Redmi Note 9T ソフトバンクから MNP 一括1円で販売中 スペックも高くいいスマホ

Redmi Note 9Tというスマートフォンがソフトバンクから発売されています。

ソフトバンクから発売されているRedmi Note 9Tはかなり安く設定されております。

ワイモバイルもソフトバンクグループということで、ワイモバイルでも利用可能となります。

Redmi Note 9Tのスペック

モデル Redmi Note 9T
大きさ 約77 × 162 × 9.1mm
重さ 200g
OS Android10.0
CPU Dimensity 800U オクタコア
RAM 4GB
ROM 64GB
画面サイズ 6.53インチ
解像度 2340×1080ドット フルHD+
アウトカメラ 約4800万画素+約200万画素+約200万画素
インカメラ 約1300万画素
無線 IEEE802.11a/b/g/n/ac
カラー ナイトフォールブラック、デイブレイクパープル
バッテリー 5000mAh
その他 USB Type-C

5G対応モデル

このモデルは5Gへの対応も完了しています。そのため高速通信を行うことが可能となっています。
昨今5Gのスマホはかなり増えてきておりますので、今後も5Gモデルは増えていくと思います。

2021年以降は5G対応のモデルがかなり増えてくると予想されます。
価格的にも2万円前後のモデルでも5Gへの対応をしているので、ほぼすべてのモデルで5Gへの対応となることは間違いないかと思います。

✔低価格モデルでも5Gへの対応は当たり前に
✔5Gへの対応は各社揃ってきた

5Gは今後世の中にどんどん浸透していくことは間違いありません。

5Gアンテナの敷設

5Gアンテナの敷設です。5Gアンテナはどんどん基地局を増やしていますが、まだまだこれからな部分があります。

ソフトバンクグループでは、現在アンテナの敷設にかなり力を入れておりますが、まだまだといった感じです。

計画としては、まだまだアンテナは敷設されていきますが、4Gと比較しても5Gのアンテナの数はかなり多く必要になりますので、これからまだアンテナの敷設には時間がかかるのではないかと思っています。

スマホ側が対応していたとしても、アンテナがまだそこまで多くはないということになれば、5Gの恩恵を受けることはできません。

5Gアンテナを大量に敷設されるまで、まだエリアはそこまで広くないと思います。

ただソフトバンクグループだけではなく、他社もアンテナの敷設に関してはまだまだ苦しい部分もあろうかと思いますので、後数年我慢が必要かと思います。

都市部は比較的早く5G対応となる

都市部に関しては各社急ピッチにアンテナの敷設を行っています。
都市部で利用する分には、5Gも比較的早い段階で対応することが可能となりますので、都市部に住んでいる人なら、すぐにでも5Gのスマホを手に入れたほうがいいと思います。

5Gへ対応するスマホを手に入れるのであれば、今回紹介したモデルなんかも非常におすすめです。

価格もかなり安価な価格設定になっていますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

ワイモバイルにして毎月の維持費を抑える

とりあえずこの機種を安価な時に購入しておいて、ワイモバイルにMNPをするという人も結構多いのではないかと思います。
まずはSIMフリーモデルにした状態で、ワイモバイルへ移動させることで、安価に維持することが可能となっています。

ワイモバイルの料金プランというのは、かなり安くなっているので、かなりメリットがあると思っています。

これからは毎月の維持費も含めて安価なスマホが売れるのではないかと思っています。
とにかく固定費を見直したいという人は、ワイモバイルなどと契約する人がかなり多いです。
一度今利用しているスマホの維持費の見直しを行ってみることもありではないでしょうか。