iPhoneSEPlus アイフォーンSEプラス 2021年 モデル スペック カメラ レビュー 予想 評判 価格

iPhoneSE 2021年モデルに期待したいところですが、1年に1度のペースでそもそもiPhoneSEが販売されるのでしょうか。そのあたりも非常に気になる部分ですよね。
2021年に発売されるモデルというのは、iPhoneSEPlusにもなるといわれています。

iPhoneSEPlusはキャリアモデルからの発売

iPhoneSEPlusが発売されるとしても、まずはキャリアモデルからの発売になると思われます。
キャリアモデルというのは、ドコモ、au、ソフトバンクの3社からの発売になるということです。

こちらドコモとなっていますが、ドコモオンラインショップでは、事務手数料が無料となっています。
それは間違いなくメリットではないかと思います。

ワイモバイルオンラインショップから発売されるとかなりメリットがあるかと思います。ワイモバイルオンラインショップも事務手数料が無料となっていますので、相当おすすめです。
事務手数料が無料になっているだけで、ワイモバイルオンラインショップから購入したいと考えると思います。ぜひ検討いただければと思います。

ワイモバイルからiPhone12とiPhone12miniの販売が行われます。

ワイモバイルで即予約購入出来ますので、ワイモバイルを利用してぜひ購入を検討してみてください。
iPhoneSEPlusも悩ましいところではあるかと思いますが、iPhone12もiPhone12miniも現時点で確定しているモデルとなっています。
スペックも非常に高く、購入しやすいことは間違いありません。

こちらがiPhone12を紹介しているページとなっています。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

iPhoneSEPlusはどんなスペックに?

iPhoneSEPlusのスペックも気になる人も多いかと思います。iPhoneSEPlusというのは、どのようなスペックになるのでしょうか?

・画面サイズ:6.1インチ
・CPU:A13
・RAM:4GB
・ROM:64GB/128GB/256GB
・カメラ:デュアル1200万画素
・ホームボタン:あり

このあたりの情報が今出ている情報をまとめた感じとなります。
今までと同じように、iPhone8のPlusモデルに近いかたちでの販売になると思われます。

本体サイズは、iPhone8Plusと同じもしくは若干大きい程度になると思われます。

どちらかというと画面サイズに関しては、iPhoneXRと同じくらいの画面サイズになると思われます。
iPhoneXRと同じような感じがiPhoneSEPlusになるのであれば、違和感まったくありませんよね。

画面サイズが6.1となるとライバルはiPhone12ではないかと思いますが、価格的にはiPhone12のほうが高くなります。

A13CPUを搭載

A13というiPhone11と同じCPUを搭載する可能性が非常に高いです。
A13の能力というのは、非常に高く、iPhoneSEの2世代目でも対応されております。

このCPUというのは、TSMCと呼ばれる台湾のメーカーが製造を担っております。2020年時点では1社供給のCPUとなっており、かなりオススメできるCPUとなっています。
6コアのCPUとなっており、SnapDragon855などのAndroid系に採用されているCPUというのは、8コアですが、その8コアCPUと比較してもAシリーズと呼ばれるiPhoneに搭載されているCPUのほうがスペックが高いのです。

基本的にiPhoneのCPUスペックは非常に高いので、最新のiPhoneを持つだけで、基本的に満足になるのです。
A13は第二世代7nmプロセスであるN7Pで製造されています。
この7nmというのは、かなり細かいプロセスルールとなります。
A14と呼ばれるA13の後に出てくる予定のCPUではプロセスルールが5nmとなる可能性が高いと言われておりますが、7nmのプロセスルールであれば、正直なところ十分ではないかと思います。

A14が搭載されるという情報も

A14が搭載されるという情報もあるようですね。

A14というのは、iPhone12に搭載されているCPUとなっており、それならかなりのメリットがあるのではないかと思っています。
A14というCPUは、5nmという非常に細かいプロセスルールとなっており、相当メリットがあるのではないかと思っています。

