ワイモバイル オンラインショップ ウェブ ネットで手続きする時のクレジットカードの種類は?

ワイモバイルのウェブサイトからスマホを購入しようとする場合は、クレジットカードが必須となります。
クレジットカードが必須ということなので、クレジットカードを所持していない人は、残念ながら契約ができないということになります。
そのクレジットカードの種類いわゆるどのクレジットカードなら契約できるのか?というところも非常に気になるところです。
それでは今回はどのクレジットカードなら契約できるのかということをお伝えしたいと思います。

ワイモバイルでの月々の支払いに利用できるカード会社

・VISA
・Mastercard
・JCB
・AMEX
・DinersClub
・UC
・MUFGカード
・DC
・UFJカード
・NICOS
・三井住友カード
・イオンクレジットサービス
・オリコ
・OMC
・CF
・Cedyna
・ライフカード
・TSキュービック
・楽天カード
・ジャックス
・ポケットカード

これらのクレジットカード会社のものを利用することができます。基本的にどこのクレジットカードでも大丈夫という印象です。
日本ではVISAやJCBを所持している人が非常に多く、クレジットカードを所持しているのであれば、大半の人はVISAやJCBといったブランドカードを持っていると思いますので、大丈夫ではないかと思います。

これって大丈夫なの?というカードは?

法人名義のクレジットカードを利用することはできません。
またデビットカードを利用することはできません。

基本的にワイモバイルというのは、ウェブ契約を行う場合は、個人契約となっていますので、残念ながら法人名義では契約を行うことはできません。
これはなんとなく理解できます。
仮に法人契約をしたい場合は、法人窓口にお願いするもしくは、個人で支払いを済ませて出金伝票などで処理するということになりますが、会社いわゆる仕事で利用する名義の携帯というのは、そのようなことをさせるということは、正直なところどうなのかな?とも思いますね。
契約するための名義を個人に背負わせるということは、法人としてはどうかと思いますが、BYODいわゆる個人スマホを会社のスマホとして利用するという考え方というのは、海外では主流になっているので、日本独自の考え方なのかもしれません。

また機種変更の場合は、月々の請求先は以前の契約情報を引き継ぎますので、さほど問題になることはないかと思います。

クレジットカードを持っているということは信用上必要なこと

ワイモバイルのサイトでクレジットカードを持っていないと契約できないのか?ということですが、クレジットカードを所持しているということは、社会的なステータスがあると判断されているからです。

クレジットカードは信用情報がないと通常は契約できません。クレジットカードを所持しているだけで、社会的なステータスというものはある程度担保できるのです。クレジットカードを作成する時に、本人確認がきっちりと取られます。それだけではなく、他の借金した履歴なども含めてすべて取られるのです。そのためクレジットカードを持っている人というのは、社会的信用がつくのです。

それはクレジットカードという、いわゆる借金をしても大丈夫というカードを渡すのです。通常クレジットカードを切った時点での支払いの必要はなく、あとから請求となります。要するに、あとからでもきっちりこの人ならお金を返してくれるという証拠になるわけです。

クレジットカードを持っているというメリットというのは、先に商品を購入して代金はあとから支払うということが基本となります。そのカードを発行する会社というのは、借金を持っている人や借金を踏み倒した経験のある人などは、クレジットカードを作りません。

いわゆるブラックリストに入っている状態なのです。そのような人にクレジットカードを渡すと、限りなく利用してあとで借金を踏み倒すということを行う可能性もあるわけです。そういう人に対しては、クレジット発行をしないので、基本的にはワイモバイルは安心して契約させることができるということになるわけです。

ベースの考え方はワイモバイル以外でも同じ

このクレジットカードを持っていないとウェブからの契約ができないというベースの考え方というのは、各社ほぼ同じかと思います。ウェブで何か決済を行う時に、ネット通販などでは代引きなどということもできるかと思いますが、スマホの使用というのは、毎月の維持費が発生します。毎月請求されるわけです。毎月請求されるので、ある程度信用のおけるクレジットカードでの支払いがメインとなるということは当たり前のことなのです。

本来クレジットカードというのは、クレジットカード会社が借金の肩代わりをしているわけなので、例えば1万円の請求があった場合、クレジットカードは手数料を差し引いて、例えば9500円だけをワイモバイルに振り込むというようなことを行っているのです。

クレジットカード会社は1万円の請求を本人にあとから行うわけですが、本人に支払い能力がない場合は、1万円を踏み倒される可能性があるわけですね。ただしワイモバイルには9500円の支払いは行う必要があるのです。このように若干とはいえ手数料をカード会社に払うことにより、ワイモバイルというのは、料金の踏み倒しを防いでいるわけです。

この考え方というのは、ワイモバイルに限らず各社ある程度共通なので、例えばドコモやauで同様の契約を行う時には覚えておきたいところですね。

クレジットカードの名義と契約名義が違う場合

契約する時の名義とクレジットカードの名義が異なる場合というのは、あるかと思います。
大学生などが両親に支払いを依頼する場合などがそのケースにあたるかと思います。
また結婚されている方が、妻の名義で契約するが、クレジットカードの名義は夫にしている場合などが当てはまるでしょう。その場合でも購入することは可能です。

・法定代理人同意書(親権者同意書)
・支払い名義人の本人確認書類

こちら2つが必要なものとなります。
https://www.ymobile.jp/service/sp_safety/pdf/agreement.pdf

こちらからPDFをダウンロードしていただき、印刷して記載して提出する必要があるのです。実はこれが結構面倒なのです。
それだけでも、結構な手間となりますので、正直なところ、名義は合わせておくことをおすすめしたいですね。
どちらにしろネットからの契約はクレジットカードが必要なことは覚えておきましょう。
クレジットカードは本来なら本人がきっちり所持しておくということが、本来の姿です。
妻と夫で名義が異なる場合などは、クレジットカードも家族カードなどを所持しておきたいところですね。

料金

Posted by ymobile