ワイモバイル iPhone8 アイフォーン8 スペック 価格 いつ?発売日 レビュー 評価

今後ひょっとするとiPhone8がワイモバイルから発売されるかもしれません。

iPhone6sはすでに発売されており、iPhone7も発売されています。iPhone6sは2015年のモデルとなっており、iPhone7は2016年のモデルです。まだiPhone8はキャリアモデルとして販売しているため、ワイモバイルでの販売は行われないとおもいますが、ドコモ、au、ソフトバンクが販売を終了した時点で、ワイモバイルからの発売が開始される可能性が高いと思います。

少年
少年
iPhone8ってかなり売れている機種だよね?

少女
少女
そうそうどこの会社も常にiPhone8はトップ10入しているよ
ずっと一番売れている機種1位だったこともあったね。
最近はiPhone11などが発売されて順位変動があったけど、相当人気のある機種みたいだよ

少年
少年
本当にワイモバイルから発売されるのかな?

少女
少女
ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone8の販売を終了したら、多分ワイモバイルから発売されるんじゃないかな?
そうでないとiPhoneのラインナップが古い機種ばかりになるでしょ?

こちら他にも製品情報を掲載していますので、こちらも合わせてご確認いただきたく思います。
それではどのようなスペックなのか見ていきましょう。


こちらワイモバイルのキャンペーンとなっています。非常にメリットがありますので、一度検討いただければと思います。

iPhone8がワイモバイルから発売 iPhone9 SE2にも注目が集まる

iPhone8が今後ワイモバイルから発売されると思われますが、同じiPhoneということで、気になる人が多いのは、iPhoneSE2、iPhone9ではないかと思います。



iPhoneSE2はドコモ、au、ソフトバンクから発売されることは、ほぼ間違いありません。
そのためiPhoneSE2が発売されるとワイモバイルからの乗り換えも検討する必要があるかもしれません。

とはいうものの、iPhoneSE2がワイモバイルで発売されることが1番いいのかもしれませんが・・・

こちらにiPhoneSE2の最新情報を掲載しておきます。

名称はiPhoneSE2になるのか、iPhone9になるのかまだわかりません。一応iPhone8の後継モデルという位置づけになっているかと思いますので、可能性としては、iPhone9という名称でもおかしくはありませんからね。iPhoneSE2という名称で販売されるかiPhone9という名称で販売されるか気になるところです。

iPhone8が2020年にワイモバイルが販売される可能性があるのであれば、iPhone12が今後2020年に出てきます。それも気になる記事の一つではないかと思います。

iPhone12のワイモバイルの取り扱いはいつに?

iPhone12シリーズの販売も2020年に行われる可能性があります。iPhoneシリーズの中でも廉価版モデルの発売はワイモバイルから発売が行われる可能性が十分にあるわけです。キャリアとしてiPhoneの取扱は定期的に行われておりますが、最新モデルは未だにワイモバイルから行われたことはありません。

今後ワイモバイルからiPhone8そしてiPhoneSE2の販売が行われることは願いたいものです。

iPhone8のスペックは?

機種 iPhone8
大きさ 138.4×67.3×7.3mm
重さ 148g
OS iOS11(発売当時)
CPU A11 Bionicチップ Neural Engine
RAM 2GB
ROM 64、256GB(現状は128GBになるかも)
画面サイズ 4.7インチ
解像度 1,334 x 750ドット 326ppi 1400:1コントラスト比(標準)
カメラ 1200万画素/700万画素 F値1.8
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレー
対応バンド FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、12、13、17、18、19、20、25、26、28、29、30、66)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
最大800Mbps
その他 Touch ID、指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

主なスペックはこちらとなっています。それでは細かく見ていきましょう。

CPUはA11

CPUにA11というCPUを搭載しています。A11は前モデルのA10(iPhone7に搭載)と比較しても1.3倍の処理能力があります。

コア数は6コアとなっており、2.39GHzのクロック数となっています。製造メーカーはTSMCとなっており、現行でもTSMCがiPhoneのCPUを製造しているメーカーとなっています。TSMCはCPUの製造においては非常に信頼のおけるメーカーとなており、以前はサムスンも製造しておりましたが、今ではTSMCのみしか製造しておりません。

