ワイモバイルが人気の理由 低価格だけが理由ではなかった 乗り換える MNP ならオススメできる

ワイモバイルの人気がかなりあることは知っていますでしょうか?ワイモバイルの知名度というのは、かなり出てきたかと思いますが、まだまだわからないという人も多いと思います。知名度がなぜ出なかったのかということですが、やはり店舗もあまりなかったということがその理由となります。それがソフトバンクの店舗でもワイモバイルを案内できるようになり、ソフトバンクユーザーからの乗り換えも非常に進んでいるのです。
ソフトバンクのユーザーは特にワイモバイルを意識するようになってきたわけです。そんなワイモバイルですが、やはり人気の秘密というものはあるかと思います。そのワイモバイルの人気についてお伝えしていきたいと思います。

ワイモバイルは安く低価格で維持できる

やはりワイモバイルの魅力というのは、安くて低価格で維持できるというところが魅力的だと考えている人が非常に多いと思います。


こちらがワイモバイルの料金プランとなっていますが、毎月の維持費がとにかく安いのです。キャンペーンなどを入れると1480円という低価格で維持することが可能となっています。どこの会社も○○円〜という表現を使っており、ドコモ、auなども1,980円〜などと謳っているので、そこはあまり問題ないのではないかと思っています。
とにかく毎月の料金プランを見てもらえればわかる通りかなり低価格でお得に契約することが可能となっているのです。それがワイモバイル最大のメリットかと思います。
また料金メニューが3つしかなく非常にわかりやすいというところもメリットの一つかと思います。

こちらの料金プランしかありません。一番安価なSというプランでキャンペーンがなくなった後なら2,680円で3GBの通信を行うことができます。3GBの通信あれば、ネットやニュースを見るくらいなら全く問題ありません。料金メニューとしては、かなり安価な料金メニューとなっているわけです。実際のところ一番の理由というのは、毎月の維持費を下げるというところではないかと思います。毎月の維持費が1000円だけでも高いとなると、1年で12000円で10年で12万円もの損失となりますからね。結果的に使えるなら少しでも安価なほうがいいと考える人が多いことは間違いありません。

その中でも家族割を利用することで、2台目以降は500円割引で利用することが可能となります。家族が多ければ多いほど2台目以降の価格が500円下がるということで、それだけでもメリットがあるかと思います。

家族全員がワイモバイルにするということで、メリットを最大に活かすことが出来るということがわかるかと思います。ここでいう家族というのは、かなり広範囲になります。

遠くの親戚というところまでが、家族の範囲ということになりますので、定義としてはかなり広範囲になるということは、こちがを確認いただければわかるかと思います。ここまで家族として定義しているということは、かなりメリットがあるかと思います。ここまで広範囲に500円の割引の恩恵を受けることが出来るようになるのです。それだけでもかなりのメリットがあるのです。

この家族割の恩恵というのは、かなり魅力的です。毎月500円の割引の恩恵を受けることができるので、家族という定義だけで考えるとかなりお得です。他社のように3親等以内とか4親等以内などという制限も特にもうけられているわけではありません。基本的には、家族割の恩恵を受けれる人なら確実に受けることができるのです。それこそ名字が同じで、家族ですと言い切れば家族として契約できるんじゃないんですかね?それを証明するものって遠い親戚というところまで入るとなるとかなり広い範囲です。正直なところかなり抽象的な言い方かもしれませんが、それでも遠い親戚って何親等までなんでしょうか?

10親等であったとしても遠い親戚といえばそうなりますので、このあたりは正直なところゆるゆるなのかもしれません。

10分の無料通話が魅力的

10分の無料通話が付いているというところも魅力的です。通話というのはやはりみんなしますからね。最近はLINEなどで通話を行う人も多いと思いますが、LINEで通話を行うと今度気になるのは3GBや9GBなどの上限が気になるのです。

少年
少年
無料通話が付いているのは本当に便利だよね。他社なら無料通話もオプションとなるので、オプション加入しないと無料通話できないからね。

少女
少女
そうそう初めから無料通話が付いているというところは本当に魅力的だと思うよ。
他社もこれくらいなら付けてもいいのにと思うよね。
無料通話5分だけでも他社ならオプション料金とるんだよ!それが無料通話10分もついているなんてすごいよね。

他社なら無料通話が付いていないのが、普通となっています。電話をする人なら正直なところ他社では魅力を感じないのではないかと思っています。
まさにワイモバイルからこそ無料通話をつけることができるわけですね。それはかなりメリットがあることかと思いますね。
通話というのは、基本的には誰でも行う行為かと思います。基本的にメッセージでのやり取りを行う人も多いわけですが、メッセージでのやり取りというのは、限界があります。伝言レベルならそれで十分なわけですが、実際のところ伝言レベルでないしょうもないことを話そうと思うならやはり電話なのです。10分縛られるかもしれませんが、要件と、挨拶くらいなら10分もあれば全く問題ありません。それこそ長電話をすることがはじめから分かっているのであれば、電話ではなくLINEなどを利用すれば問題ないでしょう。このように10分の無料通話が付いていることが、他社と比較してもかなりのメリットになるのではないかと思っています。

ソフトバンク自社回線を利用

こちらワイモバイルのホームページからの引用となります。

「格安SIM」「格安スマホ」という言葉をネットや店頭で見たことがあるという方も多いと思いますが、そもそも「格安SIM」「格安スマホ」とはなんでしょうか?

