ワイモバイルにドコモがahamoという料金プランを仕掛けてきた ahamoに乗り換えるか?

ワイモバイルという安い料金プランを出している会社があるにも関わらず、ドコモがahamoというプランを出してきたということは、知っていると思いますが、ドコモのahamoというプランはどの程度安いのでしょうか?

そもそもahamoに乗り換える必要はあるのでしょうか?

ahamoってこんなに安い

実はahamoってかなり安いことが判明しました。

月額利用料 2,980円
利用GB数 20GB
20GBを超えた場合の送受信 1Mbpsに制限
SMS 3円/通
音声通話 5分以内無料
5分を超える通話 20円/30秒
利用可能エリア ドコモの4G及び5Gネットワーク

これがahamoの料金プランとなっています。相当安価であることがわかるのではないかと思います。

2980円で20GBまでの通信ができるということで、相当安価ですよね。
それと比較してワイモバイルの料金プランというのは、その程度安価になっているのでしょうか?

ワイモバイルの料金プランは?

こちらがワイモバイルの料金プランとなっています。
これと比較するとahamoのほうが安いことがわかるのではないかと思います。
逆に勝っている部分というのは、10分の無料通話が付いているという部分だけです。
10分の無料通話と5分の無料通話の違いがあるのみです。

こちらが料金プランの説明をしているページとなっています。ワイモバイルの料金プランが出てきた時には、かなり競争力のある価格帯であると思った人も多いのではないかと思いますが、正直なところここまでahamoが料金プランとしていけているので、ワイモバイルユーザーもahamoに乗り換えるということをおこなう 可能性も十分にありえるのです。

それではahamoのメリットに関してお伝えしたいと思います。

ワイモバイルと比較してのahamoのメリット

プランLがahamoとほぼ同じプランになるのではないかと思っています。

プランLと比較した場合、ワイモバイルのプランが勝てているのは、通話10分無料という以外勝てていません。
価格ではかなり大差が付いていると言わざるを得ません。

会社 ahamo ワイモバイル プランL
月額利用料 2,980円 4,680円
利用GB数 20GB 14GB
制限を超えた場合の送受信 1Mbpsに制限 1Mbpsに制限
SMS 3円/通 3円〜30円/通
音声通話 5分以内無料 10分以内無料
5分を超える通話 20円/30秒 20円/30秒
利用可能エリア ドコモの4G及び5Gネットワーク ソフトバンクの4Gネットワーク

これが価格差となっています。各種割引を入れてもワイモバイルとの価格差は埋まらずの状態となります。
正直なところここまでの価格差が出るとは思いませんでした。ahamoがいかに安いのか?ということがこちらで比較してもわかるのではないかと思います。

ソフトバンクからの発表に期待

ソフトバンクからの発表には期待したいところです。ソフトバンクグループの一部であるワイモバイルはソフトバンクグループの低価格ブランドを担っています。
今はソフトバンク、ワイモバイル、Lineモバイルの3社があり、その中でも店舗を持っているのがソフトバンクとワイモバイルとなります。
ソフトバンクは2020年12月時点では新料金プランに関してはまだ静観していますが、料金プランの発表は行われると思っています。
料金プランの発表が行われると、ワイモバイルはかなり魅力的な料金プランを出してくると思われますので、そこには期待したいところですね。

ahamoと同じような料金プランが出来た時のメリット

ワイモバイルにahamoと同じような料金プランが出てきた時のメリットに関してお伝えしたいと思います。
ahamoというのは、店舗契約が出来ません。

店舗契約が出来ないということもあり、すべての契約はネットでの契約となります。

ネットを利用できる人なら全く問題ないかと思いますが、ネットで契約が出来ないという人は、ahamoへの契約を行うことが出来ないのです。実はahamoの最大のデメリットなのです。

