こちらのキャンペーンはPayPayボーナス3000ポイントもらえます。
少しでも携帯を安く買えるならかなりお得でしょう

ワイモバイル ahamoとの違い 安くてオトクなのはどっち? オススメは?

ワイモバイルが新しい料金プランを発表し、どちらのプランのほうがオトクになるのか?というところ非常に気になる部分かと思います。
ワイモバイルは低価格という立ち位置で商売を行っていましたが、格安SIMとキャリアのちょうど中間の立ち位置ということになりますので、そこまで安価な価格設定というわけではありませんでした。
今回ワイモバイルが新しい料金プランを出してきたことにより、業界はかなり変わっていくことになるかと思います。

ワイモバイルとahamoとの違いに関してお伝えしたいと思います。


ワイモバイルの料金プラン

動画で紹介しています。わざわざ読むのが面倒な人はこちらを見てもらえればと主ます。

シンプルS シンプルM シンプルL
高速データ通信容量 3GB 15GB 25GB
5Gの対応
高速データ通信容量
超過時の速度制限
300Kbps 1Mbps 1Mbps
通話料 30秒/20円(10分無料通話なし) 30秒/20円(10分無料通話なし) 30秒/20円(10分無料通話なし)
基本料金 1,980円 2,980円 3,780円
おうち割光セット(A)または家族割引サービス(2回線目以降) -500円 -500円 -500円
最安値の月額料金 2,178円 3,278円 4,158円
2回線目以降
家族割り
990円 2,090円 2,970円
2回線目以降
親子割
990円 990円 1,870円

こちらがワイモバイルの料金プランとなります。ワイモバイルの料金プランは3つのプランしかありませんので、非常にシンプルなプランとなっています。
シンプルなプランですが、ahamoと比較するとどうなるのでしょうか?

2021年から2022年にかけて親子割といういわゆる学割が出てきました。

学割を利用することで、かなり安く利用することが可能となりました。

さらに料金プランが改定

ワイモバイルの料金プランがさらに改定されました。
最大で25GBまでの通信となっており、実はこれは結構メリットがある料金プランではないかと思っています。

基本的には料金プランというのは、そんなに変わるものではありませんが、最近色々な料金プランが各社から出てきており、ワイモバイルもそれに追随したという形となります。
ワイモバイルの料金は複数で契約するのであれば、かなりメリットのある契約になることは間違いありません。
ぜひこれは検討してもらいたいですね。

本当に激動の2月だと思います。ここまで料金プランが変更になることってありませんからね。
他社が色々な料金を出してきているので、それに対抗するので仕方ない部分はありますが、料金プランが色々変更されると、一番たいへんなのはシステム管理部門です。
システムの変更は結構複雑になっていることが多く、システムを改修するために色々な作業が待っているのです。

契約している人も今からの新規契約者は問題ありませんが、新規ではなく既契約に対する対応も行う必要があります。システムを対応する仕事をしている人は本当に大変だと思いますね。

2021年はこの料金プランで走りました。

無料通話がなくなり、ちょっと残念だと思っている人もいるかと思います。

無料通話がなくなるといっても無料通話はLINE通話などで代用することが出来ますので、あまり問題ないかもしれません。

ahamoの料金プラン

月額利用料 2970円(税込み)
利用GB数 20GB
20GBを超えた場合の送受信 1Mbpsに制限
SMS 3.3円(税込み)/通
音声通話 5分以内無料
5分を超える通話 22円(税込み)/30秒
利用可能エリア ドコモの4G及び5Gネットワーク
ファミリー割引 申込み可能(割引特典対象外)
みんなドコモ割 対象外(カウント対象)
ドコモ光セット割 対象外(ペア設定は可能)

これだけでもかなり安価なサービスとなっていますが、これ以外にオプションが存在します。

データ増量 550円(税込み)/GB
かけ放題オプション 1100円(税込み)

ahamoの料金プランは比較的安価であることがわかるのではないかと思います。

料金プランを比較してみて

同じ20GBで比較してみるとどうでしょうか?

