載されています。

それが安く買えるということになるのです。

ワイモバイルはスマホ市場で確実に伸びる

ワイモバイルはスマホ市場では確実に伸びていくことは間違いありません。

・スマホの価格が安い
・ソフトバンクと同じ回線
・ブランド力が上がってきた
・店舗数が多い
・ネット購入は事務手数料が無料

これらの理由からワイモバイルはどんどん市場価値を上げていっているのです。
その中でも店舗がソフトバンクと共有店舗の店も増えてきたということがメリットかと思います。
店舗が多いということは、それだけ営業をかけられるチャンスが増えてきているからです。

ソフトバンクからワイモバイルにMNPをするという人もかなり多いのです。
通常であれば、ソフトバンクからワイモバイルにMNPをする人はあまりいないと思います。
ソフトバンクショップに行った時に、ワイモバイルのほうが安ければ、魅力的に感じるわけです。
そしてワイモバイルとソフトバンクの間をMNPする人もかなり多いのです。
そうなると同じソフトバンクグループであるソフトバンクとワイモバイルでいったりきたりなんてことも普通にありえるわけです。
そういう人は、ドコモやauに行くことはしません。そのためワイモバイル以外のキャリアに行くことをしなくなるのです。
ワイモバイルより、ドコモやauのほうが毎月の維持費が高いということは、消費者が知っているからです。

iPhoneの発売がある

iPhoneの発売があるということもワイモバイルが人気のある原因の一つかと思います。

iPhoneSEの2世代目の購入も可能となっています。この製品というのは、iPhone11とベースの性能は同じです。
性能が同じなので、まだまだ高速に動作します。
iPhone12の発売が行われましたが、iPhone12は高いので、購入は控えておくという人にとってもiPhone11ベースであるiPhoneSE2はメリットがあるのです。
iPhoneSEは十分使えるモデルとなっています。

同じiPhoneを利用するのであれば、ワイモバイルの電波でもよくないですか?
特別電波が悪いというわけではありません。
ワイモバイルの電波が悪いということは、ありません。

こちらを見てもらいたいのですが、ソフトバンクと同じ回線を利用していることが記載しているページとなっています。
それならiPhoneをソフトバンク回線として利用できているということになると思いませんか?

結果的にワイモバイルは低価格モデルとして、販売されているだけではなく、iPhoneも利用ができる優良キャリアとなっています。

10分の無料通話は魅力的

10分の無料通話ができるということも魅力的ではないかと思っています。
10分だけ?と思うかもしれませんが、たいていの通話は10分以内に終わることが多いと思います。

仕事で利用している人なら10分以上通話をする人も多いと思いますが、プライベートで利用する人なら10分以内の通話でたいていの人が終わるのではないかと思っています。
プライベートで10分以内で通話が終わる人ならそれも利用料金に含まれているのです。
10分以内で終わる人が多い中で、今利用している料金以上がかかることはあまりありません。

10分以内の無料通話をこれからも利用したいという人も多く、他キャリアへなかなか行けないという人もいると思います。
10分の無料通話は本当にちょっとだけ、電話で伝えておかないといけないことがあるという人にとっては、本当にメリットがあることだと思います。

ドコモ、auなどではそのあたりの通話料は、オプションとなっているので、もともとの料金プランに含まれているというだけで、低価格であるということが強調できるのではないかと思っています。