A11に関しても大きな不具合もなく、非常に優秀な機種の一つとなっています。

プロセスルールは10nmとなっています。この記事を執筆している時点(2019年第4四半期)では、7nmのプロセスルールのCPUを搭載している機種がハイスペックモデルを中心に増えてきましたが、10nmといっても、まだまだ十分動作するCPUとなります。このプロセスルールと呼ばれるものに関しては、あまり気にする必要はないかと思いますが、細かいほうが動作速度が早くなるということは知っていてもいいかもしれません。

iPhone8含めてiPhoneというのは、2年以上前に発売されたモデルであったとしても、少し安価になり最新モデルと併売されるケースも多くあります。そのためそれだけ信頼できるCPUを搭載しているということにもつながってくるわけですね。最新のiPhoneのほうがいいに決まっていますが、最新ではなくても十分な能力を発揮することができるのです。

ゲームなどをする人でも少し前のiPhoneはどうかな?と思うかもしれませんが、他社の実績でiPhone8の売上がまだ上位にいることを考えるとゲームなどもサクサク動きます。学割のシーズンに合わせてiPhone8の販売を行ってもらいたいですね。それならかなりiPhone8は売れると思いますが・・・

カメラ

カメラは1200万画素のカメラとなっており、シングルカメラです。

1200万画素というと、iPhone7と比較しても画素数に変化はありません。しかしながらイメージセンサーは新しいものに進化しており、大きく進化したものとなっています。新型センサーでは暗い場所でのオートフォーカスの速度が早くなり、ノイズも少なくなっています。F値は1.8となっており、暗い場所での撮影も可能となっています。このF値はiPhone7と同じF値を採用しており、暗い場所でもかなりきれいに撮影できるかと思います。

カメラ性能というのは、新しい機種になれば、それだけきれいに撮影することができます。iPhone7よりもきれいに撮影することができますので、かなり期待できるかと思います。

最大のズームは5倍となっており、ズームに関してもそれほど問題ないでしょう。シングルカメラで5倍のズームならかなりいいと思います。

こちらにiPhone8のカメラ比較に関して掲載しているページがあります。他の機種との比較も行っておりますので、わかりやすいかと思います。実際の画質に関しては、かなりきれいだと思いますね。

ズームにすると若干ぼやける部分もありますが、少しくらいのノイズは仕方ないかと思います。

光学手ブレ補正機能と光学ズーム2倍が付いており、撮影をする人にとってはこれはかなりありがたい機能の一つかと思います。

光学系のものが付いているということでは、デジタル式よりも確実に上位の性能になっています。デジタルズームの場合は、画素数が荒くなるだけですが、光学なら画素数が荒くならずにそのままズームできたりしますからね。そういう観点からしても個人的にはかなりメリットがあるかと思います。iPhone8はシングルカメラですが、性能はかなりいいと思います。それこそ廉価版のAndroidスマホを購入するくらいならiPhone8のカメラを利用するほうが間違いなくオススメできるかと思います。

ビデオ撮影は?

当然ながらビデオ撮影も可能となります。iPhone8では4Kのビデオを撮影することも可能となっています。

4Kが撮影できるということで、性能としてはかなり高い性能となります。ビデオ撮影時にマイクも同時に稼働して、周りに音を拾うのですが、私もiPhone8は所持しており、実際に実機で撮ってみましたが、マイクの集音性能はそこまで高くはなかったと思います。iPhoneXRやiPhone11のほうがそのあたりの機能はレベルアップしているように感じました。

それでもビデオ撮影はきれいです。若干の画素数の粗さは出ますが、画素数が荒くてもそれはあくまでiPhoneで撮影したものです。少しくらいは諦めるしかないのかもしれません。