✔プロセスルールが5nmと非常に細かい
✔バッテリーの持ちはかなりよくなる

A14が採用されるのであれば、相当なメリットでしょう。これならiPhone12シリーズの販売もiPhoneSEPlusに持っていかれてしまうレベルではないかと思っています。
それくらいiPhoneSEPlusはいいモデルになる可能性があるということです。

プロセスルールが細かくなることによるメリットとしては、消費電力の減少ではないかと思います。
消費電力の減少により、いわゆるバッテリー長持ちになるのです。それが最大のメリットではないかと思っています。

バッテリー容量はiPhoneXRとさほど変わらないレベルになると思います。
しかしながらプロセスルールが細かくなり、同じ6.1インチでも待受時間が伸びる可能性があるのです。
待受時間が伸びると、結構なメリットがあると思っています。

待受時間の延長は結構みんな期待しているのではないかと思っています。iPhone含めた各社から販売されているスマホは年々消費電力が減っていっています。
iPhoneSEPlusにも期待してもいいと思いますね。

画面サイズは6.1インチに

※こちらの写真はiPhone11です。

画面サイズは6.1インチとiPhoneXRやiPhone11と同じ画面サイズです。

6.1インチというのは、Plusモデルとしては、大画面というわけではありませんが、iPhoneとしては結構な大画面となります。
iPhone11の画面サイズは6.1インチですが、iPhone11の価格は若干高めです。それならiPhoneSEPlusの価格はiPhoneSEの延長線上にある可能性が高いので、価格は結構安価になると思われます。
大画面でありながら価格はかなり抑えられるのではないかと思いますが、それは通常モデルと同じ画面を採用するからではないかと思っています。
AndroidスマホではPlusモデルのような大画面モデルでは7インチ近くのモデルまでありますが、iPhoneの場合Proモデルの中にMAXというさらなる大画面モデルが存在します。
それとは差別化するのではないかと思います。
さすがにPlusモデルとMAXモデルの2つのモデルが同じ画面サイズということはないのではないかと思います。

まさにiPhoneXRと同じような感じに?

iPhoneXRと同じような感じになる可能性が非常に高いと思います。
iPhoneXRも6.1インチでしたからね。それと同じような感じになるということで、かなり期待できるのではないかと思っています。

iPhoneXRはFaceIDだけでしたが、それに指紋認証も加われば、間違いなくiPhoneSEPlusの完成といった感じになるのではないかと思っています。

iPhoneXRというのは、画面サイズ的にもちょうどよく、かなりいいiPhoneだと思っています。
今も私はiPhoneXRを利用していますが、サイズ感が非常にいいです。
iPhone8ではちょっと小さいけど、MAXなどのモデルではちょっと大きいと感じる時のいいサイズ感がiPhoneXRなのです。

✔iPhoneXRの画面サイズと同じに
✔iPhoneXRの画面サイズはちょうどいい感じの画面サイズ

トータル的に見ても、iPhoneXRというのは、本当にいい画面サイズとなっていますので、私は非常にいいと思いますね。

価格はかなり安価になる可能性が高い

価格は安価になる可能性が高いと思われます。

iPhoneSEの延長線上にあるということで、Plusモデルだったとしても価格は6万円台程度に抑えられるのではないかと思われます。
6万円程度で購入できるのであれば、ありではないかと思っています。
iPhoneのスタンダードモデルよりも安価になる可能性があるので、Plusモデルの販売は今後継続的に販売してもらいたいですよね。

今後Plusモデルというのは、ミドルレンジモデルとして販売されるのではないかと思っています。

ホームボタンが残る可能性も高い

ホームボタンも残る可能性が非常に高いと思います。昨今FaceIDの使い勝手があまりよくないと考えている人も多いと思います。そのため、今後はホームボタンも残っていくのではないかと思います。

