ワイモバイル iPhone7 アイフォーン7 スペック レビュー 価格 オススメ 値段は?

ワイモバイルから発売されているiPhone7の情報をお伝えしたいと思います。

iPhone7は長きに渡り販売されている機種だと思います。さすがiPhoneシリーズといったところでしょうか。iPhone7はワイモバイルからまだ継続的に販売されるでしょう。

現在ワイモバイルではiPhone7の緊急値下げが行われており、2019年12月以降かなりお得に購入することができる様になりました。

iPhoneシリーズというのは、初めてワイモバイルから発売されたときは、喜んだ人も多いと思います。現状では最新のiPhoneの発売はありませんが、旧モデルのiPhoneの発売というのは、ワイモバイルから行っております。iPhoneの場合旧モデルといっても、最新のOSにアップデートすることもできるため非常に人気の高いガジェットとなっているのです。

3月に入ると学割のシーズンとなり、iPhone7がかなり売れるでしょう。

それではワイモバイルから発売されているiPhone7のスペックをお伝えしたいと思います。

ワイモバイルでは新規MNP時に14400円割引で購入できる

ワイモバイルで値引きのキャンペーンをしています。


メリットがあるかと思いますので、ぜひ検討してもらいたいと思います。

こちら上記のリンク先を見てもらいたいのですが、iPhone7もさらに低価格で販売されています。かなりメリットがあると思いますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

ワイモバイルから発売されているiPhone7のスペック

機種 iPhone7
大きさ 138.3×67.1×7.1mm
重さ 138g
OS iOS12
CPU A10
RAM 2GB
ROM 32GB
画面サイズ 4.7インチ
解像度 1334×750ドット 326ppi 1400:1コントラスト比(標準)
カメラ 1200万画素/500万画素 F値1.8
カラー ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック
対応バンド FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、27、28、29、30)
TD-LTE(バンド38、39、40、41)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
その他 Touch ID指紋認証センサー,気圧計,3軸ジャイロ,加速度センサー,近接センサー,環境光センサー

カメラ機能

光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュ
パノラマ(最大63メガピクセル)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
手ぶれ補正機能を使ったLive Photos
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
強化されたローカルトーンマッピング
人体検出と顔検出
露出コントロール
ノイズリダクション
写真の自動HDR
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付

ビデオ機能

4Kビデオ撮影(30fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍光学ズーム、6倍デジタルズーム(iPhone 7 Plusのみ)
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
人体検出と顔検出
ノイズリダクション
4Kビデオの撮影中に8メガピクセルの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付

前面カメラ FaceTimeカメラ

1080p HDビデオ撮影
Retina Flash
ƒ/2.2の開口部
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
自動HDR
裏面照射型センサー
人体検出と顔検出
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード

こちらが大まかなスペックとなります。それではスペックの中身の詳細に関してお伝えしていきましょう。

iPhone7のカメラ

やはりiPhoneといえばカメラ性能に関して、知りたいと思う人も多いと思います。

iPhone7のカメラの能力に関してお伝えしていきたいと思います。カメラの基本性能が前モデルのiPhone6sと比較してもかなり上がっています。

All-new 12MP camera
Optical image stabilization(光学手ブレ補正)
f/1.8 aperture(絞り値1.8)
Six-element lens(6素子レンズ)
High-speed sensor(60%高速に電力効率は30%アップ)
Quad-LED True Tone flash(フリッカーセンサーが50%以上増加)
Apple-designed image signal processor(画像信号プロセッサー)

こちらはWWDCよりピックアップした性能となります。それでは一つずつ見ていきましょう。

カメラは1200万画素のカメラとなっており、2019年現在も画素数は1200万画素と変更はありません。このあたりの情報というのは、iPhone7が発売された当時の情報となっています。

2019年時点でもXPERIAシリーズやGalaxyシリーズでも1200万画素のカメラがメインとなっており、カメラは画素数が高いから一概にはいいとは言えません。海外メーカーでは1億画素を超えるモデルの販売も行われていますが、世界的なハイスペックモデルと言われるものでは、1200万画素クラスがスタンダードなようですね。XPERIAも一時期2000万画素を超えていましたが、今は1200万画素に落ち着いています。

iPhoneに関しては画素数をあげずに今までその画素数を継承しているということは、ある意味先進的であるとも言えるかと思います。基本的にカメラの性能というのは、カメラ本体の画素数以外の要素で決まることもかなり多いわけです。画素数だけで決まるのであれば、画素数が高いカメラが絶対にきれいということになりますが、実際はそんなことはありません。