正直なところそこまでこだわるのであれば、ビデオカメラを購入すればいいだけの話です。iPhoneでのビデオ撮影は単体でも十分かと思いますので、普段使いなら十分利用することができるかと思います。

こちらiPhone8のビデオ撮影の動画となっています。こちらも合わせてご確認いただければどの程度の撮影が可能かということがわかるかと思います。実際にこちらは夜間に撮影したものとなりますので、日中撮影したものではありません。日中ならもう少しきれいに撮影することができます。

さすがにiPhone含めたスマホでの夜間撮影は申し訳ありませんが、そこまできれいに撮影することができません。きれいに撮影したい場合は、日中撮影するかそれこそビデオカメラでの撮影をオススメしたいですね。ビデオ撮影というのは、比較的誰でも行うと思います。ビデオ撮影を行いながら写真を撮影することも可能なので、個人的には普段はビデオ撮影しながら写真を撮影します。そのほうが一番いいシーンを残すことができるからです。

iPhone8は夜間撮影はあまり得意ではありません。日中の撮影ならそれなりにきれいに撮影することができます。

こちらなら悪くはないかと思います。少し夕方の動画となっていますが、日中ならまだましでしょう。それでもiPhoneXRのほうがきれいですよね。
iPhone8はカメラ性能もそれなりのよくなっており、個人的にはかなりオススメの機種となります。
ワイモバイルから早くiPhone8の発売をしてもらいたいですよね。それならかなり販売台数を伸ばすかと思います。とにかくiPhone8は日本で一番販売台数を伸ばしたモデルとなっております。非常に販売台数が伸びているということは、それだけ売れている機種ということになります。かなり期待したいですね。

SIMフリー価格

64GBモデル:52,800(税抜)
128GBモデル:57,800(税抜)

SIMフリー価格はこのような感じとなっています。価格はかなり安価に設定されているよね。

ワイモバイルからこの価格帯で販売されるかどうかは今のところ不明ですが、SIMフリーの価格なら想像付くかと思います。

SIMフリーの価格よりは安価になることはないかと思いますが、これに近い価格帯での販売価格となるかと思います。

現状ではiPhone8の256GBはありませんので、販売されるのであれば、64GBと128GBの2つのモデルになると思われます。

SIMフリー価格というのは、アップルが提供している価格となっているため、実際の価格というのは、各キャリアが設定している価格となります。各キャリアが設定している価格というのは、若干高めの設定になっているということが、普通ですね。その分キャリア独自の保障に入れたりするので、保障面ではワイモバイルのほうが充実にしていると思います。

税込みなら6万円程度になるわけですが、これが高いか安いかは賛否が分かれる部分かと思います。基本的にはそこまで高くはないかと思いますが、iPhone7などはもっと安価なため、購入するときにも悩むかもしれません。

ワイモバイルから発売されるのは、64GBの1つしか発売されない可能性があります。基本的にはワイモバイルでもあまり在庫をかかえることは厳しいと思いますので、1つのモデルの選択肢しか持ってこないでしょう。

SIMフリーのiPhone8を購入してワイモバイルで利用するということもありですよね。基本的にiPhone8のSIMフリーモデルならいつでも購入可能となります。それならSIMフリーを利用してワイモバイル回線を利用するという人もいるのではないかと思っています。
それでもやはりキャリアから発売されるiPhone8のほうがなんとなく安心ですからね。

