iPhone12s /Pro /ProMAX /mini ソフトバンク au ドコモ 楽天モバイルで販売の予定

iPhoneの2021年モデルというのは、iPhone13になるともiPhone12sになるとも言われております。

iPhone12の後継モデルになるということは、間違いありませんが、名称に関しては今のところ85%の確率でiPhone12sになるのでは?とも言われております。

もともと13という数字は西洋ではあまりいい数字とは言われておらず、13という名前を避ける可能性があるということは、ずっと言われておりました。

iPhone12sの予約は各社から行える

実質的なiPhone12の後継モデルというのは、各社から予約を行うことが可能となっています。

こちらは、ソフトバンクオンラインショップとなっています。

ソフトバンクオンラインショップというのは、かなりの数のiPhoneの在庫が入手できるため、予約をしてもすぐに購入することが可能となっています。

そのためソフトバンクオンラインショップを利用する人もかなり多いのではないかと思います。

ソフトバンクオンラインショップは自宅受け取りで事務手数料が無料
ソフトバンクオンラインショップは送料が無料
ソフトバンクオンラインショップは頭金がない

店舗購入の場合、予約をしようと思っても、購入しようと思っても店舗に行く必要があります。

iPhoneは予約開始日にすぐに購入しないとなかなか入手が困難となっており、わざわざ時間を割いて店舗に行くということをしない人もかなり多いわけです。

そういう観点からも、オンラインショップを利用する人が非常に増えていることは間違いありません。

こちらはドコモです。

ドコモも事務手数料無料で送付してくれますので、かなりメリットがあると思っています。

ドコモを利用するiPhoneユーザーの数もかなり増えてきており、今後ドコモでもかなりのiPhoneを販売していくものと思われます。

au Online Shopからも予約は可能となります。

au Online Shopから予約をすると頭金無料で発売日に自宅まで送付してくれるというメリットがあります。

ワイモバイルからはプロシリーズの販売はなし

ワイモバイルからはプロシリーズの販売は行われないと予想されます。

iPhone12の時も、プロシリーズの販売はありませんでした。

通常モデルのみの販売となっています。プロシリーズが欲しいという人は、ソフトバンクを利用してほしいというグループの思いがあるのではないかと思います。

もともとiPhoneに関してもワイモバイルでは販売はありませんでした。

ワイモバイルでの機種変更が出来ない
ワイモバイルにiPhoneを採用することで、他社への流出を防ぎたい

このような思いがあって、iPhoneはワイモバイルからも販売されるようになりました。

これに伴い、本当に待っていたという人も多くいるのではないかと思っています。

それくらいiPhoneというのは、各社欲しいガジェットの一つなのです。

iPhoneは日本の半数以上の人が所持しており、大多数の人がiPhoneを利用しているのです。

そういうこともあり、iPhoneを利用するユーザーというのは、今後もかなり増えてくると思います。

AndroidからiPhoneへ乗り換えるユーザーもかなり多いと思いますが、ワイモバイルもiPhoneが欲しくてワイモバイルにMNPで転入するという人も結構多くいるのではないかと思っています。

iPhone12sはどんなスペックになるのか?

iPhone12sというのは、どのようなスペックになるのでしょうか?

今から期待している人もかなり多いのではないかと思います。

iPhone12sに関する情報を随時発信していこうと思います。

iPhone12sはA15という最新のCPUが搭載

CPUと呼ばれるものは、そのスマホ今回でいえばiPhoneの処理能力をすべて司るといっても過言ではありません。

AndroidスマホではSnapDragonと呼ばれるクアルコムから販売されているものを採用しているケースが大半ですが、iPhoneの場合はSnapDragonではなく、Aシリーズと呼ばれるCPUを採用しています。

AシリーズのCPUというのは、TSMCが製造しており、TSMCというメーカーは基本的にはOEMメーカーということで、世の中に出ることはあまりありません。

AシリーズのCPU以外にもMシリーズと呼ばれるCPUを製造しており、Mシリーズというのは、iPadやMacBookに採用されているCPUとなります。

Aシリーズの処理速度は1.3倍程度アップ

処理速度というのは、1.3倍程度アップすると予想されております。

毎年のことですが、CPUというのは、レベルアップしており、2021年モデルでは5nmというプロセスルールで製造される見込みです。

iPhone12に関しても5nmというプロセスルールで製造されていたので、基本的な能力というのは、あまり変わらないと思います。

5nmというのは、10年前からするとありえないほど細かいプロセスルールになっており、プロセスルールが細かくなると、それだけバッテリーの消費を抑えることができたり、処理速度が向上したりと基本的にいいことが多いのです。

今後もTSMCというメーカーでAシリーズのCPUは製造され続けるのではないかと思います。

✔TSMCのCPUは非常にメリットが大きい
✔TSMCはアップルのCPUをすべて製造している

基本的にすべてのCPUを製造しているということもあり、アップルからの信頼性というのは、抜群です。

RAMの容量などはどうなる?