カメラというのは、複合的な要素すべてが重なり、きれいな写真を撮影することができるのです。iPhone7はすでにかなりきれいな写真を撮影できるだけの能力を保持しているのです。

光学手ブレ補正

iPhone7には光学手ブレ補正が付いています。

Optical image stabilizationと呼ばれるものとなります。光学手ブレ補正が付いたことにより、いわゆる手ブレがかなり軽減されます。
電子式の手ブレ補正などはありましたが、光学という部分ではかなりいいと思います。

iPhone6sPlusのみにこの光学手ブレ補正が付いていましたが、iPhone7といういわゆるPlusモデルではないモデルにもこの手ブレ補正が付いたことがかなり評価できるのではないかと思います。

こちらの光学手ブレ補正というのは、内部のジャイロセンサーが傾きを検知し、補正用レンズがブレを補正するという役割を担っています。本当にこのあたりの機能が付いているというだけで、かなりきれいな写真を撮ることができるようになるかと思います。光学手ブレ補正がスマホに付く時代が来るとは本当に思いませんでした。それこそ普通のカメラにだけ付く機能かと思っていましたが、光学手ブレ補正がついたことにより、相当きれいに写真を撮影することができるようになりました。

手ブレ補正機能というのは、本当にあると助かる部分が多いです。暗い部屋などでは、手ブレをするとどうしてもきれいに撮影することができません。それが暗室でも手ブレ補正機能があれば、それなりにきれいに撮影することができるようになります。この手ブレ補正機能はハイスペックモデルのスマホにはたいてい付いていることが多いわけですが、かなりオススメです。

iPhone7のF値は1.8

F値というのは絞り値と呼ばれるもので、この数値は1.8です。この数値が低いほど暗い場所できれいに撮影することができるようになります。レンズに光を集める能力のことで、1.8というのは、当時かなり低い値でした。

iPhone6のF値が2.2だったため、それと比較すると50%程度光を集めることができるものとなっていたようですね。

2019年になり、機種によっては1.4や1.5などという、さらにF値が低いカメラ性能を持つスマホの販売もありますが、2016年当時では十分だったと思われます。カメラの性能を見る上でもこのFの値というものは参考にしてもいいのではないかと思います。暗い場所で撮影する機会というのは、あまり想定していない人もいるかと思いますが、室内など日光がそこまで当たらない場所での撮影はこのF値が低いほうがいいケースが多いです。

1.8ならかなり暗い場所でもきれいに撮影することができるでしょう。それだけiPhone7はカメラのレベルを上げたということになります。カメラの性能というのは、このF値の要素でも決まるわけです。

F値が低いほうが暗い場所での撮影には向いているといわれており、iPhone7くらいのカメラ性能なら暗い場所での撮影でもそれなりにきれいに撮影することが可能です。基本的にはカメラというのは暗い場所での撮影というのは不得意なのですが、iPhone7ならそれなりにきれいに撮影してくれるでしょう。

6素子レンズ

iPhone7のレンズは6枚のレンズ構成になっています。iPhone6では5枚の素子レンズだったため、1枚レンズが増えたことになります。複数のレンズを搭載することにより、異なるレンズが異なる動きとなり、最適な写真として合成するわけです。

レンズの数が多いと必ずしもいいわけではないかと思いますが、レンズの役割を細分化するため、よりいい写真を撮ることができる様になる可能性があります。レンズが複数存在することで、最適な写真を残す事ができるようになります。当時はこれが最新式のカメラとなっています。2019年でも十分通用するカメラだと思います。

ハイスピードセンサー

iPhone7のカメラは100億もの計算を0.025秒で処理することが可能となっています。

先程6つのカメラの役割をお伝えしましたが、この異なる役割に関して、一瞬のうちに最適な写真にするような技術を搭載しているのです。これはCPUで処理を行うわけではなく、カメラ用の別センサーで処理を行います。そのためCPUに直接負担をかけるわけではありません。