SIMフリーモデルでも価格はトータルで6万円までに抑えられています。販売から2年以上経過した機種なので、当然といえば当然なのかもしれませんが、iPhoneの価格としては安く抑えられているのではないかと思います。iPhoneはもともと高額なイメージが強いですが、これくらいの価格帯で販売されるのであれば、ミドルレンジのスマホという位置づけレベルの価格設定となっています。価格が安価ということで、福井では買い物に対するイメージも非常にいいモオになっていると思います。

iPhone8の発売はいつ頃になりそうか

iPhone8の発売日に関しては気になる人も多いのではないかと思っています。iPhone8というのは、発売されてから2年以上が経過されたモデルとなっており、2年経過してもiPhone8の取り扱いをワイモバイルではおこなっていません。
またiPhone6sが併売されている状況となります。まずはiPhone6sの在庫がかなり減ってきたタイミングということがあげられるのではないかと思います。
2019年12月の時点で値下げされたのは、iPhone7のみです。iPhone6sとの価格差が1万円ほどとなり、iPhone7も非常に購入しやすくなりました。
iPhone7に関しても安価にできるだけの余力があるということは、まだ在庫は潤沢にあると予想されます。iPhone8の発売は学割の時期に合わせたいとワイモバイルは考えているでしょう。そのため学割の時期の間にiPhone8の発売があるのではないかと思っています。iPhone7が緊急値引きされたことを受けてiPhone6sの値引きも近々行われる可能性も非常に高く、いわゆる在庫処分という形になるのではないかと思っています。在庫処分という扱いになれば、間違いなく近々の発売になるでしょうね。

iPhone8が発売されるとiPhone7なども一気に値下がりが起きるでしょう。

ただし、iPhone8はキャリアの取り扱いが終了していないので、iPhone8の取り扱いをやめたタイミングで発売されるのではないかと思っています。iPhone8を購入したい場合は、この記事を見ている現時点ではキャリア契約が必須でしょうね。

iPhone8の販売をキャリアがやめるタイミングが1番可能性があります。そのタイミングというのは、iPhoneSE2の発売のタイミングと考えることが普通だと思います。

なぜワイモバイルからiPhone8を購入したいのか

iPhone8の購入をなぜワイモバイルから購入したいのかということですが、やはり毎月の維持費にあると思います。ワイモバイルから購入すると毎月の維持費はワイモバイルへの支払いとなります。当然なわけですがワイモバイルの維持費は非常に安価に設定しているのです。そのためドコモ、au、ソフトバンクからiPhone8を購入するよりも安価に利用することができるのです。それならワイモバイルを利用するほうが、ユーザーとしてはメリットがあるかと思います。

ワイモバイルの料金プランというのは、毎月の維持費がかなり安価に設定しているため、お子さんがiPhone8を持つ場合でも、自分がiPhone8を持つ場合でも他の機種と比較して安価に維持することが可能となっているのです。そういうこともあり、iPhone8をワイモバイルから発売してもらいたいのです。

実はそれだけではありません。格安SIMとワイモバイルを比較するとどうしても不安がよぎるのがサポートとなります。ワイモバイルはソフトバンクショップでも取扱が可能ということもあり、サポートに関しては充実しているのです。ソフトバンクのサブブランドというイメージもかなり定着してきたのではないかと思います。このようにソフトバンクでワイモバイルの取り扱いがあるという観点からしても格安SIMとの差別化というものはきっちりできているという認識です。
ある程度自分で何から何までもできる人ならいいと思いますが、万が一スマホが故障した場合のサポートなどを含めて自分ひとりで解決することも非常に難しくなってきているかと思います。スマホが故障した場合に格安SIMだと困りごとがかなり多くなるのです。格安SIMだとスマホが故障した時に電話すらできないという非常に残念な状況になるでしょう。それがワイモバイルならショップに行けばとりあえずなんとか解決してくれるのです。格安SIMの場合サポートも電話対応のため、スマホが故障して電話をかけることができない状況になったときに本当に大変なのです。そういう先のことを考えることなく、格安SIMにして失敗している人も何人もいます。スマホというのは、いつかは故障するものです。故障する前に対策をしたいところですが、スマホの購入にはお金がかかるため、なかなか対策をすることが難しいのです。しかも最近は下取りなどというサービスで、前に利用していたスマホを売却するケースも非常に多いと思います。そういうこともあり、1台のスマホしか所持していないという人も大勢いるかと思います。そういう人にとっては、ワイモバイルのほうが安心感を買えるわけですね。

