こちらのキャンペーンはPayPayボーナス3000ポイントもらえます。
少しでも携帯を安く買えるならかなりお得でしょう

ワイモバイル Redmi 10 スペック 発売に期待 レビュー 動きなどはどんな感じ?

ワイモバイルから今後Redmi 10が発売される可能性がありますので、紹介したいと思います。

Redmi 9Tというモデルがすでに、ワイモバイルから販売されており、その後継モデルということになります。

こちらがRedmi 9Tとなっていますが、コスパに非常に優れたモデルとなっているので、今Redmi 9Tはかなり販売台数を伸ばしているモデルとなっています。

Redmi 10というのは、これの後継モデルという形となります。


Redmi 10のスペックを紹介

メーカー Xiaomi
大きさ 161.95 x 75.53 x 8.92mm
重さ 181g
OS Android11.0 MIUI12.5
CPU MTK Helio G88
RAM 4GB
ROM 128GB
画面サイズ 6.5インチ
解像度 2400 x 1080
メインカメラ 5000万画素 F値1.8 メインカメラ
800万画素 F値2.2 超広角カメラ
200万画素 F値2.4 マクロカメラ
200万画素 F値2.4 深度カメラ
インカメラ 800万画素 F値2.0
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
ネットワーク 2G:GSM B2/B3/B5/B8
3G:WCDMA:B1/B2/B4/B5/B8
4G:LTE FDD:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B20/B28/B32 / B66
LTE TDD:B38 / B40 / B41
SIMカードスロット:デュアルSIM、デュアルスタンバイ、Nano SIM、(デュアルSIM +専用MicroSD)
カラー シーブルー、カーボングレイ、ホワイト
その他 5,000mAhバッテリー、FMラジオ

こちらがRedmi 10のスペックとなっています。

CPUは異なる可能性あり

CPUに関しては異なる可能性は十分にありえるのではないかと思います。

✔CPUはSnapdragon480になる可能性あり
✔日本向けモデルではSnapdragonの可能性が高い

日本向けのモデルというのは、基本的にSnapdragonを搭載しているケースが非常に多いです。

そのため他社から販売されているXiaomiのRedmi 10というのは、Snapdragonを採用しています。

Snapdragonを採用しているため、日本市場では人気が出るのではないかと思っています。

逆に他のCPUを搭載していると、質問を受けた時に、店員などが答えられない可能性も十分にあります。

そういう時には、正直なところ結構厳しいと思いますね。そのためCPUはSnapdragonシリーズになる可能性は非常に高いと思います。

カメラは結構使える

こちらはすべてRedmi 10で撮影した写真となっています。

暗い場所で撮影することに関しては、やはり若干苦手ですが、Redmi 10は明るい場所で撮影したものは、きれいに撮影することができます。

暗い場所で撮影機会の多いという人は、Redmi 10よりも別のモデルにするほうがメリットがあると思っています。

しかしながら、明るい場所はいいので、基本的に明るい場所で撮影することが多いという人は、Redmi 10はオススメしたいと思います。

ワイモバイルで発売される可能性は高い

すでに他社から販売されているということもあり、ワイモバイルから発売される可能性は高いと思います。

ワイモバイルでこのあたりのスマホの販売を待っている人はかなり多いのではないかと思います。

まずその理由としては、安価なスマホを待っている人が多いからです。

それとMNPや新規一括価格になりやすいスマホということで、待っている人が多いのです。

発売後すぐになるわけではありませんが、発売後1年くらい経過すると新規一括1円などで販売される可能性も十分にありえるのです。

そうなれば、非常に購入しやすいスマホという扱いになります。

✔発売後1年程度でかなり購入しやすいスマホになると予想
✔元々の価格も安価なので、比較的購入しやすい

ライバルはリベロ5Gなどのモデルになってくると思いますね。