ワイモバイル 過去に発売されたiPhoneの発売日を調査 いつ購入できるようになるか

ワイモバイルで過去に販売されたiPhoneの発売に関して紹介したいと思います。ワイモバイルで本当に最新機種の発売はあるのでしょうか。
そのあたりも非常に気になりますね。それではまずは通常のiPhoneの発売日に関してお伝えしたいと思います。iPhoneのアップルから発表された発売日とワイモバイルで発売される発売日では異なります。ワイモバイルでは実際の発売日よりも遅れて発売されるのです。ソフトバンクはアップルの発売日にiPhoneの発売が行われるわけですが、サブブランドとしてのワイモバイルは残念ながらアップルの発売日に購入できることはありません。

それこそ廉価版のiPhoneが発売されたときにだけ発売される可能性がありますが、今のところアップルから発売されているiPhoneには廉価版という位置づけのモデルというものがないのです。それではまずは通常のiPhoneの発売日に関してお伝えしたいと思います。

iPhoneの発売日

iPhoneの種類 発売日
iPhone6s 2015年9月25日(金)
iPhone7 2016年9月16日(金)
iPhone8 2017年9月22日(金)
iPhoneX 2017年11月3日(金)
iPhoneXs /MAX 2018年9月21日(金)
iPhoneXR 2018年10月26日(金)
iPhone11 /Pro /Pro Max 2019年9月20日(金)

こちらが通常のiPhoneの発売日となっています。基本的にすべて金曜の発売となっています。

この発売日でキャリアモデルとしては発売されているのです。キャリアモデルというのは、ドコモ、ソフトバンクなどというものがキャリアモデルとなります。最新モデルの発売を行うためキャリアは世界のiPhoneの発売日に合わせて発売を行うのです。

ワイモバイルの発売日

それではこちらがワイモバイルの発売日となります。

iPhoneの種類 発売日
iPhone5s 2016年3月4日(金)
iPhoneSE 2017年3月25日(土)
iPhone6 未発売
iPhone6s 2017年10月6日(金)
iPhone7 2018年12月20日(木)
iPhone8 未定
iPhoneXR 未定
iPhone11 未定
iPhoneSE2 未定

ワイモバイルの発売日というのは、2017年に2台のiPhoneが発売されておりますが、2018年の年末にiPhone7の発売が行われただけで、その後iPhoneの発売は行われておりません。そうなると期待したいのはiPhone8の発売日ではないかと思いますが、一旦は2019年年末の発売はなさそうですね。今後ワイモバイルから発売されるiPhoneというのは、一番安価なiPhoneを中心にいくつか販売される見込みとなっています。上記にも記載ありますが、直近ではiPhone8の発売を期待している人がかなり多いのではないかと思っています。

ワイモバイルも1年に1度のページで販売されておりましたが、2019年はiPhoneが発売されておりません。2019年のiPhone8の発売に期待していた人もかなり多いのではないかと思います。年末にiPhone8の発売があるのではないかとは思いましたね。2019年にはiPhone8が各キャリア、いわゆるドコモ、au、ソフトバンクでかなりの台数が販売されました。そのためドコモ、au、ソフトバンクで販売されたために、ワイモバイルにまで回ってこなかったのかもしれません。

直近ではiPhoneSE2というモデルの販売が行われる可能性もあり、そちらの機種に期待している人も多いかと思います。iPhoneSE2はまずは、ドコモ、au、ソフトバンクから発売されるのでしょうか。そのあたりも気になる部分ではありますよね。

少年
少年
2019年のうちにiPhone8だけは販売してほしかったよね。
少女
少女
確かに販売してほしかったね。それでも大手キャリアの販売が終了した後になるんじゃないかな?iPhone8は相当販売台数を伸ばした機種になっているみたいだよ。それだけiPhone8の人気が高かったということなんだね。
少年
少年
なんでそこまで人気があったのかな?
少年
少年
やっぱり価格もそれなりに安くて、画面もそんなに大きくなくて持ちやすい機種だから、女の子を中心に売れたんだよね。

iPhone8の発売に期待


こちらiPhone8の情報を記載しておきますが、iPhone8は今までのiPhoneの中で最も売れたモデルとなります。当然ですが、そのことを知らない人も多いのです。それくらいiPhone8というのは人気のモデルになっているのです。iPhone8がなぜそこまで人気が出たのかというと、やはり価格でしょう。価格が非常に安価に発売されたということが売れた理由の一つだと思います。最近はiPhone8の価格も上昇していましたが、前はかなり低価格で販売されていたのです。MNPならかなり高額キャッシュバックをつけた状態での販売も行っておりました。ただし総務省からの要請により、キャッシュバック販売を行うことが難しくなってきたのです。そのため一旦iPhone8の価格は上昇し、iPhone11などが売れ筋の上位にくるわけですが、それでもiPhone8の人気はまだ上位にいるのです。そういうことを考えるとキャリアいわゆるドコモやソフトバンクなどから販売されなくなったときには、ワイモバイルから販売されるのではないかと思っています。ワイモバイルはiPhone7なども低価格で販売しています。低価格で販売されるモデルというのは、結構な人気になるのです。

iPhone8がワイモバイルから発売されるということは、キャリアモデルの販売も終了し始める時です。少なくともソフトバンクではiPhone8の販売をやめるでしょう。iPhone8を購入したい人はワイモバイルで購入してくださいということになります。ワイモバイルから発売されるということは、UQからも発売されると思います。それならauの販売もやめることになると思います。

