こちらのキャンペーンはPayPayボーナス3000ポイントもらえます。
少しでも携帯を安く買えるならかなりお得でしょう

ワイモバイル SIM 単体契約 することがお得 SIMフリースマホを準備して PayPayボーナスをもらおう

ワイモバイルは今SIMだけの購入がかなりお得になっていることを知っていますか?
SIMだけを購入するということは、スマホの購入は伴わないということになります。
スマホの購入をしないけどSIMだけの購入ができるということは、いいと思いませんか?


SIMフリーのスマホを用意する

ワイモバイルからSIMのみの契約が可能となりますが、今はPayPayボーナスをもらうことが可能となっています。

ワイモバイルは上記のリンク先から行くことができます。

基本的にSIM単体で契約する人というのは、新規契約もしくはMNPとなりますので、その人はかなりメリットがあるのではないかと思います。SIM単体でも契約できるということはあまりありません。

SIM単体での契約となると、スマホを所持しておく必要があります。それもSIMフリースマホです。今利用しているスマホがSIMフリーかどうかというのは、現在利用しているキャリアに問い合わせてみることをおすすめします。通常であれば、SIMロックというものがかかっており、SIMフリーではありません。
SIMロック解除を今利用しているキャリアで行う必要があるのです。

SIMロック解除すると基本的にはワイモバイルで利用することができます。

実はそれだけではなく、ワイモバイルで利用できる通信帯域に今利用しているスマホが合致しているか調べる必要があります。

https://www.ymobile.jp/support/process/unlock_procedure/pdf/frequency-band-list-ymobile.pdf

こちらがワイモバイルから出ている利用帯域です。ここに合致しているようなものでないと残念ながらSIMだけを買っても利用できないということになります。
ロック解除されたあとのSIMフリーのスマホがどの帯域に対応しているのか?ということは調べて置く必要があります。

ワイモバイルの料金プランを抑える

ワイモバイルの料金プランはきっちり抑えておく必要があります。
今の利用方法で、今のキャリアよりも安価に維持できるのか?などワイモバイルだから絶対安くなるとは限りません。

こちらが最新のワイモバイルの料金プランとなっています。こちらのプランを確認しておくことをおすすめしたいですね。
ワイモバイルは最低でも2680円は発生するのです。
ただし付加サービスがワイモバイルの場合かなりメリットのある付加サービスとなっていますので、他社とは単純に比較することはできません。
それでもきっちりワイモバイルの料金プランは抑えておきたいところですね。

2021年から新料金プラン

こちらの料金プランが2021年に出てきました。ワイモバイルは2021年に入ってから2回目の料金プラン改定となります。あまりそのような会社というのは、今までなかったのではないかと思っています。
1ヶ月くらいの間で2回の料金を発表するということは、異例のことですからね。
それくらい他社の価格が安価になっているということなのではないかと思います。

基本的に毎月の維持費というのは、家計を逼迫するものです。収入が増えない中で、毎月の維持費を下げるということは、家計にとっても非常に優しいです。
基本料金は家計にとって、かなり苦しい家が多い中での料金の値下げです。
これなら契約しやすくなるのではないかと思っています。
ワイモバイルも契約してもらわないと当然ながら儲かりません。
儲けるためには、契約をしてもらう必要があるのです。

ワイモバイルの料金プランというのは、家計に優しい料金プランになっているかと思いますね。