コロナの影響に伴いマスクをする人がかなり多いわけです。ここまでマスクをする人が多いのであれば、FaceIDでロック解除できないと考えている人もいるわけです。ネット上にはマスクでFaceIDのロック解除のやり方なども出ていますが、どうも一般的なやり方ではありません。一般的なやり方としては、FaceIDではなくホームボタンによるロック解除のほうが確実に便利ですからね。そういうことを考えると、ロック解除は指紋で行うほうが間違いないと思います。指紋認証で行えるようにアップルも考えているのではないかと思います。

とはいうものの、PROモデルは今まで通りのFaceIDになるのではないかと思いますが、SEシリーズではホームボタンを継続的に利用するモデルになるのではないかと思っています。

指紋認証機能は電源に搭載予定

指紋認証機能は電源に搭載される予定になっているようです。
今まではホームボタンでしたが、ホームボタンは排除される可能性が非常に高いです。

指紋認証機能が電源に搭載されるとかなりメリットがありませんか?
iPhone12シリーズでは指紋認証機能が排除されました。そのため指紋認証機能がないと不便だという人もかなり多いはずです。

そういう人にとっては、指紋認証機能が搭載されるということは、相当メリットがあることは間違いありません。
指紋認証というのは、いわゆるTouchIDのことです。TouchIDが搭載されるiPhoneであれば、相当数売れることは間違いないかと思います。
とにかくFaceIDだけでは使い勝手が悪いと思っている人にとっては間違いなくメリットがある機能の一つとなります。

✔指紋認証機能が電源に内蔵
✔ホームボタンも排除
✔TouchIDの復活

2021年に発売の予定

iPhoneSEPlusは2021年に発売される予定になっているようです。2021年の中でも発売はおそらく2021年後半になる可能性が高いということです。2021年というのは、iPhone13が発売される予定となっています。iPhone13は最新のCPUであるA15と呼ばれるCPUが搭載される可能性が非常に高いですね。

それと比較すると2021年の時点では若干性能が落ちるCPUを搭載ということになります。
それでも2021年にPlusモデルとして販売されるということで、期待している人も多くなると思われます。
iPhoneは今後色々なシリーズの販売を継続して行うのではないかと思っています。

販売価格は499ドル〜

販売カカkうは499ドルからになる可能性が非常に高いことがわかりました。販売価格が499ドルというと、日本円にして約5万ちょっと税金を入れ、為替差損を入れると6万円弱といったところではないかと思います。

✔価格は6万円弱
✔iPhone12miniと価格的には悩ましいところ

価格的には若干iPhoneSEPlusのほうが安価な価格設定となっていますが、それでも非常に悩ましいところであることは間違いありません。
昨今高額なスマホばかり販売されておりますが、高額なスマホではなく、5万円前後のモデルも色々販売してもらいたいですからね。

ちょっと販売価格は高くなっています。
iPhoneは最近低価格モデルを販売しようとしています。その理由はAppleもサブスクで儲けるというビジネスモデルを展開しているからです。
サブスクのほうが毎月少額ながらでもたくさんの人から収益を上げることが可能となっていますので、そちらのほうにビジネスモデルをシフトしていっているのです。
そういうこともあり、比較的低価格なモデルのiPhoneでも販売しているわけです。

iPhoneSEPlusがiPhoneSE3?

iPhoneSEPlusがiPhoneSE3の可能性が非常に高いです。
結果的に両方とも同じモデルということになります。

さすがに2021年3月には1つのモデルの販売しか行われないと予想されております。
複数のモデルが発売されないということであれば、1つのモデルだけ発売されるということになります。

✔iPhoneSEPlusもiPhoneSE3も同じモデル
✔2021年3月は1つのモデルしか販売されないと予想

今後発売されるのであれば、iPhone12sという名称で2021年に発売されるiPhoneになるのではないかと思っています。

iPhone13は名称ルールとして販売されない可能性が非常に高いと言われております。

iPhone13の13はいい数字ではないとあり、iPhone12sとなり、その次はiPhone14となる可能性が非常に高いです。