ドコモはサブブランドがありませんので、ドコモが今後iPhone8の取り扱いをどうするかですよね。現在iPhone7をドコモでは販売しており、iPhone7の発売をやめてiPhone8の価格を下げてくる可能性も十分に考えられます。すでにかなり価格が安価になり、SIMフリーモデルでは税抜で52800円からとなっています。かなり安価であることが伺えるかと思います。基本的に安価になれば、スマホの販売台数も飛躍的に伸びていくでしょう。

iPhoneSE2の発売にも期待

iPhoneSE2が今後グローバルで発売される予定になっています。iPhoneSE2というのは、iPhoneSEの後継という位置づけというよりも、iPhone8の後継という位置づけされるモデルになる可能性も非常に高いモデルです。


こちらに最新の情報を掲載しておきます。iPhoneSE2は現在出ている情報だと、価格も400ドルほどになっていることから日本円で5万円以下で購入できそうです。非常に安価な価格設定になっている可能性もあるわけです。
そのためワイモバイルから発売されても不思議ではありません。むしろ発売は大歓迎なはずです。
ワイモバイルから発売されるモデルというのは、基本的に低価格モデルがメインになっていることから、安価なモデルを望む人がかなり多いと思います。
安価なモデルとしてiPhoneSE2はかなり期待がもてるのではないかと思っています。
iPhoneSEの発売からかなり経過しており、ワイモバイルではすでにiPhoneSEの販売も行っておりません。
それでもiPhoneSE2の発売は期待している人も多いことでしょう。

iPhoneSE2はiPhone9という名称で販売される可能性も十分にありえます。iPhone8の後継と先ほども記載しましたが、iPhone8の後継という位置づけであれば、確実に売れることは間違いないと思います。

とにかくiPhone8の売上はかなりのものだったということを知っている人も多いと思います。それならiPhone8と同様にかなり販売台数を伸ばすことは間違いないかと思います。昨今大画面モデルが非常に増えてきており、画面サイズがそこまで大きくないモデルというのは、人気が出る傾向にあります。特にiPhoneであれば、コンパクトモデルの人気もかなり出てくるのではないかと思っています。コンパクトモデルの人気はAndroidではイマイチですが、iPhoneでは相当人気なんですね。

今でもiPhoneSEなどのコンパクト機種を利用している人もいるくらいです。4インチというコンパクトな画面のモデルでも売れるわけです。コンパクトモデルが売れるということは、それだけ期待している人が多いということになります。

iPhone7も大幅値下げ販売

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone7もかなり大幅値下げを行っているのです。そのためiPhone7は今ワイモバイルではかなり販売台数を伸ばしています。iPhone7は低価格な上にiPhoneということもあり、ワイモバイルでは、低価格モデルの需要があるわけです。今なら3万円ほどで新規契約できるわけですから、かなりメリットがあるかと思います。最近の人はとりあえずiPhoneが使えたらいいと考える人も多いため、iPhone7でも問題なしと判断して購入する人も多いと思います。
個人的にはiPhone7が特価販売されたときからかなり販売台数を伸ばしているかと思います。いわゆる安くなったら買おうというニーズをがっちり掴んでいるのがワイモバイルのiPhone7なのです。
ただし気になるのは、大幅値引きされたので、次のモデルの発売いわゆるiPhone8の発売があるのかもしれません。
iPhone8というのは、先程も触れたように一番売れたiPhoneとなります。それが45000円ほどで購入できればかなりいいと思いませんか?
iPhone8は定価ベースで5万円台です。それが新規やMNPなら今ワイモバイルは割引を実施しているので、4万円台での購入が可能となるのです。それくらいなら購入してもいいかもしれないと思う人は多いでしょうね。

iPhone7で十分なのか?と思う人もいるかも知れませんが、iPhone7は2020年の時点でも最新のOSへアップデートすることが可能です。そのため最新のOSでiPhoneを楽しみたいという人にとっても問題はありません。iPhone8ではなくiPhone8はとにかく安価なのです。2年ほど利用して、その後新しいiPhoneに乗り換えても問題ないかもしれませんね。基本的には最近のワイモバイルは3年間利用するというところが基本となっています。3年間の支払いが長いと感じればそれまでなのですが、3年間が支払いのベースになっているということを考えると毎月の本体代金に関する維持費はかなり安く抑えることが可能となっているのです。このように毎月の維持費を抑えるのであれば、36回払いでも仕方ないことかもしれませんね。