最適な写真を表示するために一瞬で様々なことをしているというところが本当にすごいと思います。相当能力は高いですね。処理能力が高いということは、それだけ瞬時に一番最適な撮影を行うことができるということになります。カメラはレンズの性能がすべてだと思っている人もこのようなセンサーが付属しているというだけで、いかにiPhoneがカメラに力を入れているのかということがわかるかと思います。

クアッドLED

カメラのLEDフラッシュがクアッドいわゆる4つ搭載されています。

またこのフラッシュは発光量がiPhone6sと比較しても50%向上しています。LEDフラッシュは時と場合によっては、非常に便利なものとなります。また懐中電灯代わりにもなるため、暗いよりも明るいほうがいいと思います。

このあたりの性能が向上しているというところは、細かい部分でありながらも嬉しいことですよね。

LEDが明るいということもあり、夜間の写真撮影時には非常に役立つでしょうね。フラッシュがあれば本当に便利です。本当のカメラほど明るくなるわけではありませんが、写真撮影時にLEDフラッシュが立ち上がればかなり明るく撮影することができるのです。本当にスマホがあればカメラ要らずかと思います。当然ながらこのクアッドLEDを利用して、懐中電灯アプリなどを利用すると、本当の懐中電灯のように明るくなります。

iPhone7のOS

iPhone7のOSは2019年の時点でiOS13までアップデートすることが可能です。最終的にはiOS15くらいまで対応することができるのではないかと思います。

iPhone6までがiOS13の対象外となってしまいました。現状から考えるとiOS13までの対応はiPhone6sとなるのではないかと思います。それならiPhone7はiOS14までの対応と考えることが自然でしょう。

iOS13の時点でダークモードなどの新しい機能が搭載されております。ダークモードのテーマを利用することで、消費電力を抑える効果などもあり、かなり期待できるかと思います。

iOS14の発表は2020年に行われると思われますので、それから1年はiOS14を継続するでしょう。2019年時点ではiOS13が発表されたばかりなので、2年は最新のOSを楽しむことができると思います。

最新のOSを利用できないリスクというものはいくつかあります。例えば最新のOSが利用できないことにより、ウィルスの危険性に侵される可能性もゼロではありません。ただしそもそもiPhoneは基本的にAPP Storeからでないとアプリのダウンロードを行うことができません。そのためAPP Storeは基本的に安全であるということを考えると、そこまで気にすることはないかと思います。

気になるのはウェブからのマルウェアの混入ですが、iPhoneはそれなりに守られた環境となっており、ウィルス対策ソフトも基本的にないことから、あまり気にすることはないかと思います。OSは最新にはなりませんが、2019年に購入したとしても納得行くまで利用できると考えてもいいかと思います。

その納得行くまでというのは、人によってマチマチかと思いますが、3年くらいは使っても全く問題ないと思います。
ワイモバイルで発売されている機種というのは、基本的に最新のOSへアップデート出来る機種が主体となっています。iPhone7もそうですが、Android Oneシリーズに関しても最新のOSへアップデート保証をある程度行ってくれている機種となります。最近は36回払いがメインとなっており、基本的には36回いわゆる3年はスマホを維持していくような風潮に変わってきましたが、iPhoneはかなり長期間利用することの出来るガジェットとなっており、最新のOSへアップデート出来るというところも非常にいいのです。
個人的にはiPhoneとAndroid Oneというのは、そういう意味でのコンセプトは同じなのではないかと思っています。

iPhone7のレビュー

iPhone7は現状最新のOSにして私も利用しています。

普段使いは最新のiPhoneなので、iPhone7はたまに動画を見るレベルですが、動作速度などは十分です。

ホーム画面を左右に動かしても遅れなどはほとんどありません。かなりオススメできます。

画面の見た目も液晶ですが、正直なところ有機ELと比較しても、私の目では違いはわかりますが、どう違うのか?と言われてもあまり違いがわかりません。

上記でカメラ性能に関してお伝えしておりますが、当時のカメラとしては十分だと思います。さすがに最新のiPhone11などと比べるとイマイチかもしれませんが、それと比べることをしないのであれば、十分ではないかと思います。

