こちらのキャンペーンはPayPayボーナス3000ポイントもらえます。
少しでも携帯を安く買えるならかなりお得でしょう

ワイモバイルはMVNO 格安SIMの音声契約よりお得な理由 メリットは?

ワイモバイルオンラインショップは確実にメリットがある会社だと思っている人も多いのではないかと思います。
最近ではワイモバイルオンラインショップに契約する人もかなり増えているという認証です。

ただし毎月の維持費が勿体無くてMVNOにMNPして毎月の維持費を安価に抑えようと考えている人も多いと思います。


MVNOのSIMの音声契約は勿体無い

MVNOの音声契約は実はそれなりのランニングコストが発生するのです。

安価なSIMを選択しても1000円以上のランニングコストが発生します。

✔格安SIMのランニングコストを考えると格段安いわけではない
✔ahamoなどの契約も2021年から出てきた

実はMVNOのSIMというのは、さほどメリットがあるというわけではないのです。
MVNOというのは、格安SIMブランドの総称を指してMVNOといいますが、MVNOというのは、基本的にはネット専用の契約が大半です。
ネット専用で契約する必要があります。
それならワイモバイルでもさほど変わらないと思う人も多いかもしれません。

維持費だけなら安いんじゃない?

通話SIMなので、通話することを前提に考えると通話の基本料のみなので、通話の基本料金しかこの料金には含まれておりません。

無料通話など一切ないのです。

ワイモバイルであれば、現時点のプランであれば、音声プランがあるのです。

音声プランがあるので、非常にメリットがあるわけです。

こちらがワイモバイルの料金プランとなります。ワイモバイルの料金プランであれば、確実に音声プランが発生するのです。

ただし2021年以降は新料金プランになります。

こちらが新料金プランを掲載しているページとなっています。新料金プランとなりますが、価格はかなり安価になっていることがわかるかと思います。

これくらいの価格設定ならMVNOいわゆる格安SIMでも十分戦っていけるのではないかと思っています。

ワイモバイルの最大のメリット

ワイモバイルの最大のメリットというのは、やはり店舗があることです。

✔ワイモバイルの最大の強みは店舗があること

なぜ店舗があるほうがメリットがあるのでしょうか?実は店舗があるということは、万が一故障などをしたときにすぐに店舗にて対応してくれるのです。
店舗で対応してくれるということは、かなりのメリットではないかと思っています。

スマホが突然故障するということは、リスクとして普通にあることではないかと思います。その場合は自然故障というより、どちらかというと、落としてしまってスマホを利用することが出来なくなったということです。
落としてしまってはスマホを利用することが非常に難しいですからね。
そういうことを考えると、間違いなくメリットがあるかと思います。

スマホを落とすということは、誰もが経験することだと思います。その時に買い換えようと思っても、ネット契約の場合ならどうしますか?
たちまち困ってしまいませんか?
店舗に行けば対応してくれるということが、どれだけ助かることなのか?ということはすぐにわかることではないかと思います。

音声通話ってする?

音声通話ってする人もいれば、しない人もいます。
ワイモバイルも2021年から無料の音声通話がなくなります。そのためワイモバイルを利用することで、音声通話がついている他のプランに移行する可能性は十分にありえます。
ただし音声通話が不要な人もかなり多いわけです。そういう人ならワイモバイルをそのまま利用し続けるのではないかと思っています。

音声通話が欲しいならahamoやSoftbankonLINEにすればいい

こちらはahamoを紹介しているページとなっていますが、基本的にSoftbankonLINEもahamoと変わりません。
そのため音声通話が5分だけでも欲しい人は、これらのプランに乗り換えたらいいのです。

しかしながらスマホが故障したときとかには、たちまち使えなくなります。
逆にいうならそれでいいなら使い続ければ?という感じなのです。

✔安いということには理由がある。
✔ahamoやSoftbankonLINE、povoは音声通話があるものの、故障時の対応が気になる
✔スマホの価格は安いだけでいいのか?

私は色々な弊害があるのでは?と思っています。実際にはそれでもいいという人もかなりいることは間違いないかと思いますが、音声通話よりもほしいものもあるのでは?と思ってしまいますね。

料金

Posted by ymobile