またワイモバイルはソフトバンク回線を利用しているというメリットがあります。ソフトバンク回線というのは、いわゆるキャリア回線となっており、ワイモバイルへはMVNOという形で回線を貸しているわけではありません。ワイモバイルはソフトバンク回線をソフトバンクと同じように利用することができるわけです。そういうこともあり、ソフトバンクの通信品質を担保できるわけですね。特に都心部ではソフトバンク回線は非常に高速回線になっているので、都心部を中心に移動する人は、間違いなくオススメです。ソフトバンクの通信速度は都心部なら、ドコモ、auにも負けないレベルの通信品質となっているのです。いわゆる遅いと感じることも少ないでしょう。それくらい都心部にはチカラを入れているのです。田舎いけば確かにソフトバンク回線はつながらない箇所が増えます。それでもそんな田舎で通話や通信をするというニーズも少ないでしょう。実際に田舎といっても、普通の田舎ではなくて山道などを走っている時は、ドコモ、auの電波は立っていますが、ソフトバンクは圏外ということはよくあります。しかしながら、そんな場所で高速通信もしませんし、電波がなかったとしても大した不便ではありません。やはり通常使うところで、高速に通信できるほうがよっぽどメリットがあるのではないかと思います。

✓万が一の故障でもワイモバイルは店舗にいけば解決できる
✓ソフトバンク回線を利用しているので、回線速度も満足の速度

MVNOでは不安に感じる人も多いのではないかと最近は思っています。こちらにも記載しましたが、回線がソフトバンク回線ということはかなりメリットがあるのではないかと思っています。
MVNOは基本的に回線を借りている側なので、本体側いわゆるキャリア側のほうの通信が混雑しだしたら、通信制限をかけられたりするのではないかと思っています。そういうことがないのが、ワイモバイルなのです。ワイモバイルならそういう心配もありませんので、通信制限になることはまずないと思っていてもいいのではないかと思っています。

参考までのiPhone7を紹介

こちら参考までにiPhone7を紹介しておきたいと思います。iPhone7は発売開始後かなり経過しているわけですが、iPhone7もiPhone8に負けず劣らず長い間販売され続けているモデルとなっています。私もたまにiPhone7を利用しますが、iPhone7でも十分じゃないの?と思いますね。普通にネットをしていてもほとんど問題ありません。

かなり高速に動作させることができますので、非常にメリットがあるかと思います。

iPhone8と比較すると若干落ちる部分はあるかもしれませんが、見た目はiPhone7とiPhone8でそこまでの差はありません。そこまでの差がないので、かなり使えると思います。

それでもiPhone8が発売されるとiPhone8の購入数は確実に増えるでしょうね。iPhone7は2016年モデルのため、見た目はiPhone8とさほど変わりませんが、中身は若干古いと感じる人もいるでしょう。普通にアプリを動作させる上では問題ないかと思いますが、グラフィックバリバリのゲームを動かすと若干厳しい部分もあるかもしれません。

iPhone7のワイモバイルからの発売日は2018年12月20日でした。
そういうことからiPhone8の発売日に関しても期待したいところですね。

iPhoneXRも今後発売されるのか

iPhoneXRも今後ワイモバイルから発売されるかもしれません。iPhoneXRはiPhoneXSと同じタイミングで販売された機種となっており、iPhoneXRというのは、6.1インチという非常に大画面です。大画面でありながらも、個人的にはかなり使えるモデルとなっています。
A12というCPUを搭載し、そのCPUは十分使えるものとなっています。iPhoneは基本的に利用したいと考える人が多いので、当然ですが、ワイモバイルでもiPhoneを利用したいと思う人が多いわけです。ワイモバイルでは、iPhoneを販売しようと思っても、iPhoneの販売をメインに行っているのはソフトバンクです。ソフトバンクでメインに販売しているため、なかなか販売できないのです。
ちょっとそれは残念な限りですが、ワイモバイルで早くiPhoneXRを登場させてもらいたいと思っている人も多いと思いますね。

