ワイモバイル 5Gに対応はいつになるのか 使えるスマホやiPhoneの発売はあるの?

ワイモバイルのスマホを利用していて気になるのは、今後ワイモバイルは5Gに対応するのかどうなのかというところです。
そもそも5Gということを知らない人も多いと思いますので、5Gに関してお伝えしてしておきましょう。

そもそも5Gってなんなの?

「5G」とは第五世代移動通信システムの略称で、携帯電話などの通信に用いられる次世代通信規格のひとつです。Gとは「Generation」の頭文字をとったものであり、5世代目であることを表しています。
2015年9月に国際電気通信連合(ITU-R)が発行した小冊子に初めて5Gの性能要求が記載され、その後PCG(Project Co-ordination Group)の配下にある3GPP※という組織によって5Gは定義されました。ちなみに、2017年2月には5Gのロゴも3GPPから発表されています。
※3GPP:3rd Generation Partnership Projectの略称。通信方式の仕様を標準化するプロジェクトのこと。
また、コミュニケーションの世界においてあらゆるもの同士がつながり、リアルな世界とサイバー空間が融合するSociety 5.0という考え方があります。これまでの社会は、インターネット空間にある情報やデータを人が入手し、人の手によってさまざまな処理が行われてきました。しかし、Society 5.0が実現すると、インターネット上にある膨大なデータをロボットやAIなどが自動的に処理を行い、人の手を必要とする作業が大幅に低減されることになります。
ビッグデータとAI、IoTなどを活用してSociety 5.0を実現することによって、自動車や自操する機械などの自動運転技術の実現や少子高齢化の問題、経済的格差の是正など多くの社会問題を解決できると期待されています。5GはまさにこのSociety 5.0を実現するうえで必要不可欠なテクノロジーです。

引用元:https://iot.kddi.com/5g/
こちらからの引用分ですが、第5世代の通信システムということになります。2020年時点で利用されている通信システムは4Gとなり、第4世代通信システムということになります。
4Gから今後は5Gに変わっていくわけですが、5Gになると4Gの100倍の通信速度になると言われており、今後不可欠な通信手段になるとも言われております。
この5Gが普及することにより、一瞬でデータ伝送を行うことが出来るため、上記にも記載の通り、自動車の自動運転などの是正が可能になると言われております。
通信速度が早いということは、高画質な映像をリアルタイムに多拠点に転送することも可能となっており、これに伴い様々な利用シーンというものが、出てくることが予想されております。

4Gの100倍の通信速度といってもピンとこないかもしれませんが、2時間のビデオが3秒でダウンロード出来るくらいの速さといえば、かなり高速なことが理解出来るかと思います。

5Gは端末の整備も必要?


5Gというのは、スマホ側の整備も必要となります。5G通信が出来るスマホが必要になるのです。現在ワイモバイルから発売されているスマホというのは、4Gに対応しているものばかりです。
そのため今のスマホを利用し続けた場合、残念ながら5Gの通信を利用することはできません。
まずは5Gに対応するためにはワイモバイルから発売されるスマホが5Gに対応している必要があるのです。
5Gに対応している必要があったとしても、5Gのスマホの発売はいつ行われるの?と思うかもしれませんが、今の時点ではワイモバイルから発売されるかどうかもまだ未定です。
実はこの5Gに対応するかどうかということも重要なのですが、スマホ側が5Gに対応しているかというところも重要になってきます。
5G対応のスマホは2020年の1月現在、日本のキャリアモデルからの発売はまだ行われておりません。
一部テスト機という形で、世の中には5Gのスマホは出回っておりますが、基本的には一般消費者の元へはまだ出回っておりません。
そういうことからまだ2020年の時点では世の中の人に普及はほとんどしていないということです。

ワイモバイルでの5Gはありえるのか


ワイモバイルはソフトバンクの回線を利用しています。ソフトバンクは当然ですが、5Gに近々対応する予定になっています。当然ながら5Gに関わる許可もすでに取得済となっています。そのためワイモバイルはその回線を利用することから、5Gへの対応はソフトバンクと同じレベルで敷設されていくものと思われます。
ただし先程お伝えした通り、ワイモバイルから対応の端末が販売されないと厳しいという現実があるわけです。
またSIMの変更も必要となります。そのためワイモバイルから対応のSIMが発行されない限りワイモバイルの回線を利用することはできません。
今の段階ではワイモバイルは5Gに関して特に何も謳われていないため、現時点でワイモバイルに5Gがやってくるのかと言われるまだ当分来ないでしょうね。
それでも2021年以降になると敷設率も上がってきていると思いますので、ワイモバイルからのサービス開始は2021年か2022年かという形になるのではないかと思います。

ソフトバンクも5Gを発表

ワイモバイルの親会社にあたるソフトバンクも5Gに関して発表を行いました。ソフトバンクグループとして5Gができるということになります。ワイモバイルはそのソフトバンクの回線を利用することで5Gに対応することが可能となるのです。

とはいうものの5Gのエリアはまだ非常に少ないです。

渋谷センター街
新宿歌舞伎町
原宿竹下通り
大阪/天王寺
札幌/すすきの

繁華街ではまだこの程度しか5Gの対応が進んでいません。これから進むことを期待したいですが、いつ頃になれば、全国的に5Gが繋がるのでしょうかね。
早く高速通信を楽しみたいと思っても、まだまだ高速通信を利用することができません。高速通信を利用する上で、便利なことは、やはりすぐにネットに繋がるということでしょう。4Gでも正直なところそこまで遅いと思ったことは最近ありませんが、さらに高速になれば、かなり楽しみですよね。

スマホ本体価格が高額になる問題

5Gに対応したスマホを販売するとスマホの本体価格は高額になります。スマホの本体が高額になるとワイモバイルのコンセプトからするとずれてくるのです。しかしながら世の中で5Gが当たり前になってくると5Gを搭載した端末の価格も下落してくることは間違いありません。下落することで、ワイモバイルからも発売される可能性が増えてくるわけです。

ミドルレンジに5Gが搭載される頃にワイモバイルから発売されるようになると思われます。ミドルレンジというのは、5万円前後くらいが本体代金になった頃ではないかと推測できます。2020年の時点では5Gに対応しているスマホの価格は恐らく10万円を超えてくるレベルのものが多いのではないかと思っています。10万円を超えるようなモデルはワイモバイルから発売されることは今のところないと思いますので、5G対応スマホというのは、2020年の時点では販売されることはありません。

やはり2021年後半から2022年あたりになると5Gの部材コストも下がってくると思われます。ミドルレンジのCPUに標準モジュールとして5Gが埋め込まれるようになりだしたら、それがワイモバイルが発売するタイミングです。海外で発売されている5Gのスマホであったとしても、それなりの高額な機種となりますので、今までのワイモバイルの販売実績からすると、やはり高額機種での採用はなく、ミドルレンジクラスということになります。

恐らくはじめはAndroid One Xシリーズから発売されるのではないかと思います。Android One Xシリーズはハイスペックなスマホを多く発売しています。Sシリーズは価格が安価なこともあり、5G対応になるのは、まだまだ先の話になるでしょうね。それこそ2023年あたりにならないとSシリーズから5G対応のスマホが発売されることはないでしょう。やはり初めにXシリーズから発売されるのではないかと予想します。スマホの価格が高額だとそれはもうワイモバイルではありません。ソフトバンク回線を利用して、ソフトバンクと契約したほうがいいということになります。