ワイモバイル iPhoneSE3 アイフォーンSE3 スペック 発売日 いつ? 予想

ワイモバイルから今後iPhoneSE3が発売されるということも期待を含めて、どのようなスペックになるのか予想したいと思います。iPhoneはワイモバイルから定期的に販売されております。そのため、今後iPhoneSEシリーズも定期的に販売されるかと思います。やはり最新のiPhoneSEシリーズに関して興味を持つ人も多いのではないかと思っています。

iPhoneシリーズというのは、非常に人気も高く、ロードマップに関してもかなり気になるところではないかと思います。
まずはそのようなことを踏まえ、どのようなスペックになるのか予想してみたいと思います。

iPhoneSE3に搭載されるCPU


CPUに関する情報をお伝えしたいと思います。

CPU種類 iPhoneの種類
A9 iPhoneSE
A10 iPhone7
A11 iPhone8
A12 iPhoneXS
A13 iPhone11
A14 iPhone12
A15 iPhone13
A16 iPhone14

単純にこの比較からするとA13の時点でiPhoneSE2が発売されておりませんが、A14が発表される年にiPhoneSE2の販売が行われると言われております。A9の時点でiPhoneSEの販売が行われております。A14が発表される年にiPhoneSE2の発売が行われますが、今のところ予想スペックとしてはA13がiPhoneSE2には採用されると思われます。iPhoneSEは4年間沈黙があったわけです。となると、今後発売されるiPhoneSE3はA16もしくはA17くらいのタイミングになるのではないかと思います。

最近のCPUの性能の傾向からすると3年で約2倍の能力アップくらいではないかと思っています。1年で1.2~3倍程度アップしますので、iPhoneSEからiPhoneSE2の発売時点で4年ほど経過しており、iPhoneの動作速度は2倍以上よくなっていると予想されます。そういう実績から考えるとiPhoneSE3というのは、iPhoneSE2の2倍以上の能力アップはするのではないかと思っています。

RAMなどの予想

RAMはどの程度になるのでしょうか。これも非常に気になる部分だと思います。RAMというのは、基本的にプログラムの動作環境となります。プログラムの動作環境ということで、基本的には、大きいほうが、たくさんのアプリを動かすことができたりします。iPhone11の時点でiPhoneに搭載されるRAMの容量は4GBです。ちなみに同じくらいのタイミングで販売されているGalaxy Note10+と呼ばれるSamsungの機種は12GBという非常に大容量のRAMを搭載しているのです。RAMの容量が大きいに越したことはありませんが、大きすぎても、その分価格が高くなる可能性も高いということもありますが、iPhoneの場合、過去の経緯からそこまでの大容量にしてくることはないかと思います。それでもiPhoneSE3の販売される頃には、RAMの容量も6GBくらいにはなっていると思います。
RAMの容量というのは、少しは期待してもいいのではないかと思いますが、基本的にSE系なので、通常のiPhoneと比較すると若干RAMの容量としては少なめになると思われます。それでもこれからiPhoneのRAMがどれくらい増えていくのかということは、未定です。基本的に減ることはないかと思いますので、増えていく傾向だと思いますが、増え方はAndroidと比較してもゆるかに増えていくかと思いますね。

カメラはシングルカメラか


カメラはシングルカメラになると思われます。シングルカメラといっても性能はかなりよくなるでしょう。iPhoneではデュアルカメラ以上を搭載していっていますが、SEではまだシングルカメラが、継続され搭載されると思われます。やはり通常のiPhoneとの差別化です。通常のiPhoneでは複数のカメラを搭載していますが、SEシリーズはそのあたりきっちり差別化すると思われます。差別化することが悪いわけではありませんが、差別化することで、他のiPhoneを持っている人が優位になるということです。SE系がダメというわけではありませんが、価格も安価になることからどうしてもそれくらいの差別化は必要になるかと思います。
差別化に関してはある意味仕方ないことではないかと思いますが、1つのカメラしかなかったとしてもiPhoneのカメラは品質がいいので、本当に心配することはないと思います。

iPhoneSEシリーズは常にシングルカメラのような気がします。

どうしても部材コストを抑えるためにある意味仕方ないことだと思います。カメラの部材コストというのは、それなりにかかるので、どうしても1つになってしまうのではないかと思っています。1つのカメラの部材は1000円もしないと思いますが、デュアルカメラになるだけでも部材コストとしては2倍となります。2倍となるとやはり厳しいのではないかと思います。

画面サイズは?

