Apple Watch7 アップルウォッチ7 スペック 噂 機能 予想 価格 進化 発売日は?


※写真はApple Watch6

Apple Watchを持っている人もかなり増えてきました。最近では高級時計ではなくApple Watchがあれば十分という人も多いと思います。

2021年の時点ではApple Watch6まで販売されておりますが、今後Apple Watch7の発売があるかと思います。

Apple Watchは基本的にiPhoneと連携させることにより機能が強化されるのです。

✔ワイモバイルからもiPhoneが販売
✔Apple Watchもかなり売れるのでは?

こちらがワイモバイルのiPhoneとなります。

AppleWatch7を買うならiPhoneは必須

上記でもお伝えしておりますが、ワイモバイルからiPhoneの発売が行われております。

そのためApple Watchに興味を示している人もかなり多いのではないかと思います。

Apple Watchを利用するのであれば、iPhoneの利用はほぼ必須となります。

ワイモバイルからiPhoneが発売されていますので、iPhone12とAppleWatchを連携して利用することが出来ます。

基本的にはAppleWatchというのは、iPhoneを連携して使うものとなっていますので、iPhoneの所持はほぼ必須といっても過言ではありません。

✔AppleWatchを利用するためにはiPhoneが必要
✔iPhoneがあればかなり便利に利用できる

iPhoneがなければ、AppleWatchの利用価値は本当に半減です。最近では高級腕時計ではなく、AppleWatchを利用する人もかなり増えているのです。いわゆる富裕層でもAppleWatchをつけているという状況が生まれているわけです。

AppleWatchは毎年販売されているということもあり、富裕層の間でもAppleWatchを毎年買い換えるなんて人も結構多いわけです。

そんな最新のAppleWatch7ですが、欲しい人もかなり多いと思います。

それではApple Watch7ではどのような機能が搭載されるのでしょう?

Apple Watch7で搭載される機能は?

Apple Watch7で搭載されると思われる機能に関して紹介したいと思います。

MicroLEDが搭載で省エネ化

MicroLEDが搭載されるという情報は今までも色々出ていましたが、MicroLEDが搭載されることにより、省エネになる見込みです。

AppleWatchというのは、2日連続利用することは結構厳しく、MicroLEDが搭載されたとしても、2日連続は厳しいと思います。ただそれでも使いすぎにより、1日充電が持たないという人にとっては、MicroLEDが搭載されることにより、1日の充電は持つと思われます。

✔1日は利用することが可能に
✔MicroLEDは今後かなり使われる技術

稼働時間は現行AppleWatch6の18時間からさらに伸びることが予想されております。

ただ見た目上ではMicroLEDになったところで、変化はないと思います。変化というのはAppleWatchとしての見た目の変化ということです。

ただMicroLEDが搭載されることに伴い、稼働時間が伸びる可能性が高いという恩恵を受けることが可能となります。

Apple Watch7ではチップのバージョンアップ

AppleWatch6ではS6と呼ばれるチップが搭載されております。S6というチップというのは、S5チップよりも20%高速になるチップということになります。
20%高速になるチップですが、S7と呼ばれるチップに変更されると、間違いなくチップ性能は上がります。
S5からS6への変更で20%高速になったということは、S6からS7への変更でも20%程度高速になる可能性があります。

チップ性能があがれば、イライラすることはなくなります。もともとAppleWatchを利用していてイラっとすることは少ないかと思いますが、古いモデルを利用している人なら少しくらいはイラっとしたこともあるのではないかと思います。
そのようなイライラがないということだけでもメリットがあるかと思っています。

チップ性能が向上するとそれだけ、バッテリー消費が少なくなる可能性も十分ありえます。バッテリー消費が少なくなる可能性があるということは、電池の持ちがよくなるということです。AppleWatch6の時点で18時間持つわけですから、20時間は持ってもらいたいですね。
私個人としては、夜中に充電せずに腕にはめたまま寝るということを体験してみたいですね。基本的には利用する人は毎日充電するかと思います。当然ながらそれが基本となっているのですが、そのあたり利用時間がながければ長いほどメリットがあるのではないかと思っています。

✔チップが高速になり20%程度動作速度が改善
✔チップがよくなるので、消費電力削減になるかも?