カメラ性能を意識して購入するのであれば、最新モデルのほうがいいのかもしれませんが、そこが気にならないというのであれば、十分かと思います。

明るい場所で写真撮影するのであれば、十分だと思います。

トータル的にみて価格も安価なもので十分だという人ならいいかと思います。日本ではドコモもiPhone7を継続販売しているということもあり、iPhone7はまだ日本国内では普通に販売されているモデルということを考えると、かなりオススメできるモデルなのではないかと思います。

画面などの見た目に関しても特に申し分はありません。iPhoneXから有機ELを採用しましたが、有機ELではない画面ということでもあまり気にならないと思います。基本的にはiPhone7の画面でも全く問題ないと思います。有機ELのほうがいいということはある意味神話にしか過ぎません。普通の液晶と有機ELとの違いを見ただけで判断出来ることはほぼありません。iPhoneが有機ELを採用しはじめたことにより、有機ELはいいとなんとなく信じている人がいることも事実ですが、実際にはそこまで気にすることもないかと思います。有機ELというのはブランド化されているということになります。

TouchIDがかなりありがたい

iPhone7ではTouchIDを利用して画面ロック解除を行います。

TouchIDというのは、指紋認証機能となっており、非常にメリットがあります。指紋認証機能が利用できるのは、iPhone8までのiPhoneです。それ以降に発売されているiPhoneは残念ながらTouchIDを利用することができません。指紋認証できるiPhoneのほうがなぜいいのか?ということですが、指紋認証できるiPhoneというのは、指の指紋さえくっつければロック解除されるのです。なぜそれが便利なのかということですが、やはりマスクをする機会の多くなる冬の時期はFaceIDでのロック解除を行うことができません。そういうこともあり、ロック解除を行うということは、毎日の作業となり、ロック解除のたびに毎回マスクを外すという作業をしなくてはいけません。

それがiPhone7の場合は必要がないのです。当然ながらiPhone8でも同様にその必要はありません。それがなんといってもかなりメリットがあるかと思います。TouchIDというのは、画面ロック解除としては非常に便利な機能の一つとなっているのです。そのTouchIDが採用されているiPhone7というのは、恐らくそろそろ販売が終了する可能性も十分にありえるわけです。そういうことから、TouchIDを採用している機種を購入するのであれば、やはりiPhone7をオススメしたいですね。

iPhone7の価格

機種代金(定価):32GB 54,000円 / 128GB 64,800円

定価はこの価格ですが、ワイモバイルストアから購入すると割引購入することができます。

そのため安価に購入することができます。

機種変更時:46,800円〜
新規及びMNP時:39,600円〜

この価格で購入できるのであれば、いいと思いませんか?容量は128GB欲しいところですが、32GBでもサービスをうまく利用することができれば、32GBでも足りる可能性は十分ありえるかと思います。価格はかなり安価に抑えられているかと思います。それでも悩ましいところは最新のiPhone11やiPhone8との価格バランスですよね。

2019年11月末から緊急値下げが行われましたので、新規及びMNPなら30240円〜購入が可能となります。

後何万円か足せば、最新のiPhone11の購入ができる・・・と思っている人もいるでしょう。確かにそのように声はあります。そのあたりは十分悩んで購入してもいいのかなとも思いますね。最新のiPhoneにこだわりのない人ならこちらのiPhone7でも十分かと思います。

せっかくなら価格を抑えたいところなので、32GBでもいいのかもしれませんね。

ポイント
・iPhone7はワイモバイル回線とセットなら安く買える
・ワイモバイル回線はソフトバンクと同じのため速度低下なし
・iPhone7は最新のOSまでアップグレード可能
・学割が始まればiPhone7を学割で購入できる

このようなキャリアというのは、他にはないかと思います。そういう意味でもiPhone7は非常にメリットいわゆるオススメできるモデルかと思いますね。ポイントとしてはiPhoneをドコモ,au,ソフトバンク以外のキャリアで利用するメリットというものは本当にすごいと思います。3年前に販売された機種が現劇で販売されていることもすごいことなのですが、それを安価な回線を利用して使うことができるということもかなりのメリットではないかと思います。