RAMの容量というのは、処理するための領域ということになります。

大きければコストも上がりますが、小さすぎると、複数のアプリを動作させるときには、いまいちということになります。

✔iPhone12:4GB
✔iPhone12mini:4GB
✔iPhone12Pro:6GB
✔iPhone12ProMAX:6GB

iPhone12の時のRAMの容量は上記の通りとなっています。これだけ見ても、多いのか少ないのかわからないと思いますが、実はXperia 1 Ⅲという2021年に発売されたAndroidでは、12GBという容量になっています。

それならiPhoneのRAMの容量は少ないのでは?と思う人も多いでしょう。

確かにRAMの容量というのは、iPhoneに関しては大きくはありません。

むしろ少ないです。ただ少なくても全く問題なく動作させることが可能となっており、それだけOS側での制御が行われているということになります。

OSというのは、iOSのことです。

RAMの容量というのは、年々上昇していますが、2021年モデルでは上昇はiPhone12と同じになるのではないかと思っています。

Proシリーズでは120Hz駆動のディスプレイ

Proシリーズのみと言われておりますが、120Hz駆動のディスプレイになると言われております。

120Hzのディスプレイになれば、ゲームなども非常に高速に動くと思います。

画面がなめらかになるということになりますので、ゲームといってもアクションゲームやレースなどのゲームをする時には、今までの機種を比較しても違いを実感できるかもしれません。

基本的に違いを実感しないと、新しく購入する意味はありませんからね。

1TBモデルがProモデルで登場の予定

1TBという非常に大容量モデルが登場する見込みとなっています。

Proモデルというのは、やはり特別感があるといっても否めません。

✔Proモデルのみ1TBモデルが登場の予定
✔Proモデルは、通常モデルとかなりの差別化がある

通常モデルと比較してもかなり差別化されており、かなりメリットがあると思います。

価格の差もそれなりにありますので、ある意味仕方ないことかもしれませんが、基本的にはProモデルというのは、相当メリットがあるモデルになると予想されます。

ノッチがコンパクトに

ノッチがコンパクトになると予想されております。

ノッチというのは、正直なところ邪魔にしか感じない人も多いのではないかと思います。

✔ノッチはかなり邪魔
✔ノッチが狭くなると動画などがかなり見やすくなる
✔パンチディスプレイはiPhone14あたりでの採用になると予想

現在各社はパンチディスプレイなどを採用しています。

パンチディスプレイを採用している機種も増えている中で、iPhoneは技術的にもできると思いますが、なぜかノッチを継続的に残しています。

その理由は定かではありまえせんが、おそらく経費を抑えているのではないかと思います。

望遠レンズ

iPhone12sでは、7Pの望遠レンズが搭載される予定となっています。

7Pのレンズとというのは、かなり複雑な構造になると予想されます。

ただ昨今は、望遠レンズというものは、基本的には年々レベルアップしています。

✔Galaxy S21 ULTRAは10倍の光学ズームを採用
✔光学ズーム3倍は当たり前に

昨今では光学ズームというのは、基本的に当たり前になりつつあります。

そういうこともあり、光学ズームを採用しているメーカーというのは、非常に多いです。

iPhoneでも光学ズームを採用しておりますが、倍率に関してはまだそこまで高いというわけではありません。

Androidスマホでのズーム性能というのは、年々高くなってきており、iPhoneからAndroidへ乗り換えるという人も非常に多いです。

✔トータル的なスペックはAndroidのほうが高い
✔Androidスマホのほうがカメラがよい

Androidスマホのほうが安くてカメラもいいモデルというものが多数販売されているということもその原因の一つとなっています。

LiDARの搭載はProのみ

Li

LiDARと呼ばれる奥行きを計測するセンサーが搭載される見込みです。

奥行きを計測するセンサーがあれば、ポートレートモードではかなりきれいに撮影を行うことが可能となっています。

✔奥行きを計測するセンサーがあれば、かなりきれいに撮影が可能
✔アップルに搭載するセンサーは、かなりいいものが採用されている
✔LiDARはProモデルのみ

Proモデルにのみ搭載されるということであれば、基本的にはポートレートモードを本当に美しく撮影するのであれば、Proモデルの購入しかないということになります。

カラバリはどうなる?

カラバリはサンセットゴールドなどの色のモデルが販売される可能性があります。

新色の登場ということは、ユーザーとしてもかなりありがたい話ではないかと思います。

✔新色の登場でかなり期待したい
✔新色はかなり売れる
✔予約購入するなら間違いなく新色をオススメ

予約の購入をするのであれば、間違いなく新色をオススメしたいですね。

iPhoneの予約開始日は?

✔9月14日発表
✔9月17日からの予約開始
✔9月21日発売開始

発売までのスケジュールというのは、非常に短いと予想されます。

購入までのスケジュールに関しても、あらかた出てきており、ほぼこの通りにいくのではないかと思います。

改めて予約を行うのであれば、オンラインショップがオススメです。

オンラインショップで契約いただければ、発売日に自宅まで届けてくれますので、それだけでもメリットがあります。

予約開始時間はおそらく22時になると思います。

✔予約開始時間は22時〜と予想

今までもそうでしたが、予約開始時間というのは、22時〜に変更されております。

そのため9月17日22時〜予約開始になると予想されております。

発売までもう少しとなっていますので、もう少し待つしかないでしょうね。

iPhone12sという名称での販売はなかった

iPhone12sという名称での販売はありませんでした。

iPhone13という名称になりました。

iPhone12sという名称になるとも言われており、どの名称での販売になるのか色々考えていた人も多かったのではないかと思います。

✔名称はiPhone13で確定
✔ワイモバイルからもiPhone13の登場もほぼ確定

iPhone12もワイモバイルから販売されていることから、今後ワイモバイルからiPhone13という名称で販売されることはほぼ間違いないでしょう。

2022年2月頃の発売になると思われます。

iPhone12が販売されたタイミングでも2022年2月頃ということでしたので、かなり期待は持てるかと思います。

基本的にUQモバイルからもiPhone13の発売は行われると思われます。

まずはスタンダードキャリアからの発売となり、その後サブブランドでの販売となります。