iPhoneXRも人気機種の一つです。iPhoneXRになり6.1インチという大画面になりました。大画面のモデルがダメなわけではありませんが、本体サイズを抑えたい人にとっては、大画面のiPhoneというのは不要なのです。

iPhone8の販売時期はiPhone6sの終了時期とiPhoneSE2が鍵

iPhone8の発売開始は2020年にまで食い込むと思います。実際2019年のうちにはiPhone8の発売は行われませんでした。

学割の時期に合わせてiPhone8の販売を始めたいという思惑もあるかと思いますが、学割の時期ではなく学割の途中くらいからの販売になると思います。それこそ2月か3月かその頃ではないかと思います。

iPhone8の発売を待ち望んでいる人もかなり多いと思いますので、まだもう少し待つ必要があるでしょう。

また2020年の3月にもiPhoneSE2と呼ばれる次のモデルの発売が控えております。

iPhoneSEが以前ワイモバイルから発売されておりましたが、iPhoneSE2の発売も行われる可能性があると思います。このあたりはまだ噂段階のため、なんとも言えませんが・・・やはりiPhoneSE2の販売をワイモバイルでしてほしい人はかなり大勢いるでしょうね。iPhoneSE2はそれでもハイスペックモデルとして販売される可能性があり、ドコモ、au、ソフトバンクの3社からのみの発売になる可能性も十分にありえるかと思います。そうなるとワイモバイルからの発売がないので、そのタイミングでiPhone8の販売になるのでしょうか。

過去にもiPhoneSEの販売をワイモバイルはおこなっており、SE系の販売というのは、行ってもらいたいと思っている人も間違いなく多いでしょう。むしろ今iPhoneSEを利用しており、次のiPhoneSE2の購入を待っている人も少なからずいるのではないかと思っています。逆にいえばそういう人ならiPhone8が販売されてもiPhone8を購入するのではないかと思っています。iPhone8でもiPhoneSEと比較すると十分動作します。iPhoneSE2ではなくともiPhone8でも十分ではないかとも思いますね。

一度ワイモバイルの回線を利用すると他社の価格が高くて戻る事ができない人もかなり大勢いるのだと思いますね。

iPhoneSE2の販売になるのかiPhone8の販売になるのか非常に気になるところではあります。iPhoneSE2は4万円台という非常に低価格で販売される可能性も高いため、iPhone8はそれを下回る価格で販売する必要が出てくるわけです。2020年初旬ではまだ5万円ほどするiPhone8の価格となっていますが、iPhone8とiPhoneSE2の価格差がそこまでないのであれば、iPhone8は売れなくなることは間違いありません。iPhoneSE2に対してかなり注目が上がるでしょう。iPhoneSE2の販売含めて気にしておく必要があるでしょうね。

購入するならワイモバイルストアがオススメ

購入するならワイモバイルストアがオススメです。

こちらワイモバイルに関して掲載しておきます。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

ワイモバイルストアで機種変更を行うと事務手数料が無料となります。それはかなりメリットのあることだと思いますので、ワイモバイルストアから購入しましょう。普通の町中にあるショップで購入すると事務手数料が発生しますので、メリットはありません。

購入するならワイモバイルストアがオススメですね。事務手数料が無料はオンラインストアのみの施策となっています。

また送料も無料となりますので、購入するなら間違いなくお得だと思います。店舗で購入するよりもネットを利用して購入するほうがメリットがありますよね。これはiPhoneの購入に限らずAndroidの購入でもオンラインストアを利用するほうがメリットがあります。最近特にオンラインショップを利用する人が増えてきています。その理由は店舗に行くと待たされるということを懸念する人が増えてきているのです。まさに時は金なりです。時間をかけて店舗に行くくらいなら、自宅や通勤をしながらスマホの購入するほうが間違いなく時間を買えますからね。またそれだけではなく、価格もオンラインショップのほうが安価に購入できるとなれば、間違いなくオススメできると思いませんか?非常にメリットがあるので、オンラインショップを是非使って購入いただければと思います。

