ワイモバイル 各種事務手数料を紹介 契約時にどれだけかかるの? 無料にする方法は?

ワイモバイルを利用するにあたり店舗で契約したら事務手数料が発生します。事務手数料というのは、どれだけかかるのでしょうか?
スマホの契約をすると事務手数料が発生するということは、誰もが知っていることなのですが、毎回事務手数料の支払いをするということになり、もったいないと思う人もいるかも知れません。
通常事務手数料というのは、新規契約、機種変更の時に発生しますので、普通なら2年程度に1度の事務手数料が発生します。
それではどれだけでの事務手数料が発生するのかお伝えしたいと思います。

ワイモバイルの事務手数料一覧

契約事務手数料 3,000円
機種変更手数料 3,000円
契約変更時の手数料 3,000円
MNP転出手数料・番号移行手数料 3,000円
電話番号変更手数料 3,000円
譲渡手数料 3,000円
USIMカード再発行手数料 3,000円
SIMロック解除手数料 3,000円

こちらが事務手数料の一覧となります。

✔事務手数料は一律3000円

ワイモバイルの場合事務手数料の一覧は一律の価格となりますので、わかりやすくていいと思います。こちらは店舗で購入した場合に発生する事務手数料となっているため、一部の手数料は店舗購入をしない場合無料にする方法があります。
手数料が無料になる方法は後述しています。

それではそれぞれがどのような事務手数料なのか?というところをお伝えしていきたいと思います。

契約事務手数料

契約事務手数料というのは、契約時に発生する事務手数料となります。
いわゆるワイモバイルに新規で契約する時に発生する事務手数料となります。
これはどこの会社であったとしても発生する事務手数料となっているため、ワイモバイルだから支払うというわけではありません。
契約する時に発生する事務手数料なので、ワイモバイルにしたいと思っている人なら必ず発生してしまう事務手数料となるのです。

機種変更手数料

機種変更時に発生する手数料となります。いわゆるスマホの買い替えです。現在ワイモバイルを利用している人が、同じワイモバイルのスマホに乗り換えた場合に発生します。
こればかりはどうすることも出来ません。どうしても事務手数料というものは発生してしまします。
これが業界スタンダードなルールなのです。これはワイモバイルに限った話ではありません。他社でも同様に事務手数料というものは発生してしまいます。事務手数料が発生しないようにするためには、ワイモバイルストアからの購入しかないのです。これは後述しています。
店舗に行けば店舗の人員が動くわけで、その人達の人件費を払っていると思うしかないでしょうね。

契約変更時の手数料

3G携帯などから4G(4G LTE)に変更する時に発生する事務手数料となります。
本人としては機種変更となりますので、あまり意識する必要はありません。
契約が3Gの契約から変わるということもあり、契約変更という言い方をしているだけなのです。
今契約している電話の契約が3Gなのかどうなのかなんて、おそらく考えていない人のほうが多いと思います。
本当に名称だけなので、あまり気にすることはないかと思います。

MNP転出手数料・番号移行手数料

MNPいわゆる番号そのままお乗り換えのことになりますが、MNPにて他社へ乗り換えるための手数料となります。
ただしこのMNPというのはソフトバンクへMNPする場合は事務手数料が不要となります。

MNPをするために転出手数料が発生するということは、MNPに対するメリットはあまりないかもしれません。

昨今MNPで転出する場合に、事務手数料と新規事務手数料が他社にて発生します。そういうことを考えるとメリットはあまり大きいものではないかと思います。

電話番号変更手数料

電話番号変更手数料というのは、電話番号変更をすることができるというものです。
電話番号を変更する人はあまりいないと思います。通常であれば、変更するのであれば、新規に契約してもいいかと思いますが・・・同じスマホを利用しながら変更したいという人ならこれを利用するのかもしれませんね。

譲渡手数料

譲渡手数料というのは、他人に譲渡する場合です。
こういうことも基本的には行う人は非常に少ないと思います。

✔譲渡する人は少ない

スマホの契約を譲渡するっていうのは、聞いたことがありませんね。
家族なら同じ名義のまま利用しますので、わざわざ他人の契約を渡すということは、よほどのことでしょうね。
今利用している番号をそのまま他人に利用してもらうことになります。

USIMカード再発行手数料

USIMカード再発行ですが、それこそスマホをなくしたという場合なら再発行をする必要が出てくるかもしれません。
その場合は普通機種変更をすればいいと思いますが・・・

SIMロック解除手数料

SIMロック解除手数料ですが、こちらはSIMのロック解除を行うための手数料となります。
通常スマホにはSIMロックというものがかかっています。
それをロック解除するための手数料ということになり、ロック解除したスマホは他社で利用することが可能となります。

✔SIMロックは頻繁に行われる

これは頻繁に行われるものだと思います。通常SIMロックがかかっていますので、解除するのに必要な手数料になります。
自分で行えば無料で行うことが可能です。

ただ最近は、SIMロックがはじめから解除されているスマホも多数販売されておりますので、あまり気にすることもないかも知れませんね。

契約事務手数料が無料になる方法

ワイモバイルストアと呼ばれる公式オンラインショップから購入すると事務手数料無料で契約することが出来ます。

新規契約時の事務手数料無料
機種変更時の事務手数料無料

こちらがワイモバイルストアとなっています。こちらから購入すると無料となっていますので、購入を検討している人ならネットを利用するほうが確実にメリットがあるかと思います。

契約するたびに事務手数料を取られるというのもどうかと思いますからね。
そのためワイモバイルを利用して購入する人は年々増えています。

事務手数料が高い

やはり事務手数料が高いと思っている人は一定数います。
スマホを買うのに、なぜ事務手数料が発生するのか?スマホを買うだけで利益が出てるんじゃないの?と思っている人はかなり多いのです。
にも関わらず事務手数料が発生するわけですね。ある意味仕方ないことなのですが、それでも正直なところやってられないと思っている人も多いはずです。

✔店舗は経費がかかる
✔人件費が高い

どうしてもこれらのことがあるので、店舗で購入する場合だと人件費が発生してしまいます。
ある意味仕方ないことかもしれませんね。
せっかく事務手数料を無料にする方法があるのであれば、それは利用しないと本当にもったいないです。

料金

Posted by ymobile