こちらのキャンペーンはPayPayボーナス3000ポイントもらえます。
少しでも携帯を安く買えるならかなりお得でしょう

iPhone 発売日 予約開始日 いつから購入できるようになる?

iPhoneの予約開始日や発売日に関してはかなり気になるところではないかと思います。

iPhoneというのは、毎年発売されているということもあり、欲しい人もかなり多いです。

iPhoneの発売日に関してはかなりの人が興味を持っているのではないでしょうか?


過去のiPhoneの発売日は?

iPhone 発表日 予約開始日 発売日
iPhone6s /6sPlus 2015年9月9日(水)(現地時間) 2015年9月12日(土)16時01分 2015年9月25日(金)
iPhone7 /7Plus 2016年9月7日(水)(現地時間) 2016年9月9日(金)16時01分 2016年9月25日(日)
iPhone8 /8Plus 2017年9月12日(火)(現地時間) 2017年9月15日(金)16時01分 2017年9月22日(金)
iPhoneX 2017年9月12日(火)(現地時間) 2017年10月27日(金)16時01分 2017年11月3日(金)
iPhoneXs 2018年9月12日(水)(現地時間) 2018年9月14日(金)16時01分 2018年9月21日(金)
iPhoneXs MAX 2018年9月12日(水)(現地時間) 2018年9月14日(金)16時01分 2018年9月21日(金)
iPhoneXR 2018年9月12日(水)(現地時間) 10月19日(金)16時01分 10月26日(金)
iPhone11 2019年9月12日(木) 2019年9月13日21時 2019年9月20日(金)
iPhone11Pro 2019年9月12日(木) 2019年9月13日21時 2019年9月20日(金)
iPhone11ProMAX 2019年9月12日(木) 2019年9月13日21時 2019年9月20日(金)
iPhone12 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年10月16日(金)21時 2020年10月23日(金)
iPhone12mini 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年11月6日(金)22時 2020年11月13日(金)
iPhone12Pro 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年10月16日(金)21時 2020年10月23日(金)
iPhone12ProMAX 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年11月6日(金)22時 2020年11月13日(金)
iPhone13 2021年9月14日(火)(現地時間) 2021年9月17日(金)21時 2021年9月24日(金)
iPhone13mini 2021年9月14日(火)(現地時間) 2021年9月17日(金)21時 2021年9月24日(金)
iPhone13Pro 2021年9月14日(火)(現地時間) 2021年9月17日(金)21時 2021年9月24日(金)
iPhone13ProMAX 2021年9月14日(火)(現地時間) 2021年9月17日(金)21時 2021年9月24日(金)
iPhone14シリーズ(予想) 2021年9月13日(火)(現地時間) 2021年9月16日(金)21時 2021年9月23日(金)

過去に販売されたiPhoneシリーズとなっています。

通常であれば、9月頃に発売になると予想されております。

今後も継続して9月頃の発売に?

これから先も継続して9月頃の発売になると予想されております。

なぜ9月になったのか?ということですが、ブラック・フライデーに近い日で発売をしたいという思惑があるようです。

ブラックフライデーというのは、かなりのものが売れるのです。日本でもここ最近はブラック・フライデーというイベントを聞いたことある人も多いのではないかと思います。

✔ブラックフライデーに合わせている
✔ブラックフライデーはかなりものが売れる

かなりものが売れるという時期に合わせて製品を発売すれば、その製品はかなり売れる可能性が高いです。

そして年末にはクリスマスとなり、クリスマスの時期になるとiPhoneは比較的予約をすることなく購入することが可能となります。

それならクリスマス前に販売するほうがメリットが大きいと考えることが普通ではないかと思います。

秋の発売ということは、そういうことがあるのではないかと思います。

秋に販売する製品というのは、日本では通信業界ではiPhoneというものがかなり大きなイベントとなっていますが、Androidでは、冬というより、春に比較的新製品を出すことのほうが多いと思います。

Androidの場合はCPUに合わせて新製品の登場が行われているように感じます。

SnapdragonというCPUの最新モデルが、たいてい年末に発表されるのです。

年末に発表されたCPUを利用した最新のAndroidが1月頃から発表されているのです。

日本人の半数以上はiPhoneを利用

日本人の半数以上はiPhoneを利用しています。

これからさらに比率はiPhoneにシフトしていくのではないかと思います。

なぜこれからも半数以上がiPhoneを利用し続けていくのか?というところですが、若い人がiPhoneをどんどん購入していくからです。

特に女性というのは、iPhoneを所持している人が非常に多いと思います。

✔女子中学生や女子高校生は、iPhoneの所持率が異常に高い
✔友人がiPhoneを持っていると、それに釣られてiPhoneの購入が増える

さらに一度購入すると、その人は今後も継続してiPhoneを使い続けるのです。

iPhoneを使い続けるということは、ずっとiPhoneを利用するということになりますので、iPhoneを保持している人の割合というのは、かなり高くなるわけです。

若い人ならおそらく7割以上はiPhoneではないかと思います。

それくらいがiPhoneとなっていますので、今後iPhoneを所持する人の割合というのは、どんどん増えてくることは間違いないかと思います。

iPhoneの人気は当分衰えることはないかと思います。

日本人のおサイフ事情から考えると厳しい

ただ日本人のおサイフ事情から考えると本来ならiPhoneは厳しいはずです。

なぜならiPhoneの価格はかなり高額だからです。

iPhoneはProシリーズであれば、10万円を超えるのです。毎年のように10万円スマホにお金を出せる家はどれくらいあるでしょう?

独身ならまだしも独身ではなく、家族がいたらかなり厳しいのではないかと思います。

そういうことを考えると、iPhoneは毎年のように販売台数を伸ばしていくということはかなり厳しいのではないかと予想します。

基本的には3年〜4年程度に1度の購入になるのではないかと思います。

✔毎年の購入は厳しい
✔せめて数年に1度の購入

このようにiPhoneは毎年9月に発表されますが、欲しくても購入出来ないという家も結構あるわけです。

日本人の平均年収も減少傾向にあり、高額なiPhoneを購入するということ自体が結構難しくなってきているわけです。

今後このようなおサイフ事情のことを考えると、Androidで我慢するという人も多くいるのではないかと思います。

Androidで我慢というとAndroidが悪いみたいですが、そんなことはありません。

Androidでも10万円を超えるモデルが多数販売されているからです。それらのモデルに関してはかなりよく出来ていますが、Androidなら1万円台から購入できるものもあります。

それならそちらでもいいのでは?と思う人も少なくとも出てきてもおかしくないわけです。

実際に、安価なAndroidを1年に1度購入している人も結構多いはずです。安価なモデルと高額なモデルでの差というのは、処理速度やカメラの性能に関しては差が出るものの、大きな差というものはありません。

ウェブ閲覧やアプリの利用、そしてユーチューブの閲覧に関しても問題ありません。

それらのことをトータル的に考えると、少々安くてもやれることはあまり変わらないのです。

今後もAndroidと悩む人も多いと思いますが、iPhoneもSE系が継続的に売れているように、今購入しようとしている人の大半のおサイフ事情というのは、結構厳しいことは間違いありません。