「格安SIM」と「格安スマホ」はほぼ同じ意味で使われることが多いですが、ワイモバイルでは、格安SIMは「SIMカードのみ」を契約すること、格安スマホは「SIMカードとスマホをセット」で契約することと定義しています。

現在、多くの「格安SIM」「格安スマホ」のサービスを提供する事業者がありますが、ワイモバイルとの大きな違いは、自社の回線を利用していないことです。
多くの事業者は、大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)の回線を間借りしてサービスを提供しています。そのような事業者を「MVNO」と言います。

ワイモバイルはソフトバンクの自社回線を利用しているので、大手キャリアと同じ安定した速度で快適に利用できます。
スマホの料金は下げたいけど、格安SIM・スマホはちょっと不安と思っているかたにおすすめです!

ワイモバイルは、みなさまに選ばれて3年連続スマホ満足度No.1を獲得しています。

引用元:https://www.ymobile.jp/sp/merit-demerit/whatymobile/
こちらワイモバイルからの引用となります。そのためソフトバンクの自社回線を利用していると言い切っています。となるとこれが最大のメリットとなる、ソフトバンクと同じ回線を利用しているということになります。

ソフトバンクの電波が入るところであれば、問題なく利用することができるということになります。ソフトバンクもサービスを開始した当時は、電波が入らないと言われておりましたが、実際にはそんなことはありません。ソフトバンクもきっちりと電波は入ります。そのためワイモバイルで利用するためには、ほぼ問題なく利用することが可能となります。ワイモバイルは自社回線を利用しており、MVNO扱いではないということが非常に重要なポイントとなります。MVNOというのは、キャリアいわゆるドコモやソフトバンクから回線を借りてサービスを展開している会社ですが、ワイモバイルはそれとは完全に異なるのです。それが最大の理由となります。

ソフトバンク回線を利用するというメリットというのは、本当にかなりあると思います。やはりキャリアの持っている回線は太いのです。MVNOと呼ばれるいわゆる格安SIMということではありません。格安SIMとワイモバイルを比較するということ自体ナンセンスなのです。ベースはソフトバンク回線と同じと思っていただければいいかと思います。ベースにソフトバンク回線をおいているということで、かなりの信頼性が担保できるのではないかと思います。MVNOも基本的には問題ありませんが、どうしてもMVNOというのはイメージとしては回線をレンタルしているという程度の位置付けとなります。それと比較するならワイモバイルの回線というのは、相当いい回線品質だと思います。

低価格な機種がラインナップ


こちら2019年から2020年に発売されるモデルとなっています。4種類のラインナップがありますが、これもまた非常にいいですよね。低価格な機種がラインナップされており、Xperia 8の初めてラインナップされました。Xperiaシリーズのラインナップはかなり嬉しいことではないかと思います。

またワイモバイルストアから購入すると割引購入することができますので、かなりメリットがあります。

こちらのように新規やMNPなら14,400円の値引き購入することができます。それだけでもかなりのメリットではないかと思います。(割引金額は時期により変動)
最近は安価に購入できる店舗が非常に少なくなってきたこともあり、基本的には定価での案内の店舗が非常に増えてきております。定価で購入しても正直なところメリットはあまりありません。せっかくなら安価に購入したいと思いませんか?ワイモバイルストアならかなりお得に購入することができますので、非常にメリットがあります。
店舗で購入するよりもワイモバイルストアから購入するほうがメリットがあるということが魅力的です。
また事務手数料も無料となっていますので、検討の余地ありではないかと思っています。

乗り換えで安価に利用することができるというところも非常にメリットがあるかと思います。新規や乗り換えを行う場合はぜひ利用するといいでしょう。
一番高額な機種でも10万円を超えるような機種はラインナップされておりません。ドコモ、au、ソフトバンクでは10万円を超えるような機種のラインナップもあり、購入しようと思っても、購入に躊躇するくらいの機種だと思います。相当スマホの価格は以前と比べても値上げされており、簡単に購入しようと思うのは、かなり厳しいのではないかと思っています。