ワイモバイルで仮にこれと同じような契約ができるのであれば、ワイモバイルは店舗を持っています。店舗を持っているということもあり、実店舗で同じような契約が可能になるということになります。
実店舗で契約ができるのであれば、ネットを使うのは不安だと思っている人も全く問題ありません。
普通に契約を行うことが可能となります。ネットだけしか契約を受け付けてくれないということは、ちょっと残念な感じですからね。
ワイモバイルで契約ができるようになるとそれが最大のメリットとなります。

ahamoへのMNPのメリットが読めない

今の時点ではahamoへのMNPのメリットを読むことが出来ません。
ahamoへのMNPでメリットを読むことができれば、MNPをするほうがいいのか、ワイモバイルへの機種変更もしくはMNPのほうがいいのかは検討する必要があるのではないかと思っています。

基本的にMNPのほうがメリットが大きいので、私はワイモバイルへのMNPを行うほうがメリットがあると思っています。
ワイモバイルというのは、基本的にMNPでもかなり安価に購入することが可能となっていますので、検討するなら確実にそちらを検討するほうがメリットは大きいと思います。

ahamoのメリット・デメリットまとめ

こちらにahamoのメリットとデメリットをまとめた記事がありますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。
本当にどちらがメリットが出てくるのでしょうか。
ソフトバンクグループとして料金の発表はいつ行うのでしょうか?

どちらかというとそちらのほうが気になりますね。
今のところ価格だけで見るとahamoのほうが確実にメリットがありそうです。
とはいうものの、ahamoからどのようなモデルのスマホが販売されるかはわかりません。
おそらく低価格モデルになると思われますが、そのあたりどうなるのでしょうか?

ahamoはサブブランド扱い

ahamoは基本的にサブブランド扱いになると言われております。サブブランドであれば、ソフトバンクから見た時のワイモバイルと同じ立ち位置となります。
立ち位置としては、サブということになりますが、同じドコモ回線ということになりますので、回線品質はドコモ回線ということになります。

ソフトバンク回線を利用するワイモバイルでは、都心部はかなりオススメです。
都心部ではワイモバイルの回線というのは、非常に通信速度も早くかなりメリットがあると思います。

ただし通信制限などはおそらくかけてこないのではないかと思っています。ベースはドコモと同じとなるため、わざわざ通信制限などはかけてこないと思います。
実際にワイモバイルも通信速度制限になることはありませんので、キャリアのサブブランドだったとしてもあまり気にすることはありません。
気になるのは格安SIMブランドとの比較ということになります。
格安SIMブランドであれば、12時〜13時の間などは通信制限になることも結構多いようです。

利用している人が多い時間帯には通信制限がかかるということは普通におきるわけです。

LINEMOというものも出てきた

LINEMOと呼ばれる料金プランも出てきました。

こちらがLINEMOと呼ばれる料金プランとなっています。こちらの料金プランであれば、かなり安価に維持することが可能になるかと思います。
ただ家族複数台が契約することで、本当にメリットのある料金プランになるのか?と言われると少し疑問に感じる部分もあります。

それでも基本的にはLINEMOという料金プランというのは、お得に契約することが可能となっています。

ワイモバイルを利用する人の中には20GBにこだわらずに契約をする人というのも結構多いのです。ワイモバイルは安価な契約が可能となりますので、ワイモバイルのほうが毎月の維持費を家族全体で見た時には抑えることが可能なケースも結構あります。

LINEMOが出たからといって、全員が乗り換える必要はありません。家族全体の契約や家族全体でどれくらいのGB数を利用しているのか?ということを確認してから契約しても遅くはないと思っています。
ワイモバイルは複数契約をするだけで、結構お得に契約が可能となっていますので、一度家族全体で契約を見直すということも重要なことなのではないかと思っています。

スマホの利用は個人で利用するものですが、契約は家族全体で行うものということを考えると、ワイモバイルのほうが安くなる可能性が高いということは認識しておいてもいいのかもしれませんね。

料金

Posted by ymobile