画面サイズは4.7インチ程度になると思われます。その理由ですが、iPhoneSE2も4.7インチの画面サイズとして発売されると予定されております。
iPhone8から継承した画面サイズになると思われます。画面サイズはそこまで大きくないものを望んでいる人もかなり多いと思いますので、そういう人なら間違いなくオススメ出来る画面サイズです。
昨今iPhoneの画面サイズも6インチを超えるモデルが当たり前となりました。
iPhoneXRが6.1インチの画面サイズとして発売された時は正直なところ大画面すぎてびっくりしました。
そういうこともあり、大画面化がどんどん進んでいるわけですが、日本ではiPhone8が継続して販売されているのです。
iPhone8は画面サイズもそこまで大きくないモデルとなっており、日本ではかなり人気が出ている機種です。それが継続して販売されるというのが、iPhoneSE2となるわけです。iPhoneSE2の後継モデルということもあり、iPhoneSE3ということになりますので、画面サイズは4.3インチを継承していくのではないかと思っています。

価格はかなり抑えられると予想

価格はかなり抑えれると予想します。

iPhoneSE2の価格はかなり抑えられると言われております。(今この記事を書いている時点ではiPhoneSE2の販売は行われておりません。)

そのためiPhoneSE2の価格から考えるとiPhoneSE3の価格もかなり抑えられるのではないかと思います。
iPhoneはこの後も触れますが、ハード単体での儲けより、それ以外の儲けに重きをおいているように感じます。
そういうことを考えるとやはりハード単体で儲けるということよりも付随サービスにより儲けるということに主眼を置くことは当然ですね。
そういうこともあり、iPhoneはProモデルとそうでないモデルの価格差というのは、かなり出てくると思われます。
Proモデルはかなり高めの設定になっていると思いますが、それ以外のモデルはやはり価格は安価に抑えられるのではないかと思います。

SE系として販売される時は、価格はかなり抑えられるかと思います。4万〜5万円程度でiPhoneが販売されているのであれば、購入したいと思う人はかなり多いのではないかと思います。

iPhone7はワイモバイルでも人気機種

この記事を執筆している時点ではiPhone7がまだまだ人気です。

iPhone7の人気はとどまることを知りません。
価格もかなり安価になってきており、新規契約なら26640円〜一括価格で購入できるのです。
2020年3月末までのキャンペーン価格ですが、iPhoneとしてかなり安く購入できるということだけでもメリットがあるかと思います。
価格が安いということは、それだけ売れる機種ということにもなります。
日本で1番売れる機種というのは、やはりiPhoneということになるのでしょうかね。
iPhoneの人気というのは、本当に日本ではすごいですからね。

Appleはワイモバイルを含めた各社から発売したい

最近のAppleは、サブスクリプションサービスからの課金を増やしたいと考えています。そういこともあり、iPhoneがサブスクリプションサービスの入り口になるため、安価に購入してもらいたいと思っているのです。そういうこともあり、ワイモバイル含めた各社から安価なiPhoneの販売をしたいと考えているのです。本来ならiPhone8もワイモバイルから早く販売したいと考えているのではないかと思っています。それくらいiPhoneの販売にAppleはチカラを入れているのです。
ただし残念ながらそこまでのiPhoneの販売はないのかもしれませんね。それでもワイモバイルからiPhoneを待っている人も多くいるかと思いますので、iPhoneシリーズの拡充はしてもらいたいですよね。

上記にサブスクリプションとありますが、このサブスクリプションというのは、月額課金のことです。月額課金というのは、毎月の維持費を払っていくサービスということになります。ハードを安く抑えて、あらゆる人にハードを渡して、毎月のサービス料からお金を稼ぐというやり方にかわってきているのです。Appleもそのほうにチカラを入れているため、サブスクリプションを利用させたいAppleは、あらゆる人に安くハードを提供したいということが本音なのかもしれません。Proモデルというのは、元々価格が高いため、上位モデルのいわゆるお金を持っている人を対象に商売をしているわけですが、安価なモデルを販売させることで、毎月の月額課金を目指しているのではないかと思います。そうなればiPhoneSE3も安価な価格設定で購入することが可能となるでしょう。

サブスクの入り口になるという考え方は決して間違っていません。ハードがないと結果的にサブスクの入り口にすら立てていない状況となるわけです。サブスクというのは、昨今当たり前になってきました。ある意味スマホを販売して、毎月の通信費で稼ぐということは、サブスクですからね。このようにサブスクというものが世の中の当たり前になってきているのです。いわゆるメーカーは買い切りではダメです。買ってもらった後に、サービスを提供し続けることで、更に儲けるということが必要になるわけです。それはiPhoneが入り口になり、Appleのサービスを利用してもらうという意味合いもあるわけですね。