✔ワイモバイル3780円
✔ahamo2970円

実はここでの価格差というのは、結構あるのです。
しかもahamoのほうは、5分だけですが、無料通話が付いています。
これはかなりメリットがあるのではないかと思っています。

ワイモバイルは残念ながらそれがありません。
同じくらいのプランで比較してみるとワイモバイルよりahamoのほうが確実にメリットがあるということがわかるのではないかと思います。

ワイモバイルはこれ以上安くならない

ワイモバイルは残念ながらこれ以上安くなることはありません。
ただし実はワイモバイルで契約する時のメリットは私も何度もお伝えしていますが、実は価格では表せないものがあるのです。

ワイモバイルは価格が安くなることはないといいましたが、価格が安くならないことには理由があるのです。

実はahamoというのは、ネット専用のプランとなっており、リアル店舗での受付というものは行なえません。
実はこれが最大の弱点なのです。

ワイモバイルは逆に店舗を持っていることが最大のメリットになるのです。なぜ店舗を持っていることが最大のメリットになるのでしょうか?

✔2021年最新プランでは900円がミニマム

2021年の最新の料金プランでは900円がミニマムの料金となっています。
2回線目以降の料金が900円となります。それならどうでしょうか?かなり安価だと思いませんか?
それくらいの価格設定であれば、全く問題ないと思いますね。

ワイモバイル店舗の強み

ワイモバイルは店舗があるというところが最大の強みです。
契約するだけなら店舗は不要じゃない?と思う人多いと思います。
確かにおっしゃるとおり、契約するだけなら店舗は不要です。
それは契約するだけなら・・・ということです。

スマホ故障時の対処はどうするのですか?

スマホは故障するものです。故障してしまった時に対応できる店舗がなければどうすればいいのでしょうか?

これが一番の問題点なのです。
ahamoに限った話ではありません。

店舗があることとないことでは、意味が違い過ぎます。店舗があるということは、どうしてもそれだけコストがかかるので、単純にahamoとの比較だけではうまくいかない部分もあるのです。

スマホ故障時は通話も通信も出来ない

最大の問題点というのは、スマホが故障してしまった時は通話も通信も出来なくなるということです。
スマホが故障してしまった時には、ネットで解決といったところで、ネットで解決しようにもそのネットへの通信が途絶えてしまうわけです。
途絶えてしまうということで、正直なところどうしていいのかわからないと思います。

結局一番恐れているものというのは、故障なのです。
故障ならまだいいのですが、スマホを落として画面などが割れた場合はどうしますか?
基本的には対応することが非常に難しいと思います。
その時は諦めるしかないのでしょうか?
諦めるということは実にもったいない・・・
再度新しい契約ですか?そんなことはしないですよね?

SIMフリーのスマホを買いに走るしか方法はない?

基本的にそのような自体になった場合はSIMフリーのスマホを買いに走るしかありません。
最寄りの量販店などにSIMフリーを販売している店舗があればいいですが、ない場合はどうしますか?
残念ながらSIMフリーを調達しようにも、ネットがなければ購入すら出来ない状況になるのです。
かなり残念な状況ではないかと思いますが、どうでしょう?

このような状況は容易に想像できるのです。そうなれば、普通のキャリアへ結局MNPをする必要も出てくるかと思います。
すぐにプラン変更などをすれば問題はありませんが、ahamoであれば、ドコモへ機種変更をして、プランを一旦ドコモに戻してそれからahamoに移行ということになるかと思います。
手続きは結構面倒なのです。
それが解消できるということで、ワイモバイルはメリットがあるのです。
ワイモバイルは店舗がありますので、そのような故障が起きた時というのは、きっちり対応してくれます。
それが最大のメリットなのです。

ahamoとpovo、LINEMOはほぼ同じ

ahamoと他社の料金プランですが、ほぼ同じ料金プランとなっています。
povoに関しては、トッピングという形を取り、最安値の2480円という非常に低価格を実現しています。
そこまでの低価格モデルというのは、なかったのではないかと思います。

ahamoのメリットというのは、業界に対してかなりの影響力を植え付けたのではないかと思います。

今後ahamoが料金プランのスタンダードになるのではないかと思っています。

ahamoというのは、かなり契約者数を伸ばしています。

今後も契約者数はかなり伸ばしてくるのではないかと思いますね。

料金

Posted by ymobile