Apple Watch8 アップルウォッチ8 2022年 スペック噂 機能 予想 価格 進化 発売日は?

2022年モデルのAppleWatchに関して知りたいという人も結構多いのではないかと思います。

AppleWatchというのは、基本的に1年に1度のペースで販売されており、2022年に発売される予定のAppleWatch8の情報も気になる人は多いのではないかと思います。

AppleWatch8は2022年に発売される予定となっており、AppleWatch7が発売されたら次のモデルを買おうかどうしようか考える人も多いはずです。

AppleWatchの購入はオンラインショップがおすすめ

AppleWatchの購入はオンラインショップから行う人が非常に多いです。

その理由として、iPhoneの購入のついでに購入する人が非常に多いからです。

✔iPhoneと同じタイミングで購入する人も多い
✔AppleWatchを購入する人はGPSモデルのみを購入する人が多い

AppleWatchを購入する人というのは、基本的にはiPhoneを利用している人ということになります。

そのためiPhoneをオンラインショップで利用するついでに購入するということが、最大のメリットとなるわけです。

こちらが各社のオンラインショップとなっています。

こちらのオンラインショップから購入する人もかなり増えています。

オンラインショップは自宅に居ながら受け取ることや購入が可能ということで、相当メリットはあります。

当然ながらワイモバイルも例外ではありません。自宅に居ながら購入が可能ということになりますので、相当多くの人が検討をしているのです。

AppleWatch8の噂

ディスプレイ44mm 368 x 448ピクセル
977平方ミリメートルの表示領域
ディスプレイ40mm 324 x 394ピクセル
759平方ミリメートルの表示領域
チップ S6(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
ワイヤレスチップ W3 U1チップ
輝度 1,000ニト
ディスプレイ 常時表示Retinaディスプレイ

こちらがAppleWatch6のスペックとなります。

AppleWatch7の発表はありましたが、まだ具体的なスペックに関して掲載はありません。

そのためAppleWatch7の情報が詳しく出てきたら掲載したいと思います。

チップがS8になると予想

チップがS8というチップになると予想されております。

S7のチップはS6と実は変わらないと言われております。

ただ基本的なスペックは年々向上しているためチップの開発も行われていることは間違いありません。

S6とS7が実質同じチップということを考えれば、S7ベースでも1.3倍程度の処理能力があがると思われます。

✔AppleWatch7より、1.3倍程度処理能力アップ
✔バッテリー消費にはかなり期待

バッテリーの消費というのは、このチップにかかっている部分もかなりあろうかと思いますので、それには本当に期待したいと思います。

チップというのは、デジタル系のものを動かす時の心臓部になります。この処理が遅ければストレスがたまるわけです。

ただもともとAppleWatchを利用していて思う人も多いと思いますが、ストレスはほとんどないかと思います。

それであれば、処理能力の向上というよりもバッテリーセーブに力を入れてもらいたいと思いますね。

血糖値の測定が可能に

血糖値の測定が可能になる可能性が非常に高いです。

血糖値の測定ができるようになれば、糖尿病をコントロールしている人にとっては非常にありがたいことではないかと思います。

糖尿病をコントロールしている人や予備軍と呼ばれる方々というのは非常に多いです。

その人がAppleWatchで血糖値を計測できて、コントロールするようになれば、メリットはかなりあるのではないかと思います。

✔血糖値のコントロールができるように
✔定期的に血糖値のコントロールができればメリットが多い

本当に20年前では時計で血糖値を計測できるなんて、考えることもなかったのではないかと思います。

それだけ便利な世の中になったということです。

血糖値の測定が可能ということであれば、他の分野でも色々使えそうですよね。

ただ糖尿病というのは、ヘモグロビンエーワンシーという項目を見ることのほうが大きいと思いますので、血糖値が高いからといって糖尿病ということにはなりませんが、空腹時の血糖値を計測することができると、確実にメリットがあるのではないかと思っています。

WatchOS9が搭載

WatchOS9という最新のOSが搭載されるでしょう。

当たり前のことなのかもしれませんが、最新のOSが搭載されるということで、新機能への期待もかなり大きいと思います。

WatchOS8で今まである転倒検知機能などが強化されます。

WatchOS9ではそれも含めて、さらなる強化になるでしょうね。

正直なところOSの進化というのは、年々行われておりますが、すでにほぼ出来上がっているのでは?と思います。

✔WatchOS9でのさらなる機能強化への期待
✔新しい機能はどのような機能になるのかは今の時点では不明

OSの機能といってもある程度はハードの機能追加によるものが大きいと思います。

個人的にはOSの追加よりもカメラの搭載をしてもらいたいと思います。

世の中にはデュアルカメラ搭載のスマートウォッチなども販売されております。

ただAppleWatchではiPhoneと併用して利用する人が非常に多いため、カメラを搭載することはないかと思いますね。

個人的にはカメラが搭載されたらAppleWatchも買いかな?と思いますが・・・

AppleWatchはiPhone14と同時発売の予定

AppleWatch8はiPhone14とほぼ同時発売の予定となっています。

AppleWatch7に関してもiPhone13とほぼ同じタイミングでの販売となります。

AppleWatch7は大画面になったことにより、設計もすべて見直したと言われております。

そのため製造に時間がかかったのではないでしょうか。

基本的にはiPhone14と同時発売ということになると、iPhone14もかなり売れるのではないかと思います。

✔iPhone14はかなり売れると予想
✔同じタイミングに発売されるならAppleWatch8は相当売れる可能性が高い

基本的に最新のiPhoneが売れたらAppleWatchもかなり販売台数を伸ばすと思われます。

ただ見た目が大きくなったりと変更点はAppleWatch7でかなり行われました。

そのためAppleWatch8は残念ながらマイナーチェンジレベルになるのではないかと思います。

ただマイナーチェンジであったとしてもチップのヴァージョンアップなどもありますので、相当メリットがあるのではないかと思います。

チップがヴァージョンアップすると、先程も記載したとおり、メリットはかなりありますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

アルコール検知器が搭載される可能性も

アルコール検知器が搭載される可能性もあります。

これがあれば、自動車に乗る前などはかなり助かりますよね。

飲酒運転をする人はいないと思いますが、前日に酒を飲んで翌日自動車に乗る前の目安にはなるかと思います。

検知されると、当然ながら自動車の運転はやめるべきです。

今もアルコールチェッカーなどは販売しておりますが、精度はどの程度のものかわかりません。

ただAppleWatchに搭載されているほうが精度は高そうですね。

✔アルコールチェッカーがあれば手軽に検査が可能
✔自動車に乗る前に念の為に確認ができる

時計にそんな機能いるの?と思うかもしれませんが、あればあったで本当に便利です。

今後色々な機能が登場すると思われますので、定期的な買い替えも必要になりますね。