ワイモバイル OPPO Reno7 A のりかえ MNP 一括1円 少しでもお得に購入するには?

ワイモバイルから発売されているOPPO Reno7 Aは一括1円で販売されていることがあるのでしょうか。

ワイモバイルというのは、非常に安価な価格設定となっているので、毎月の維持費のもかなり安価です。

ワイモバイルから発売されているReno7aは一括1円で販売されることはあるのでしょうか?

こちらワイモバイルのセールとなっていますが、5000円以下では販売されています。

そのため今かなりの人が契約しているのではないかと思います。

 


ワイモバイルは維持費が安い

こちらを見てもらいたいと思いますが、ワイモバイルは毎月の維持費がかなり安価です。

しかも事務手数料がかかりません。

となると先ほど紹介した4980円で事務手数料がかからないということは、実質1980円で購入できるということになります。

そのため毎月の維持費も安価なワイモバイルを選択する人はかなり増えてくると思います。

ワイモバイルは事務手数料が無料
ワイモバイルはネットから購入が可能となる

ネットで購入することが出来ますので、相当メリットがあるかと思います。

自宅から購入することが出来ますので、それだけでも相当魅力的ですよね。

ここ最近ネットを利用して購入することが可能なのでs.う

OPPO Reno7 A

それではOPPO Reno7 Aのスペックに関して紹介したいと思います。

スペック的には、非常にいいスペックとなっています。

モデル名OPPO Reno7 A
寸法160 x 74 x 7.6mm
重さ175g
OSAndroid 11.0 COLOR OS
画面サイズ6.4インチ
解像度2,400 × 1,080(フルHD+)
ディスプレイ有機EL
プロセッサSnapdragon695
RAM6GB
内蔵ストレージ128GB
microSD最大1TB
前面カメラ約1,600万画素
背面カメラ約4,800万画素 + 約800万画素 + 約200万画素
LTE5G
WiFiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothV5.1
Paymentおサイフケータイ
カラーバリエーションドリームブルー、スターリーブラック
バッテリー容量4,500mAh
認証センサー指紋、顔
その他防水IPX8 防塵IP6X

日本仕様に作り込みができている

日本で利用するための仕様として作り込みされています。

○おサイフケータイが利用可能
○電車やコンビニ支払いが非常に便利

日本で利用する上でコンビニや電車におサイフケータイを利用して乗れないとかなり不便です。

この部分がきっちり作り込みされているという点において、非常に便利でメリットがあります。

日本で利用するならこのような仕様が搭載されていないと、利用しづらいですからね。これは本当にありがたいことではないかと思います。

処理速度も問題なし

処理速度も問題なしかと思います。

今回はSnapdragon695が搭載されており、このCPUというのは、Xperia 10 IVと同じCPUとなっています。

このCPUというのは、ミドルレンジスマホに搭載されているCPUとなっていますが、処理速度はSnapdragon8シリーズにはかないませんが、現状利用する上では全く問題有りません。

○処理速度は問題なし
○5Gに搭載で通信速度も早い

処理速度や通信速度に関しても問題ないということであれば、あまり気にすることはないかと思います。

トリプルカメラを搭載

ここ最近海外製のスマホを中心にトリプルカメラを搭載するモデルが非常に増えてきました。

トリプルカメラというのは、当然ながらかなり色々なレンジで撮影することができます。

今回搭載されている3つのカメラの内訳は、超広角カメラ、広角カメラ、マクロカメラの3つとなっています。

○超広角カメラ
○広角カメラ
○マクロカメラ

ハイスペックモデルにありがちな、望遠カメラの搭載は有りません。

ただマクロカメラを別途持っているということで、マイクロカメラであれば、近いものを撮影することに向いています。

ネイルであったりお花であったり、近くのものを撮影するニーズがある人には、非常におすすめ出来るのではないかと思います。

こちらは人物を撮影したものとなりますが、人物を撮影すると非常にきれいに撮影できますね。

いわゆるポートレートモードでの撮影となりますが、背景がきっちりボケている部分がかなりきれいだと思いませんか?

インカメラとアウトカメラを同時に撮影することも可能となっています。

これはかなり面白い機能ですね。

2人で撮影したいこのような場面でもきれいに撮影することができます。

こちらカメラに関して紹介しているので、こちらも合わせてご確認頂ければと思います。

4500mAhのバッテリーがありがたい

4500mAhものバッテリーが搭載されております。

ビデオ視聴が20時間もあれば、ほぼ問題有りません。

1日中ユーチューブやティックトックを見ていても、全く問題ないレベルであることは間違い有りません。

バッテリーの容量が4000mAh以上くらいあるスマホが非常に増えたことを考えると、実際のところ大容量のバッテリーを搭載している機種が増えているので、大容量で長持ちですが、あえて特徴の一つとして上げる必要はないかもしれません。

それくらい大容量バッテリーモデルというのは、当たり前になってきているのではないでしょうか。

○大容量バッテリーモデルが当たり前に
○4000mAh以上あれば十分なレベル
○ビデオは20時間見れると十分

バッテリー容量に関しては特別気にすることはないかと思います。

Color OSはAndroidベースのOS

Color OSと呼ばれるAndroidベースのOSが搭載されております。

このOSというのは、基本的にはAndroidとなっていますが、OPPO社独自にカスタマイズされているのです。

アマゾン Fireのような位置づけと思って頂ければと思います。

ただAndroidと同じようにプレイストアも利用可能となっていますので、何も問題は有りません。

通知のぞき見防止

他人の顔が自分のスマホに検知されると通知が自動で非表示に。電車の中やオフィスでもプライバシーを守ります。

覗き見防止機能が搭載されております。

他人が画面を覗くだけで、覗き見防止が自動で働くということはかなり面白い機能の一つかと思います。

この機能があれば、基本的に誰かに何かを見られるということは有りません。

スクリーンキャスト

スマホ画面を操作しながらでも、映したいコンテンツをテレビやスクリーンに投影して大画面で楽しむことができます。

Androidはこれが単体で出来るので、かなりありがたいですね。

ただ受ける側のテレビなどがキャスト機能が搭載されていないとできませんが、最近のテレビであれば、キャスト機能はついていますので、おそらく問題ないかと思います。

iPhoneの場合だとAppleTVなどを持っていないとできませんので、そういう観点からしても、非常に便利でメリットがあるのではないかと思います。

アクリルデザインアイコン

ColorOS 12では、新たに半透明のアクリルデザインアイコンを採用。奥行きのある立体感を演出し、これまでにない新鮮な視覚体験を実現しました。

あくまでこれはデザインに関してということになりますので、なくては困らないという機能ではないかと思いますが、デザインセンスにあふれるモデルであることは間違い有りません。

引用元:ワイモバイル

製品情報

Posted by ymobile