ワイモバイルストアからの購入なら2019年年末の時点で税込み6万円程度のiPhone8の購入も5万円程度で購入できるようになるかもしれません。その理由ですが、今のところiPhoneでも割引が適用されるからです。割引が適用されると、確実にお得に購入することができます。
基本的にiPhoneは人気モデルです。ワイモバイルから発売されるとかなりの人が機種変更をするでしょう。学割の時期ならかなりの人が学割を利用してMNPをするかと思います。店舗で購入するよりもオンラインストアのほうが間違いなくお得に購入することができますので、購入するならオンラインショップがオススメです。

SIM単体でSIMフリーのiPhone8を利用することも可能

ワイモバイルはSIM単体での購入も可能となります。


SIM単体での購入が可能ならSIMフリーのiPhone8を利用することも非常に簡単です。通常はSIM単体でキャリア側ではオンラインストアでの購入は難しいです。キャリアモデルとして購入するのであれば、通常端末と単体で購入することが可能となります。
SIM単体で購入をオンラインストアでできるのは、ワイモバイルのメリットではないかと思います。ワイモバイルでSIM単体+iPhone8ということで、簡単に利用が可能なのです。
そういう使い方をするのであれば、かなりオススメですよね。iPhone8をワイモバイルが発売しなくても利用することが可能となります。とにかくiPhoneを格安SIMで利用したいと思う人もかなり多いのです。そういうことを考えるとワイモバイルから購入したいと思うことも当然といえば当然ですよね。SIM単体でiPhone8のSIMを挿すと利用することができます。

ただし気になるのはn141と呼ばれるワイモバイルの中でもiPhone専用SIMの存在です。こちらでも一応SIMフリーなら大丈夫かと思いますが、念の為に確認しておくほうがいいと思います。SIMフリーなら基本的にどこのキャリアでも利用することができますので、iPhoneはSIMフリーを中心に最近は販売台数を伸ばしているとも言われております。

各キャリアでiPhone8の販売台数がまだあることによるワイモバイルの影響

少年
少年
まだ結構iPhone8ってドコモとかauとかでも売れているみたいだよ

少女
少女
この調子でiPhone8が他社で売れ続けているのであれば、iPhone8がワイモバイルくる可能性もまだ先になるんじゃないかな?
2020年のオリンピックイヤーになってもまだ売れ続けているってすごい人気だよね。
iPhoneXの発売された年と同じなんだよ?それからiPhoneXSやiPhone11も発売されているので、相当前に販売された機種がまだ売れ続けているというところがすごいよね。

まだ各キャリアではiPhone8の販売状況は結構いいのです。上位に食い込んでいたりするので、少なくともUQと持ってるauもワイモバイルを持っているソフトバンクも、いわゆる格安ブランドと呼ばれるUQ及びワイモバイルで契約してもらうよりも、上位ブランドのau、ソフトバンクで販売するほうがメリットがあるのです。それはやはり通信費が上位ブランドのほうが高くとれるということがあるかと思います。
格安SIMブランドから販売するよりも、グループとしてメリットがありますからね。同じiPhone8がワイモバイルから発売されると、ソフトバンクとしても困るわけです。
まだ2020年に入った時点でiPhone8の売れ行きがいいのであれば、まだワイモバイルにまで降りてくることはないかと思います。
ただし利用する人にとっては、ワイモバイルのほうが安価に維持することが出来るというだけで、メリットがあることは間違いありません。
au、ソフトバンクを利用する人は、早くiPhone11の購入にシフトしてもらいたいですよね。それでも正直なところこれも時間の問題です。iPhone8は上位をしめているといっても、下落傾向です。さすがに2017年に販売された機種ということになります。最新のOSにまでアップデートすることができますが、やはり前に発売されたiPhoneは、そろそろチカラを失ってくると思いますね。