Android One X6 スペック 予想 価格 メーカーはどこになるのか

Android Oneシリーズに関して気になる人も多いと思います。最新のAndroid One X6に関して予想してみたいと思います。Android Oneシリーズの中でもXシリーズというのは、若干ながらでもスペックの高いモデルとなっています。そのためXシリーズが発売されるのは本当にどのモデルになるのか気になる部分です。

2019年〜2020年の冬モデルとして登場したモデルでは、Android Ons Sシリーズの2機種が販売開始されました。

シャープと京セラの2つのメーカーから発売されました。この中のシャープから発売されたAndroid One S7のCPUはSnapDragon630となっており、Xシリーズとして販売されるのであれば、CPUはSnapDragon630よりも上位CPUになることが予想されます。そのためCPUはSnapDragon630やSnapDragon710などの上位CPUになると思われます。

シャープやLGの可能性が高い

シャープは今までもワイモバイルに対して、かなりの端末の調達を行っております。過去にもAndroid One Xシリーズの販売を行っていた経緯もあり、今後もXシリーズに対してシャープがスマホを提供する可能性というのは、十分あるかと思います。シャープはかなりの種類のスマホを現在製造しており、各キャリアに1機種ないしは2機種提供しているメーカーとなっています。
直近ではAndroid One S7を提供しております。


こちらAndroid One S7の提供です。
こちらSシリーズということで、若干スペックを落としたモデルとなっており、価格もかなり安価な価格設定となっています。
このように価格が若干安価なモデルとして発売されているのです。
となれば、シャープはこれよりも若干でもスペックをあげたモデルを発売することは、さほど難しいわけではないかと思います。
そのためシャープからの発売に関してはかなり期待したいと思います。
またLGも世界に対して、かなりのモデルを発売しているメーカーです。そのことは知っている人もかなり多いのではないかと思います。
LGもすでにAndroid One X5というモデルをワイモバイルに提供しています。

Android One X6のスペックを予想

Android One X6のスペックは先程も紹介したようにSnapDragon660くらいのCPUが採用されるのではないかと思われます。
SnapDragon660というCPUというのは、SnapDragon630よりも高性能なCPUとなっており、動作速度に関してもそこまで気にするレベルではないかと思います。
続いてRAMの容量ですが、こちらは4GB程度になると思われます。基本的に4GBあれば十分なRAMの容量ではないかと思います。
最近はハイスペックモデルを中心に8GBを超えるようなRAMの容量を持つモデルも多く出てきましたが、実際にはそこまでのRAMの容量というのは不要です。
4GBくらいのRAMの容量があれば、十分かと思いますね。
それでもなぜ大容量のRAMのモデルに人気が集まるのかというところは、RAMの容量は結果的にスペック主義的な部分もあるからではないかと思っています。
スペックが高いほうが売れるという部分もありますが、その分価格は高くなります。スペックがいいモデル=それなりの高額モデルという位置づけになります。
最近は価格が安価なモデルでも十分販売していける、むしろ販売価格が安価なほうが売れるという構図もありますので、スペックが高いモデル=売れるモデルではないのです。

デュアルカメラ

カメラはデュアルカメラになると思われます。最近では低価格モデルでもデュアルカメラを搭載しているモデルが非常に増えています。


こちら非常に低価格なモデルとなっていますが、デュアルカメラを搭載しています。デュアルカメラを搭載しているモデルというのは、かなり販売台数を伸ばしているのです。
デュアルカメラを搭載しているモデルが今後もますます増えてくることが予想されます。
他社がデュアルカメラを搭載している中でXモデルとしてシングルカメラというのは、本当にありえないような気がします。
一応スペックとしては高めに設定されているモデルですが、やはりデュアルカメラは必須ではないかと思います。
デュアルカメラを搭載するだけで、ボカシ機能などを強化することが出来るからです。
ボカシ機能というのは、カメラを撮影する上で最近は非常に重要な機能の一つとなっています。非常に重要な機能の一つになっているということは、それだけ期待も大きいということになります。ほぼ間違いなく必須ではないかと思っています。

Xモデルであれば、デュアルカメラを搭載するということは、ほぼ間違いないかと思います。基本的にXモデルというのは、Sモデルと比較してスペックが高いことが最大の特徴です。スペックが高いモデルであれば、それだけデュアルカメラになる確率は上がるのではないかと思っています。

5Gの対応はまだ先

5Gを期待している人もいるかも知れませんが、5Gへの対応はまだ先になると思います。5Gというのは、2020年から開始するサービスとなっており、ソフトバンクは2020年から5Gに対応します。

ソフトバンクのサブブランドであるソフトバンクは、まだ2020年の時点で5Gに対応してくることはないでしょう。5Gに対応するためにはそれなりの設備なども必要となります。設備投資を行う上でまだまだ費用の調達が必要となるわけです。設備投資をしてエリアが増えていった頃にようやくワイモバイルで利用することが出来るということになると思います。基本的に設備投資にまだまだ費用がかかると思われます。

それと5G対応のスマホの価格はかなり高額な価格設定にする必要があります。それは5Gモジュールを搭載する価格が高いということです。いわゆるメーカーの部材コストがかかるということになります。よって端末価格はかなり高くなってしまうのです。そういうことからXシリーズであったとしても部材コストがかかるので、費用を安く抑えることは難しいです。そういうこともあり、価格を抑えるため4G対応のスマホになることは間違いないかと思います。

発売日時期

発売日時期は2020年の6月ごろになると思われます。基本的に2020年夏モデルに合わせて発売されると思われます。
2020年夏モデルでは、これ以外にもOPPOなんかもひょっとすると同時に発表されるのではないかと思っています。最近OPPOというメーカーは非常に人気のあるメーカーとなっており、格安ブランドからOPPOの機種は結構販売されております。ドコモ、auなどからの取り扱いはありませんが、ワイモバイルなどでは今後OPPOの取り扱いも開始されるのではないかと思っています。