こちらが学割となっています。学割のメリットというのは、とにかく維持費も含めて安価に持つことができるということです。
学割今回の学割というのはプランMが非常にメリットがあるかと思います。プランMを1480円という非常に低価格から維持することができるのです。
そこまで低価格ならありではないかと思います。
学割を利用できる期間というのは、非常に長くなりました。クリスマスのタイミングで学割を利用して新しいスマホを購入してあげるということもかなりオススメではないかと思っています。
せっかく利用するならiPhoneがいいというお子さんもかなり多いのではないかと思います。
iPhoneは他のAndroidと比較しても長期間利用することができる機種です。その理由というのはOSアップデートの期間が他の機種と比較して長期間に及ぶことが挙げられます。
他の機種よりも長期間利用することができるという意味ではiPhoneの魅力を感じることができるでしょう。今これから新学期に入ったとしても3年は同じ機種を利用し続けることができるのかもしれませんね。

家族全員で加入することにより、さらに恩恵を受けることが可能です。家族も同様に学割の恩恵を受けることができるようになるからです。

学割なら12GB利用することができるので、かなりのコンテンツを楽しむことが可能となっているのです。動画なども大きく問題になることはないでしょう。たまに外出先で動画を見たところで、気にするレベルではありません。学割が利用できるタイミングで申し込むことをオススメしたいですね。それにしても12GBも利用できるということは、本当にワイモバイルはすごいですね。それで居ながら最低価格は1480円〜ということになっていますので、学割がどれだけ美味しいのかわかるかと思います。学割の時期を狙って購入したくなりますよね。当然といえば当然のことでしょうね。

2020年1月時点ではiPhone6sとiPhone7しか購入できない

現在ワイモバイルではiPhone6sとiPhone7しか購入することができません。iPhone6sの発売日は2015年となっており、今この記事を執筆している時点からするとすでに4年経過している機種となります。iPhone7は2016年なので3年経過している機種です。さすがにこのタイミングでiPhone6sの購入はないかと思います。せっかく購入するのであれば、iPhone7の購入がいいと思います。iPhoneという選択肢が2機種しか選択できないのであれば、安価になったiPhone7の購入は非常にメリットがあるかと思いますね。iPhoneが好きではないと言う人もいるかもしれません。その人なら別の機種を所持すればいいのではないかと思っています。iPhone7以外の機種でもいい機種はいろいろあります。
Xperia 8などもワイモバイルからは購入することができますので、そういうAndroidの選択でもいいかと思いますね。基本的には、ワイモバイルではAndroidに強いという印象ですね。

iPhoneを買って毎月の維持費を抑えたいと思っても、最新のiPhoneの購入をワイモバイルから行うことはできません。iPhone7で大丈夫なの?と思うかもしれませんが、OSは最新になるのです。そのため正直なところあまり心配していません。最新のOSへ変更できるだけでなく、普通に考えるとiOS14へのアップデート行うことが可能になるかと思います。iOS13の時点ではiPhone6へのアップデートがおこなわれません。iPhone6sはiOS13へのアップデートは可能ですが、iOS14は厳しいかもしれません。それならiPhone7の購入がオススメになってくるわけです。最新のOSへのアップデートがある程度保証されているiPhoneというのは、非常に素晴らしいガジェットということになるのです。

iPhone8などの後継モデルの発売があるのか

今後iPhone8などの後継モデルの発売はあるのでしょうか。iPhone8はかなり人気機種となっており、かなり販売台数も伸ばしています。それでもiPhone8は今後どう伸びていくのでしょうか。一応キャリアとしては一段落が付いたという感じかと思います。2020年4月にiPhoneSE2 の発売も控えておりますが、ワイモバイルからの発売はないと思います。

ワイモバイルから発売されるのは、順当にいけばiPhone8となるのではないかと思っています。iPhone8は今後ワイモバイルではかなり販売台数を伸ばしていくでしょうね。iPhone8なら来年のOSアップデートまで利用することができますので、まだまだ利用できるという印象です。やはり長いあいだ利用できるOSというのは、これから先も販売台数を伸ばしていくのではないかと思っています。
iPhone8が発売開始されるとまずはiPhone6sの発売がなくなるのではないかと思います。
iPhone6sはさすがにもうかなり古い機種となっています。iPhone6sでも十分なのかもしれませんが、やはり古い感じもかなりあるかと思います。
iPhoneにこだわりがある人は少しでも新しい機種を購入するほうがいいでしょう。
iPhone8はまだ大手3社から発売されているので、まだもう少し難しいのではないかと思っています。