低価格の機種がラインナップされていることで、毎月の維持費と合わせても毎月の維持費は結構しれています。そこまで高額な維持費にはなりません。それが最大のメリットではないかと思っています。毎月の維持費に関しては、みなさん結構意識があるかと思います。固定費を下げるという意味ではワイモバイルへMNPをする人もかなり多いです。毎月5000円の支払いが3000円になれば、それだけでもメリットがあるかと思います。このように毎月の利用料金を下げたいと思っている人がかなり多いわけです。ワイモバイルがあれば、それが可能なのです。

最新機種も低価格で購入できる

こちら2019年〜2020年にかけて発売されるモデルとなっていますが、こちらのモデルも非常に安価に購入することが可能となります。初めてXperiaシリーズなどを採用し、待っていた人も多いのではないかと思います。Xperiaシリーズというのは、Xperia 8というモデルになり、同じタイミングではXperia 5という機種がドコモなどからも発売されております。基本的には筐体の大きさもそれほど変わりはありません。Xperia 8はXperia 5と比較しても若干スペックを落としてきているモデルとなっています。スペックを落としてきていますが、カメラはデュアルカメラを搭載し、一番ありがたいのは、シネマワイドディスプレイと呼ばれるものが搭載されております。シネマワイドディスプレイというものは、21:9というディスプレイの比率となっており、他社ではまず採用されておりません。映画を見るための画面比率となっているのです。そういうこともあり、Xperia 8というモデルはかなり期待できるモデルになるかと思います。
基本的には低価格モデルをワイモバイルでは採用しているのですが、この機種は定価が54000円となっており、それなりに高額な部類の機種に入るかと思います。しかしながら、ワイモバイルストアのほうではすでに初めから割引がされており、かなりお得に購入することができるのです。

こちらを見てもらえればわかると思いますが、かなりメリットがあるかと思います。低価格でスマホを購入したいと思っている人にとってはこのXperia 8もありだということになります。基本的には低価格モデルの取り扱いを行っているため、5万円を超える機種というのは、Xシリーズくらいしかありませんが、今回はこのXperia 8が5万円を超える機種になりましたね。それでも5万円を超える程度となっているので、やはり安価な価格設定であることは間違いありません。
かなりお安く購入できる機種がワイモバイルにはありますので、購入するのであれば、検討してもらいたいと思います。

元々最新機種であったとしても、そこまで価格が高いモデルをラインナップしているわけではありません。そういうこともあり、低価格モデルを購入することが可能となっているのです。低価格モデルであったとしても、スペック的にはそこまで問題のあるものではありません。安い=悪いというイメージがあるかもしれませんが、最新のモデルならそこまで気になる部分もないかと思います。それくらい最近のモデルというのは、よくなっているのです。

最新OSにアップデート出来る機種がメイン

最新OSにアップデート出来る機種をメインに販売していることを知ってますか?最新のOSにアップデート出来るということは、どういうことかいうと、まずはAndroid Oneシリーズをワイモバイルでは採用しています。
このAndroid Oneというモデルは、Googleが製造から携わっており、最新のOSへアップデートを行うように設計されております。
発売後18ヶ月間はOSのアップデート保証を行ってくれるのです。これは販売時点のOSから最低1回もしくは2回はOSのアップデートを行ってくれるというものになります。
最新のOSへアップデート出来るメリットというのは、新しい新機能を利用することが出来るということになります。
新しい最新の機能というのは、OS側により提供されるのですが、個人的にはありがたいことです。
最新のOSでのアップデートを行うことで、今までなかった新しい機能を利用することが出来るようになるのです。
最近はAndroid One以外のスマホであったとしても、最新のOSにアップデートは1回程度は行ってくれることが増えておりますが、保証まではされておりません。
そのためAndroid Oneなら確実に保証されているので、メリットがあるのです。
やはり使うなら最新のOSで利用したいものですよね。
またiOSいわゆるiPhoneもそうです。2020年の初旬の状況ではiPhone6sとiPhone7の2つのiPhoneが販売されているわけですが、これらのiPhoneというのは、最新のOSへアップデートすることが可能となります。
2020年の初旬の場合だとiOS13までのアップデートを行うことが可能となります。Appleはかなり前の機種までのアップデートが可能となっており、非常にメリットがあると考えている人も多いと思います。確かにAppleはiOSはiPhone6sまで対応しています。
恐らくiOS14はiPhone6sの対応は見送られる可能性は非常に高いような気がします。それでもiPhone6sが販売は2015年となっており、約5年間にわたりOSのアップデートを行ってきているのです。それだけでもメリットがあるのではないかと思っています。
ワイモバイルはこのような機種をメインに販売していることから、信頼性は非常に高いと思います。

料金

Posted by ymobile