基本的にAppleWatchというのは、バッテリーとの戦いをしている人も多いと思います。

それが少しでも改善されるとメリットがありますね。

血糖値が高い人にはおすすめ機能

血糖値が測定できるという機能が搭載されるかもしれないということですが、実際にはこの機能はAppleWatch8で搭載される可能性があります。

✔AppleWatch8で搭載される可能性もあり
✔血糖値がわかれば、食事改善などにも役立つ

血糖値測定ができるようになれば、非常にメリットも大きく、それに伴い血糖値が高いと感じる人の行動も変わるように新しい色々な提案ができるようになるのかもしれません。

✔血糖値が計測できれば、補助食品なども売れる
✔血糖値の情報をAppleも収集し別の分野展開も可能

結局このような機能が追加されるということは、Appleとしても情報をかなり把握しているわけです。

基本的に情報というのは、Appleのサーバに蓄えられるわけですから、これらの情報を元に色々な施策を打つことが可能となります。

結果的に血糖値を下げることができれば、ユーザーにとってはかなり便利でメリットがあることだと思いますね。

✔AppleWatch8で血糖値搭載モデルが出てくるかも?
✔血糖値を下げるためにみんな努力をする
✔数値化することはかなりのメリット

とにかく最近思うことは、なんでも数値化だと思います。数値に現れないと人間努力しないのです。またそれが改善していかないと、やる気も失ってしまいます。

生活習慣病として血糖値測定というものは欠かせないものとなり、今後の新機能には本当に期待したいところですね。

ダイバーズモデルが出てくるかも?

海を深く潜るという人もいると思いますが、現在水深50mまでとなっています。
通常のダイバーであれば、これだけの深度まで対応できれば十分ですが、世の中には更に潜る人もいるのです。
その人にとっては、50mではなく100mくらいまでほしいと思う人も少なからずいるわけです。

✔水深100mまで潜れるモデルも?

これはすべてのモデルで販売されるかどうかは不明です。一部のモデルでそれだけの気圧に耐えられるモデルが販売されるかも知れません。
基本的に海を深く潜るというニーズはさほどありませんからね。しかも100mまで潜る人というのは、本当に一部の人です。
その人のためにそこまでがんばって出してくるかどうか・・・というところも非常に気になる部分ですが、海に潜るということを経験する人ならやはりこちらのモデルを購入したいと思う人がかなり多いのではないかと思います。

実はそのような強固なモデルというのは、iPhoneではなくTORQUEというモデルがかなりすごいモデルとなっています。

深く潜るというニーズはやはり人によってはあるかもしれません。通常100mまで潜ることはありませんが、ダイバーズモデルが販売されるとなると、非常に面白いですからね。

フルモデルチェンジ

✔大幅デザイン刷新
✔サイドボタン排除

今回は大幅にデザイン変更があると予想されております。

いわゆるフルモデルチャンジになるというのです。フルモデルチェンジをすると、かなりの人が食いついてくるのではないかと思っています。

大幅にデザイン変更があるモデルというのは、かなり販売台数を伸ばすと思われます。

今回のデザインはどのようになるのかまだ不明点も多いので、わかっていないことも多いと思いますが、大幅にデザイン変更があるということだけでもかなり売れる要素になるのではないかと思います。

AppleWatch6はどんな感じ?

Apple Watch6からの進化ということになりますので、まずはApple Watch6ではどのような機能が搭載されているのでしょうか?

こちらにApple Watch6に関する機能を紹介したいと思います。

ディスプレイ44mm 368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
ディスプレイ40mm 324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
チップ S6(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
ワイヤレスチップ W3 U1チップ
輝度 1,000ニト
ディスプレイ 常時表示Retinaディスプレイ

これがAppleWatch6のスペックとなります。

そして以下が主な機能ということになります。

GPS/GNSS
コンパス
気圧高度計
耐水性能50メートル
血中酸素ウェルネスセンサー
第3世代の光学式心拍センサー
海外における緊急通報
緊急SOS
加速度センサー最大32G(転倒検出対応)
ジャイロスコープ
環境光センサー
スピーカー
マイクロフォン
Apple Pay
GymKit
容量32GB
セラミックとサファイアクリスタルの裏蓋

こちらが主な機能となります。今やはり注目されているものというんは、血中酸素ウェルネスセンサーではないかと思います。

これが標準で搭載されているのです。

これ以上の能力があることは間違いありません。Apple Watch7は2021年にも発売されると思われます。

Apple Watch7の発売日は?

AppleWatch7の発売日に関してですが、2021年の間に販売されると想定されます。

✔AppleWatch5の発表は2020年9月10日
✔AppleWatch6の発表は2020年9月18日

このようなことを考えると、AppleWatch7の発売日は2021年9月ごろになると思われます。

iPhone13と同じタイミングでの発表となる可能性が高いと思います。

iPhone13と同じタイミングであれば、iPhone13を買う人もAppleWatchをついでに購入するかもしれません。

ここ最近AppleWatchは毎年のように販売しており、毎年かなりの数のAppleWatchが売れていくと思います。それは毎年きっちりバージョンアップ出来ているからという証拠でもあります。

OS側の対応を含めて毎年製品がバージョンアップするということは、本当に素敵なことではないかと思います。

今後も最新のAppleWatchを購入していきたいと思いますね。