ワイモバイル iPhone専用SIM n141をAndroidやソフトバンクのiPhoneで利用する方法


ワイモバイルから発売されているiPhone専用SIMがあることを知っていますか?通称n141と呼ばれるSIMがワイモバイルには存在するのです。
専用SIMが存在するということ自体知らない人も多いと思いますが、ワイモバイルのiPhoneを購入すると挿入されているSIMというのは、n141と呼ばれるSIMです。
それではこのn141と呼ばれるSIMを挿しているiPhoneが故障などをした場合どうなるのでしょうか?iPhoneは絶対に潰れないという保証はありません。基本的に落下などをしない限り潰れないとは思いますが、それでも万が一故障などをした場合どうなるのでしょうか?

ワイモバイルのiPhoneのSIMはワイモバイルから発売されているiPhoneでしか利用できない

ワイモバイルのiPhoneに挿してあるSIMはn141と呼ばれるSIMとなっており、そのままでは他社で利用することはできません。そのため、n141を手に入れた場合というのは、通常はワイモバイルから購入したiPhoneのみでの利用となります。そんなことは嫌だという人もいるかもしれません。iPhoneを購入したけどSIMフリーのiPhoneで利用したいという人もいるかと思います。そういう人にとっては、辛いことではないかと思います。

実際のところワイモバイルで利用しているiPhoneをSIMフリーで利用したいというニーズというのは、どれくらいあると言われると微妙な感じもしますが、SIMの差し替えというニーズはそれなりにあると思っています。

ワイモバイル用のn141SIMをSIMフリーのiPhoneで利用出来る

https://private.aseinet.com/?page=ios/ios-profile&sub=ios
こちらのサイトはiOS用の構成プロファイルを作成してくれるサイトとなります。
iPhoneを利用する場合というのは構成プロファイルというものが必要となります。
上記のリンク先のサイトにn141のSIMを挿した状態で、Wi-Fi接続したiPhoneでアクセスしてください。
【一覧から選択 / You can select from the list】
こちらから対象のプロファイルを探します。

こちらから「JP /Y!mobile /iPhone契約(n141)」を選択します。

そして「自動入力AUTOMATIC INPUT」を押下します。すると下の図のようにAPNが自動的に入ります。

そしてこちらにプロファイルを作成というボタンがありますので、そちらを押下します。するとプロファイルのインストール画面に進んでいきますので、そちらからインストールを行っていくことが可能となります。
n141のSIMを手に入れてもワイモバイルで販売された以外のiPhoneを利用しようと思っても利用できない人はこちらを試してみることをおすすめします。

Androidで利用できるAPN

n141 APN
APN名称 任意の名前
APN kqtqjs
ユーザー名 tnsrknk
パスワード cmtknrn
MCC 440
MNC 20
認証タイプ PAPまたはCHAP
MMSC http://mms-s
MMSプロキシ andmms.plusacs.ne.jp
MMSポート 8080
APNタイプ default,mms,supl,hipri

こちらがAndroidで利用できるAPNとなっています。n141のSIMをAndroidスマホに挿して利用するのであれば、こちらを設定する必要があります。
ただしAndroidスマホにこのSIMを指してもテザリング機能は有効になりません。それが一番の難点ですかね。
もともとiPhoneはテザリング機能は無料で楽しむことができます。それができないということは少し残念ですが、通常ありえない利用方法となっているので、仕方ないことかもしれません。

ワイモバイルのSIM単体契約がオススメか

ワイモバイルから発売されているiPhoneのSIMはこのように癖があるので、そのまま利用することはできません。このSIMを利用するメリットがないと考え、SIMフリーのiPhoneを利用するのであれば、SIM単体で契約するほうがメリットがあるのかもしれませんね。

SIM単体契約というのは、基本的に端末の購入を含まないので、そこまで美味しい契約になるということではありません。それでもSIM単体契約のほうがトータル的なメリットはかなりあるのではないかと思っています。

ワイモバイルならネットからでもSIM単体の契約が可能となっていますので、SIM単体での購入を検討するほうがいいでしょう。

SIM単体であれば、設定等で悩むこともありません。普通に契約することができるわけです。SIM単体での購入を検討することをオススメしますね。

ワイモバイルから発売されているiPhone

現在ワイモバイルから発売されているiPhoneとなっていますが、iPhone7の人気はかなりのものです。とにかく価格が安価でありながら毎月の維持費も非常に安いのです。iPhone7を利用し続けるのであれば、特にこの手順を行う必要はありません。普通にiPhone7を利用することが可能となります。
iPhone7の人気というのは、2020年時点でも最新のOSへのアップデートが可能ということです。最新のOSへアップデートが2016年に発売されたモデルでも可能ということになります。これだけでもかなりすごいことかと思いますね。iPhone6sもワイモバイルから発売されておりますが、iPhone6sも最新のOSにアップデートすることが可能です。
2020年にはiOS14の発表も行われると思われますが、iPhone7はiOS14でも恐らく利用することが出来ると思います。
iPhoneを利用するメリットというのは、最新のOSを長きに渡り利用することが出来るというところが最大のメリットだということです。

また今回の施策に関してですが、買ったときのSIMを利用し続けるというところが一番のメリットではないかと思っています。買ったときのSIMを利用することが、一番カンタンではないかと思います。基本的にSIMの交換というのは、リスクの伴う作業となっています。それがそもそも通信ができないかもしれないというところがあるからです。

ワイモバイルの専用SIMは一番安価なiPhoneを買うことで手に入れる

ワイモバイルの専用SIMというのは、一番安価なiPhoneを購入することで手に入れましょう。将来的に別のiPhoneに挿すことを考えて、このSIMの運用はこうなるということを知っておくほうがいいと思います。
ワイモバイルでは安価なプランがあり、他社よりも安い料金となっているため、SIMだけ手に入れたいという人もかなり多いはずです。
ただしSIMだけ手に入れるよりも端末とセットで購入し、端末を売却するという手法を取る人もいるため、残ったSIMの使いみちとして、このような利用方法というものがあるのです。
SIMを利用する上で注意する必要があるのが、今回紹介したAPNなどの設定となります。APNの設定がないと通信することができません。
通常であれば、ワイモバイルのiPhoneを購入したらそのまま利用し続ける人が多いと思いますが、別の運用方法を取りたいという人も出てきて当然ですからね。
基本的にSIMというのは、他の機種に挿して利用しても問題ありません。
それでもしかるべき設定をしないと通信をすることができないということは覚えていく必要があるかと思います。
毎月の料金を抑えるすべの一つとして、ワイモバイルのSIMがあるわけですが、今回紹介した内容というのは結構イレギュラーな内容となります。
また上記でも記載の通り、Androidで設定をしたとしてもテザリングができないため、テザリングを利用したい人はこのSIMは利用すべきではありませんよね。ワイモバイルのSIMはインターネット共有いわゆるテザリングが出来るというところも非常に魅力的な部分となっていますので、その部分が封じられているというこのSIMは正直なところ使いみちはあまりないかもしれません。それなら普通にAndroidを購入し、そちらのSIMを利用するほうが、有効な使い方かもしれませんね。